輪島・能登・和倉のスポット一覧

  • のとじま水族館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県七尾市能登島曲町15-40
    「能登島」にある水族館で、海辺に建つ複数の館に約500種4万点もの生物を飼育・展示している。館内で出合える生物は、日本海側最大規模の大水槽を泳ぐジンベエザメをはじめ、能登半島近海の魚たちが中心。ペンギンのお散歩タイムやラッコ・カワウソの食事タイム、イルカやアシカのパフォーマンスなど、ショーの種類も豊富である。敷地内には、ショップやレストラン、海づりセンターも併設。

    桟橋が四角く海に突き出した釣り場です。ライフベストを着るだけで普通の通路を歩いてそのまま釣り場まで行けて手軽に海釣りが楽しめますし、手ごろな値段で竿がレンタルできます。水族館の横に隣接している施設です。能登島に1時間だけ立ち寄って楽しみました。あいにく風が強くほとんど連れている人はいなかったけど面白かったです。

  • 白米千枚田
    旅行/観光
    石川県輪島市白米町ハ99-5
    石川県輪島市白米町にある国の名勝で、国道と日本海の間の狭い急斜面に1004枚もの棚田が広がっている。小さな田が幾重にも重なりながら海岸まで続いており、緑と青のコントラストが美しい。世界農業遺産「能登の里山里海」を代表する棚田として観光客が多く訪れるスポットである。機械が入れないため、米作りは現在でも手作業。マイ田んぼを持てるオーナー制度もある。冬季にはイルミネーションイベント「あぜのきらめき」を開催。
  • 道の駅 能登食祭市場
    rating-image
    3.5
    194件の口コミ
    交通
    石川県七尾市府中町員外13-1
    お魚をモチーフにしたワーフの建物「道の駅 能登食祭市場」は、能登最大の漁港・七尾港にあり、朝どれの新鮮な海産物や能登の銘産品の販売をはじめ、観光案内、レストランと能登の魅力が詰まった道の駅だ。海のすぐそばにあるこの場所からは、波の穏やかな七尾湾の景色を一望することができる。のと里山海道「田鶴浜IC」から車で約18分。

    鮮魚販売に力を入れてる道の駅でした。 売られてる刺身をその場で食べられるコーナーがあるので利用するのも有です。 お土産品もひと通り揃っていますが農産物は販売されていません。 2Fはレストランが数軒ありましたが値段が高めでお得感を感じません。観光客相手に商売してる感が漂ってる道の駅でした。

  • 輪島朝市
    お買い物
    石川県輪島市河井町
    日本有数の規模を誇る朝市で、石川県輪島市河井町の朝市通りに100から250軒ほどの出店が並ぶ。1000年以上の歴史をもつ朝市といわれ、売り子も客も女性が多い。漁師町の女性が売る新鮮な魚介類や近隣農家の女性が売る地元の野菜、手仕事の民芸品など様々な商品が店先に並び、元気な呼び声が常に響き渡っている。朝市は朝8時から昼12時まで、正月3ヶ日と毎月第2・第4水曜日は休業。
  • ル ミュゼ ドゥ アッシュ 辻口博啓美術館
    rating-image
    4.0
    130件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県七尾市和倉町ワ部65-1
    世界的に活躍する七尾出身のパティシエ・辻口博啓氏が手がけた美術館で、石川県七尾市和倉町にある。館内は、辻口氏による砂糖の芸術作品を展示する美術館とオリジナルスイーツを提供する「カフェ」、ケーキや焼き菓子などのテイクアウト商品を販売する「パティスリーブティック」の3施設で構成。スイーツとアートの融合が楽しめるほか、和倉限定のスイーツも人気である。

    4月5日(月)午後2時頃、和倉温泉チェックインする前にケーキを楽しみに訪問。駐車場もある。ホテル能登海の隣。アプローチは狭い。入ると、ガラス越しに開けた七尾湾の展望。数人待つ人有り。記名して20分程待った。待つ間お持ち帰り客も見られた。ケーキ・飲み物を選び、会計後に席へ案内。のとミルクプリン・いちごブラリネタルト・コーヒーをゆったりとした雰囲気で楽しんだ。美術館を併設。辻口シェフは七尾市出身だそう...

