石巻・気仙沼のスポット一覧

  • 石ノ森萬画館
    旅行/観光
    宮城県石巻市中瀬2-7
    平成13年(2001)オープンした記念館。石ノ森章太郎の創作理念であった、マンガの表現媒体としての可能性を表した「萬画宣言」の考え方を積極的に取り込んでいる。アミューズメント性と動きのある展示や常設展示の他に企画展示室・オリジナルアニメシアター等の他、 アニメの創作も実体験できる。充実したその内容は圧巻。
  • 道の駅 上品の郷
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    交通
    宮城県石巻市小船越字二子北下1-1
    三陸自動車道河北インター近く、国道45号線ぞいの道の駅。温泉保養所「ふたごの湯」が併設されており、旅の途中で入浴して疲れをとることができる。レストラン「栞」では、地元の特産品をふんだんに使ったビュッフェが人気。直売所入り口で営業している「まんじゅう屋さん」では地元石巻専修大学と協力して開発したユニークなファストフード「石巻おでんバーガー」と「ちくわ三兄弟」が販売されている。

    鯖漬け丼が美味しそうだったので入りました。鯖はしっかり処理されており臭みがなく甘く、酢飯との相性抜群でした! バイキング料理も美味しそうだったので、是非また来てみたいです。

  • 気仙沼「海の市」
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県気仙沼市魚市場前7-13
    JR気仙沼駅から車で約10分。グルメ・ショッピング・学びなど、気仙沼の海の魅力が集まったシンボルスポット。日本で唯一のサメの博物館を有し、サメの生態だけでなく、人々が育んできた海との絆を学ぶ体験型ミュージアムになっている。巨大なサメの模型は圧巻。また、培われた製氷技術も港町ならではの、氷のプロジェクションマッピングや氷の彫刻なども展示されている。各種店舗には、気仙沼や三陸で水揚げされた新鮮な魚介や加工品が数多く並ぶ。

    秋田と宮城、日本海と太平洋で扱っているものが結構違うんですね。 生簀にあったものもそうですが気になったのは冷凍もの。メバチマグロのハーモニーやカツオの心臓など気になるものが盛り沢山。 お土産用に買いましたが料理の仕方は少し迷ってしまいました。

  • 宮城県慶長使節船ミュージアム・サンファン館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県石巻市渡波字大森30-2
    JR渡波駅より車で約5分ほどのところにある博物館。サン・ファン館では、1600年代に太平洋を往復したガレオン船「サン・ファン・バウティスタ号」の実際の見張り台などを展示。また、復元船内の様子や上空からの姿を大型スクリーンで上映し、慶長使節の功績や大航海時代の帆船文化を学ぶことができる。隣接の「石巻市サン・ファンバウティスタパーク」は慶長使節の支倉常長らが目にしたイタリア広場をイメージして作られており、野外イベントなども開催されている。「復元船サン・ファン・バウティスタ」の最新の状況はサン・ファン館ホームページをご覧ください。

    アクセスは行きは渡波駅から徒歩で、帰りはタクシーを利用しました。サン・ファン・バウティスタ号は残念ながら老朽化のため内部見学はできませんでしたが、なかなか見応えがありました。公共交通機関で訪問する場合は、バスや電車の本数が少ないため、事前にしっかりと計画を立てたほうが良いかと思います。

  • 気仙沼お魚いちば
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    お買い物
    宮城県気仙沼市港町2-13
    気仙沼線南気仙沼駅から徒歩約15分。気仙沼市の内湾にあり、豊富な種類と新鮮さが自慢のグルメ・ショッピングのスポット。気仙沼港に水揚げされる旬の魚を中心に、地元の水産加工品が並び、中には、気仙沼でしか食べることのできない味も多く、訪れる人を楽しませている。施設内には食事処もあり、海鮮丼や定食など、新鮮な魚介を使った様々な料理をリーズナブルな価格で味わうことができる。人気商品のひとつ「あぶりさんま」は、第42回農林水産祭で天皇杯を受賞した。

