函館・大沼・松前の文化/見学スポット一覧

  • 函館市熱帯植物園
    rating-image
    3.5
    175件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市湯川町3-1-15
    北海道にありながら、南国のめずらしい花や木を展示している熱帯植物園である。園内には約300種3000本の植物があり、見応え十分。12月から5月頃には、温泉に入るニホンザルの姿も見られる。その他、幼児用の遊具や水の広場なども充実しており、家族連れに人気の植物園である。

    期待せずに空港までの余った時間に立ち寄りました。 夏でしたので温泉に入るお猿さんは拝見できませんでしたが餌を100円で購入し、投げ入れるとお猿さんたちが貰いたいために手を叩いたり床を叩いたりとかわいかったですあ。餌も百円の割にはたくさん入っていました。 植物園は夏には暑いですがお世話をされている方がとても熱心に説明して下さったので楽しめました。 小さな施設ですがホームページを見てもわかるように働か...

  • 函館市縄文文化交流センター
    rating-image
    4.5
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市臼尻町551-1
    道の駅・縄文ロマン 南かやべに併設されている函館市縄文文化交流センターは、南茅部縄文遺跡群を中心に、函館市の縄文遺跡から出土した遺物を数多く展示。北海道初の国宝「中空土偶」も常設展示されている。函館空港から車で約40分。JR函館駅から約90分。

    国道278号沿い道の駅縄文ロマン南かやべ隣接。利用料金300円。国宝「土偶」がフラッシュ無しで四方から写真取り放題と素晴らしい。世界遺産登録を目指す北海道・北東北の縄文遺跡群の一群である垣ノ島遺跡もテラス越しに見えます。

  • 北海道立函館美術館
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市五稜郭町37-6
    バス停「五稜郭公園入口」から徒歩で約3分、電停「五稜郭公園前」から徒歩で約7分。五稜郭タワーのそば、函館市芸術ホールに併設されている美術館。道南生まれの近代の作品を中心に展示していて、書家である金子鴎亭のコレクションは鴎亭記念室で見られる。その他テーマに沿った特別展や講演会も行う。また日曜日の午前中にはファミリータイムを設けていて、子ども連れでも気軽に利用できるだけではなく特別展の割引もある。ミュージアムショップではオリジナルグッズを販売。

    五稜郭公園側にある北海道立函館美術館です。すぐ近くに函館市北洋資料館があります。 始まったばかりの西洋版画の魅力を見に行っってきました。チケット代920円。クレジットカード、電子マネーが使えました。 写真撮影はできませんでした。 平日の午後、誰もいませんでした。コレクションは貴重で素晴らしかったです。

  • 函館市青函連絡船記念館摩周丸
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市若松町12番地先
    昭和63年(1988)の青函連絡船最後の日まで運航していた摩周丸を実際の乗り場で保存・公開している。当時のままで残された操舵室(船橋)・無線通信室が見学できるほか、改装された前部グリーン室内にて、実物部品や模型などの展示、映像や音声で青函連絡船の歴史やしくみを学ぶことができる。JR函館駅から徒歩4分。
  • はこだてみらい館
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市若松町20-1 キラリス函館3F
    「キラリス函館」の3階にある、科学をベースとした先端コンテンツやワークショップを体験できる施設。縦2.4m、横14.4mの巨大高精細LEDディスプレイ「メディアウォール」には、北海道新幹線が実際のスピードで駆け抜けるアニメや、実物大の動物の映像が映し出されるなど、子どもも夢中になるコンテンツが盛りだくさん。イベントやワークショップも多数開かれている。
  • 江差追分会館・江差山車会館
    遊ぶ/趣味
    北海道檜山郡江差町中歌町193-3
    北国の厳しい自然と生活の中から生まれた人間賛歌 江差追分。その地方文化の保存のため昭和57年(1982)に建設されたのが江差追分会館である。館内には伝習演示室、資料室をはじめ、江差追分の指導を行う追分道場もある。また姥神大神宮渡御祭に供奉する山車も展示されている。函館から車で約1時間半、JR函館駅からバスで約2時間。
  • 桜見本園
    遊ぶ/趣味
    北海道松前郡松前町松城 松前公園内
    さくら名所100選(日本さくらの会選定)の一つ、松前公園の中にある植物園である。様々な品種の桜を集め、保存しながら展示する「生きる桜の図鑑」ともいうべき植物園だ。現在は約100種、300本が植えられている。
  • 市立函館博物館
    rating-image
    3.0
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市青柳町17-1
    本館は美術工芸品や土器など函館で発掘された貴重な考古学資料や鳥類、植物、昆虫などの自然科学資料を展示。分館には函館戦争関連資料がある。

    函館公園内にあります。展示も含めてかなり地味です。ごくたまに渋く深みのある展示を行っています。地元民としてもそう何回も訪れていませんが、2019年は箱館戦争終結150年なので、当時の品々を集めた特別展が企画されていました。自分がいちばん関心を持ったのは官軍側の全国諸藩から集められた兵たちが残した現地スケッチなどの「お仕事レポート」でした。中央図書館ともども所蔵内容はかなりのレベルですが、それをわか...

  • 関川家
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道檜山郡江差町字豊川町55

    文人であった江差の豪商八代目関川平四郎が、賓客をもてなし句会を開いた別荘として建築。すでに本宅はないものの、陳列されている什器や食器などの素晴らしさは目を見張るものがありました。ボランティアさんの解説を拝聴しながらじっくり見て回り、往時の輝きを感じるひと時でした。

  • 厚沢部町森林展示館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道檜山郡厚沢部町緑町18

    厚沢部町にある森林展示館では80種類以上の樹木を栽培している森の中の展示館です。森林について学ぶこともできます。マイナスイオンが溢れる木々のなかの環境でリフレッシュするには最適です。

  • 金森美術館
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市末広町22-17
    1911(明治44)年に建造された旧金森船具店を改築し、クリスタルガラスの最高峰であるバカラの作品を紹介。ミュージアム・コレクションとしてフランス・パリにあるバカラミュージアムの所蔵品の中から厳選した復刻品23点を展示している。建物は、貿易港として早くから外国交流があった函館を象徴するような、日本建築とルネッサンス様式が融合した重厚な雰囲気。市の景観形成指定建築物となっている。
  • 北海道大学総合博物館水産科学館
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市港町3丁目1-1
    学術上貴重な北方海域の魚類、甲殻類、貝類などのほか、頭足類に関する世界的権威者佐々木望博士の研究標本を展示している。
  • テディベアミュージアム
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市豊川町11-17
  • 市立函館博物館 友の会
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市末広町21-12
  • 函館市旧イギリス領事館ヴィクトリアンローズ
    暮らし/生活/病院
    北海道函館市元町33-14

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す