  • 石川県能登島ガラス美術館
    rating-image
    3.5
    62件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県七尾市能登島向田町125-10
    道の駅「のとじま」近くの高台にある、ガラスを専門とした美術館は宇宙基地を彷彿とさせる外観。館内には、ピカソやシャガールのデザインに基づいたガラス彫刻、中国清朝のガラス工芸、現代作家によるガラスアートを中心に展示。また、様々なガラス芸術を紹介する企画展も開催。庭園では、能登の海や四季折々の景色とガラス作品を鑑賞する事が出来る。

    七尾市能登島向井田町にあります、加賀のガラス館がなくなり能登島にあるとの事で寄りました外観は近代的ですが内容は加賀のガラス館を見ているのでガッカリです。

  • 輪島塗会館
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市河井町24-55
    輪島の中心部、新橋のたもとにある輪島塗の展示施設。平成27年(2015)にリニューアルオープンし、明るく広々とした館内で、様々な輪島塗の作品を見ることができる。1階は市内の塗師屋、約60店舗の商品を展示販売している、「漆器展示販売コーナー」。塗箸などの普段使いから、豪華な塗りの装飾品まで数多く取り揃えている。2階は「資料展示室」で、第1展示室では輪島塗の製作工程、第2展示室では輪島塗の歴史文化を展示しており、塗りの工程見本や作品、歴史資料で輪島塗の奥深さを紹介している。

    漆を芸術品としてみることがあまりないので、ここまですげーんだと感心ばかりしていた。いやほんとみる価値がある良い施設でした。

  • 永井豪記念館
    rating-image
    3.5
    48件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市河井町1部123
    石川県輪島市出身の漫画家、永井豪氏の作品や業績を伝える記念館。和風の外観に、デビルマン、キューティーハニーなどが描かれた大きなパネルが目印。中に入ると迫力のある永井氏の作品の数々が訪れる者を迎えてくれる。永井氏の来歴や、貴重な原画に加え、9分の1スケールのマジンガーZが飾られている。薄暗い中に闇を背負ったヒーローたちの姿が浮かび上がるダークヒーローラビリンスなど、一風変わった展示もある。

    SNSに投稿すると入館料が割引になりお得です。中はこじんまりとしているし、コロナの影響なのか二階にはいけなかなっていた。それでもエントランスでマジンガーゼットのレプリカが出迎えてくれたり、あばしり一家やキューティーハニーやけっこう仮面の原画が展示されてて食い入るように見てしまった。懐かしい。

  • 石川県輪島漆芸美術館
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県輪島市水守町四十苅11
    優れた漆文化の発信拠点として、石川県輪島市に開館した美術館。外観は正倉院の校倉造をイメージした特徴的なデザイン。そこかしこに漆を用いた広い館内には、歴史ある輪島塗の紹介だけに留まらず、人間国宝や日本芸術院会員の珠玉の名品を数多く展示する。隣接する「漆の里広場」では、ウルシと漆器の木地になる樹木の観賞ができる。

    思った以上に素晴らしい。漆を芸術まで高める、それも日常の道具ですでにそうなのだから、流石なのだと思う。しかしそれが今の日常ではないのが残念だ。

  • 大本山總持寺祖院
    rating-image
    4.0
    74件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市門前町門前1-18甲
    石川県輪島市にある曹洞宗の寺院。かつて曹洞宗の大本山だった總持寺が明治31年(1898)の大火で大半を消失し、本山の機能を横浜市へ移転した際に「總持寺祖院」と改称した。現在では、焼失を免れた経蔵、伝燈院、慈雲閣や再建された七堂伽藍が境内にたたずみ、風光幽玄な曹洞宗大本山の面影をしのばせている。