    気仙沼プラザホテルに宿泊した折、エレベーターで1階まで行くと、すぐ目の前にあったので寄った。新鮮な魚介類や地元ならではの加工品や土産が多数並んでいるが、雨のウィークディ、コロナ禍のただ中ということもあり、店内は閑散としていた。 最近、港町にありがちな業態で、いわゆる「市場」ではない。鮮魚を扱う土産物屋といった風であまり魅力は感じなかった。

  • いしのまき元気いちば
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    お買い物
    宮城県石巻市中央2-11-11
    JR仙石線・石巻駅より徒歩約12分のところにある大型マーケット。1階には地元石巻で捕れた新鮮な魚介類が毎日並べられ、その日に採れたばかりの野菜や焼き立てパンなども人気が高い。地元の名産品やユニークな雑貨も販売されており、高い天井からなるゆったりとした空間で心ゆくまで買い物が楽しめる。2階はフードコートとなっており、石巻の新鮮なネタがたっぷり乗った「金華山丼」や、大きな穴子を丸々1尾使用したさくさくフワフワの「あなご天丼」など、石巻の魅力を存分に味わうことができる。

    石巻のマンガッタン近くにある物産の市場でお買い物。そのあとその2階にある食堂で食事。テラス席があり、目の前にはマンガッタンが見えるという景色も素敵❗ 石巻ならやはり海鮮も欠かせない。ということで食べたのはオススメの元気丼(海鮮丼)1350円。 エビ、帆立、マグロ、中トロ、ほっき、さばなど、あれこれ乗った丼でした。 ごちそうさまでした(^o^)

  • レストラン シーサイド
    rating-image
    4.0
    286件の口コミ
    グルメ/お酒
    宮城県本吉郡南三陸町志津川字黒崎99-17
    南三陸ホテル観洋のホテル内レストラン。レストランの宿泊客以外でも気軽に利用することができる。名物は東日本大震災の復興メニューとして、女将が発案した「南三陸キラキラ丼」。地元でとれる食材をたっぷり使ったこの丼は、旬にあわせて季節ごとにウニやいくらなどメイン食材が変更される。このメニューが地域振興に役立ったとして、フード・アクション・ニッポン2014の審査員特別賞を受賞している。

    今回は10数年ぶりに東北へ行くことに。 まずエリアを大体絞り、三陸エリアで宿泊施設を探し始めました。 以前は、今回とは違うエリアでの宿泊だったこともあり、三陸エリアの宿泊施設は初めての検索です。 今回大変だったのは、この予約前でした。 一時は行くのをやめるかまで非常に悩みました。 というのも、自分の中で、宿泊時に重要視している項目がいくつかあり、それが満たない可能性があると判断したからです...

  • リアス・アーク美術館
    rating-image
    4.5
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5
    宮城県気仙沼市にある美術館。個性豊かな圏域文化を創造していくための生涯学習施設として、常設・企画事業を展開している。1階では、東日本大震災から2年にわたり独自調査の記録資料を展示。平成23年(2011)3月11日から撮られた被災現場写真203点と被災物155点、その他歴史資料等137点を合わせた総数約500点が鑑賞できる。2階では、歴史・民俗資料の常設展示と、イラストパネルによる方舟日記を展示。豊かな食環境に支えられた人々の暮らしが思い描かれる。

    美術館内にあるレストランです。 大きなガラス張りで、どの席からも外の風景が見れて 開放的で気持ちよく食事が出来ました。 美味しく頂きました。

  • 黄金山神社
    旅行/観光
    宮城県石巻市鮎川浜金華山5
    石巻市鮎川浜金華山にある神社。749年に現在の涌谷町で日本初の金の採掘が行われ朝廷に献上されたことから、金を司る神である金山毘古神(かなやまひこのかみ)と金山毘賣神(かなやまひめのかみ)を牡鹿半島沖の金華山に祀り創建された。神仏習合時代から弁財天も祀っており、金運や開運の神として信仰を集める。
  • 釣石神社
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県石巻市北上町十三浜字菖蒲田305
    三陸自動車道「河北IC」より車で約40分。知恵の神・学業の神として知られる「天児屋根命(あめのこやねのみこと)」を祭神とする神社。御神体の巨石がしめ縄で釣りあげられたように見えることが名前の由来とされる。平成23年(2011)の東日本大震災など幾多の災害にも落ちずに耐えたことから「落ちそうで落ちない受験の神様」として有名になった。毎年12月中旬には「ヨシ門松」と「葦の輪」が設置され、合格祈願などで多くの参拝者が訪れる。

