NAVITIME Travel

岩国・柳井の旅行/観光スポット一覧

  • 錦帯橋
    旅行/観光
    山口県岩国市岩国
    日本三名橋の一つに数えられる「錦帯橋」は、岩国市の清流・錦川に架かる木造五連のアーチ橋である。延宝元年(1673)、岩国藩藩主・吉川広嘉によって創建された。全長約193m、幅員は5mで、継手や仕口といった組木技術で造られており、釘は一本も使用されていない。昭和25年(1950)の台風で流出したが、昭和28年(1953)に復元された。夏の鵜飼い、秋の紅葉など四季折々の景観を楽しめるが、中でも春の桜は素晴らしく、日本さくら名所100選に選定されている。
  • 石城の里三国志城
    遊ぶ/趣味
    山口県光市塩田2585-1
    展示されてる品々は、中国四川省成都市武候祀博物館監修、四川省美術家協会学芸員製作の実物大復元品、絵画、拓本、ジオラマなど150点余り。メインは諸葛孔明の像である。
  • 米泉湖
    旅行/観光
    山口県下松市瀬戸
    山口県下松市の「末武川ダム」にある湖。湖畔には米泉湖公園が整備されており、「米泉湖サマージャンボリー」などのさまざまなイベントを定期的に開催している。また、釣りの名所としても知られており、ブラックバスを釣ることができるため、休日を中心に釣り客が訪れている。
  • 陸奥記念館
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    山口県大島郡周防大島町伊保田2211-3
    山口県大島郡にある博物館。引き揚げられた「戦艦陸奥」に関する資料や物品、また遺品などの展示も行っている。また「艦首先端部」や「スクリュー」を見られる野外展示物や、海を一望できる場所には「慰霊碑」も建てられており、多くの観光客が訪れている。

    第二次世界大戦中、この島の近くで謎の大爆発を起こして沈んだ、戦艦陸奥の記録を集めた記念館です。 入場料は、430円でした。

  • 笠戸大橋
    旅行/観光
    山口県下松市洲鼻
    山口県下松市の笠戸湾に架かる橋で、下松市と笠戸島を結ぶ。昭和45年(1970)に完成し、中央径間が深紅に塗装された美しいトラス橋で、下松市のシンボルともなっている。「笠戸島」は、佐々木小次郎が宮本武蔵を追い、九州に下る際に立ち寄った島と言われている。
  • 岩国白蛇神社
    旅行/観光
    山口県岩国市今津町6-4-2
    山口県岩国市にある神社。広島県の「厳島神社」の御祭神を勧請して、2012年(平成24)に鎮座祭を斎行し創建した。天然記念物に指定されている「白蛇」の信仰と保護が背景にあり、金運や商売繁盛を呼ぶ神様として、多くの参拝客が訪れている。境内をはじめ、さまざまな場所に白蛇をモチーフしたものが見られるのも特徴。
  • 花岡八幡宮
    旅行/観光
    山口県下松市末武上400
    山口県下松市にある神社。709年に現在の大分県にある「宇佐八幡宮」の分霊を勧請し祀られたもの。豊臣秀吉の朱印状や古文書、大太刀、江戸時代の町並みや風俗を描いた絵馬などの文化財を収蔵している。また、境内にある閼伽井坊塔婆(多宝塔)は、国の重要文化財に指定されている。
  • 大島大橋
    旅行/観光
    山口県大島郡周防大島町・柳井市
    山口県柳井市と大島郡周防大島町に架かる橋で、全長は1020m。橋脚に受ける潮流抵抗をさけるため、世界初の試みである「多柱式基礎」の上に、連続トラスで構成されている。橋の東側には歩道が設置されており、徒歩や自転車で渡ることもできる。映画やプロモーションビデオのロケ地としても多く使用されている。
  • 寂地峡
    旅行/観光
    山口県岩国市錦町宇佐
    山口県岩国市にある峡谷。標高は300mで、西中国山地国定公園の三大峡谷の一つとされている。「犬戻峡」と「竜ヶ岳峡」の二つに分かれており、犬戻峡はいくつもの滝が連続しているのが特徴。竜ヶ岳峡は奇岩、岩屋が連続している。湧水が豊富なことから飲料水やわさび栽培にも利用されている。「名水百選」にも指定されており、さまざまな生き物が生息している。
  • 道の駅 ピュアラインにしき
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    山口県岩国市錦町府谷117
    国道187号線沿いにある道の駅。錦町特産の「ワサビ」や「コンニャク」の商品やレストランでは、「コンニャクミニ会席」などを味わうことができる。また、要予約で「手作りコンニャク体験」に参加することができる。休憩室や情報ステーションなども完備されており、観光客が多く訪れている。

