全国の滝スポット一覧

  • 袋田の滝
    旅行/観光
    茨城県久慈郡大子町袋田3-19
    茨城県久慈郡にある袋田の滝は、久慈川の支流・滝川にかかる落差120m、幅73mの滝で日本三名瀑に数えられている。別名「四度の滝」とも呼ばれ、滝が四段に岩肌を落ちることからとも、西行法師の評に四季それぞれに来なければならないとあることからともされる。とりわけ秋の紅葉や冬の氷結した姿は、見ごたえ抜群。観瀑台は従来のものと、平成20年(2008)に新設されたものがあり、それぞれ違った風景が楽しめる。
  • 白糸の滝
    旅行/観光
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉
    地下水が岩肌から湧き出してできた「白糸の滝」はまるで絹糸のように細い水が、美しく幾筋も白い水しぶきを上げて流れ落ちる。清涼感あふれる姿は軽井沢の代表的な見どころの一つとなっている。冬季には滝から湧き出る水を利用した人工の氷柱が作られ、幻想的な雰囲気を醸し出している。
  • 箕面大滝
    rating-image
    4.5
    398件の口コミ
    旅行/観光
    大阪府箕面市箕面公園
    日本の滝百選にも選ばれた落差33mの美しい滝で、大阪府箕面市の「明治の森箕面国定公園」内にある。紅葉の名所としても知られており、秋には多数の観光客が訪れる人気スポット。箕面駅前から約2.8kmの遊歩道「滝道」が続き、大阪府内では貴重な自然の森の風景が楽しめる。紅葉の見ごろは例年11月中旬から12月初旬頃。滝道の途中にある「箕面公園昆虫館」も有名である。

