NAVITIME Travel

南会津のスポット一覧

  • 大内宿
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町大内山本
    昭和56年(1981)に国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定された「大内宿」は、会津城下と栃木県日光市今市を結ぶ全長130kmの中で、会津城下から3番目の宿駅として寛永17年(1640)ごろに整備された宿場町だ。江戸時代へタイムスリップしたかのような街並みはどこか懐かしさを感じる。4月末-11月下旬はナイトツアーもある。
  • 尾瀬国立公園
    遊ぶ/趣味
    群馬県、栃木県、福島県、新潟県
    国民的愛唱歌「夏の思い出」のモチーフとして知られる本州最大の高層湿原、尾瀬ヶ原を有する国内29番目の国立公園。ミズバショウやヒオウギアヤメ、オコジョといった湿地ならではの動植物や、ニッコウキスゲ、タテヤマリンドウ等の高山植物が数多く見られる。園内一帯は笠ヶ岳や至仏山、燧ヶ岳といった山々で形成される山岳地帯のため、季節に応じた登山用装備・服装は必須。エリア内には3箇所のキャンプ場と2箇所のビジターセンターがあり、散策・登山の拠点となっている。
  • 河井継之助記念館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    福島県南会津郡只見町塩沢上ノ台850-5
    南会津郡只見町塩沢上ノ台にある記念館。戊辰戦争の際に只見町塩沢で命を落とした幕末の越後長岡藩士・河井継之助に関する展示を行っている。その生涯や、河井継之助を描いた作家・司馬遼太郎の小説「峠」に関わる資料の展示、終焉の地となった村医・矢沢宗益の家を移築した「河井継之助終えんの間」などを見学できる。11月中旬から4月下旬は冬季閉館。

    家族の要望で一緒について行った河井継之助記念館です。実際私は河井継之助と言う人のことは全く知らなかったので、ただ記念館としか感じませんでした。展示物も多い記念館でしたが、歴史がわからないと、感動も無く勿体無いと感じました。

  • 木賊温泉岩風呂
    宿泊/温泉
    福島県南会津郡南会津町宮里字湯坂1986
    南会津郡南会津町宮里にある共同浴場。西根川の川岸に位置し、自然に近い形の岩風呂に屋根を取り付けた混浴の露天風呂となっている。高めの温度の単純硫黄泉が湧いており、川のせせらぎを聞きながら体の芯まで温まれる。また、女性用に湯浴み着のレンタルも行っている。
  • 御蔵入りの里うさぎの森オートキャンプ場
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県南会津郡南会津町糸沢西沢山3692-20
    南会津郡南会津町糸沢字西沢山にあるキャンプ場。うさぎをはじめ野生動物も多く生息する野山に、オートキャンプサイトとフリーサイト、しゃくなげ園を併設。サイトの一部はペット可サイトとなっているほか、キャンプエリアの最深部はボーイスカウトなどの団体で使用できるユースキャンプ場となっている。

    元々は、地域の農業伝習施設だったようですが、今では施設の内容は、野外活動を中心とした都市と農村の交流施設で、山荘とオートキャンプ場及びユースキャンプ場などが整備されています。 広々とした駐車場も整備されています。 宿泊施設であるキャンプサイトや山荘ななみねのチェックイン・チェックアウトは森の交流感で行うことができます。 山荘ななみねの使用料金は1棟8,800円-13,000円で、6-8人が宿泊でき...

  • 前沢曲家集落
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    福島県南会津郡南会津町前沢
    南会津郡南会津町前沢にある集落。明治40年(1907)に集落の大半を火災で消失、一斉に再建がなされたことから集落全体の意匠が統一され、現在では伝統的家屋が多く残る集落として国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。5月の「前沢薬師様まつり」や10月の「前沢曲家まつり」などのイベントも開催され、1月に行われる年中行事「歳の神」の際には集落の沿道にろうそくが灯される。

    桧枝岐村に行く途中、ナビに国の「重要伝統的建造物群保存地区」とあったので寄ることにした。入場料は300円、まず向かいの山からの展望台から見下ろすと一ダースほどの曲屋が立ち並んでいる。明治の大火によって再建されたので景観が揃って保存されている。公開されている1軒を除いて、みな住民がいて、きちんと自主管理されており、観光化されていないのがうれしい。養蜂農家があって蜂蜜を無人販売していたので購入して食べ...

