下北半島のスポット一覧

  • 恐山菩提寺
    rating-image
    4.5
    106件の口コミ
    旅行/観光
    青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
    貞観4年(862)、慈覚大師によって開山された恐山は、比叡山や高野山と並ぶ日本三大霊山の一つ。天台宗の修験道場として栄えた。見どころは、「三途の川にかかる赤い太鼓橋」、「地獄谷」、極楽浄土を思わせる美しい「賽の河原」などがある。

    日本三大霊場として知られる恐山ですが、 アクセスは悪いながら訪れる価値は十分あると思います。 深山を抜けて、菩提寺に近づくと硫黄の匂いが鼻につき、 荘厳とも違う、おどろおどろしいような独特の雰囲気のお寺ですが、 感じ入るものがあります。 冬季はアクセスできないとのことなので、時期にご注意ください。

  • 青森県立三沢航空科学館
    rating-image
    4.5
    172件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県三沢市三沢北山158
    三沢空港に隣接した「三沢市おおぞら広場」の一角にある航空科学館。「大空」と「飛翔」をテーマに平成15年(2003)8月に開館。館内1階には日本エアコミューターで使用していたYS-11を現役時代そのままに展示。他にもミス・ビードル号のレプリカなどが展示され、見て、触れて楽しく航空史を学べる。2階は科学体験のフロアで、体験や実験などが出来るコーナー、3階は展望デッキがあり、三沢飛行場を一望できる。

    コンパクトですがなかなか充実した展示があります。訪問時は零式艦上戦闘機二一型の模型と一式双発高等練習機の実機が展示されていましたが、現在は展示が終了しています。航空機好きなら是非。

  • 仏ケ浦
    旅行/観光
    青森県下北郡佐井村
    迫力ある巨岩・奇岩が約2キロにわたり立ち並ぶ「仏ケ浦」。荒波で浸食され続け、岩肌がむき出しになった様は神秘的であり圧巻。青い大海原とのコントラストも素晴らしい。約2000万年前の海底火山活動によって作られたものと考えられており、観光船を利用して海上から眺めることもできる。
  • 大間崎
    旅行/観光
    青森県下北郡大間町大間字大間平
    本州最北端に位置し、津軽海峡を望む岬「大間崎」。「ここ本州最北端の地」と書かれた石碑があり、晴れた日には海を挟んで北海道・函館を遠望できる。大間といえばマグロが有名なため、一本釣りをイメージした巨大なマグロ像が絶好の記念撮影スポットとなっている。
  • 道の駅よこはま 菜の花プラザ
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    交通
    青森県上北郡横浜町字林ノ脇79-12
    菜の花の作付面積日本一を誇る横浜町。菜の花プラザでは、横浜町らしく菜の花を取り入れた「菜の花ドーナツ」や朝採り野菜、陸奥湾でとれた帆立の加工品などを販売している。帆立をモチーフにデザインされた建物もユニークだ。

    名物のほたてを使ったレストランを利用しました。 リーズナブルに大ぶりなほたてをいただくことができます。 併設のお土産店も干し貝柱や地元野菜など、充実しています。 下北半島ドライブの休憩地点としては大変使いやすい立地ではないかと思います。

  • 津軽海峡フェリー 大間フェリーターミナル
    交通
    青森県下北郡大間町大間根田内10
    本州最北端の大間と北海道を最短ルートで結ぶフェリーターミナル。1日2往復を片道90分で運行する。昭和39年(1964)に日本初の外洋フェリー「函館丸」が就航して以来、生活航路として定着。現在は国道279号の海上道路としても指定されている。北海道を車や愛犬と一緒に楽しむのに最適だ。船により愛犬対応の様々な設備を用意している。
  • Sky Plaza MISAWA(スカイ プラザ ミサワ)
    rating-image
    3.0
    50件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県三沢市中央町2-8-34
    米軍基地もあることから、海外の方との交流が盛んな三沢市にあるアメリカ村のショッピングモール。米軍基地・アメリカ・インターナショナルにこだわった特色あるお店が並ぶ。イタリアナポリから輸入した石窯と薪で焼く本格ピッツァを楽しめるお店、サンドウィッチや焼き菓子を最新のエスプレッソマシンで淹れたコーヒーと一緒に味わうことが出来るお店もある。

