全国の河川スポット一覧

  • 奥入瀬渓流
    rating-image
    4.5
    1045件の口コミ
    旅行/観光
    青森県十和田市奥瀬
    十和田八幡平国立公園を代表する景勝地、十和田湖から流れ出る渓流。子ノ口から焼山まで約14kmにわたって続く流れに沿って車道と遊歩道が整備され、誰でも気軽に豊かな自然に触れることができる。奥入瀬を代表する風景のひとつ「阿修羅の流れ」や、本流にかかる随一の滝である「銚子大滝」など見所も多い。5月から6月の新緑や10月中旬から下旬頃の紅葉はもちろん、雪景色もまた美しい。

    初めて訪れました。新緑がとっても綺麗でした。奥入瀬渓流ホテルから、根の口に向かって歩き、銚子大滝からJRバスを使って宿に戻りました。8時に奥入瀬渓流ホテルを出て写真を撮りながら歩き、13時31分銚子大橋のバスでした。最後まで歩くには子ノ口に13時28分にいなければならず、疲れていたのと、その次の子ノ口発が15時台と、間が空いてしまうことから、銚子大橋から帰ることを選びました。次の日はピンポイントで...

  • 小樽運河
    旅行/観光
    北海道小樽市港町
    北海道開拓の玄関口として重要な役割を担ってきた小樽港。大正末期には、「はしけ」とよばれる小型船を使って荷揚げをしていたが、取り扱う荷物の量が増えたため、はしけが直接倉庫近くまで入っていけるように整備された水路が「小樽運河」である。石畳の散歩道には63基のガス灯が設置され、灯りがともる夜にはレトロな雰囲気を醸し出す。運河沿いの倉庫は木骨石造りの構造で、当時の姿のままレストランなどに再利用されている。
  • 四万十川
    旅行/観光
    高知県津野町、梼原町、中土佐町、四万十町、四万十市
    標高1,336mの高峰・不入山に源流点を持つ、流域面積2,270平方km・全長196kmの四国最長の大河。国内最後の清流として知られ、増水時に水面下に沈むことで流失しないように作られた特殊な橋・沈下橋や、火振り漁や柴づけ漁をはじめとする伝統的等、人と川との関わりの文化が現在も数多く残っている。広い川幅と豊富な水量に恵まれた四万十川は、カヌーやボート、ウインドサーフィン等、水上スポーツのメッカとして人気を集めている。
  • 目黒川
    旅行/観光
    東京都目黒区世田谷区、品川区
    東京都世田谷区、目黒区、品川区を流れ東京湾に注ぐ二級河川。川沿いに約4kmの桜並木が続いており、春の花見シーズンには多くの観光客でにぎわう。また冬にはイルミネーションも点灯し、季節を問わず多くの人が訪れている。川沿いには個性的なショップやお洒落な飲食店が立ち並び、性別や年代を問わず幅広い人から愛される、散歩にもぴったりのスポット。
  • 鴨川
    旅行/観光
    京都府京都市東山区大橋町 三条大橋下
    京都市内を流れている約23kmの河川。春から夏にかけて、西岸の飲食店は「納涼床」と呼ばれる川床を作り、風物詩となっている。また散歩コースとしても有名で、多くの人々が散策に訪れる。京都の憩いの場として、観光客だけでなく地元の人々にも親しまれているスポットだ。
  • 源兵衛川
    旅行/観光
    静岡県三島市芝本町
    静岡県三島市の「楽寿園」内にある小浜池から流れ出る富士山の伏流水を水源とした川で、全長1.5km。川の上に飛び石状や板の遊歩道が整備されているほか、水遊びができる親水広場などがあり、市民の夏の憩いの場として親しまれている。広瀬橋付近に設置された手扱ぎポンプは子供たちに人気。初夏にはホタルが舞う美しい光景も見ることができる。
  • 木谷沢渓流
    旅行/観光
    鳥取県日野郡江府町
    奥大山の象徴ともいえる「水」と「ブナ」を体感できる渓流である。ブナやミズナラの深い緑に包まれた神秘的な空間の中、せせらぎの音が耳に心地良い。
  • 高瀬川
    旅行/観光
    京都府京都市中京区・下京区・南区他
  • 一の坂川
    旅行/観光
    山口県山口市後河原
    椹野川水系の川。室町時代に京都の「鴨川」に見立て、「西の京」として街割りが行われたことで知られている。川沿いには、約200本のソメイヨシノが植えられており、桜の名所にもなっている。また毎年5月下旬から6月上旬頃には、天然記念物の「ゲンジボタル」の乱舞を見ることができ、多くの観光客で賑わう。
  • 山崎川 四季の道
    旅行/観光
    愛知県名古屋市瑞穂区田辺通
    名古屋市瑞穂区、山崎川沿いに整備された散策路。「春の道」、「夏の道」、「秋の道」と名付けられたそれぞれの区間に、その季節に花を咲かせる木が植えられており、四季を感じられる道となっている。また、川の周辺一帯に約600本のソメイヨシノが植えられた桜の名所としても知られる。
