NAVITIME Travel

全国の崎/岬スポット一覧

  • 天橋立
    旅行/観光
    京都府宮津市文珠
    京都の北部、日本海宮津湾にある、陸奥の松島、安芸の宮島と並ぶ日本三景の一つ。宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる幅20-170m、全長3.6kmの砂嘴(さし)でできた砂浜で、約8000本の松が群生している。その形が天に架かる橋のように見えることから、「天橋立」と呼ばれるようになった。何千年もの歳月をかけて作り出された自然の神秘的な造形を見に、たくさんの人が訪れる人気のスポット。
  • 東尋坊
    旅行/観光
    福井県坂井市三国町安島
    波の浸食で岩肌が削られた断崖絶壁が続く奇勝地・東尋坊。高さ約25mもある岩壁は、三国町の海岸線を約1kmにわたり続いている。「輝石安山岩の柱状節理」でこの規模のものは、世界に3個所のみとも言われており、昭和10年(1935)に国の天然記念物および名勝に指定された。「ハチの巣岩」、「ライオン岩」など周辺の奇岩をめぐる遊覧船からは、迫力ある風景を楽しめる。
  • 桂浜
    旅行/観光
    高知県高知市浦戸
    高知県を代表する景勝地の一つ。土佐湾をのぞむ月の名所であり、よさこい節にも唄われている。悠然と太平洋の彼方を見つめる土佐が生んだ幕末の雄・坂本龍馬像や坂本龍馬記念館、文人・大町桂月記念碑がある。中秋の名月の頃には、「桂浜観月会」が催される。
  • 宗谷岬
    旅行/観光
    北海道稚内市宗谷岬
    北海道稚内市、北海道本島の最北端の位置し、北緯45度31分22秒「日本最北端の地」を標す北極星の一稜をモチーフにした地碑がある。間宮海峡を発見した間宮林蔵の立像もあり、訪れる人が後を絶たない。正面43キロ先には、サハリンの島影を望むことができ、最北端であることを実感できるだろう。
  • 室戸岬
    旅行/観光
    高知県室戸市室戸岬町
    日本の渚百選にも選定されている室戸岬。紺碧の大海原を望める景勝地であり、岬の先端には白亜の灯台が立っている。
  • 足摺岬
    旅行/観光
    高知県土佐清水市足摺岬
    コバルトブルーの海に突き出す、足摺半島の先端にある岬である。断崖絶壁に打ちつける白い波しぶきは迫力があり、深い海の青とのコントラストは絶景。足摺岬展望台は270度以上の視界が開けており、地球の丸みを実感できる。
  • 佐多岬
    旅行/観光
    鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠417
    九州本島の最南端に位置し、大隅海峡に面する岬「佐多岬」。ニューデリーやカイロなどと同じ北緯31度線上にあるため一年を通じて暖かい気候であり、枇榔やソテツなどの亜熱帯植物が生い茂っている。佐多岬展望公園は、平成30年のリニューアルオープンに向け 、公園エリア内外が各所整備中となっている(平成29年1月現在)。
  • 三段壁
    旅行/観光
    和歌山県西牟婁郡白浜町
    高さ50mの柱状節理の大岩壁が2kmほど続く「三段壁」は、断崖絶壁の名勝である。断崖には展望台が設置されており、雄大な太平洋の景色を望むことができる。また展望台近くには、源平合戦で名を馳せた「熊野水軍」が船を隠したという伝説を持つ洞窟がある。洞窟内には日本最大級の青胴で出来た辯才天が鎮座しており、断崖上から地中へと降りるエレベーターに乗って内部へと入ることが可能だ。
  • 稲村ヶ崎
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市稲村ケ崎
    七里ヶ浜と由比ヶ浜の間にある岬。史跡としても指定されていて元弘3年(1333)の新田義貞の鎌倉幕府攻めの際、義貞が潮を引くのを念じて刀を投げると、干潟となり進軍が容易になったという伝説から、現在海浜公園となった地に「新田義貞徒渉伝説の石碑」が立つ。
  • 小動岬
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市腰越2-9-12