    三沢基地の正面ゲート近くにあります。アメリカ的な雑貨などの取り扱いがあります。駐車場は少し狭い感じですね。

  • 魚喰いの大間んぞく
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県下北郡大間町大間平17-377
    下北郡大間町大間字大間平にある食堂。大トロ、中トロ、赤身を使った「3色マグロ丼」や「3色マグロ刺身定食」をはじめ、大間のマグロや魚介類を使った海鮮丼や定食、一品料理を提供している。また、7月から12月のマグロの水揚げシーズンには、店頭でのマグロの解体も不定期で開催。

    やはり観光地的なレストランですね。まぁーしょうがない。 まさしく、観光地にあるレストランだから、どうかなと思ったけど、まぁーそれなりの感じでした。私は三色マグロ丼(大トロ、中トロ、赤身)を食べましたが、中トロは良い感じでしたが、大トロ、赤身は取り立てておいしいとは感じなかったでした。決しておいしくないわけではないですけどね。 ただ、「大間」で食べた感はあまりなかったでした。「大間」ブランドに期待し...

  • 道の駅 おがわら湖 湖遊館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    交通
    青森県上北郡東北町大字上野字南谷地122
    東北町の情報発信基地として、平成16年(2004)にオープンした道の駅である。敷地内には町内の特産品である長芋やにんにくをはじめとした新鮮な野菜が立ち並ぶ直売所や、郷土色溢れるメニューを提供するファーマーズレストランがあり、ドライブ中の休憩に訪れる観光客も多い。小川原湖で取れた新鮮なしじみを使った出汁の旨味たっぷりのしじみラーメンや、東北町産の牛乳をふんだんに使った八甲田山ソフトが人気。

    小川原湖そばにある道の駅、三沢空港利用の際立ち寄りました。 施設の中は商品が充実。お土産の他に野菜などもそろっていてスーパーのような雰囲気で観光客だけでなく地元も方も多くにぎわっていました。 施設は少し古めでしたが。

  • 大間観光土産センター
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    旅行/観光
    青森県下北郡大間町大間平17-728
    本州最北端の地にある土産物屋。大間の特産である本マグロはもちろんのこと、ウニやホタテの加工品や、ステッカーやトートバッグをはじめとした様々なマグロのオリジナルグッズなどを取り扱う。「元祖 まぐろの塩辛」は1番人気の商品となっている。

    大間への到着が夜になってしまったため、空いているお土産屋さんはここだけでした しかし、ここには大間一のバリスタの自販機が! コーヒーをおいしくいただきました

  • 六ヶ所原燃PRセンター
    rating-image
    3.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県上北郡六ケ所村尾駮上尾駮2-42
    原子燃料サイクル施設のPRセンター。原子燃料サイクルの輪をイメージした建物の3階からは、八甲田山、太平洋と「原子燃料サイクル施設」など360度の大パノラマで楽しめる。センター内では「原子燃料サイクル施設」について、大きな模型や映像、パネル、ゲームなどで楽しく遊びながら学べるようになっている。また、事前に予約をすると、スタッフがわかりやすく館内を案内してくれるサービスもある。

    原子力発電に反対か賛成かはさておき、この施設では大人も子供も原子燃料のサイクルについて、ゲームやクイズを交えながら学ぶ事ができます。上の階には展望スペースもあり、連なる風力発電施設や石油備蓄基地も見えます。 全体を通して感じたのは、原発のクリーンなイメージ作りをするべく頑張っているのね....という事です。リーフレットによると、スタッフによる案内も行なっているようですが、自分で気ままに見たいところ...

  • 尻屋埼灯台
    旅行/観光
    青森県下北郡東通村大字尻屋字尻屋崎1-1
    レンガ造りの灯台としては日本一の高さを誇る、青森県東通村の灯台。128段の階段をのぼった先から津軽海峡を一望できる。日本で最初に霧笛が設置されたこの灯台は、日本ではじめて灯火に電気を使用した灯台としても有名だ。周囲の牧草地には当地にのみ生息する農耕馬「寒立馬」が放牧されており、訪れた人たちに愛らしい風景を与えてくれる。
  • 道の駅わきのさわ「リフレッシュセンター鱈の里」
    rating-image
    3.0
    15件の口コミ
    交通
    青森県むつ市脇野沢七引201-5
    ニホンザルが飼育されている野猿公苑やバンガローが隣接する、自然豊かな道の駅。食堂や地元の特産品が並ぶお土産コーナーも充実している。

    私にとっては良い休憩ができた「道の駅わきのさわ - リフレッシュセンター鱈の里」でした。 大間の方から「仏ヶ浦」をちょっと観光して、くねくねの、結構気を遣う道路を自動車で走ってきて、疲れたところにあったのが「道の駅わきのさわ - リフレッシュセンター鱈の里」でした。良い休憩場所となりました。