  • 会津田島祇園会館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    福島県南会津郡南会津町大坪30-1
    南会津郡南会津町田島大坪の御蔵入通りにある資料館。800年以上の伝統を誇る「会津田島祇園祭」に関する資料展示を行っている。祭りに登場する4機の大屋台の特徴を併せ持つ特別製の大屋台や、行列を再現した人形など、臨場感ある展示で祭りの様子を再現している。また、地元食材を使った家庭料理バイキングや郷土料理を提供するレストランや売店も併設。

    会津田島駅の裏にある、祇園会館です。 会館の展示を見る人は少なくて、もっぱら田舎料理のバイキングのお店と化しています。 素朴な田舎料理のバイキングが1000円弱で味わえます。また秋季限定で、しんごろうを味わうことができます。

  • ミニ尾瀬公園
    遊ぶ/趣味
    福島県南会津郡檜枝岐村左通124-6
    南会津郡檜枝岐村左通にある公園。尾瀬沼の北東、伊南川沿いに位置する。尾瀬の季節をひと足早く体験できる公園として整備されており、水芭蕉、ニッコウキスゲ、コマクサなどをはじめ、尾瀬の周辺に自生する草花が植栽されている。
  • 山の駅御池
    グルメ/お酒
    福島県南会津郡檜枝岐村字燧ケ岳1
    南会津郡檜枝岐村御池にある休憩所・食堂。尾瀬へと向かう途中の標高約1,500mの地点に位置しており、尾瀬土産や菓子パンなどを販売する売店と休憩所、食堂を併設している。また、御池-沼山峠間のシャトルバスも運行している。
  • 東電尾瀬橋
    旅行/観光
    新潟県魚沼市
    日本最大の山岳湿地・尾瀬国立公園にかかる木製の橋。新潟県と福島県のほぼ県境に架かる橋はミズバショウ群落の鑑賞ポイント。リュウキンカやカキランなど、尾瀬を代表する花々を観察することができる。多雪地帯の尾瀬は日本有数の植物の宝庫。湿原や沼地、岩地などそれぞれの自然条件によって生育する900種以上の高等植物が確認されている。
  • 平滑ノ滝
    旅行/観光
    福島県南会津郡檜枝岐村燧ケ岳
    尾瀬ヶ原の東端から北に向かって流れる只見川沿いの滝。その名の通り、広大な岩盤の上を約400mに渡って滑るように流れている。ぱっと見どちらが上流かわからなくなる流れは、平坦に見える尾瀬ヶ原が、実は緩やかに傾斜していることを表している。およそ1km下流には日本の滝百選にも選ばれた名瀑・三条の滝があり、平滑の滝とは対照的な雄々しい流れを見ることが可能だ。場所によってはぬかるみがひどい区間もあるため、十分な準備が欠かせない。
  • 大内宿町並み展示館
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町大内字山本8
    湯野上温泉駅から車で約15分のところにある大内宿のほぼ中央に位置する、宿駅時代の生活の様子を展示した施設。大内宿の本陣は、江戸時代初期に建てられた下野街道の拠点のひとつで、会津藩の藩主が江戸参勤のために利用していた。本陣を復元した施設には、殿様専用の玄関、上段の間、風呂、茅葺きに関する資料や昔の生活道具などの展示をしている。また、茅屋根の保存のため、囲炉裏端では一年中薪を燃やしている。
  • 味処みなとや
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    グルメ/お酒
    福島県南会津郡下郷町大内山本34
    湯野上温泉駅より車で約15分の大内宿にある郷土料理を味わえる食堂。当時の姿そのままの茅葺き屋根の店舗は、昔の風情や雰囲気を肌で感じられる。こだわりは、特産のそば粉を100%使った十割そば。打ち立てのそばと旬の自家製野菜の天ぷらの「天ざるそば」が人気。また、軒先では南会津の郷土食「しんごろう」を買うことができる。ご飯を半つきにして串に刺し、じゅうねん味噌を塗り炭火で焼いたもので、食べ歩きにもぴったり。

    昼食後に訪れ、しんごろうを頂きました。自家製味噌はほどよい甘辛さで、再度炙り直して頂けるので、熱々の状態で食べられます。それほど量は多くないので、お昼前後でも問題なく食べられると思います。