    曹洞宗の元の大本山ということで、大きく立派な寺院です。禅宗の寺院だけあって華美に行き過ぎることなく気持ちのよい庭などを堪能しました。それにしても曹洞宗は不思議がいっぱいで、総持寺の開祖と云われる瑩山禅師が越前の人なのに寺が能登にあったり、明治の大火で総持寺が焼失した後に大本山を横浜に移したりで、その意味が分かると面白いかもです。

  • 輪島工房長屋
    rating-image
    3.5
    32件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市河井町4-66-1
    石川県の伝統工芸品「輪島塗」の魅力を伝える観光交流施設で、石川県輪島市河井町にある。平成15年(2003)開設。敷地内には昔の輪島工房長屋を再現した5つの建物があり、内部は輪島塗の職人の工房や作品の販売所、体験工房などに分かれている。マイ箸が作れる沈金・蒔絵体験は、観光客に人気。長屋では職人の作業風景を見学できるほか、輪島塗の器にこだわった漁師直営の食事処で食事も楽しめる。

    輪島市河井町にあります、輪島塗の木地、漆器塗が見れるのと沈金体験、まい箸づくりが出来ます特に箸づくりは自分の好みの箸づくりが出来ます。

  • 見附島
    旅行/観光
    石川県珠洲市宝立町鵜飼
    能登のシンボルとしても慕われている「見附島」は、弘法大師が能登から佐渡へ渡る際に、最初に目についた島だったことが名前の由来といわれている。先端部分が突き出た形から「軍艦島」とも呼ばれる。ライトアップされた見附島もとても美しい。
  • 金剛崎
    旅行/観光
    石川県珠洲市
    能登半島にある岬のひとつで、珠洲岬とも呼ばれている。また、周辺にあるいくつかの岬を総称して珠洲岬と呼称されている場合もある。日本の三大パワースポットの内のひとつとしても挙げられており、聖域の岬の名でメディアにも多数紹介されている人気の観光名所。空中展望台のスカイバードは崖から突き出す形になっていて、日本海を一望できる。他の見所としては気象条件が良ければ真っ青に染まる青の洞窟が存在。美しい岩礁部分では磯釣りも楽しめる。
  • 和倉温泉 総湯
    宿泊/温泉
    石川県七尾市和倉温泉
    JR「和倉温泉駅」から七尾バス和倉温泉行きで5分、終点下車すぐの天然温泉を手頃な値段で楽しめる共同浴場。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)、リウマチや神経痛、婦人病などのほか、2倍に薄めて飲めば胃腸病や貧血病などに良いとされている。平成23年(2011)4月にリニューアルオープン、大浴槽や小浴槽、露天風呂などのほか、屋外には足湯もあり、好みに合わせて様々な風呂が楽しめる。
  • 能登半島
    旅行/観光
    石川県鳳珠郡
    北陸地方の中央付近から北に細長く突き出した半島。三方を囲む海岸線は、荒波が打ち寄せ奇岩が連なる「能登金剛」から、砂浜を車で走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」まで、様々な表情を見せる。その海で獲れる新鮮な魚介類や、豊かな里山の恵みを使った食事や地酒も魅力のひとつ。輪島の朝市が有名だが、日本の棚田百選に選ばれた「白米千枚田」や、日本遺産に認定された「キリコ祭り」など、他にはない見所も多い。飛行機なら羽田空港から約1時間。
  • 能登ワイン
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    お買い物
    石川県鳳珠郡穴水町旭ケ丘り5-1
    石川県鳳珠郡穴水町にある平成16年(2004)創業のワイナリーで、数々の受賞歴を誇る「能登ワイン」の醸造元。穴水湾の牡蠣の殻を混ぜ込んだミネラルたっぷりの土で育ったブドウやマスカットを使い、加熱処理を一切行わない「生詰め製法」のワインを製造している。併設のショップでは能登ワインの各銘柄を販売しているほか、試飲も可能。施設見学は無料(土日祝は事前予約制)。

