熊本の和菓子スポット一覧

  • 黒川温泉 どら焼き家 どらどら
    グルメ/お酒
    熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺黒川6612-2
    黒川温泉郷の細い坂道「いご坂」の途中にあるどら焼き専門店。手焼きの皮にあんことクリーム大福を挟んだ「どらどらバーガー」を中心に魅力的な和菓子を多数販売している。「どらどらバーガー」の中身は阿蘇小国ジャージー牛乳、抹茶、カスタード、カフェオレ、デコポンの5種類。やわらか食感の皮が自家製餡と絶妙なハーモニーを生み出し、口の中に程よい甘さが広がる。ひとつひとつ丁寧に焼いて包装しているため、遅い時間には売り切れとなることも多い黒川の人気商品だ。湯上りにはもちろん、お土産にも喜ばれている。
  • 御菓子処 中原松月堂
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    グルメ/お酒
    熊本県菊池市隈府285
    昭和15年(1940)の創業の和菓子屋さん。手作りの技とこだわりの味の和菓子を作り続けている。使用している小豆は北海道産の小豆のみで、毎朝6時に火を入れ丁寧に仕上げた自家製の餡は上品な薄紫色をしているのが特徴だ。サクサク食感のソフトクッキーにあんずジャムをサンドし、パリパリのアーモンドで飾った菊池史菓「武光公」は全国菓子大博覧会において大臣栄誉賞を受賞している。

    数日前菊池探検中の観光客として初来店しました。冷やかしのつもりでコンニチワしたところ、想定外の湯茶サービス。せごどんブッセと日本茶をごちそう様。なんでせごどん?と不思議でしたが、西郷隆盛(せごどん)が菊池一族出身という有力な説があると伺ってガッテン。ゴチのお礼といってはアレですが、和菓子や洋菓子6品(メロンブッセ、松風、武光公など)を持ち帰りました。旅から帰って少しずつ賞味中ですが、普通に美味!

  • 菓心 なかむら
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    グルメ/お酒
    熊本県阿蘇市黒川1490-2
    阿蘇駅から徒歩5分ほどの距離にあるお菓子屋さん。「お菓子を通じて阿蘇の魅力を感じてほしい」という店主の想いのもと、阿蘇の魅力が詰まった様々なお菓子を提供している。「火文字焼き」や「中岳ショコラ」、「ひごたい」など多くのお菓子に阿蘇にちなんだ名前が付けられていることが特徴。阿蘇の山肌を思わせるブッセでお餅と粒餡を挟んだ「阿蘇の火文字焼」は、皇室からのご要望によりシルバースポーツ交流大会・熊本ねんりんピックでお土産として使用された経歴を持つ。

    こちらのお菓子店さんでお土産を購入しました。昼過ぎの来訪でしたがさすがに平日の午後なので混雑はしていましせんでした。

  • 老舗 園田屋
    rating-image
    5.0
    9件の口コミ
    グルメ/お酒
    熊本県熊本市中央区南坪井町6-1
    通町筋電停駅から徒歩約10分の距離にある飴屋さん。今から400余年前に歴史をさかのぼる熊本の伝統銘菓・朝鮮飴を作り続けている。餅米と水飴、砂糖を主原料とした朝鮮飴は餅のような食感と優しい甘さが特徴。古くは「長生飴」と呼ばれていたが、当時の熊本藩主・加藤清正公が朝鮮の役に持参し、美味しさと優れた保存性を賞賛したことから「朝鮮飴」と呼ばれるようになった。平成30年(2018)には創業以来およそ115年ぶりとなる新商品「れもん飴」を販売するなど、伝統を守りつつ新たな試みを取り入れている。

    有名な話で他の方も書かれておりますが、清正公のファンはもとより戦国ファンなら、今も体感することが出来る400年以上の伝統をぜひ味わうべきです。もちろん美味しいです。新作のれもん飴もレモンピールがアクセントとなって、とても美味でした。お店の方もとても親切で、こちらが恐縮するくらいでした。 そしてこれも有名な話ですが、現在の19代目店主はマンガ家の園田健一先生とのことです。園田先生ファンなら、ぜひ有明...

