秋保大滝

豪快に流れ落ちる秋保の名瀑

秋保は温泉以外にも訪れたい観光スポットが多いエリア。自然に触れ合うなら、温泉街からも近い「秋保大滝」を訪れよう。遊歩道に整備された階段を歩き、しぶきを感じる滝壺近くまで行ける。間近にダイナミックな光景を眺められる癒やしのスポットだ。

名取川全流が流れる迫力満点の秋保大滝 名取川全流が流れる迫力満点の秋保大滝

「日本の滝百選」に数えられる秋保大滝

JR仙台駅から宮城交通バス秋保大滝行きに乗り、下車後約5分で到着。名取川の上流部に位置する秋保大滝は、栃木県の華厳の滝、和歌山県の那智の滝に並ぶ日本三名瀑のひとつに数えられることもあり、週末になると多くの観光客が訪れる。仙台市街からも車で1時間以内で行けるため、仙台観光の立ち寄りスポットとしてもおすすめだ。秋保大滝には、滝見台からの遠望と滝壺の間近から眺めるという、2つの趣の異なる景観が楽しめるのも魅力だ。

急こう配の下り階段が続く 急こう配の下り階段が続く

水しぶきを浴びる迫力満点の滝壺へ

滝を最も近くで見るには、不動滝橋近くの駐車場に入り口のある遊歩道を下る。手すりの付いた遊歩道は階段になっているが、滝の近くは岩場になっていて滑りやすく足場が悪い。スニーカーやトレッキングシューズなどの用意が必要だ。滝壺近くまで行くと、水の流れ落ちる轟音が次第に大きくなっていき、会話も聞き取りづらいくらいだ。川原まで降りると、ミスト状の水しぶきを肌に感じられるほど清涼感たっぷり。マイナスイオンを浴びて、心身ともにリフレッシュできる。

滝壺近くはゴツゴツとした岩場となっている 滝壺近くはゴツゴツとした岩場となっている

展望台は限られたスペースなので譲り合いながら滝観賞を 展望台は限られたスペースなので譲り合いながら滝観賞を

秋保大滝を見下ろすビュースポット

滝を上から一望したいのなら滝見台へ向かおう。秋保不動尊の不動堂の脇に立つ大銀杏の横を通り、燈籠の並ぶ階段を下りると広場がある。いちばん見やすいのは、4、5人が立つといっぱいになる小さなスペース。観光シーズンの週末は混み合い、順番待ちになる場合もあるので注意。ここからは、周囲の木々と調和した秋保大滝の姿を眺められ、特に10月下旬から11月上旬の紅葉シーズンは、錦秋を縫うように流れ落ちる美しい絶景に出合えるだろう。大滝を見たあとは、秋保不動尊の駐車場敷地内にある「大滝れすとはうす」に立ち寄るのもいい。パスタやカレーなどのほか、濃厚なソフトクリームが人気だ。

木立のなかの滝見台から滝を一望する 木立のなかの滝見台から滝を一望する

ログハウス風の「大滝れすとはうす」 ログハウス風の「大滝れすとはうす」

スポット詳細

住所
宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝
駐車場
あり(大型車約6台、普通車約200台)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          秋保・作並エリアのおすすめスポット

          宮城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました