全国の湿原/池塘スポット一覧

  • 名もなき池(通称 モネの池)
    旅行/観光
    岐阜県関市板取下根道上448
    岐阜県関市板取にある、美しい景観が魅力の小さな池。クロード・モネの「睡蓮」に似ているため、通称「モネの池」と呼ばれている。ネットを中心に話題になり連日のように多くの人が訪れている。
  • 尾瀬ケ原
    旅行/観光
    群馬県利根郡片品村
    関越自動車道「沼田IC」から国道120号・401号経由で戸倉から鳩待峠、大清水、富士見下の各登山口まで約90分。群馬、新潟、福島の三県にまたがる「尾瀬国立公園」内にある、標高1400m、南北2km東西6kmに及ぶ本州最大級の高層湿原。尾瀬ケ原を中心に、至仏山や燧ケ岳、景鶴山などの山々に囲まれた盆地は、ミズバショウのほかワタスゲやニッコウキスゲなどの高層湿原植物の宝庫となっている。
  • 尾瀬国立公園
    旅行/観光
    群馬県、栃木県、福島県、新潟県
    国民的愛唱歌「夏の思い出」のモチーフとして知られる本州最大の高層湿原、尾瀬ヶ原を有する国内29番目の国立公園。ミズバショウやヒオウギアヤメ、オコジョといった湿地ならではの動植物や、ニッコウキスゲ、タテヤマリンドウ等の高山植物が数多く見られる。園内一帯は笠ヶ岳や至仏山、燧ヶ岳といった山々で形成される山岳地帯のため、季節に応じた登山用装備・服装は必須。エリア内には3箇所のキャンプ場と2箇所のビジターセンターがあり、散策・登山の拠点となっている。
  • ミクリガ池(みくりが池)
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
  • 八島ヶ原湿原
    旅行/観光
    長野県諏訪郡下諏訪町八島湿原10618
    八ヶ岳中信高原国定公園内、霧ヶ峰高原の国政部に位置する湿原。約1万2,000年をかけて形成された湿原内は、18種類におよぶミズゴケをはじめ、貴重な動植物国の宝庫となっている。昭和14年(1939)に国の天然記念物に指定。
  • 沼ッ原湿原
    旅行/観光
    栃木県那須塩原市
    栃木県那須塩原市を流れる「那珂川」の上流部、標高1230mにある湿原。遊歩道が整備されており、5月から8月頃にかけて「ザゼンソウ」「ニッコウキスゲ」「エゾリンドウ」などの亜高山植物を見ることができる。近隣には駐車場も完備されており、大型バスも利用可能。四季折々の風景を楽しみに多くの観光客が訪れている。
  • 刺巻湿原 ミズバショウ群生地
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    秋田県仙北市田沢湖刺巻
    仙北市田沢湖刺巻にある湿原。国道46号線沿いの約3haに渡って広がっており、ミズバショウ群落とハンノキ林を有する。ミズバショウの開花時期の4月中旬から5月上旬頃にかけて「刺巻水ばしょう祭り」が開催され、様々なイベントが行われる。

    真冬にたまたま通りかかったので寄ってみました。 駐車場は広く、木道もあって、夏に水芭蕉があればいい環境だと思いました。 国道沿いにこんな自然があるのはいいですね。

