NAVITIME Travel

十和田・奥入瀬のスポット一覧

  • 奥入瀬渓流
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬
    十和田八幡平国立公園を代表する景勝地、十和田湖から流れ出る渓流。子ノ口から焼山まで約14kmにわたって続く流れに沿って車道と遊歩道が整備され、誰でも気軽に豊かな自然に触れることができる。奥入瀬を代表する風景のひとつ「阿修羅の流れ」や、本流にかかる随一の滝である「銚子大滝」など見所も多い。5月から6月の新緑や10月中旬から下旬頃の紅葉はもちろん、雪景色もまた美しい。
  • 十和田市現代美術館
    rating-image
    4.5
    215件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県十和田市西二番町10-9
    十和田市の官庁街通りにある十和田市現代美術館は、草間彌生、ロン・ミュエクなど世界で活躍するアーティストの美術作品を展示する美術館。「アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設」というコンセプトの元、官庁街通りを一つの美術館に見立てる「Arts Towada計画」の中核を担う施設として機能している。またカフェや活動スペースもあり、十和田市をアートの街として活性化させる施設としても期待されている。

    時間潰しに最高です。現代アートが並んでいます、表にあるモニュメントだけみて、来た気になって、あとは、バラ焼きでも食べて帰るのも、グーです。

  • 十和田神社
    旅行/観光
    青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋
    恐山(下北半島)とともに修験道の霊場として信仰されてきた「十和田神社」。東北屈指のパワースポットで、「占場」と呼ばれる吉凶を占う場がある。神社でいただいた「おより紙」を、願いを込めて湖に投げ入れ、水底に引き込まれるように沈みむとその願いが叶うと言われている。
  • 十和田八幡平国立公園
    遊ぶ/趣味
    青森県、岩手県、秋田県
    本州北部の山岳地帯に位置する国立公園。国の特別名勝並びに天然記念物に指定されている十和田湖や奥入瀬渓流、南部片富士の別名で知られる美しい名山・岩手山の景観が素晴らしく、新緑や紅葉の時期になると多くの探勝客で賑わう。また、奥羽山脈最北端にある八甲田山は国内有数の降雪量を誇り、冬期には山岳スキーを楽しむことができる。エリア内には数箇所のビジターセンターやインフォメーションセンターがあり、登山ルートの紹介や十和田八幡平国立公園内の自然・生態系に関する資料の展示を行っている。十和田ビジターセンターでは多言語対応パンフレットの配布もある。
  • 十和田湖
    旅行/観光
    青森県十和田市大字奥瀬十和田湖畔休屋
    青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。火山活動により形成されたカルデラ湖で、周囲約46km。最大水深約327mと、日本の湖沼では3番目に深い。東側からは奥入瀬川が流出しており、「十和田湖および奥入瀬渓流」として特別名勝、および天然記念物に指定されている。新緑や紅葉をはじめとした自然の景観が楽しめるほか、ヒメマスの養殖でも知られ、シーズンには釣り客も多く訪れる。
  • 十和田市営宇樽部キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    青森県十和田市大字奥瀬字宇樽部
    十和田市奥瀬十和田湖畔宇樽部にあるキャンプ場。御倉半島の付け根に位置し、東湖に面した敷地内にオートキャンプサイトとフリーキャンプエリア、コテージを備えている。
  • 十和田市馬事公苑 駒っこランド
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県十和田市深持梅山1-1
    十和田市深持梅山の県道118号線沿いにある公園。屋外には、引き馬での乗馬や、馬車、馬へのエサやりなどの体験ができる「駒っこ牧場」や、約8.7mのモニュメント遊具「UMA(ユーマ)」などの大型遊具付きの広場を備える。南部地方の馬産の歴史などに関する資料展示を行う馬の文化資料館「称徳館」や、軽食コーナーなどを備えた交流館も併設。

    古来から日本有数の馬産地であったこの地に馬に関する資料館として開設された称徳館は、十和田市の市街から西へ車で20分程、小高い高森山の中にあります。地元のNPO法人により運営されていて入館料は大人.300(2017.09現在)中学生以下は無料です。展示内容のテーマ毎に建屋が異なり、ぐるりと回廊形式で見学するスタイルとなっています。一通り見学するだけでも小一時間、じっくり資料を読み込んでだりしますと...

  • グリランド
    遊ぶ/趣味
    青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔宇樽部123-1
    十和田市奥瀬十和田湖畔宇樽部の十和田道沿いにあるボートツアー施設。十和田湖の特別保護区内を巡るボートツアーを行っており、「イトムカの入り江」などの自然や、古代遺跡、また野生動物などをパワーボートの上から観賞することができる。
  • 奥入瀬湧水館
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬字栃久保182
    太古の時代から四季を重ね続けてきた奥入瀬のブナの原生林。そこから生まれるのが奥入瀬源流水だ。その奥入瀬源流水の素晴らしさをたっぷり感じることのできる施設。1階にある製造工場では、水のおいしさをそのまま詰め込む様子を見学することができる。
  • 十和田湖自然ガイドクラブ
    遊ぶ/趣味
    青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋
    十和田湖を満喫するためのガイドツアーを企画・催行しているクラブ。十和田湖を知り尽くした案内人が企画してガイドしていて、気持ちいい十和田湖・歴史感じる十和田湖など、魅力を十二分に満喫できる。
  • 馬肉料理 吉兆 十和田店
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県十和田市西三番町15-4
    青森県五所川原市にある、馬肉専門の卸・小売の会社が経営する馬肉料理店。鍋料理のほかに、馬肉鍋定食・馬肉バラ焼き定食・馬さし定食など、定食メニューも並ぶ。住宅街エリアにある店で小上がりのあるホッとするような雰囲気の店内は、家族でもグループでも楽しめる。予約をしてから訪ねる方がベター。

