南予・宇和島のスポット一覧

  • 内子座
    rating-image
    4.5
    120件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県喜多郡内子町内子2102
    大正5年(1916)に建てられた瓦葺き入母屋造りの2階建ての芝居小屋で、愛媛県を代表する木造建築物。一時は映画館に改装され、老朽化に伴う取り壊しの計画もあったが、町民の熱意によって、昭和60年(1985)に建築当時の姿に復元された。花道、廻り舞台、桝席、お囃子のいた黒御簾などを活かした公演が行われており、催しがない際には内部の見学も可能である。

    ちょうど耐震工事に向けた調査が行われており、外も中も足場が組まれているという状況でしたが、「逆に珍しい光景」というスタッフさんの説明には、そういう見方もあるかと考えるか、物は言いようと考えるか、難しいところです。 とはいえ昔の芝居小屋の雰囲気はあり、枡席の狭さ、舞台の大きさ、奈落が意外と低いとか、2階席の横からだと舞台見えないのではとか、見学しながらいろいろ感じられます。

  • 大洲城
    rating-image
    4.0
    120件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲903
    鎌倉時代末期、守護として国入りした宇都宮豊房によって築城されたといわれている城。その後、築城の名手・藤堂高虎らによって修築がなされ、伊予大洲藩の政治や経済の中心として城下町が繁栄した。老朽化のため、天守閣は明治21年(1888)に取り壊されてしまったが、その後平成16年(2004)に復元。史実に基づいて忠実に再現した木造復元天守となっている。台所櫓、南隅櫓などの4棟の櫓は国の重要文化財に指定されている。

    松山城は有名ですが、そのほかの城にも行ってみたくてまずは大洲城へ。綺麗になった天守が美しい。テレビで見ましたが、このお城に泊まることも出来るようです。一泊100万円とか、だったと記憶しています。この時愛媛はまん延防止法発布中だったので、天守には登れませんでした。眼下には綺麗な川、それと古い街並み(古民家宿のようです)がありました。

  • 道の駅 内子フレッシュパークからり
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    交通
    愛媛県喜多郡内子町内子2452
    愛媛県喜多郡内子町の国道379号沿いにある道の駅で、観光・交通情報センターのほか、地域の交流と観光の拠点となる施設が集まっている。敷地内には、町内で採れた野菜や果物、花、特産品を販売する直売所をはじめ、焼きたてパンやハムの工房、地元の味が楽しめるレストランなどが並ぶ。本場ドイツの技術を生かして作る内子産豚肉のハム・ソーセージや地元のフレッシュな果物を使ったジェラートなどが人気。

    宇和島に向かう途中に寄った。地元の野菜が数多く販売している。生シイタケとキウイを購入。どれも東京の半額。自然の中にあって、空気が美味しい。

  • 臥龍山荘
    rating-image
    4.5
    126件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県大洲市大洲411-2
    肱川の景勝地「臥龍淵」に臨む三千坪の山荘。平成28年、国の重要文化財に指定された。明治時代の豪商・河内寅次郎が余生を過ごすために築造した別荘で、数寄屋造りの建物と日本庭園が素晴らしい。不老庵では、お茶とともにその美しい景色をゆっくりと楽しむことができる。平成23年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに一つ星掲載され、注目を集めている。

    積雪のあった日曜日に訪問しました。 ほぼかしきりでした。 CDがおいてあり、自分でボタンを押して説明を聞きます。こちらの建築物としての素晴らしいさをこれで理解することができます。 部屋や庭に四季がある、日本の侘び寂びを感じられる素晴らしい建物です。 来られて良かったです。

  • 国道九四フェリー 三崎港
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県西宇和郡伊方町三崎1700-2
    愛媛県の三崎港と大分県の佐賀関港を結ぶ航路。四国・九州間の最短航路31kmを約70分で結んでいる。高知市から大分市に至る国道197号線の海上区間で、国道でありながらも橋のない、フェリーで海を渡る海上国道だ。朝7時台~夜23時台まで、一日16往復を運行している。船内は展望席や売店、桟敷席やグループ席のほか、車いす専用エレベーター(要電話申込)や多目的トイレなどのバリアフリー設備も充実している。

    豊後水道をフェリーで70分。雨風が強かったので結構揺れた。佐賀関・三崎とも小さな漁港で魚が美味しい所。わざわざ寄り道してよかった。

  • 木蝋資料館上芳我邸
    rating-image
    4.5
    57件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町内子2696
    明治27年(1894)、かつて国内最大規模の製蝋業者であった本芳我家の筆頭分家・上芳我家の邸宅として上棟された歴史的建造物で、現在は資料館として公開されている。敷地内には主屋や附属屋、釜場等全部で10棟もの建物が現存し、国の重要文化財に指定されている。邸内には展示スペースが設けられており、木蝋生産や内子の晒蝋に関する資料が展示されている。