    こちらのワインの一つに「心の雫」という赤ワインがあります。カベルネソーヴィニヨンと山葡萄から生まれたヤマソーヴィニヨンから作られたワインです。今回、このワインを初めて試飲しました。面白い試みとは思います。まだまだ若いワイナリーですので引き続き見守って行くべきでしょう。

  • 輪島キリコ会館
    旅行/観光
    石川県輪島市マリンタウン6-1
    「マリンタウン」内にある文化施設で、能登地方の伝統的な奉燈「キリコ」を展示している。夏秋の祭礼時に各町内の氏子たちが担ぎ出すキリコは、最大のもので4階建てのビルに匹敵する大きさ。祭り囃子が流れる館内には約30基のキリコが並び、照明を使って昼・夕方・夜間の祭りの雰囲気を再現している。3階の展望ロビーは、輪島港を一望できる絶景スポット。オリジナルグッズを販売するショップも併設している。
  • 時国家(本家 上時国家)
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    旅行/観光
    石川県輪島市町野町南時国13-4
    壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家。能登に流された平清盛の義弟「平時忠」の子孫が豪農となって天領大庄屋を務め、21代当主が建てた屋敷が、現存する近世木造民家の「時国家」である。大庄屋屋敷らしく公用部分と私用部分が分割された構造となっており、私用部分の部屋には公務用品、千石船用品などが展示されている。また鎌倉風の池泉回遊式庭園は、自然の地形を巧みに取り入れた力強い作風であり、国の名勝に指定されている。

    平清盛の妻時子の弟時忠の子時国を祖とし、大納言の座敷など民家建築の最高峰だと認識しました。50数年前重文指定の下時国家も見学しましたがこちらは台風被害の修復で休館、今回はその後重文指定になった上時国家のみを見学しました。鎌倉形式の回遊庭園は自然のままで当方には心地よく感じられました。また架かっていました柱時計は、1880年-90年代の米国、コネティカット州ブリストルのE.INGRAHAM...

  • いこいの村能登半島
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    石川県羽咋郡志賀町志賀の郷温泉
    輪島と金沢の中間地点、志賀の郷温泉にあるリゾートエリア。宿では新鮮な山海の幸を活かした料理が楽しめ、豊富な湯量を誇る温泉は日帰り入浴も可能。東京ドーム7個分の敷地に広がる遊園地やスポーツ施設も充実している。迷路やアスレチックも楽しめる高さ14mの滑り台「ピラミッド」は、子供達に人気の遊園地のシンボル。グラウンドゴルフやファミリーサイクルなどは、小さな子供からお年寄りまで家族揃って楽しめる。夏場はプールも営業している。

    仕事で利用しました、一人でも問題なく利用できましたし、和室10畳に一人では 十分な広さがあります、また、午後1時ごろに宿に到着しましたが、そのまま チエックインできました。温泉とのことですが温泉らしさは感じられませんでした。 夕食は一人の場合、「海鮮丼」と「ハンバーグ定食」の2通りしかないのが残念です、朝食は普通のビジネスホテルよりも悪いです、品数が少なすぎます。 窓ガラスは大変汚れていました。

  • 須須神社
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    石川県珠洲市三崎町寺家4-2
    能登半島の最北端にある神社。約2000年前に能登半島の最東北端に位置する「山伏山」に創建され、8世紀頃に現在の場所へ遷宮したと言われている。御夫婦の大神を祀っていることから古くより縁結びの神として広く知られている。また、東北鬼門日本海の守護神としての信仰も篤く、災難除けのご利益も。宝物殿には重要文化財である木造男神像や、源義経と弁慶に縁のある品々が所蔵されている。キリコ館と「源義経」のドラマ化に際して詠まれた句の記念碑である村上元三句碑も見所の一つ。

    奥能登先端の海岸部にある神社です。源義経が奥州逃避行の時に立ち寄り、お礼に笛を置いていった伝説がある神社みたいです。一つ目の鳥居から道を挟んですぐ日本海です。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す