NAVITIME Travel

久米島・慶良間諸島の名所スポット一覧

  • 座間味村ホエールウォッチング協会
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村座間味地先1
    毎年12-4月ごろ、ザトウクジラをはじめとするさまざまな種類のクジラが繁殖・子育て期を迎え、座間味近海に里帰りする。期間中、座間味沖に里帰りするクジラを観察するツアーを開催している。※見つからなかった日はツアーが行われないこともある。※人気ツアーのため、当日申込を受け付けない場合もある。

    もうただただ感激! 会えます…丘から監視員さんがウォッチングしてポイントへ誘導 慣れたものです。クジラも船を怖がりません。座間味に感謝です

  • 久米島町奥武島の畳石
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町字奥武島
    久米島の東、奥武島の海岸にある岩畳である。国が指定した天然記念物の奇岩郡だ。干潮時に顔を見せる岩の形が五角形や六角形であることから「亀甲岩」とも呼ばれ、その数は約1,000個以上。表面は波の浸食で平らになっており、自然が産み出した芸術品だ。

    バーデハウスへ行った際、途中で寄り道して見てきました! 此処から見る海もとてもキレイです! 遮るものが無いので暑い! 滑りやすいから注意してください!

  • おばけ坂
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町具志川
    島尻郡久米島町具志川にある坂道。「おばけ」と呼ばれているが、心霊スポットではない。道と周囲の景色の関係により、坂の上りと下りが逆に見える錯視が引き起こされるスポットとなっており、上り坂を車が勝手に上って行く、というような不思議な感覚を味わえる。
  • 渡名喜島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡渡名喜村
    那覇市の北西約58kmに位置する島。渡名喜島と入砂島の二島からなり、面積はあわせて3.84平方km。人口は約450人と沖縄県最小の村で、人が住むようになったのは約3500年前といわれる。戦後も昔の面影をそのまま残し、石垣や福木林に囲まれた赤瓦屋根の主屋などが集落を形づくっている。平成9年(1997)、渡名喜県立自然公園に指定。平成12年(2000)には、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。伝統と自然が息づく島として注目される。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す