NAVITIME Travel

佐渡のスポット一覧

  • 海運資料館
    旅行/観光
    新潟県佐渡市小木町
    千石船模型、船大工道具、板図面、船乗りの海神信仰に関する資料や、北九州から運ばれた古陶器などを展示している。
  • 牛尾神社
    旅行/観光
    新潟県佐渡市新穂潟上2532
  • 佐渡国小木民俗博物館・千石船展示館
    rating-image
    3.5
    26件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市宿根木270-2
    大正9年(1920)に建てられた木造校舎をそのまま残した博物館。当時の面影を残す校舎造りの館内には3万点余りの民族資料が並び、船大工道具など国の重要有形民俗資料に指定されるものを収蔵展示。毎年夏に開催される「白山丸祭り」は、展示室内にある日本初の完全復元千石船「白山丸」を人力で曳き出し、155畳の大きさの白い帆をあげる見ごたえある祭り。

    昭和前半の校舎が博物館がいい感じです ちょっと離れて新しい建物にも展示があります よく表示見ないと行かずにでてしまそうです

  • 佐渡太鼓体験交流館
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    新潟県佐渡市小木金田新田150-3
    佐渡を拠点として活躍する、国際的太鼓芸能集団「鼓童」のプログラムを体験できる太鼓体験施設。団体はもちろん個人も事前予約で体験可能。施設は佐渡の木材で造られており、テラスからは雄大な大佐渡山脈や真野湾を望むことができる。両津港からは車で1時間ほど。

    太鼓の体験ができます。大太鼓だから、迫力があります。港から少し離れているのが難点ですが、馬鹿でかい太鼓は見るだけでもすごい!

  • 史跡佐渡金山
    rating-image
    4.0
    286件の口コミ
    旅行/観光
    新潟県佐渡市下相川1305
    徳川幕府直轄の天領として、小判の製造も行われていた日本最大の金山。平成元年(1989)に資源枯渇により操業を停止し、400年の歴史に幕を閉じた。敷地内の採掘施設や製錬施設などは国の重要文化財に指定されている。現在は「佐渡金山絵巻」に描かれた江戸時代の佐渡金山の様子の模型展示や、実際に使用されていた坑道跡を見学できる。

    宗太夫坑と道遊坑を見ました。宗太夫坑は江戸時代の坑道跡で当時の様子が再現されていましたが、道遊坑は展示もなく、ただのトンネルでした。見学を迷ったら、宗太夫坑だけで十分だと思います。

  • 佐渡版画村美術館
    rating-image
    3.0
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市相川米屋町38-2
    佐渡金山の歴史が色濃く残る京町通りにある私立美術館。赤い瓦の立派な建物は、旧相川簡易裁判所を利用したもの。版画村創設者の故高橋信一氏の作品と版画村会員による作品が展示される。12月から2月にかけて休館があるため、訪れる際は注意。

    1984年に旧相川裁判所の建物を利用して開館した版画専門の美術館です。建物は明治の面影を残し、郷愁を感じます。高橋信一氏は、佐渡を版画の島にと佐渡版画運動を展開した人物です。この運動に参加した佐渡在住のアマチュア作家の作品や高橋信一氏の遺作が展示されています。力強い素朴な作品が多く、感銘を受けました。

  • 史跡佐渡奉行所跡
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    旅行/観光
    新潟県佐渡市相川広間町1-1
    江戸時代初期、慶長8年(1603)に建てられた佐渡奉行所の跡。佐渡金山を管理する目的で作られた奉行所で、焼失と再建をくり返し、明治時代には役所や学校としても使われてきたが、1942年の火事で全焼。その後、1994年に再度国の史跡に指定されたことで、2000年に一部が復元された。

    他に観光客もない中での見学でした。天気も悪く、正面玄関が閉まっていました。傘を置く場所もわからず、案内してくれる担当もない入室。室内は案内掲示は何もなく、掃除しているスタッフがいましたが、案内してしてくれる人はいませんでした。有料なのに・・・とても残念。何もわからず帰って来る、行って残念なところでした。