    2011年の大震災の影響で周辺の集落や道路、神社の鳥居などが流されてしまった為、現在は道路の工事中でかなりの回り道をしないと辿り着けません。 鳥居や社務所も仮設のものとなっています。 拝殿(というか祠)や釣石は上部にあるので無事だったようです。 ここの由来ともなっている「釣石」は落ちそうで落ちないことから「受験の神」として崇められており、他にも釣石を男石として、下にある巨石を女石として夫婦円満の神...

  • 唐桑半島ビジターセンター・津波体験館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県気仙沼市唐桑町崎浜4-3
    唐桑半島の先端にある体験施設。唐桑半島の自然や人々の暮らしについて、写真や映像などからわかりやすく知ることができる。センターのメインは日本初の「津波体験館」。震災以前からあったこの施設では、映像や音、振動・送風などの効果を用いた津波の疑似体験ができる。震災以降は地元住民が撮影したという写真や映像が数多く展示されている。

    若かりし頃一度見学した記憶があり、再訪してみました。 震災後に映像は作り替えられているようですが、設備は昔のまま? 津波の映像に合わせて、座席がガタガタと揺れたり、風が前方から吹いてきたり、 壁のカーテンが開き、映像が鏡で広げられたりと、懐かしみのある演出。 古くてもそれなりに体験させてもらいました。

  • シーパルピア女川
    遊ぶ/趣味
    宮城県牡鹿郡女川町女川2-60
    JR女川駅から徒歩1分。駅前の歩行者専用通路と隣接した場所にあり、26店舗を有している商業複合施設。女川近海で獲れた海産物を使用したお食事処が多いのが特徴で、まぐろ船の船主直営の飲食店など地元ならではの特色がある店ばかりとなっている。衣料品店や理容店など地域に密着した店舗もあり、近隣住民から旅行者まで多くの需要に応えている。また、観光施設であるハマテラスも併設されており、水産加工品の販売店や飲食店など8店舗が入っている。
  • 日和山公園
    遊ぶ/趣味
    宮城県石巻市日和が丘2地内
    石巻市内を一望できる場所として有名な日和山の丘陵地にある公園。かつて松尾芭蕉も訪れたと言われている。晴れた日には牡鹿半島や松島などが見渡せる。桜の名所としても知られ、酒田日和山桜まつりが毎年4月に開催され、夜のライトアップも見事。
  • 女川原子力PRセンター
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県牡鹿郡女川町塚浜前田123
    女川町内から車で約25分。女川原発の近くにあり、模型や映像を通して原子力発電の仕組みをわかりやすく紹介している。東日本大震災の影響による福島第一原子力発電所の事故経験を踏まえ、社会的にも関心が高まっている放射線や放射能についてもパネルや映像を通して詳しく紹介。また、センター内にあるスイートガーデンでは、70種類を数えるバラが咲き、初夏から秋にかけてローズガーデンフェアが行われるなど、見て触れて、楽しく学べる施設となっている。

    女川町にある原子力発電の啓発センターです。模型やパネル、映像から原子力の仕組みをしっかり学ぶことができました。

  • 神割崎キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    宮城県本吉郡南三陸町戸倉字寺浜81-23
    南三陸町の広大な太平洋を見渡す高台にあり、夜の星々や美しい朝焼けを目にすることができる。リアス式海岸特有の波音や、松島に集まるウミネコの鳴き声が響く豊かな自然環境が魅力のひとつ。景勝地神割岬や三陸復興国立公園といった観光地も近い。キャンプ場併設のレストランでは三陸の海の幸を使った料理が味わえるほか、地元食材を集めたBBQメニューを用意。キャンプ道具のレンタルも豊富なため手ぶらでキャンプを楽しめる。
  • 大もりや
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    グルメ/お酒
    宮城県石巻市穀町12-25