    木蝋で栄えた内子の街ですが、その木蝋がどうやってできるのか、実物がどんなものか、を知ることができます。 たくさんの部屋に広い厨房など、栄えていた時代の面影を感じられる建物の構造もまた一興です。 離れの資料館もジオラマを使っていろいろと説明がされていますし、お庭も広く、思った以上に見応えのある資料館でした。

  • 宇和島城
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市丸之内
    築城の名手と名高い藤堂高虎が慶長6(1601)年頃に建築した城。現存する天守は宇和島伊達家2代藩主の宗利(むねとし)が寛文6(1666)年頃に築いたもので、12天守の内のひとつ。白亜の天守が山頂にそびえ立つ姿から「鶴島城」とも呼ばれており、天守は国の重要文化財、城山全体が国の史跡にも指定されている。
  • 道の駅みなとオアシスうわじま きさいや広場
    rating-image
    4.0
    73件の口コミ
    交通
    愛媛県宇和島市弁天町1-318-16
    愛媛県宇和島市弁天町の宇和島港近くにある道の駅で、地元「宇和島」の魅力とグルメを堪能できる観光・交流拠点である。館内のショップでは、「大番」「唐饅頭」といった銘菓や瀬戸内の海産物、地元の米や地酒など特産品を多数販売。北海道の「ロイズ」のチョコレートなど、姉妹都市の商品も取り扱っている。宇和島特産の鯛を載せた「宇和島鯛めし」や焼き魚と麦味噌のすり合わせ汁をご飯にかけた「宇和島さつまめし」など郷土料理が味わえるフードコートも好評。

    宇和島港に面した大きな道の駅です。宇和島及び南予エリアの特産品が並んでいます。 魚介類から愛媛と言えば柑橘系の果物やお菓子が沢山あってみてるだけでも楽しい場所でしょ。 店内のレストランでは宇和島名物のじゃこ天やら鯛めし・じゃこめしが安価で食べれます。

  • 商いと暮らし博物館
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県喜多郡内子町内子1938
    内子町にある博物館。建物は江戸-明治時代の商家(薬屋)をそのまま活用しており趣深い。人形や道具類を使って当時の薬屋の商いと暮らしを再現しており、リアルでユニークな人形がしゃべる内容は、当時を知る人の話が基となっており訪れる人々を驚かせる。主人家族と丁稚の食事風景や、女中の炊事、仕事中の独り言など細部にこだわりが見える演出が人気。内子町地域の歴史や風俗、郷土の人物などについても、模型を用いて紹介している。

    3つの資料館の入場券がセットになっており、こちらも見学。 よくあるタイプの博物館ではありますが、古い家屋の構造や、当時からこだわっていたであろう中庭、通りに面した2階からの眺めなど、展示物以外にも楽しめる要素がありました。

  • オーベルジュ内子
    rating-image
    4.5
    25件の口コミ
    宿泊/温泉
    愛媛県喜多郡内子町五十崎乙485-2(龍王公園内)
    JR「内子駅」から車で5分の、内子町にある和モダンな雰囲気が魅力のホテル。内子でとれた素材を使用した優しい味わいのフランス料理を味わえるレストランと、日帰り入浴可能な温泉が人気。温泉は厳選かけ流しの露天風呂のほか、内風呂も用意。直営の直販所「マルシェ内子」ではここでしか手に入らない食材や加工食品が購入できたり、ソフトクリームや触れシュジュースなどのテイクアウトメニューも揃う。

    内子を見下ろす丘の上に立つ離れ形式の客室は和紙をふんだんに使ったインテリアで、設備アメニティ眺望とも申し分なく、TVなしでの音楽と読書の時間に浸ることができた。 食事処での朝夕食は期待にたがわずおいしく、暗いと酷評された和蝋燭での夕食は改善され、朝食もお客の要望で和食が追加されて和洋2種類からの選択がうれしい。 ただ夜9時まで公共利用となる大浴場は人が多くて落ち着かず、源泉かけ流しという露天風呂は...