  • 民宿海峡荘
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県下北郡大間町大間平17-734
    下北郡大間町大間字大間平にある民宿。大間の生マグロ(1月から8月は他地域)や、生うに、あんこう鍋など、季節ごとに旬の魚介を使った料理を提供。4月中旬から10月にかけては昼に食堂としても営業している。

    日替わり海鮮丼 3,000円を頂きましたが、3,000円の価値が十分にある美味しさでした。 エビ 味が濃厚で美味しい。 マグロ 大きいし甘いし美味しい ウニ めちゃくちゃ甘い その他にも、鯛、サーモン、イクラ、等々 沢山の海鮮が載ってましたがどれも美味しかったです。

  • 大間 浜寿司
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県下北郡大間町大間69-3
    創業昭和39年(1964)の寿司店。本州最北端 大間崎から車で5分の場所にあり、最高級とされる魚体100kg超級のマグロを厳選して使用している人気店だ。鮪丼や鮪握り盛り合わせなどのほか、事前予約をすればマグロコースもいただける。時期により青森県近海産マグロとなる場合もあるが、マグロ好きにはお勧めしたい名店だ。不定休なので必ず連絡をしてから行きたい。

    下北半島は長かった。何とかたどり着きましたが東京都からの客はお断りでした。遠いからもう来ることはないだろうなぁ。お寿司食べてみたかった。残念です。東京の方は来訪注意して下さい。

  • 仏ケ浦ドライブイン
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    交通
    青森県下北郡佐井村大字長後字福浦川目85
    ウニやヤリイカ・鮭などといった、その時期の旬の魚介類がメニューになる「仏ケ浦ドライブイン」は、福浦の漁師が経営する食堂で、下北の季節を味わえる場所だ。ウニ丼は5月から8月頃までで予約が必要になる。冬期は休業だ。

    長テーブルと小上がり。典型的な田舎のドライブインといった 感じでした。 イカの刺身定食が新鮮で美味しかった。 本当は期間限定のウニ丼が食べたかったので残念… 名勝、仏が浦から車で10-15分くらいのところにあります。 店周辺は自然に囲まれてます。

  • 大間崎園地テントサイト
    遊ぶ/趣味
    青森県下北郡大間町大字大間字大間平17-1
    下北郡大間町大間平、本州最北端に位置するキャンプ場。大間崎駐車場に隣接した芝生広場で、無料で利用できる。フェリー乗り場にもアクセスしやすく、周辺には食堂や特産品の販売店なども集まっている。
  • スパハウスろっかぽっか
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    宿泊/温泉
    青森県上北郡六ケ所村鷹架内子内337
    レストランや食事処、リラクゼーション施設等が一通り揃っている日帰り温泉浴場。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で神経痛や筋肉痛、疲労回復に効能があるとされる。明るく開放的な大浴場から四季折々の自然を眺望できる露天風呂、奇数日か偶数日かで男女入れ替えとなる10種類の多目的風呂がある。和室で食事を楽しめる貸切風呂は三日前までに予約が必要。

    バーコードで買い物できるシステムが便利で面白いです。温泉は普通ですが、子供が遊べるスペースがあって嬉しいです。カラオケに土産屋に、なんでもありです。

  • 津軽海峡文化館アルサス
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    青森県下北郡佐井村佐井字大佐井112
    下北交通バス「佐井行き」に乗車、バス停「大佐井」より徒歩約1分のところにある文化施設。1階には観光案内所やイベントホール、特産品の展示販売コーナーなどがある。2階には佐井村の文化を伝える「海峡ミュウジアム」や、レストラン・喫茶店などの食事処、3階には津軽海峡や北海道の山々を望むことができる展望室がある。運が良ければ、双眼鏡を使いイルカやマグロの姿が見られることもある。

    仏ヶ浦へ行く遊覧船に乗るため寄りました。朝だったので2階のレストランなどは開いていませんでしたがミュージアムと売店はやっていたので適当に時間はつぶせました。ここで大間マグロのイベントのポスターを見たおかげで大間マグロにありつけました。

  • 釜臥山展望台
    旅行/観光
    青森県むつ市大湊字釜臥山1
    むつ市大湊大近川にある展望台。下北半島の最高峰、標高879mの釜臥山の山頂近くに位置し、周囲の山々などの自然や、むつ市街、晴天時には北海道までを見渡せる。また、夜にはむつ市の夜景を観賞できるスポットとして知られ、闇夜に浮かび上がる街の姿はアゲハチョウの形に例えられる。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す