  • 湯元温泉 源泉
    旅行/観光
    栃木県日光市湯元
    湯元温泉の源泉地となる湿地帯。辺りではあちこちで高温の源泉が湧き出しており、硫黄臭が漂っている。温泉成分により、地面は白灰色になっており、植物はあまり生えていない。温泉水をくみ上げるための機械を設置した、背の低い木造の小屋がぽつぽつと建っている。そのまま中を歩くのは危険なため、観光客や温泉水の管理人が歩くための木道が設置されている。
  • 佐布里池
    旅行/観光
    愛知県知多市佐布里
    知多市佐布里にある調整池。愛知用水の貯水池として、水源に乏しい知多半島の水資源を支えている。また、池周辺に5,400本を超える梅の木が植えられており、梅の名所としても知られているほか、明治初期に開発された独自品種「佐布里梅」の梅干しなどの加工品が名産品となっている。2月中旬から3月中旬には「佐布里池梅まつり」も開催。
  • 雄国沼湿原
    旅行/観光
    福島県耶麻郡北塩原村桧原
    福島県耶麻郡北塩原村の「雄国沼」にある、標高1000mを越える高原。毎年6月下旬から7月上旬に見頃となる、「ニッコウキスゲ」の植物群落があることで有名である。国の天然記念物にも選ばれており、多くの観光客が訪れている。また、開花の時期には自然保護のため、マイカーを規制し、シャトルバスを運行している。
  • 池の平湿原
    旅行/観光
    長野県東御市湯の丸高原
    東御市湯の丸高原にある湿原。標高約2,000mに位置し、昼夜、また年間を通じての気温差の大きい特殊な気候条件により、里山から3,000m級の山岳地帯までの動植物が集まる多様な自然環境を形成しており、「高山植物の宝庫」とも言われる。
  • 田代池
    旅行/観光
    長野県松本市安曇
    大正池から梓川を左手に北へと進み、原生林を抜けた場所にある田代湿原内の池。八右衛門沢など周辺から流れ込んだ土砂によって流れが堰き止められてできたもので、水深が浅いのが特徴となっている。その為池の中にはいくつかの島があり、箱庭を思わせる景色が見られるほか、穂高連峰や霞沢岳も望めるのも魅力の一つ。新緑の季節は勿論、黄葉や霧氷が見られるシーズンの観光も非常にオススメ。バス停「大正池」から徒歩で約20分、上高地バスターミナルからは約35分。
  • 岳沢湿原
    旅行/観光
    長野県松本市安曇上高地
    松本市安曇上高地にある湿原。上高地のシンボルとも言われる河童橋から明神方面、徒歩15分ほどに位置する。木道やウッドデッキなどが整備されており、六百山や湧き水、秋には草紅葉(くさもみじ)やすすきなどが織りなす自然の中を散策することができる。
  • 湧玉池
    旅行/観光
    静岡県富士宮市宮町1-1
    富士山本宮浅間大社の境内にある湧泉。溶岩の間から1日約20万トンもの富士山の伏流水が湧き出している。水晶のように透き通った水は透明度の高さゆえに、角度によっては水が無いかのように見えるのが特徴だ。年間を通して13℃前後で一定している水はかつて富士登山者のみそぎに使われていた。県内でも2件しかない国登録特別天然記念物のひとつに数えられている。
  • 忍野八海一番霊場 出口池
    旅行/観光
    山梨県南都留郡忍野村忍草3483-2
    天然記念物や名水百選に指定され、世界文化遺産である富士山の一部としても登録されている忍野八海の一つに数えられる湧水池。富士山の伏流水が元となっている。一番霊場であり、他の7箇所とは離れた場所にある。また、一番面積が広く、すぐ目の前の林には出口稲荷大明神があることから水面に鳥居が反射した光景が見られる。富士山に登る前にこの池で穢れを払い、水を汲んでいけば無事登り切ることができると言い伝えられていたため、精進池という別名も持つ。
  • 大浪池
    旅行/観光
    鹿児島県霧島市牧園町高千穂
    霧島連山の標高1,241mの高地にある、コバルトブルーの水をたたえた日本最大の山頂火口湖。モミやツガの原生林の中に石畳の登山道が整備され、登山口からの所要時間は約40分。池の周囲を約2時間で一周できる遊歩道も整備されている。春先には火口壁沿いにマンサクやミヤマキリシマの花が咲き誇り、秋にはカエデやアカマツの紅葉が、冬には樹氷を見ることができる。
  • 黒沢湿原
    旅行/観光
    徳島県三好市池田町漆川黒沢
    徳島県西端、三好市の標高約500mに位置する盆地にある湿原。標高600m前後の山々に囲まれていて60種類以上の野花が咲く。貴重な生き物も沢山生息しており時間を掛けて散策するのをお勧めしたい。湿原内は一周できる遊歩道が整備されている。
  • 夜叉ヶ池
    旅行/観光
    岐阜県揖斐郡揖斐川町・福井県南条郡南越前町
    揖斐郡揖斐川町坂内川上にある池。ふもとにある夜叉ヶ池駐車場から遊歩道に沿って徒歩1時間半ほどでアクセス可能。標高1,100mに位置する美しく神秘的な池で、高山植物や野鳥など周囲の豊かな自然も楽しめる。特に新緑と紅葉の時期には多くの登山客が訪れる。
  • 田代平湿原
    旅行/観光
    青森県青森市駒込字深沢
    十和田八幡平国立公園内・北端に位置する広大な湿原で、青森市の天然記念物に指定されている。湿原内には遊歩道や休憩所が設置されており、手軽に散策を楽しむことができる。数多くの湿生・水生植物が群生しており、6月から8月にかけて、様々な花がかわるがわる咲き誇る。秋になると紅葉した湿生・水生植物で一面黄金色に染まる。
  • 覚満淵
    旅行/観光
    群馬県前橋市富士見町赤城山
    「赤城山」山頂付近にある小さな湿原。標高1360m、周囲約800mの一帯は湿原植物と高山植物の宝庫であり、初夏にはレンゲツツジが見ごろを迎え、秋の草紅葉も美しい。覚満淵を囲むように木道が整備され、1周30分ほどで気軽にハイキングが楽しめる。

写真から観光情報を探す

目的から探す