    岩国市内から錦川に沿って北上してくると、吉賀町に向けて最後の急登になるところにあります。駐車スペースがたくさんあり、売店、レストラン、休憩所などが充実しています。レストランは料金が安くて、変わったメニュー(笑)もあり、ここでの食事をお目当てしている人も多いと思います。今回は、らかん高原でのキャンプで食べる(たぶん地元産)大きなスイカを入手できました。とても美味しくて、よかったです。とてもよい場所に...

  • 周南市美術博物館
    rating-image
    3.5
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山口県周南市花畠町10-16
    山口県周南市にある美術館。周南市出身の写真家である林忠彦の写真を中心に、宮崎進・岸田劉生・まどみちおなど、徳山にゆかりのある芸術作品などが常設展示されている。また、所蔵品によるオリジナルグッズや画集、企画展に関連したアイテムなどを販売しているミュージアムショップや、噴水池を眺めることができる広い窓が特徴のカフェテラスも併設。

    竹久夢二の特別展が、2019年8月半ばまで催されています。前回来たときは、ブリキのおもちゃの特別展でした。時期ごとに特別展があるので、時々来てもよいかもしれません。

  • 道の駅 サザンセトとうわ
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    旅行/観光
    山口県大島郡周防大島町西方1958-77
    山口県大島郡の国道437線沿いにある道の駅。情報館や休憩スペース、農産物直売所のほか、地産地消にこだわった郷土料理や新鮮な「小いわし定食」などを味わえるレストランが完備されている。また「じゃこ天」や、期間限定の「かいもち」販売所も併設されており、多くの人々が訪れている。

    2階のレストランでエビフライを頂きました。 入り口で食券を購入するタイプのお店です。 エビフライは二尾1400円。 大きくて食べ応えありました。 7月13日に改装オープンした売店には島らしく海藻類や煮干し、蜜柑を使ったお菓子やハチミツ、ジャムなど小ぎれいなお土産品がたくさん並んでいました。

  • 星野哲郎記念館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    山口県大島郡周防大島町平野417-11
    山口県大島郡にある記念館。作詞家・星野哲郎氏の作品や資料などが展示されている。館内は「星野劇場」「星野工房」「星野歌酒場」「星野博品展」「星野映像館」の5つのブースで構成されており、彼の作品をさまざまな形で体感できるよう工夫されている。また、作品の音楽にちなんだ企画展も実施している。

    作詞家で有名だった、星野哲郎の記念館です。 アンコ椿は恋の花、三百六十五歩のマーチ、昔の名前で出ています、風雪ながれ旅、兄弟船、女の港、雪椿、函館の女、みだれ髪...等など数知れない曲を作詩しました。 風光明媚な瀬戸内海を一望できる場所にありました。 入館料は、510円でした。