    七里ケ浜の西の端に位置し、小動神社が鎮座する岬。作家太宰治が自殺未遂をおこした場所としても知られている。岬内には展望台もあり、美しい景観と史跡・寺社巡りを楽しむことができる。毎年7月には腰越小動神社と江の島八坂神社の祭礼、天王祭が開催されている。
  • 稚児ケ淵
    旅行/観光
    神奈川県藤沢市江の島2
    江の島にある絶景スポット。「かながわの景勝50選」にも選ばれるほど、そこから見る海と富士山は素晴らしい。江の島べんてん丸の乗り場でもある。
  • 毘沙ノ鼻
    旅行/観光
    山口県下関市吉母字御崎
    下関市にある「本州最西端」の岬。500mほどの遊歩道の先には、展望デッキが完備されており、広大な海や島を一望することができる。近隣には「瀬戸内海最北」の灯台や、樹齢1000年の「川棚のクスの森」などもあり、多くの観光客が訪れている。
  • 日御碕
    旅行/観光
    島根県出雲市大社町日御碕
    島根半島の最西端にある「出雲日御碕」は、歴史的文化的価値から「世界の歴史的灯台百選」そして「国の有形文化財」に選ばれている灯台で、灯台の構造について学べる灯台資料展示室もある。また展望台からは日本海や島根半島の全景、晴れた日には中国山地や隠岐諸島を望むことができる。
  • 鵜原理想郷
    旅行/観光
    千葉県勝浦市鵜原
    太平洋から打ち寄せる波の浸食によって形成された、典型的なリアス式海岸。勝浦市鵜原の明神岬一帯を指す。海岸性植物も茂る、自然豊かな景勝地だ。古くから文人墨客たちに愛され、特に与謝野晶子が多くの歌を詠んだことで知られている。「理想郷」の呼称は、大正期にここを別荘地として整備する計画があったことに由来する。
  • 野島崎
    旅行/観光
    千葉県南房総市白浜町白浜
    千葉県南房総市にある台地。房総半島の最南端に位置し、太平洋に突き出ているのが特徴。白鳥の灯台と言われる「野島埼灯台」があり、日本で二番目に古い灯台と言われている。周辺は公園として整備されており、散策を楽しむことができる。また、岩礁地帯では、海女によるアワビやテングサの採取も行われている。
  • 赤穂御崎
    旅行/観光
    兵庫県赤穂市御崎
    JR播州赤穂駅からバスで15分。瀬戸内海国立公園に属し、播磨灘に突き出た小半島の先端にある岬で日本百景の一つ。赤穂御崎温泉街にある伊和都比売神社前には「一望の席」が設けられ、瀬戸内海の景色を一望することができる。テレビや各種メディアでも紹介されており、春の桜や夏の海水浴・キャンプなど一年を通じて様々に楽しめる観光スポットになっている。老舗の温泉宿で楽しむ海と露天風呂の景色をはじめ、個性的な店が並ぶ赤穂御崎は旅の思い出作りにも。
  • スコトン岬
    旅行/観光
    北海道礼文郡礼文町船泊字スコトン
    礼文島の最北端にある岬であり、海に突き出た断崖がそのまま岬となっている。大海原は青く澄み渡り、岬の先には無人島「トド島」があり、その名の通りトドが訪れる島を望むことができる。気象条件が揃えば、遠くロシアのサハリンも望める景勝地だ。
  • 澄海岬
    旅行/観光
    北海道礼文郡礼文町船泊字西上泊
    礼文島の西海岸、コバルトブルーの大海原を望めるのが澄海岬(すかいみさき)である。断崖に囲まれた小さな入江で海水の透明度が高く、海底がくっきり見えるほどだ。その名の通り「澄んだ海」が眼下に広がる、絶好のビュースポットである。
  • 龍飛崎
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜
    龍飛崎は津軽半島の最北端であり、津軽海峡に突き出た岬である。この岬にある「龍飛埼灯台」は、日本の灯台50選にも選ばれた。周囲は遊歩道が整備されており、気候が良い日には津軽海峡を挟んで向かい、北海道・松前半島を望むことができる。太宰治の「津軽」の一文を刻んだ「太宰治文学碑」や、石川さゆりが歌った「津軽海峡・冬景色」の歌謡碑などがある。
  • 大間崎
    旅行/観光
    青森県下北郡大間町大間字大間平
    本州最北端に位置し、津軽海峡を望む岬「大間崎」。「ここ本州最北端の地」と書かれた石碑があり、晴れた日には海を挟んで北海道・函館を遠望できる。大間といえばマグロが有名なため、一本釣りをイメージした巨大なマグロ像が絶好の記念撮影スポットとなっている。

写真から観光情報を探す

目的から探す