    石巻市では有名な金華丼を食べに行きました。 写真の海鮮丼に関しては可もなく不可もなし… 追加で頼んだ金華サバの刺身は…もろ冷凍で残念の一言

  • 休暇村 気仙沼大島
    旅行/観光
    宮城県気仙沼市外畑16
    浦の浜より送迎バスで5分ほど。気仙沼大島にあるホテル。白を基調としたロビーは清潔感にあふれ、広々としたラウンジ・ロビーをはじめとして、ゆったりとした癒しの空間が広がる。ランチ営業もあり、日帰りでもアワビや仙台牛など気仙沼グルメを存分に味わえ、潮騒が聴こえる大浴場も日帰りでの利用が可能。その他、参加体験型のふれあいプログラムも開催。売店では、気仙沼市内の老舗の海苔や昆布、椿油をはじめとした豊富なラインナップで、選ぶ楽しさもあり。
  • すし寶来
    rating-image
    4.5
    25件の口コミ
    グルメ/お酒
    宮城県石巻市千石町1-3
    石巻市千石町にある寿司屋。三陸の新鮮な海の幸と宮城県産ササニシキのシャリを使ったにぎり寿司を、地酒とともに味わえる。人気メニューの穴子の押し寿司は、山椒のピリッとした風味がアクセントを利かせている。

    石巻駅の近くにあるおいしいお寿司屋さんです。駐車場もあります。 店内は11席しかない小さなお店ですが、ここのお寿司はすばらしくおいしいです。 海鮮丼・握りどれもおいしいです。 海外からのお客さんも来ているぐらいおいしいです。 そして、値段もリーズナブル。遠いのでなかなかいけませんがまたいつか必ず行きたいと思います。

  • 女川海の膳ニューこのり
    グルメ/お酒
    宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-1
    JR「女川駅」から徒歩約2分。実家に帰ったようなアットホームな雰囲気を大切に、新鮮な魚介類を使った料理を提供する食堂。豊かな海の幸で知られる南三陸の「地物」を中心に、季節に合わせた旬の海鮮丼や海鮮料理が楽しめる。名物の「活穴子天丼」は、地元産の活〆穴子がはみ出す人気メニュー。ウニ漁のシーズンには、ウニがたっぷり乗った「うに丼」も。女川の海の幸三種(目光、ハゼ、穴子)の天ぷらが競演する「旬天丼」もお薦め。
  • 三陸復興国立公園
    遊ぶ/趣味
    宮城県、岩手県、青森県
    東日本大震災により被災した三陸地域の復興に貢献するため、平成25年(2013年)5月に創設された国立公園で、『奇跡の一本松』をはじめとする震災遺構が保存されている。国内でも希少な『鳴き砂』のある種差海岸や、ハマナス・ハマエンドウ等の群生地、釜石市を代表する景勝地である御箱崎千畳敷等、海沿いならではの自然・地形が見られる。エリア内には数箇所のビジターセンターや資料館があり、各地域の自然や生態系、災害に関する資料の展示や観光情報の提供、多言語対応のパンフレットの配布を行っている。

宮城の主要エリア

around-area-map

東北の雄・伊達正宗を生んだ宮城県は、自然に恵まれた景勝地や歴史的な観光地など魅力にあふれた地域です。 三大都市圏からアクセスがしやすく、東北新幹線や飛行機、東北自動車道路などが利用できます。東京からは東北新幹線で1時間31分、名古屋や大阪から飛行機では仙台空港まで1時間10分です。 宮城県といえば、日本三景の松島が有名です。松島は景観もとてもきれいですが、国宝に指定されている「瑞巌寺」など、歴史的にも価値のある場所となっています。 他にも、国宝に指定されている「大崎八幡宮」、雄大な景観が楽しめる「蔵王連峰」、海と奇岩が織りなす自然の景観を楽しめる「三陸復興国立公園」など、自然と歴史が楽しめる県です。 ご当地グルメは牛タンをはじめ、松島で取れたカキをふんだんに使ったカキ丼や、すいとんに似た「つゆはっと」など、おいしいものがたくさんあります。

宮城の写真集

目的から探す