  • 平城山観自在寺
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2253-1
    愛媛県南宇和郡愛南町にある真言宗大覚寺派の寺で、四国八十八箇所霊場の第40番札所。第1番札所から最も遠く「四国霊場の裏関所」とも呼ばれている。平城天皇の勅願により、大同2年(807)に弘法大師が開基。本尊の薬師如来像と両脇侍像は、開基の際に大師が1本の霊木から刻んだと言われている。木綿の布に「南無阿弥陀仏」を摺り写した御守は、厄除け・安産・病気平癒に霊験あらたか。参道には各干支の守り本尊「八体仏十二支守り本尊」がある。

    四国八十八ヶ所霊場の第四十番札所の観自在寺。愛媛県最初のお寺です。 山門の階段だけ特に綺麗で微妙でした。 本堂の中の神様の前にあまり売り物をたくさん置かれると引いてしまいます。

  • 佐田岬灯台
    旅行/観光
    愛媛県西宇和郡伊方町正野
    瀬戸内海国立公園内にある、日本一細長いと言われる佐田岬半島の先端の最先端に建つ白亜の灯台で、1918年(大正7年)の初灯以来100年以上もの間稼動し続けている。晴れた日には豊予海峡を隔てて高島や九州を遠望することができる景観の名所で、特に日没時の美しさは格別。平成10年には、海上保安庁の日本の灯台50選に選出されている。佐田岬灯台までは遊歩道が整備されているが、距離が長く、アップダウンが激しいため注意が必要。
  • 道の駅 八幡浜みなっと
    交通
    愛媛県八幡浜市沖新田1581-23
    愛媛県八幡浜市の「八幡浜港」にある道の駅。敷地内には、道路や海路に関する情報や市の観光・イベント情報を案内する「みなと交流館」、その日水揚げされた新鮮な海の幸をリーズナブルな価格で販売する「どーや市場」、柑橘類などの果物や野菜をはじめ特産品を販売する「アゴラマルシェ」などの施設が並んでいる。新鮮な魚や地域の食材を生かした料理が味わえる食堂・フードコートも好評。広々とした緑地公園や自由に散策できる海辺のボードウォークも整備されている。
  • 稲荷山護国院龍光寺
    rating-image
    3.5
    18件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市三間町戸雁173
    愛媛県宇和島市三間町にある真言宗御室派の寺で、四国八十八箇所霊場の第41番札所。大同2年(807)にこの地で五穀大明神(稲荷大明神)の化身と出会った弘法大師がその姿を像に刻み、十一面観世音菩薩像と両脇侍像とともに安置して四国の総鎮守とした。商売繁昌や開運出世のご利益があると言われ、参拝客が絶えない。山門は鳥居であり、狛犬が出迎え、狐と地蔵の石像が並ぶなど、境内では神仏習合の面影を見ることができる。毎年3月の第1日曜には「お稲荷さんの大祭」が行われる。

    稲荷山護国院龍光寺(いなりざんごこくいんりゅうこうじ)は、愛媛県宇和島市三間町戸雁(えひめけんうわじましみまちょうとがり)にある真言宗御室派の寺だ。 四国八十八ヶ所霊場第41番札所で、本尊は十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおん) ここを訪れた弘法大師は稲荷明神像を刻み、本堂に収めたと伝わる。 この日は観自在寺に参拝した。 その後、龍光寺にやってきた。 駐車場は無料。 そこから歩く。 ほどな...

  • 仏木寺
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市三間町則1683
    三間ICから車で約5分のところにある、真言宗御室派の寺院。四国八十八ヵ所霊場第四十二番札所。大同2年(807)に弘法大師が生えていた楠木で大日如来を刻み、この地を霊場にしたのが始まりと伝わる。そのとき大師が牛の背に乗っていたことから牛や馬の守り本尊として、現在はペットの供養に訪れる人も多く、本尊にちなんで「大日さん」と呼ばれ親しまれている。四国霊場では珍しい茅葺屋根の鐘楼堂がある。後堂の大師像は、銘入りとしては日本最古。

    一カ山毘盧舎那院仏木寺(いっかざんびるしゃないんぶつもくじ)は、愛媛県宇和島市三間町則(えひめけんうわじましみまちょうすなわち)にある真言宗御室派の寺だ。 四国八十八ヶ所霊場第42番札所で、本尊は大日如来(だいにちにょらい) 家畜守護の寺とされている。 この日は龍光寺に参拝した。 その後、車で仏木寺にやってきた。 道路沿いに駐車場が用意されている。 大きな仁王門がそびえる。 仁王像が力強い...