    十和田バラ焼きを食べようと、こちらのお店に。馬肉バージョンです。 玉ねぎ多めの韓国のプルコギのような感じでした。常連ぽい人達は馬肉鍋のチョイスが多かった感じがしました。 1080円なり。 画像は二人前。ご飯と味噌汁付き

  • 匠工房 「南部裂織の里」
    旅行/観光
    青森県十和田市伝法寺字平窪37-21 道の駅とわだぴあ内
    南部裂織の伝承と普及の拠点として、平成14年(2002)道の駅とわだぴあに隣接して、開かれた工房。安政3年(1856)の墨書きが見える機や、そりを利用した機など、農家の納屋や古い民家などから集められた地機が55台と、新しく作られた10台が現役で働いている。裂織の体験も可能だ。
  • 新渡戸記念館(太素塚)
    旅行/観光
    青森県十和田市東3番町24-1
    日本を代表する国際人 新渡戸稲造が創設した博物館施設。博士の遺品とともに、十和田市のルーツとなった父祖の三本木原開拓の資料や、新渡戸家伝来の甲冑の展示などを通して、稲造が世界に発信した「武士道」の精神的源流を知ることができる。
  • 七戸町立鷹山宇一記念美術館
    遊ぶ/趣味
    青森県上北郡七戸町荒熊内67-94
    青森県七戸町出身の洋画家 鷹山宇一(1908-1999)の画業を顕彰して平成6年(1994)に開館した美術館。常設展では、鷹山が生涯作品発表の場としてきた二科展での出品作を中心に、制作活動の根幹と成した多数のデッサンなども順次展示をしている。年2回ほど特別展も開催される。
  • 東八甲田家族旅行村
    遊ぶ/趣味
    青森県上北郡七戸町左組142-1
    オートキャンプ場やケビンなどアウトドア好きにはたまらない施設や環境を整えている場所。屋外BBQ用器具の貸し出し、BBQ食材の提供もしており、気軽に楽しめるのも嬉しい。また自然との共存をテーマに開設された「創造の森」は112ha.にも及ぶ広大な広葉樹林で散策コースも用意されている。カタクリの花や山ツツジが美しい。
  • 史跡二ツ森貝塚
    旅行/観光
    青森県上北郡七戸町字貝塚家ノ前地内
    小川原湖南西、高瀬川と赤川の合流点付近に位置する標高30mの小高い大地にある遺跡。5,500年-4,000年前の縄文前期~中期のもので、ヤマトシジミ・アサリ・ホタテ・カキ・ハマグリなど27種類の貝が見つかっている。貝以外にも魚や哺乳類の骨・竪穴住居など多数出土している。「鯨骨製青龍刀形骨器」「鹿角製尖頭器」「猪牙製垂飾品」「鹿角製叉状品」の4点は県重宝だ。
  • お菓子のみやきん 本店
    お買い物
    青森県上北郡七戸町字七戸329-1
    ほんの一口でほんとうに至福の時間が来るような、そんなお菓子作りをしている菓子店。献上銘菓・駒饅頭は、原材料に長芋や地元の清酒を使い、シンプルでありながら奥が深い味に仕上げた逸品で天皇両陛下にも献上されたもの。ほかにも和菓子・洋菓子ともにお勧めが多い。
  • 舘野公園
    遊ぶ/趣味
    青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字柴山地内
    約18haの広さがある自然公園。コイやヘラブナ釣りが楽しめる沼があり、また桜の名所としても知られている。春にはヤマザクラやソメイヨシノなど約1000本が咲き乱れ、大勢の花見客が訪れる。また同時期に開催される「ろくのへ春まつり」では、鯉のぼりが沼の上を泳ぐ。
  • とちの茶屋
    グルメ/お酒
    青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
    十和田湖遊覧船乗り場から十和田神社の間にあるとちの茶屋。ここは十和田湖に面した場所にあり、ガラス張りの一角からは雄大な十和田湖の景色を一望できる。メニューは十和田湖の天然ヒメマスやニジマスを使った料理が人気。地元で採れた山菜と一緒に刺し身や塩焼き、天ぷらにして味わうことができる。また稲庭うどんや南部そばもあり、青森の味覚を十全に堪能することができる。
  • 乙女の像
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋
    十和田湖畔休屋の御前ヶ浜に建つ向かい合った2人の乙女像。昭和28年(1953)に完成した十和田湖のシンボルで、彫刻家・高村光太郎の手による最後の作品としても知られる。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す