    人はそれなりに多いですが、滝自体が好きなので癒されます。 夏場に行くと虫だらけなのであまりおすすめではないです。

  • 秋保大滝
    旅行/観光
    宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝
    日本三名瀑の一つに数えられる「秋保大滝」は、幅6m、落差55mの迫力ある滝である。川沿いの遊歩道を進めば、大きな音と白い飛沫を上げながら勢いよく流れ落ちる様を間近に見られ、迫力満点。秋には赤や黄に染まるモミジやカエデとのコントラストが美しく、多くの見物客が訪れる。
  • 吹割の滝
    旅行/観光
    群馬県沼田市利根町追貝
    沼田市利根町追貝にある滝。V字型の谷に向かって川の水が豪快に落下する様は「東洋のナイアガラ」とも評される。周辺には遊歩道が整備され、「鱒飛の滝」や「般若岩」といった周辺の自然や「浮島観音堂」などと織りなす景観を楽しむことができる。国の天然記念物・名勝地に指定される他、日本の滝百選にも選ばれている。
  • 養老の滝
    旅行/観光
    岐阜県養老郡養老町高林1298-2
    日本の滝百選の一つである、高さ約30m・幅約4mの名瀑。清冽な水流がしぶきを上げながら勢い良く流れ落ちていく様はまさに圧巻。飛沫があたりに霧のように立ち込めており、夏場でも肌寒さを感じるほどだ。滝の水が酒に変わったという「養老孝子伝説」で知られている。
  • 竜頭ノ滝
    旅行/観光
    栃木県日光市中宮祠
    日光三名瀑の一つとされる、奥日光を代表する観光スポット。男体山の噴火によってできた溶岩の上を、約200mにわたり流れ落ちる様は圧巻。滝壺近くの巨岩によって二分され、白く泡立ち流れる様子がまるで竜の頭のように見えることから、「竜頭ノ滝」と命名されたといわれている。トウゴクミツバツツジが咲き誇る5-6月が、特に人気のシーズンである。
  • 華厳ノ滝(華厳ノ滝エレベーター)
    旅行/観光
    栃木県日光市中宮祠2479-2
    高さ97mの岸壁を一気に流れ落ちる壮大な滝で、日本三大名瀑の一つ。有料のエレベーターで観爆台まで降りれば、しぶきを上げて滝壺に落下する水の迫力を間近に体感できることだろう。初夏には見事な新緑や滝周辺を飛び回るイワツバメの姿を楽しむことができ、秋には紅葉、冬には中段部分にある十二滝と呼ばれる細い滝が凍り、美しい姿を見せてくれる。四季折々の絶景を見せてくれる滝だ。
  • 那智の滝(飛瀧神社)
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
    熊野那智大社の別宮である飛瀧神社のご神体「那智の滝」。古来より人々の畏敬を集めてきた滝であり、日本一を誇る落差は133m、銚子口の幅は13m、滝壺の深さは10mの名瀑だ。大みそかにはライトアップも行われる、日本三大名滝の一つである。滝を一番近く、真正面で拝観できる観覧舞台があり、延命長寿の水と伝えられている滝つぼの水を飲むこともできる。
  • 赤目四十八滝
    旅行/観光
    三重県名張市赤目町長坂861-1
    いくつもの滝から構成される、全長4kmの滝の総称。「平成の名水百選」・「遊歩道百選」・「日本の滝百景」などに選ばれている。数ある滝の中でも「赤目五瀑」は見るものを圧倒する迫力の滝。ここは古くから山岳信仰の聖地で、修験道の開祖として知られる役行者が修行した場所。その際、赤い眼の牛に乗った不動明王と出会った事が赤目の由来。遊歩道には赤目牛があり、撫でるとご利益があるといわれている。
  • 白糸ノ滝
    旅行/観光
    静岡県富士宮市上井出
    富士宮市上井出にある滝。富士山の湧き水が高さ20m、幅150mの絶壁から無数に流れ出す様が絹糸の様に美しいことからその名がついた。国の名勝と天然記念物に指定され、「日本の滝百選」などにも選出されている。
  • 濃溝の滝
    旅行/観光
    千葉県君津市笹1954
    差し込んだ光が水面を照らし出す様が美しい濃溝の滝・亀岩の洞窟。幻想的な光景は、まるでジブリの世界のようと評判だ。
  • 湯滝
    旅行/観光
    栃木県日光市湯元
    湯ノ湖の南端に位置する高さ70m、長さ110mの壮大な滝。湯川をせき止め「湯ノ湖」をつくった三岳溶岩流の岩壁を湖水が一気に流れ落ちる様は、まさに圧巻。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停が近くにあるためアクセスも便利だ。
  • オシンコシンの滝
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西
    知床八景の一つであり、日本の滝百選にも選定された「オシンコシンの滝」。幅30m、落差80mを一気に流れ落ちる迫力ある名瀑で、途中から流れが2つに分かれることから「双美の滝」とも称されている。滝の上の展望台からは知床連山やオホーツク海を遠望でき、流氷の季節には白い海原を見渡せる景勝地だ。
  • 鍋ヶ滝公園
    旅行/観光
    熊本県阿蘇郡小国町黒渕
    阿蘇のカルデラを作った約9万年前の噴火でできたとされる滝である。落差は約10m、幅は約20mの小さな滝だが、まるでカーテンのように幅広く落ちる水が太陽の光に輝く様は非常に優美だ。滝の裏側に回り滝を楽しむ「裏見の滝」も人気。春には、滝を裏側からライトアップするイベントも開催されている。
  • 浄蓮の滝
    旅行/観光
    静岡県伊豆市湯ケ島
    静岡県伊豆市湯ヶ島にある高さ25m・幅7mの滝で、「日本の滝百選」にも選ばれた伊豆の観光名所。玄武岩の岸壁には天然記念物のハイコモチシダが群生し、滝周辺は夏でも肌寒い。演歌歌手・石川さゆりの曲「天城越え」の歌詞に登場する地としても有名で、滝の横手に歌碑が設置されている。渓流沿いには天城名産のわさび田が続き、周辺には土産物店や観光センターが並ぶ。
  • 霧降ノ滝
    旅行/観光
    栃木県日光市所野
    JR日光駅よりバスで「霧降滝入口」バス停下車、徒歩約15分。華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられる滝で、日本の滝百選にも選ばれている。霧降ノ滝は、上段が25メートル、下段が26メートルの上下2段になっていて、高さは75メートの大きな滝。岩に落下する水が当たり、飛び散る様が霧のように見えることからこの名がついたといわれる。観瀑台までの遊歩道は紅葉の名所でもあり、木々が色づく10月下旬からは紅葉に彩られる美しい滝の姿が楽しめる。
  • 白ひげの滝
    旅行/観光
    北海道上川郡美瑛町白金
    地下水から湧き上がる水が青い渓流に流れ落ち、白い水しぶきを上げる様が美しい滝である。初夏には新緑とのコントラストが、冬には真っ白な雪に覆われる姿が風光明媚でフォトスポットとしても人気がある。冬季に行われるライトアップも必見だ。
  • 神庭の滝
    旅行/観光
    岡山県真庭市神庭
    真庭市神庭にある滝。高さ110m、幅20mに渡り豪快に流れ落ちる滝と、紅葉や雪景色などの自然が織りなす美しい景観で知られ、国の名勝に指定されているほか、「日本の滝百選」などにも選定されている。
  • 河津七滝
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡河津町梨本
    静岡県賀茂郡河津町の河津川にある、大滝・出合滝・かに滝・初景滝・蛇滝・えび滝・釜滝の7つの滝。約2万5000年前の火山噴火の際に溶岩流がつくり出した個性豊かな景観が魅力である。伊豆の観光名所として知られ、全長850mの遊歩道で巡ることができる。初景滝の手前には川端康成の小説「伊豆の踊子」のブロンズ像があり、記念撮影スポットとして人気。

写真から観光情報を探す

目的から探す