  • 岩倉五条川
    旅行/観光
    愛知県岩倉市井上町-川井町
    岩倉市の中心部を南北に流れる川。全長7.6kmにわたる堤防道路に歩道が整備されており、ジョギングなどに利用する市民も多い。また、川の両岸には約1,400本のソメイヨシノが植えられており、「日本のさくら名所100選」にも選ばれた桜の名所として知られ、4月の「岩倉桜まつり」ではライトアップなどの様々なイベントが行われる。
  • 鴨々川
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区
    札幌市中心部を流れる川で、春にはお花見も楽しめる。川には錦鯉が泳いでおり、散策におすすめ。
  • 仁淀川
    旅行/観光
    高知県高岡郡日高村
    高知県を流れる一級河川。西日本の最高峰・石鎚山の山麓に源流を持ち、全長124kmを流れて太平洋に注いでいる。全国の河川の中でも屈指の清流として知られており、透き通った水が青く光る様は「仁淀ブルー」と称される。流域には「安居渓谷」や「中津渓谷」、「にこ淵」などの景勝地が点在している。
  • 穴吹川
    旅行/観光
    徳島県美馬市穴吹町周辺
    剣山を源流として美馬市木屋平から穴吹町を流れ吉野川にそそぐ一級河川。夏季は人気の川レジャースポットになり毎年8月には「穴吹川筏下り大会」が行われ大変賑わう。また上流へ辿ると四季の変化が美しい渓谷も楽しめる。
  • 吉田川
    旅行/観光
    岐阜県郡上市明宝大谷・八幡町他
    郡上市八幡町を東西に流れる長良川最大の支流。市街の真ん中を流れた先で、南北に流れる長良川と合流する。郡上市八幡町はもともと吉田川によって発達し、城下町として整備されてきた町。天然の壕だった吉田川は、防火用水としてだけでなく生活用水としても地域の人々の生活に深くかかわっている。川に架かる宮ヶ瀬橋からは、川底の石が数えられるほどに透き通った水を眺めることが可能だ。夏には多くの子供たちが新橋から川面へ飛び込むアクティビティスポットにもなる。
  • 堀川運河
    旅行/観光
    宮崎県日南市西町7
    広渡川河口から油津港を結ぶ運河。貞享3年(1686)、飫肥藩主・伊東祐実の命により約2年の歳月をかけて完成した。油津は古くから要港として開けてきた町。飫肥藩が飫肥杉の運搬を効率的に行うためにつくられた堀川運河は油津を象徴する存在だ。当時、運河の開削は決して楽なものではなく、中でも吾平津神社下あたりの岩盤の掘削は非常に困難なものであったと言われている。油津駅からは徒歩で15分ほど。今では映画のロケ地として、また、台風時には漁船の避難場所として活用されている。
  • 佐保川の桜並木(奈良県景観資産)
    旅行/観光
    奈良県奈良市恋の窪
    奈良市と大和郡山市を流れる大和川の支流。特に奈良市の川沿いは桜の名所として知られており、春には数kmに渡って開花する桜並木を観賞できる。「佐保川桜まつり燈火会」や「佐保川・川路桜まつり」などのイベントも開催。
  • 上川河川敷
    旅行/観光
    長野県諏訪市四賀
    中央自動車道諏訪 ICから車で約5分。約20万株のスイセンが河川敷に咲き誇り、黄色の香る壮大な絨毯を敷き詰めたような景色が広がる。その年の気候によっては、堤防に咲く桜も同時期に開花し、桜とのコラボレーションを楽しむことができる。また、秋にはコスモスの群れや、冬になると多くの白鳥が飛来してくるので、年間を通じてシャッターチャンスが溢れている場所だ。
  • ぶつぶつ川
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町粉白
    JR下里駅から徒歩で約30分。粉白バス停が最寄りの日本で一番短いとされる二級河川。粉白町を流れる粉白川へと合流する支流で、川幅は最大でも1mほど、全長も13.5m程度となっている。そのため楽に全貌を収めることができるのが特徴。ぶつぶつ川という不思議な名前は水源が泉であり、水泡と一緒に沸々と湧き出るような光景が見られることから、沸々が訛ってぶつぶつになったとされる。
  • 最上川
    旅行/観光
    山形県最上郡
    山形県内を流れる一級河川。福島県との県境の西吾妻山を水源とし、周辺の盆地から庄内平野を経て日本海に注いでいる。寒河江川などの支流を含めた最上川水系の流域周辺に県の人口の約8割が暮らしており、古くから水運の要の役割を果たしてきた。松尾芭蕉の句「五月雨をあつめて早し最上川」をはじめ多くの歌にも詠まれるなど、文化的にも重要な川である。

写真から観光情報を探す

目的から探す