  • 尖閣湾揚島遊園
    旅行/観光
    新潟県佐渡市北狄1561
    国定公園で、名勝地にも指定されている美しい海岸美を誇る「尖閣湾」にある観光施設。映画のロケ地となったつり橋「遊仙橋」や、橋を渡った先にある展望台からは雄大な尖閣湾が一望できる。3月中旬頃から11月下旬頃までは尖閣湾内を海中透視船(グラスボート)にのり、湾と海の美しさを間近に感じることができる。
  • 小木城山公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市小木町
    古い城山を利用した公園。昔の石垣や基礎が残る敷地内には、さまざまな花木が植えられ市民の憩いの場となっている。冬から春にかけては約3,000本の椿が咲き、春には桜、サツキなど500本もの木々が花を咲かせる。夏には佐渡の一大イベントである「アース・セレブレーション」が開催され、3日間にわたってコンサート、マーケット、ワークショップ、体験イベントなどが行われる。
  • 佐渡一ノ宮度津神社
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    新潟県佐渡市羽茂飯岡550-4
    佐渡の式内社9社のうちの1つ「佐渡一ノ宮」と称される格式高い神社で、「一ノ宮めぐり」に多くの参拝客が訪れる。境内には「五十猛命」と「素戔嗚尊」を祭神として祀っており、交通安全のご利益があると言われている。また、「全島交通安全祈願祭」「全島海上安全祈願祭」などが毎年行われている。

    2日目はタクシーによる島内観光です。創建年代等は、洪水により社殿、古文書などが全て流失したため、不詳ですが、式内社であることから1000年以上の歴史を有する格式のある神社です。現在の本殿は1709年に、幣殿・拝殿は1937年に造営されたものです。祭神は五十猛命です。交通の守護神として島民から信仰されています。