  • 本家叶屋
    おしゃれ/ファッション
    福島県南会津郡下郷町大内山本48
    素朴な日本家屋が立ち並ぶ大内宿にてちりめん雑貨や民芸品を扱う本家叶屋。店頭を彩るカラフルなちりめんの数々は観光客の目を引く光景である。雑貨類はすべて手作り。特に人気なのはちりめんで作った動物達や干し柿など野菜の盛り合わせ。ご主人も愛想がよく、お茶や漬物の試食で出迎えてくれる暖かみもまた魅力のひとつである。冬季は雪景色とあいまってより写真映えする。ただし吹雪くと営業できないので天候には注意である。
  • 大内宿三澤屋
    rating-image
    4.0
    111件の口コミ
    グルメ/お酒
    福島県南会津郡下郷町大内字山本26-1
    手打ちの高遠そば(ねぎそば)が食べられる「大内宿三澤屋」は、大根おろしそばを箸の代わりに長ネギでいただくことで有名だ。寛永20年(1643)に保科(松平)正之が会津藩の藩主になって以来、大根おろしそばのことを高遠そば、と呼ぶようになった。高遠そばをはじめ、会津の祝膳料理である「こづゆ」や「まんじゅうの天麩羅」なども食べられる。

    初雪の降ったこの日。暖かいけんちん蕎麦にしようか?名物の高遠そばにしようか?と我が奥様は暖かいけんちん蕎麦を頂き、僕は名物の高遠そば!店頭にて先に予約をし約30分程周辺をふらつき観光をした後にお蕎麦を頂きました。店内の雰囲気も良く、店員さんの対応も暖かく、素敵な時間と美味しい蕎麦を頂きました。ここでは相席のコタツも良かったです。

  • 山形屋
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    グルメ/お酒
    福島県南会津郡下郷町大内山本43
    福島県南会津郡下郷町にあるそば料理店。地元で採れたそば粉を使用した手打ちのそばを味わうことが出来る。和の雰囲気を味わえる店内では大内宿名産の「ねぎそば」をはじめ、山菜料理やいわなを中心とした川魚、馬肉など四季折々の味を楽しむことができる。

    会津鉄道の大内宿の電車とバスがお得になるサービスがあるのですがその特典として写真にも載せているスイーツのお餅がタダでもらえます。 味もすごく美味しかった。 ここのお店に限らずですが、すごく話しかけてくれたりフレンドリーな人が多い印象です。

  • 子安観音
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町大内
    福島県南会津郡下郷町にある社寺。観音堂は高台にあり、大内宿の茅葺き屋根の家並みを望むことができる。お堂は普段閉じられているが、年に1回、開帳される例祭が行われる。「子安観音」は子どもや女性の守り神であることから、子宝や暗算・子どもの健やかな成長を祈願する参拝客も多い。
  • 道の駅 番屋
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    福島県南会津郡南会津町番屋4
    福島県南会津郡南会津町にある道の駅。豊かな自然が広がる尾瀬への玄関口に位置しており、地元名産の「赤かぶ漬け」や「行者ニンニク」などが販売されている。また飲食店スペースでは、寒暖差の大きい気候を活かして生産したそば粉を使った十割そばや、そばがき、行者ニンニクを使った餃子などを味わうことができる。

    道の駅を謳っていますが、産直販売コーナーは小さくて、レストランコーナーが中心の施設でした。レストランのメインは会津そばと行者ニンニク入り餃子でした。私もレストランでざるそばを食べたのですが、これがひどい代物で、普通のざるそばの提供に30分近く待たされ、その挙句に、出てきたそばが以前連載されていたそばのうんちくを語るマンガに出てきた、不味い田舎そばの典型でした。そばの硬さが全体に不均一で、柔らかすぎ...

  • 金太郎そば 山本屋
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    グルメ/お酒
    福島県南会津郡下郷町大内字山本15
    福島県会津若松市にあるそば屋。茅葺き屋根の民家風の店内で、こだわりの製法で作られたそばを味わうことができる。地元産のそばの実を使用し、石臼により自家製粉されたものを丁寧に練り上げた本格的な手打ちそばとなっている。また、店先では焼き団子を販売されている。

    くるみそばとなめこそば、だんごを食べました。 くるみそばはこしもあり美味しかったです。なめこそばは暖かい汁のせいかそばには 歯ごたえがなく残念でした。だんごは美味しかったそうです。(妻意見)

  • そば処 本家玉屋
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    グルメ/お酒
    福島県南会津郡下郷町大字大内字山本3
    福島県南会津郡下郷町にあるそば屋。築400年以上の風情ある座敷の店内で、大内宿名物の「ねぎそば(祝言そば)」を味わうことができる。そばは会津産のそば粉を使い、コシのあるしっかりとした食感が人気を呼んでいる。また、食材で使われる野菜も地元産のものを使用。黒米が入ったオリジナルのきんつばも好評。

    店頭にて焼きたての「きんつば」(100円)をいただきました。見た目は大判焼きですが、表面の皮はパリっと香ばしく、初雪の降ったこの日に暖かく頂きました。黒米が入っているらしく、結構お勧めです。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す