  • 肥後俵屋
    グルメ/お酒
    熊本県菊池市隈府649-4
    全国のデパートで販売されている「栗だご」で有名な和菓子屋さん。菊池産の大粒栗をぜいたくに使った「栗だご」や熊本の郷土菓子・いきなり団子などを販売している。「栗だご」は見た目もほっくりとしたこの店の人気商品。栗の皮をひとつひとつ丁寧に手作業で剥き、もちもちの団子生地で包む。団子生地のほんのりとした塩味と栗本来のやわらかな甘みが絶妙なバランスだ。無添加にこだわるため甘みをつけるのに使うのは砂糖のみ。ざらめ・グラニュー糖・黒砂糖・和三盆糖の4種類を、菓子ごとに使い分けている。
  • あんたがたどこさ 肥後もっこす本舗 熊本空港店
    グルメ/お酒
    熊本県上益城郡益城町小谷 搭乗口2F待合ロビー
    昭和24年(1949)創業の老舗メーカー・あんたがたどこさ肥後もっこす本舗の直営店。熊本の空の玄関口・阿蘇くまもと空港の2階で、様々なお菓子を販売している。人気の「肥後太皷」は煎りたてのピーナッツとあられをミックスして水飴をからめた看板商品。全国菓子博覧会において栄誉大賞を受賞しており、熊本土産にも最適だ。沖縄黒糖がくるみとマッチした「黒糖くるみ」は子供から大人まで幅広い層に愛されている。
  • 南風屋
    グルメ/お酒
    熊本県天草市河浦町崎津454
    「海の天主堂」とも呼ばれる崎津教会の前にあるお菓子屋さん。崎津名物の杉ようかんといちじくジャムなどの製造販売を行っている。蒸したうるち米にドラゴンフルーツの果汁で紅色をつけた「杉ようかん」は、琉球王の使節団が難破した際に助けられた地元民に作り方を教えたのが始まりと伝わる伝統菓子。化学調味料や添加物を一切使用せず、軟らかな杉の葉を乗せることでしっとりと柔らかい口当たりに仕上げられている。厳しい審査に合格した献上級の品・天草謹製にも認定されたこだわりの和菓子だ。
  • 御菓子処 天明堂
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    グルメ/お酒
    熊本県熊本市南区川尻1-3-39-2
    白壁や格子戸など昔ながらの建物が軒を並べる町、川尻。川尻駅から徒歩5分ほどの距離にある「御菓子処 天明堂」は、天明年間(1781-1789)の創業以来、町のイメージを大切にした安心て゛美味しいお菓子を作り続けている。お店の代表菓子は風味豊かな黄身餡に微粒のサ゛ラメを付けて焼き上け゛た「天明饅頭」。ほろっとした食感のお饅頭はお茶にもコーヒーにも合うと評判だ。また、欧風創作菓子の製造にも積極的に取り組み、クッキーのような生地の中にクリームチーズを包んで焼き上げた「チーズ饅頭(ちーまん)」は新鮮な組み合わせが人気を呼んでいる。

    老舗の和菓子屋さんですが、洋菓子もあります。 チーズ饅頭がすきです。 川尻のお菓子屋といえば、やっぱりこちらですね。昔からいい意味で変わらず美味しく、新しい商品も美味しいのが、とてもいいですね。

