関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

津軽鉄道

客車にダルマストーブをつけた観光列車

ストーブ列車として有名な奥津軽の風物列車。昭和5年(1930)に五所川原から金木間開業し、同年11月に全線開業(20.7km)、そしてその冬12月よりストーブ列車の運転をはじめ今に至る。ストーブ列車の運行は12/1から翌年3/31まで。その他時期により風鈴列車・鈴虫列車も走っている。

place

青森県五所川原市大町39 (津軽エリア)

phone 0173342148

津軽鉄道の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/04/24 芦野公園駅まで桜を見に行きました。
弘前駅から五所川原駅を経由し、芦野公園駅まで津軽鉄道に乗って行きました。
車内では始終岩木山が見えます。
芦野公園は桜が満開で、桜の中を津軽鉄道を通る写真が撮れました。
車内販売で手拭いを購入しました。
経営が厳しいようですが、素晴らしい列車なので頑張って欲しいと思います。
投稿日:2021/04/12 ごく普通のローカル鉄道
この時期ストーブ列車は走っていませんので、いたって普通のローカル鉄道
特徴は、非常に遅い!!!
最高速はたぶん40Km/h位でしょう。
田舎の風景を楽しむのには良いと思います。
ですが、列車自体には特に・・・といったものがあるとは思えません。
投稿日:2021/03/08 昭和の善き風景そのままのストーブ列車
ストーブ列車。乗るだけのつもりで津軽五所川原駅から乗車。乗るとストーブの熱であったまった車内がなんだか懐かしい心地で、車内の調度品なども醸し出すレトロ感が何とも言えません。動き出すと焼き始めるスルメ。その香りに我慢できず、おもわず車内販売でお酒を購入。冬空と雪景色のどこまでも続く車窓も飽きることなく、よき列車旅行となりました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県五所川原市大町39 [地図]
エリア
津軽エリア
電話番号
0173342148
時間
詳細は公式HPをご確認下さい(http://tsutetsu.com/)
休業日
無休
料金
ストーブ列車を利用する場合は運賃のほかにストーブ列車料金500円が必要
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。