NAVITIME Travel

唐津・呼子のスポット一覧

  • 唐津市西ノ門館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市北城内1-8
    唐津城三の丸の西側出入口にあたるこの場所が西ノ門路とよばれていたことから名が付いた。館内では唐津市内から出土された江戸時代の唐津焼などの出土文化財の展示や、若手作家中心の唐津焼の展示販売を行い、また佐賀県有形重要文化財でもある曳山の保存修理の状況を見学することができる。

    曳山展示場は有料ですが、ここは無料で曳山の蔵内部を見ることが出来ます。曳山展示場は14台の曳山がありますが、ここには2台の曳山があります。実際に使用されている蔵なので、修復作業中もそのまま見ることが出来ます。西ノ門館にはそれ以外にも、唐津市出土文化財の展示な、お土産コーナーがありました。

  • ポンポコ村ベゴニアガーデン
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市浜玉町浜崎2701
    1000種類を超えるベコニアが展示され、購入可。カフェでは玄界灘をバックに虹の松原を望む絶景が楽しめる。手作りのケーキセットは650円-。クワガタやカブトムシの展示・販売コーナーもあり、いろいろな動物たちともふれあうことができる。

    日帰りバスツアーで訪問しました。狸が出たということでポンポコ村という名が付いたそうです。温室の中で何百種類ものベゴニアが美しく咲いていました。

  • 鳴滝酒造
    お買い物
    佐賀県唐津市神田3272-1
    唐津みやげにピッタリの清酒や焼酎を製造・販売。米焼酎のくんち焼酎720ミリリットル1080円は柔らかで、少しだけ甘口で飲みやすく、和食によく合う。そのほか、徳利に14台の曳山が描かれた曳山徳利や日本酒で仕込んだ梅酒も人気。
  • 菓子舗 池田屋
    お買い物
    佐賀県唐津市中町1835-2
    唐津くんち14台の曳山を象った、曳山ガム1個260円-が有名。ほかに、こし餡や生クリームをカフェオレ生地で巻いた大福125円、卵白でこし餡をソフトに巻いた淡雪まんじゅう6個入り540円などもある。
  • 魚又
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    グルメ/お酒
    佐賀県唐津市浜玉町浜崎1439-2
    唐津湾でとれる天然もののアワビを使ったコース料理が味わえる。アワビ尽くしの竹コース7560円は、酒蒸し、お造り、湯引き、天ぷら、アワビ丼など全10品。このほか、単品で注文できるアワビの浜焼き2700円は絶品。ほかに、あわびの茶碗蒸2160円、あわびの釜炊きめし2700円などもある。

    購入なので覚悟していきました。鮑の釜飯とか茶碗蒸しとか、とにかく豪華!!!鮑の釜飯は蓋を開けるとどん!と鮑が乗っかていて贅沢でした。ふっくら柔らかくて美味しかったです。

  • 海幸
    rating-image
    2.0
    1件の口コミ
    グルメ/お酒
    佐賀県唐津市本町1910-2
    玄界灘のサバと北海道松前産の上質昆布を使った松前寿しが名物。12月にとれる旬のサバを冷凍保存し、一年中ファンの要望に応えている。松前寿しは1晩寝かせるとさらに美味で、みやげに求める人も多い。そのほか、天然物を使った握りずしもおすすめ。

    かつての栄光を感じる。ワインの収蔵量、蔵、外観、内観の設えは申し分ないがいかにせん流行ってないようで、汁物を頼んだら出汁は今から取らないといけない。と、言われた。昆布出汁を今から取れるはずもなく泣く泣くあきらめた。 訪問時間が遅かったのでしょうがないがシャリが少しボソボソしてるのが気になった。シャリが美味しかったら寿司は普通ぐらいに美味しいと思う。