  • クアテルメ佐渡 羽茂温泉
    宿泊/温泉
    新潟県佐渡市羽茂飯岡170-1
    浴槽の源泉を毎日総入れ替えしている羽茂温泉の日帰り入浴施設。ドイツ語で「保養温泉」の意味を持つクアテルメで源泉かけ流しの天然温泉が楽しめる。低張性アルカリ性単純温泉のお湯は泉温34度とやや低め。それゆえに湯あたりしにくく、気泡浴や圧注浴、寝湯など様々な楽しみ方ができると評判だ。併設された休憩多目的施設・だんらんの家は入浴後の無料休憩場として利用できるほか、部屋ごとに個人や団体で貸切利用することもできる。
  • 羽茂城跡
    旅行/観光
    新潟県佐渡市羽茂本郷
    羽茂本郷の東側に広がる独立台地上に築かれていた山城の跡。室町時代の初期、真野地区・吉岡本間氏からの分家とされる羽茂本間氏が南佐渡の拠点として構築したと言われる、典型的な中世の山城だ。豊臣秀吉の天下統一後、越後の上杉景勝が佐渡を攻めた際に落城した城には今でも当時の遺構が残っている。現在は城址公園として整備されており、入り口の看板を見ながらその歴史を偲ぶことが可能だ。山頂から見下ろす羽茂平野周辺には羽茂城を中心とした縦深陣地や、背後の支城を配する雄大な布陣が見て取れる。
  • 関岬
    旅行/観光
    新潟県佐渡市関
    別称「禿の高」とも呼ばれる岬。大佐渡山系の山塊が断崖となって海に落ちる巨大な岩山で、標高100mを越える絶壁だ。日本海が一望できる岬からは、遠くの大野亀を望むこともできる。休暇村佐渡オートキャンプ場を中心に遊歩道が整備されており、昼には日差しが輝く日本海、夕方には沈む夕日と漁船の明かりを望むことができる。遊歩道を進んだ先には灯台もあるため、絶景を拝みに足を運ぶ人も多い。
  • 寒戸崎
    旅行/観光
    新潟県佐渡市関
    弘法大師修業の伝説が残る禅棚岩の北側に位置する景勝地。中世の頃、背後にそびえる知行山が岩なだれを起こした際に浜を埋めてできた岬と言われている。佐渡は淡路、香川の屋島と並んで貉伝説の多い地域。芝右衛門狸、禿狸に並んだ日本三名狸・佐渡国二ツ岩団三郎を筆頭に90を越える社が存在する。県道45号線沿いの小さな鳥居をくぐった先にムジナ伝説を持つ寒戸神社があり、佐渡では面倒見のいい親分肌として描かれる「佐渡貉」を祀っている。
  • 賽の河原
    旅行/観光
    新潟県佐渡市願
    佐渡の奇跡・大野亀と二ツ亀を繋ぐ遊歩道。日本海の浸食によって作られた海食洞穴に無数の石地蔵が立ち並んでいる。波と風の音だけが聞こえる信仰の地は「冥途との境」と言われる海沿いの道。幼くして亡くなった子供の霊が集まる場所と言われ、古くから篤く信仰されている地だ。年に一度、飢えと渇きに苦しんでいる水子・餓鬼のためご真言を唱えて食べ物をお供えする「賽の河原祭り」が行われており、毎年200人以上の信者や檀家の方たちが足を運ぶ。
  • 長手岬
    旅行/観光
    新潟県佐渡市橘
    県内屈指の夕日・漁火絶景ポイント、七浦海岸の中央に位置する岬。隆起海岸の特徴を持つ平らな岩場一帯が「佐渡弥彦米山国定公園」に指定されている。点在する奇岩と変化のある海岸美は大昔の火山活動の噴出物でできたもの。海岸を歩くと目に留まる緑の岩が、その歴史を今に伝えている。日本海に突き出た岬の先に灯台があり、すぐ近くまで歩いて行くことが可能だ。日本海の大海原に沈む夕日の素晴らしさでも知られている。
  • 椎崎諏訪神社
    旅行/観光
    新潟県佐渡市原黒
    室町時代の天授2年(1376)に建立されたと伝わる佐渡の古刹。この地の地頭・久知本間家の守護神として加茂湖を見下ろす高台に佇んでいる。県の有形民俗文化財に登録された能舞台は、明治35年(1902)に建築されたもの。佐渡で演能回数が最も多い舞台として有名だ。5月から10月上旬の土曜には幻想的な薪能も演じられ、島の内外から多くの人たちが集まる(8月を除く)。春には桜の名所としても親しまれている。
  • 平根崎波蝕甌穴群
    旅行/観光
    新潟県佐渡市戸中
    平根崎海岸に見られる侵蝕現象。岩盤の斜面500mにわたって大小80近くの甌穴が見られる。波蝕甌穴は長い年月の中で波の差し引きによって浸食・研磨された窪みが、巨大なカメ型の窪みになったもの。佐渡内の沿岸で多数見られる現象だが、平根崎のものは佐渡最大の規模を誇る。直径2m以上のものが14個、深さは3mにも達する巨大な甌穴だ。日本海の波浪の営力を知る貴重な甌穴群で、国の天然記念物にも指定されている。
  • 佐渡国分寺跡
    旅行/観光
    新潟県佐渡市国分寺287-1
    佐渡最古の寺院跡。聖武天皇の命により、諸国に一つずつ建てられた国分寺のひとつ。正確な創建年代や寺域等は明らかになっていないが、天平から宝亀にかけての743年-775年に落成したと伝わっている。国仲平野を見おろす境内には礎石の一部が残っており、金堂や中門などの配置を把握することが可能だ。大火や落雷により幾度となく焼失再建を繰り返したが、本尊の「薬師如来坐像(国重要文化財)」は戦火を逃れ、再建された佐渡国分寺に現在も安置されている。
  • 乙和池
    旅行/観光
    新潟県佐渡市山田
    佐渡の湖沼巡りでは外すことのできない池。大佐渡スカイラインを登った先、大平高原に近い林道を600mほど進んだ先に神秘的な天然池が姿を見せる。周囲には200種類を越える植物が茂っており、池の中に日本最大級の高層湿原性浮島がある。あたりを自然林に囲まれ、浮島が存在する天然池は県内でもこの乙和池のみ。浮島の中央に、島が浮揚する役目を果たしていると言われるハート型の孔が開いているので特徴だ。池の主・大蛇に見初められて入水した美しい娘「おとわ」の伝説が名前の由来となっている。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す