  • 南楽園
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県宇和島市津島町近家甲1813
    昭和60年(1985)開園の日本庭園で、「日本の都市公園100選」にも選ばれた名園。広大な2つの池を中心に約150種類・20万本もの木々が植えられた池泉回遊式庭園であり、四季折々の花々が咲く景観が美しい。江戸中期の農家や峠の茶店、網元の家を模した休憩所、数寄屋造りの茶室などが点在している。2月の「梅まつり」や3月下旬~4月の「南楽園外堀桜まつり」、9月の「南楽園観月祭」などのイベントも豊富。

    春の桜・夏の菖蒲・秋の紅葉と四季折々に季節を感じられる庭園です。その時期にしか見られないお花を見に行きたい場所です。それでも圧巻はやはり春の桜でしょうか。見事な並木です。

  • 宇和米博物館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛媛県西予市宇和町卯之町2-24
    旧宇和町小学校の木造校舎を移築保存した、お米の博物館。昔の農具や稲の標本など、米に関する展示を行っている。また、宇和米と全国のブランド米の食べ比べもできるカフェや、米に関連する商品などを販売するミュージアムショップ、自由に落書きができる黒板ルームも併設。校舎の廊下を使った「ぞうきんがけレース」も体験できる。

    明治、大正、昭和の建物が集まり、旧小学校は109mの廊下を持つ建物です。長い廊下は有料ですが、拭き掃除をしましょう。有名人が多数参加しています。もちろん米博物館なので、地元の米造りが展示されています。面白いのは、日本の米の稲が展示されて、見比べられます。

  • 佐田岬
    旅行/観光
    愛媛県西宇和郡伊方町正野
    四国の最西端に位置する、日本一細長い半島。瀬戸内海国立公園に属した岬の最先端には、平成29年(2017)に国登録有形文化財に認定された「佐田岬灯台」がそびえ立つ。延長約50kmの半島は「岬13里」と呼ばれ、最狭部は0.8kmほどしかない。左右眼下に瀬戸内海を見下ろすドライブコース「佐田岬メロディーライン」や推定樹齢1000年を越える大クスノキなど、見どころ溢れる観光スポットが点在している。また晴れた日の佐田岬灯台からは、豊予海峡の先に九州が遠望できる。
  • 大森和ろうそく屋
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県喜多郡内子町内子2214
    江戸から明治時代にかけて、蝋と和紙で栄えた内子町にある和蝋燭屋。200年以上受け継がれた独特の製法で作られる蝋燭は、切り口が年輪状になっており、色や絵など一切の装飾を排した素朴さが魅力。煤が少なく、蝋が垂れず、長持ちするのが特長。国外からの人気も高く、大英博物館のホームページ上にも紹介されている。JR「内子駅」から徒歩15分ほど。

    実際に作っている作業が見学できるのでお勧めです。材料や工程、品物について説明してくださるので和蝋燭の良い学習になりました。

  • 和霊神社
    rating-image
    3.5
    36件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市和霊町1451
    「和霊さま」の名で親しまれる和霊信仰の総本山。初代宇和島藩主、伊達秀宗の家老として産業の拡充や民政の安定に手腕を発揮した山家清兵衛(やんべせえべえ)を祭神として祀っている。毎年7月23、24日に行われる「和霊大祭」は、四国三大夏祭りのひとつだ。全長5m以上の「牛鬼」と呼ばれる山車が市内を練り歩く、迫力満点のパレードが行われる。神社の正面に立つ大鳥居の高さは12m余り。石造りでは日本一の大きさと言われている。

    宇和島市内に宿泊した際に参拝しました。宇和島駅から徒歩10分ほどのところです。大きな石鳥居があり、石段を登ったところに拝殿、本殿があります。大きな神社で、宇和島藩主を祀った神社かと思いしたが、宇和島藩草創期の家老、山家清兵衛が祭神となっています。神社前の公園にはSLが静態展示されています。

愛媛の主要エリア

around-area-map

愛媛県は南国地域で、冬でも暖かい日が多い県です。みかんが名産品で、松山空港やえひめ愛顔の観光物産館では「みかんジュースの出る蛇口」を体験できます。 松山空港へは国内主要都市から航空便が就航しており、東京からは約1時間半、大阪・名古屋からは約1時間で到着します。 松山・道後にある日本最古の温泉「道後温泉」は定番の観光スポット。道後温泉本館は建物全体が国の重要文化財に指定されています。 ほかにも、新居浜・東予にあるタオルとアートを融合した世界初の今治タオルミュージアム「タオル美術館」など面白いスポットも多数。宇和島やしまなみ海道では、サイクリングやサップ、カヌーのアクティビティ体験が大人気です。 愛媛のB級グルメには、今治焼豚玉子飯や三津浜焼き、揚げ足鳥があり、どれもここでしか味わえないグルメです。

愛媛の写真集

目的から探す