  • 寺子屋本舗 黒川店
    グルメ/お酒
    熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6694-1
    黒川温泉郷のおかき処。温泉街の入り口、さくら通りを進んだ先にあるお店から香ばしいかおりが漂っている。和の雰囲気漂う店内には九州産の有明のりを使った煎餅や九州産の柚子胡椒を使った煎餅、九州でしか買えない黒川温泉限定のセットなど豊富な種類の煎餅が並ぶ。それぞれ自宅用やお土産用だけでなく食べ歩き用も用意されているため、一枚から気軽に購入することが可能だ。抹茶ソフトや醤油アイスなども販売しており、湯上りに立ち寄る観光客の姿も多い。
  • 松風本家 正観寺丸宝
    グルメ/お酒
    熊本県菊池市隈府1097-2
    明治30年(1897)創業の老舗和菓子店。「日本一薄い和菓子」として知られる伝統菓子「正観寺 松風」を作り続けている。厚さ1.2mmの「正観寺 松風」は良質の小麦粉と甜菜糖を主原料に用い、独特の技術で香ばしく焼き上げ手作業で切り分けた上品な逸菓。その起源は室町時代の豪族・菊池一族が持ち帰った京文化のひとつといわれている。パリッとした食感と上品な甘さが特徴の松風はお茶菓子として、また贈答用として幅広い世代に親しまれている。
  • 合志製菓
    グルメ/お酒
    熊本県菊池市隈府1299
    創業90余年の歴史を持つ老舗菓子店。優しい色合いが特徴の菊池銘菓「桜の曙」をはじめ、どら焼きやマドレーヌなど様々なお菓子を作り続けている。しっとり感にこだわった落雁「桜の曙」は肥後のもち米と菊池温泉水を使用した、口どけのいい柔らかな食感のお菓子。ほろほろとした落雁粉の中に中ザラ糖と水飴を使ったあんこが詰められている。正月用のお茶菓子として、また結婚式やひな祭りのお菓子として県内外から取り寄せの依頼が入る人気商品だ。
  • 御菓子司きくもとや 春日本店
    グルメ/お酒
    熊本県熊本市西区春日2-13-6
    明治33年(1900)創業の和菓子屋さん。「質の良い材料でより良い商品作りを目指す」という先代の教えに基づいた四季折々の和菓子を作り続けている。和菓子の命ともいえる餡にはこだわりの一級豆を使用。熊本ならではの食材を取り入れたお菓子は目にも楽しいものばかり。人気の「えくぼ饅頭」は年明け最初の茶席・初釜に用いられる新年のお菓子。しっとりやわらかい口あたりの「ひごのらくがん」は熊本を代表する銘菓として広く愛されている。
  • あんたがたどこさ 肥後もっこす本舗 熊本城 城彩苑店
    グルメ/お酒
    熊本県熊本市中央区二の丸1-1-2
    豆菓子や蒸し羊羹などのお菓子を手掛ける老舗メーカー・あんたがたどこさの直営店。桜の馬場・城彩苑内にあるお店で代表銘菓・肥後太鼓をはじめとする様々なお菓子を販売している。全国菓子博覧会で栄誉大賞を受賞した肥後太鼓は、煎りたてのピーナッツとあられをミックスして水飴をからめた人気商品。カリッとした食感の中にピーナッツのやさしい香りが漂う。「伝統の味」を守るために妥協を許さない「もっこす製法」で作られたお菓子は熊本土産に最適だ。
  • あんたがたどこさ 肥後もっこす本舗 フードパル熊本 本店
    グルメ/お酒
    熊本県熊本市北区和泉町168-18 フードパル熊本内
    熊本の食のファクトリーパーク・フードパル熊本に併設されたお菓子屋さん。熊本の老舗製菓会社・岩田コーポレーションの直売店として、安全安心にこだわった手作りお菓子を販売している。人気の「肥後太鼓」は煎りたてのピーナッツと風味豊かなあられをミックスし、水飴でからめて仕上げた看板商品。全国菓子博覧会において栄誉大賞を受賞した逸品だ。一枚に約3500粒の胡麻を使った「胡麻太鼓」や、沖縄黒糖がくるみとマッチした「黒糖クルミ」も好評を博している。
  • 熊本屋
    グルメ/お酒
    熊本県山鹿市山鹿243-2
    古くから地域の産土大神として信仰を集めてきた大宮神社近くの和菓子屋さん。燈籠殿の向かいに位置するお店でこし餡を牛皮で包んだ山鹿銘菓・山鹿羊羹を販売している。明治時代から愛され続ける羊羹は甘さ控えめで素朴な味わい。もち米ではなく米粉を使用しているため、時間がたっても非常にやわらかいのが特徴だ。かつては周囲の茶店で多く製造されていたが、現在は熊本屋を含む3軒でしか作られていない。
  • 黒瀬製菓舗
    グルメ/お酒
    熊本県天草郡苓北町富岡3243
    明治初期創業の老舗製菓店。住宅街に佇むお店で伝統の和菓子や洋菓子などを販売している。干し柿に黄身餡を詰めた「柿'大将(がきだいしょう)」は全国菓子大博覧会で金賞を受賞した人気商品。あっさりした甘みの黄身餡が干し柿の旨味を引き立てている。天草の北西に位置する苓北町は、宣教師から伝わる南蛮文化の影響を色濃く残した地域。厳選した卵を手作業で白身と黄身に分けて泡立てる自慢のカステラは、創業以来受け継いできた伝統の味だ。
  • 宮下商店
    グルメ/お酒
    熊本県天草市河浦町崎津591
    「海の天主堂」と呼ばれる崎津教会からすぐのところにある、緑のテントが目印の和菓子店。崎津名物の「杉ようかん」を販売している。鮮やかな紅色が目を引く杉ようかんは、うろち米で作った餅に手作り餡を包んだ昔ながらのお菓子。今から200余年前、琉球王の使節団が漂着した際救助されたお礼に作り方を伝授したのが始まりと言われている。添加物を一切使用していないため、独特の食感は1日限定。崎津を訪れないと食べられない伝承の味だ。
  • 菓舗木村屋
    グルメ/お酒
    熊本県上天草市大矢野町登立9289-1
  • 宿場茶屋
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    グルメ/お酒
    熊本県阿蘇市一の宮町坂梨1523-1

    餡入りの普通のお饅頭から高菜や切干大根などのおかず系が入ったお饅頭まであります。お値段は1個100円くらいからで旅の途中のおやつにぴったり。季節限定のタケノコ入りが特に美味しかったです。他にもあんぱんやシフォンケーキもありました。あんぱんはずっしり系、シフォンケーキは甘さ控えめでふわっふわでした。車でないと行くのは難しいですがおすすめです。

  • えびす屋餅本舗
    グルメ/お酒
    熊本県熊本市東区広木町30-53

熊本の主要エリア

around-area-map

熊本県には、世界最大級のカルデラを持つ「阿蘇山」があり、活火山ならではの生きた迫力を体感できます。県内の「阿蘇熊本空港」へは、さまざまな県からアクセスできて、東京からは飛行機を利用して1時間40分ほどで着きます。 阿蘇山だけでもたくさんの見どころがあり、自然観光の定番スポットになっています。他にも、日本の名勝である大庭園「水前寺成趣園」や、松井家の邸宅と庭園がある「松浜軒」など風情ある観光スポットや、キリシタンの関連建造物がある島「天草」など、見どころは豊富です。 また、熊本県は海に面していますが、陸のものを使った郷土料理も多い県です。 小麦粉を団子にして野菜や肉を入れただご汁、蓮根の穴に辛子を詰めた辛子蓮根、ひともじを茹でて白根に巻き付けたひともじぐるぐるなど、どこかなつかしさを感じる郷土料理が多くあります。ご当地グルメでは、熊本ラーメンが有名です。

熊本の写真集

目的から探す