NAVITIME Travel

輪島・能登・和倉のその他観光スポット一覧

  • 輪島朝市
    rating-image
    3.5
    317件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市河井町
    日本有数の規模を誇る朝市で、石川県輪島市河井町の朝市通りに100から250軒ほどの出店が並ぶ。1000年以上の歴史をもつ朝市といわれ、売り子も客も女性が多い。漁師町の女性が売る新鮮な魚介類や近隣農家の女性が売る地元の野菜、手仕事の民芸品など様々な商品が店先に並び、元気な呼び声が常に響き渡っている。朝市は朝8時から昼12時まで、正月3ヶ日と毎月第2・第4水曜日は休業。

    今まで行った朝市の中でも、輪島の朝市は広々と長く続いて色々な店があって飽きません。どこの店の人も愛想良く、商売上手で買い物も楽しくできます。安い輪島塗の食器を買いましたが、店の主人がこれはプラスチックだから安いと教えてくれました。1000円ほどの買い物でしたが、さや箸をおまけにつけてくれました。自分で輪島塗を作っている方も出店していたり、買いたい店も多かった。ホタルイカの干物は量も多く、満足でした...

  • 平家庭園
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    石川県羽咋郡志賀町町30-63
    能登庭園文化の代表格と称される庭園。平家は徳川幕府の天領地13カ村を支配していた大庄屋。能登国の守護・畠山氏の家臣である平式部太夫の子孫と言われ、6000坪にも及ぶ広大な屋敷を有している。屋敷から眺める池泉観賞式の書院庭園は江戸時代の中期に作られたもので、室町時代や江戸時代の様式を伝える名園だ。能登地方の代表的な民家の庭園として状態よく保存されていることから県指定名勝にも登録されている。

    平家というのは徳川幕府の天領地十三カ村を支配した大庄屋。能登の名家の筆頭格です。 ただ、拝見した屋敷はそこまでの規模はなくて、むしろ暮らしやすそうな、どちらかと言えばつつましやかなもの。江戸時代中期に作られたという庭園は、客間の座敷からぐるりの縁越しに眺めるもの。軽やかで涼しげな印象です。