  • 開花堂
    お買い物
    佐賀県唐津市本町1889-2
    和三盆糖と粉糖だけで作った優雅な干菓子・さよ姫を販売。唐津に伝わる松浦佐用姫の悲恋伝説をテーマにした菓子で、上品な甘さと淡い色合いが美しくはかない佐用姫を思わせる。25個入り864円。
  • 伊藤けえらん本家
    お買い物
    佐賀県唐津市浜玉町浜崎943
    太閤秀吉に献上されたうるち米を使った団子・けえらんを販売。せいろで蒸したうるち米の生地で、こし餡を巻いた上品な和菓子。今から400年以上も昔、朝鮮出兵のために佐賀を訪れた太閤秀吉に献上されたのが始まりだ。この時、秀吉が「戦に勝つまで帰らん」と言ったことから「けえらん」の名が付いたという。白1個80円、よもぎ1個90円。
  • 甘夏かあちゃん
    お買い物
    佐賀県唐津市呼子町加部島3748
    呼子名産の甘夏果汁を使った無添加ゼリー・呼子夢甘夏ゼリーを販売。加部島で甘夏農家を営む主婦が地元の甘夏のおいしさを知ってもらおうと発案。素材の甘味を生かした、フレッシュな柑橘系の香りがたまらない逸品だ。
  • 波戸岬のサザエのつぼ焼き
    グルメ/お酒
    佐賀県唐津市鎮西町波戸1616-1
    波戸岬の駐車場にはサザエのつぼ焼を食べさせる屋台が13軒ほど並ぶ。地元の海女さんがとったサザエは鮮度抜群。炭火で焼いたサザエ500円(3-4個)は、醤油の焦げる匂いが食欲をそそる。イカ焼き(500円・600円)も人気で、どちらもテイクアウトできる。イカの塩辛120g400円、梅くらげ100g400円など。
  • 波戸岬海水浴場
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市鎮西町波戸
    波戸岬に整備された人工の海水浴場。玄界灘に向かって広がるコバルトブルーのビーチで、マリンレジャーを満喫しよう。ログキャビン風の海の家は、休憩所として自由に利用できる。7月中旬-8月下旬解放。
  • 波戸岬キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市鎮西町名護屋7324
    玄界灘に沈む夕日を見ることができるキャンプ場。異なる4つのサイト(一般、オート、フリー、プレミアムエリア)から自由に選べ、目の前の海では釣りも楽しめる。近くには、立ち寄り湯を利用できる国民宿舎、海水浴場、サザエのつぼ焼き屋台もある。
  • 田島神社
    旅行/観光
    佐賀県唐津市呼子町加部島3956
    加部島漁港に向かって鎮座する古社。海上安全や商売繁盛の神として親しまれている。創建時代は明らかではないが、平安時代の「延喜式神名帳[えんぎしきじんめいちょう]」にすでにその名が登場。境内には県下最古の頼光[らいこう]鳥居や、恋愛成就の神として人気がある佐用姫[さよひめ]神社もある。
  • 呼子観光物産館
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市呼子町加部島3956
    主に「市民コレクション」を展示しており、1階は「出船入船呼子の港」として、かつて呼子に出入りした船のレプリカを展示。2階には、「防人たちのファッションショー」として、陸軍や海軍の軍服等を展示している。
  • 尾の上公園
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市呼子町呼子
    総合遊具を備えた公園。玄界灘、加部島を一望できる高台にあり、ハンセン病に苦しみながらも格調高い作品を残した呼子町出身の歌人、津田治子の歌碑もある。
  • ぼたんと緑の丘
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市肥前町万賀里川373-39
    九州有数のボタン園。8.7haの敷地内には世界のボタン100種2500株や、シャクヤク30種3万本が植栽されている。山や池を配した築山林泉回遊式の日本庭園を優雅に散策するのもいい。滑り台など遊具が揃った「子どもの森」もあり、家族連れにもおすすめだ。

    今回は時期が合わないため、見れませんでした。その代わり弟が隣のアスレチックで遊びたいとのことでじっくり楽しめました。次はお花が咲いてるときに行きたいです

  • 東の浜海水浴場
    遊ぶ/趣味
    佐賀県唐津市東唐津
    国の特別名勝に指定されている、虹の松原沿いにある海水浴場。全長2kmのビーチは遠浅で波が穏やかなので、子供連れで行くのにちょうどいい。7月中旬-8月中旬遊泳解禁。散策スポットとしても人気が高い。
  • 天徳の湯
    宿泊/温泉
    佐賀県唐津市相知町相知2579-1
    天徳の丘運動公園に立つ共同浴場。八幡岳や作礼岳など、緑豊かな山々が一望できる露天風呂付き大浴場のほか、薬湯やサウナ室がある。館内は常に心の安らぐハーブの香りに包まれ、リラクゼーション効果が期待できそう。ゆったり設けられた休憩室は、アルコール以外なら持ち込み無料。
  • 唐津市肥前町福祉センター たかくし温泉
    宿泊/温泉
    佐賀県唐津市肥前町田野甲1287-10
    唐津市の肥前地区高串の漁港からすぐのところにある温泉施設。浴場は小さめだが、ぬめりのある湯は湯上がりの肌がしっとりすると評判。湯船にたたえられるナトリウム-炭酸水素塩泉は、皮ふ病や消化器病などに効能がある。
  • 大原松露饅頭本店
    お買い物
    佐賀県唐津市本町1513-17
    虹の松原の松の根元にできる球形のキノコ・松露をかたどった、代表的な唐津みやげ松露饅頭の店。上品な甘さのこしあんを薄いカステラ生地で包む饅頭は一つ一つが手作りだ。1個98円。唐津駅でも買える。

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す