  • 旧目加田家住宅
    旅行/観光
    山口県岩国市横山2-6
    江戸時代中期に建てられた中流武家屋敷「目加田家住宅」。岩国の武家屋敷は錦川の氾濫に備えて二階建てになっていることが多く、目加田家住宅も二階建てであるが、表側が大屋根となっており窓がないため平屋のようにも見える。この造りは、藩主が通る際に見下ろすことがないよう配慮されたものだといわれている。昭和49年(1974)、国の重要文化財に指定された。
  • 岩国シロヘビの館
    遊ぶ/趣味
    山口県岩国市横山2-6-52
    山口県岩国市横山の吉香公園に隣接した立地にある、国の天然記念物「岩国のシロヘビ」を展示する施設。現在はリニューアルし「岩国シロヘビの館」が施設名称である。館内ではシロヘビの生体展示のほか、模型や映像資料、シロヘビにまつわる伝承なども展示。楽しみながら学べる工夫がなされている。
  • 岩国城
    旅行/観光
    山口県岩国市横山3
    慶長13年(1608) 、初代岩国藩主・吉川広家が、横山の山頂に築いた城である。しかし幕府の一国一城令により、築城からわずか7年後の1615年に取り壊しとなり、政務は山麓の居館で行われることになった。現在の天守は昭和37年(1962)に「天守構造図」という絵図を元に復元されたものであり、吉香公園、錦帯橋から岩国市内、宮島をはじめとした瀬戸内海を一望できる。また旧天守閣跡の石垣は、当時の石積み技術のまま修復され、見学することが可能だ。
  • 岩国美術館 柏原コレクション
    遊ぶ/趣味
    山口県岩国市横山2-10-27
    山陽自動車道「岩国IC」から車で8分。岩国城ロープウェイ山麓駅前にある、全国でも数少ない古武具の美術館。奈良時代から江戸時代までの甲胄や刀剣などの武具や、古文書、書画、古鏡など約6,000点を所蔵、八曲半双の「川中島合戦図屏風」などを始めとする約200点を常設展示している。武士の生き様とともに武具を紹介する「生死の文化」、武家の生活を彩る伝統文化を紹介する「生活の文化」のほか、様々な特別展や企画展も開催している。
  • 観音水車でかまるくん
    旅行/観光
    山口県岩国市美川町根笠3039
    山陽自動車道「岩国IC」または中国自動車道「六日市IC」から車で30分。平成2年(1990)に特産の杉を利用して作られた、直径12メートルの巨大水車。弘法大師が納めた木の仏像が石灰分を含んだ水滴に晒され、長い年月をかけて鍾乳石のような石の仏像になったと言われる「根笠岩屋観音」の近くにあり、参道を上ると目に飛び込むように現れる。平成22年(2010)3月にリニューアルされた。
  • 二鹿梅津の滝
    旅行/観光
    山口県岩国市二鹿
    岩国市二鹿、錦川の支流・二鹿川沿いにある滝。渓谷には梅津の滝のほか、二の滝や飛龍の滝、霧隠れの滝などの7つの滝があり、総称して「二鹿の滝」と呼ばれる。平安時代、京都の比叡山に現れた2つの頭を持つ鹿を退治するよう命じられた梅津中将清景が、この地まで鹿を追い詰め討ち取ったという伝説が残る。遊歩道が整備され、キャンプなども楽しめる。
  • 柳井市白壁の町並み
    旅行/観光
    山口県柳井市柳井3714-1
    江戸時代に岩国藩のお納戸として栄え、産物を積んだ大八車が往来してにぎわった町筋で、柳井を代表する観光地となっている。約200mにわたり、当時の商家や町家の白壁と格子窓の町並みが続く。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、商家博物館むろやの園や、重要文化財の国森家住宅、国木田独歩旧宅など、見どころがいっぱい。夏の金魚ちょうちん祭りの前後には、金魚提灯が軒に吊るされ、幻想的な雰囲気をかもし出している。

山口の主要エリア

around-area-map

本州の最西端に位置する山口県。日本海、瀬戸内海、響灘と3つの海に面し、美しい海と砂浜が特徴的です。 県外からのアクセスは山口宇部空港・新山口駅が便利で、羽田空港からは約1時間半、大阪・名古屋からは新幹線で2時間半ほど。 山口県は、下関市のある「西部」、長門市のある「北部」、山口市のある「中部」、岩国市のある「東部」に分かれています。 西部・下関市には、ドラマやCMのロケ地として有名になった「角島大橋」があり、エメラルドグリーンの海と白い橋のコントラストがとてもきれいな人気スポットです。 北部・長門市にある「元乃隅稲成神社」は123基の赤い鳥居が100m以上にわたって並び、赤、青、緑のコントラストが美しい景色は、CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれています。 中部・山口市では「龍福寺(大内氏館跡)」や「国宝瑠璃光寺五重塔」が有名です。 東部の鉱山跡を利用したテーマパーク「地底王国美川ムーバレー」では、洞窟探検アトラクションが楽しめます。 グルメは、フグ、クルマエビ、笠戸ひらめ、ケンサキイカなどの海鮮が楽しめます。

山口の写真集

目的から探す