  • 空中展望台スカイバード
    旅行/観光
    石川県珠洲市三崎町寺家10-11
    珠洲市三崎町寺家の温泉旅館「よしが浦温泉 ランプの宿」の敷地内にある展望台。能登半島最先端の珠洲岬に位置しており、断崖からせり出した台の上から日本海の絶景が楽しめる。宿泊客以外でも有料で利用が可能。
  • 旧福浦灯台
    旅行/観光
    石川県羽咋郡志賀町福浦港
    日和山と呼ばれる断崖の上に立つ灯台。慶長13年(1608)、福浦に住んでいた日野資信という男がこの地でかがり火をたき、夜の暗い海を運航する船を導いたのが始まりと言われている。現存する灯台はかつての形状を残したまま明治9年(1876)に建造されたもの。付近には石畳が敷かれ、昔ながらの漁港風情が残っている。高さ約5m、木造四角三層の灯台は日本最古の木造灯台で、夏期・冬期にはライトアップも行っている。
  • 山の寺瞑想の道
    旅行/観光
    石川県七尾市小島町山の寺
    市街地南西の丘陵地帯にある16の寺院の総称「山の寺」を結ぶ遊歩道。整備されている約2kmの道で参拝時間を含まず巡ると約1時間ほどで歩ける。前田利家が奥能登方面からの防御陣地に転用する目的で、真宗寺院を除く各宗派寺院を配置したのが始まりで、散策しながら寺院を巡礼する人が多い。
  • 聖域の岬自然環境保護センター
    旅行/観光
    石川県珠洲市三崎町寺家10-13
    日本三大パワースポットのひとつである能登半島最先端「聖域の岬」の空中展望台スカイバードは、能登半島の新しいランドマークだ。展望台は岬の絶壁から9..5mも突き出している為、恐怖心を煽るが、同時に浮游空間を体感できるという特徴があり、若者を中心に人気を集めている。展望台からは遊歩道が繋がっているのでゆっくりと海を望みながら散策できる。
  • 能登島大橋
    旅行/観光
    石川県七尾市石崎町コ
    橋半ばの最高地点からの眺めに息をのむ「能登島大橋」は、七尾市石崎町と能登島を結ぶ全長1050mの橋で、能登島のシンボルとして親しまれている。内海の穏やかさを表現している曲線の橋はとても美しい。JR和倉温泉駅から車で約5分。
  • 禄剛埼灯台
    旅行/観光
    石川県珠洲市狼煙町イ-51
    海から昇る朝日と沈む夕日が同じ場所から見られることで有名な「禄剛埼灯台」は、能登半島の最北端に位置し、外浦と内浦との接点にあたるところにあり、明治時代に作られてから今もなお現役の白亜の灯台だ。灯台は無人のため中には入れないが、年に数回一般公開される。
  • 一本杉通り
    旅行/観光
    石川県七尾市一本杉町
    能登半島の真ん中、七尾市にある600年以上の歴史があるまっすぐな通りで、七尾駅前の御祓川に架かる紅い欄干の仙対橋から木越山光徳寺までを言う。距離は450mあり、約50店舗あまりの店が立ち並ぶ。当時の面影を残す主な建物は寄棟造りの町家で、いくつかは登録文化財に指定されている。毎年春には、全国唯一の花嫁のれん展を開催。また、語り部処が点在し、商品のみならず歴史や町のことなどの話が聞け、ふれあい観光を楽しめる温かい町としても有名になっている。
  • 中能登農道橋
    旅行/観光
    石川県七尾市能登島通町-中島町長浦
    のと里山海道の徳田大津ICから車で約15分。七尾市の中島町と能登島を結ぶ、全長620メートルの吊り橋。正式名称は中能登農道橋で、能登島大橋に次ぐ第二の橋として平成11年(1999年)に開通した。名前のとおり、二連の斜張橋となっているのが特徴。中島町側には「長浦うるおい公園」が整備されており、展望台からは橋や能登島、七尾湾に和倉温泉街を眺望できる。記念撮影に絶好のスポットで、特に夕暮れ時には美しい景色が見られる。
  • 飯田の朝市
    旅行/観光
    石川県珠洲市飯田町大町通り
    室町時代の物々交換から始まったといわれる飯田の朝市。飯田町の繁華街・大町通りで開催され、毎月2と7の付く日に市が立つので、別名を「二・七の朝市」という。能登では輪島の次に賑わいを見せるといわれるが、露店も2-3軒、多いときで5-6軒ほどと規模はそれほど大きくない。ここでは民芸品や土産品などは見られず、キュウリ・トマト・大根といった野菜類を中心に、花や漬物などといった生活密着型の品物が並んでいる。地域に根ざした市で、その分素朴な雰囲気が楽しめる。
  • ツインブリッジのと
    旅行/観光
    石川県七尾市能登島通町-中島町長浦
    能登島と中島地区と内陸を結ぶ全長620mの斜張橋。中島町側の橋のたもとにある長浦うるおい公園には展望台、駐車場、トイレ、物販施設がある。展望台からは橋越しに波穏かな七尾湾の景色を眺められ、天候によっては立山連峰が見えることも。
  • 石川県柳田星の観察館
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県鳳珠郡能登町上町ロ1-1

    プラネタリウムの観覧までに時間があったのでスタッフの好意で県内最大の60センチの反射望遠鏡のある天文台を案内してもらいました。昼間でも見えるという金星や木星を観察しました。また、プラネタリウムは貸切状態で4000万個の星で造り出される天体を楽しみました。

  • 能登観音埼灯台
    旅行/観光
    石川県七尾市鵜浦町
  • ふるさと紀行 のと里山海道
    旅行/観光
    石川県鳳珠郡穴水町
  • 大坪川ダム
    旅行/観光
    石川県羽咋郡志賀町赤住
  • 多根ダム
    旅行/観光
    石川県七尾市多根町コロサ丑の部
  • 岩坂ダム
    旅行/観光
    石川県珠洲市岩坂町
  • 寺家ダム
    旅行/観光
    石川県珠洲市三崎町寺家
  • 若山ダム
    旅行/観光
    石川県珠洲市若山町上山

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す