福島の和菓子スポット一覧

  • 太郎焼総本舗
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市七日町8-10
    趣のある木彫りの看板が目印の甘味処。七日町通り沿いにある2階建ての建物に和カフェとミニカー博物館を併設している。大きめの粒に残した餡をたっぷり包んだ「太郎焼」は会津で「きんつば」とも呼ばれる大判焼。優しい甘さが冷めても美味しくいただけると評判だ。定番の粒餡のほか白餡やクリーム、うぐいすやチョコなどバリエーション豊かに取り揃えている。自家製シロップを使ったかき氷は1年を通していつでも食べることが可能だ。
  • 長門屋 七日町店
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市七日町3-30
    嘉永元年(1848)に創業した会津菓子店「本家長門屋」の直営店。モダンな雰囲気に包まれた七日町通り沿いで手作り和菓子や伝統の駄菓子などを販売している。情緒あふれるお店は明治大正のレトロ浪漫を感じさせる趣のある佇まい。会津産の鬼クルミを上質な餡で丸ごと包んだ「香木実」は京都大徳寺の開山法要忌をはじめ全国で愛されている茶席菓子だ。野趣に富んだ逸品はお茶にはもちろんコーヒーやエスプレッソにも合う奥州銘菓として広く愛されている。
  • 熊野屋
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市七日町5-17
    明治20年(1887)創業の老舗和菓子店。歴史的建造物が立ち並ぶ七日町通沿いで伝統の和菓子や季節のお菓子などを作り続けている。名物の「生どら焼き」は、ふわふわの生地に程よい甘さの粒餡と生クリームを挟んだ人気商品。定番の生クリームのほか抹茶やキャラメル、チョコやチーズなどバラエティ豊かに取り揃えている。会津産コシヒカリを使用した「会津七福団子」は柔らかい食感と優しい甘味が楽しめると評判だ。千利休ゆかりの茶室、麟閣の茶席菓子としてお出ししている「薯蕷饅頭」は日本古来のお菓子として親しまれている。
  • 松本家
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市東山町湯本123
    文政2年(1819)の創業以来、羊羹一筋に作り続けている老舗和菓子舗。会津若松の奥座敷・東山温泉街の一画で、ほのかな甘さと瑞々しい味わいが特徴の水ようかんを作り続けている。古くから湯治場として栄えたこの辺りは町場と東山奥地で炭焼きをする人々を結んだ中継地点。山を行き来する人々の休憩所として水ようかんをお出ししていたのが始まりといわれている。食物繊維たっぷりの信州産寒天を使った羊羹は、甘党な方にはもちろん、お酒好きにも愛されてきた伝統の味だ。
  • かんのや本店文助
    グルメ/お酒
    福島県郡山市西田町大田字宮木田39
    郡山を中心として県内各所に直営店を展開するお菓子屋さん「かんのや」の本店。三春駅から車で5分ほどの距離にあるお店で福島の伝統菓子や季節の和洋菓子などを販売している。薄く伸ばしたゆべし生地の中央に餡を置き、三方をつまんで包み込んだ「家伝ゆべし」はほのかな醤油の香りと上質な餡が香ばしい余韻を残す「かんのや」の代表銘菓。特徴的なその形はその昔、三春城主・田村義顕の祖先である坂上田村麻呂が二羽の丹頂鶴に育てられたという故事に由来している。
  • 會津柏屋
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市一箕町大字亀賀藤原170-1
    会津若松市一箕町大字亀賀藤原にある和洋菓子店。「日本三大まんじゅう」にも数えられる名物の「柏屋薄皮饅頭」をはじめ、レモン風味のチーズタルト「檸檬(れも)」や、4年連続で「モンドセレクション」の金賞を受賞した「胡桃(くるみ)」などの銘菓や、季節の生菓子、ケーキなどを販売。
  • 長谷川五郎兵衛
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市駅前7-11
    福島県会津若松市にある飴菓子を製造する老舗。会津で生産された餅米と、麦芽と寒天だけを使った自然な甘みが特徴の「五郎兵衛飴」を販売している。会津では、正月や縁日などの露店で販売されていた庶民のお菓子として親しまれてきた。琥珀のような色と、独特の柔らかさが特徴。
  • 菓匠 丸峰庵
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市大戸町芦牧下夕平1013
    会津若松市内から車で約20分の距離にある「芦ノ牧温泉」の和菓子屋さん。芦ノ牧郵便局の隣にあるお店で芦ノ牧温泉名物「丸峰黒糖まんじゅう」を販売している。黒糖を使用した皮で厳選された小豆を使い甘さ控えめに仕上げたこし餡を包んだ黒糖まんじゅうは昔から変わらない懐かしい味わい。すぐ近くにある老舗宿・丸峰の宿泊客にお茶請けとしてお出ししているまんじゅうだ。ブルーを基調とした明るい店内には喫茶コーナーを備えているため、温泉街散策の途中に立ち寄る観光客も多い。
  • 伊勢屋製菓
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市大町1-3-1
    江戸期創業の老舗和菓子店。戊辰戦争によって一度焼失してしまったため正確な創業年などは明らかになっていないが、安土桃山時代に蒲生氏郷が伊勢松坂会津に移った際ともに移動し、それ以来「伊勢屋」の屋号を受け継いでいるといわれている。和くるみをたっぷり使った「元祖伊勢屋椿餅」は歯切れのいい素朴な味わい。かつて白虎隊の隊士たちも食べたと伝わる会津の伝統銘菓だ。
  • 菓子処 白虎堂
    グルメ/お酒
    福島県会津若松市馬場町1-51
    明治41年(1908)創業の菓子処。趣のある木彫りの看板が目印のお店で伝統の和菓子や季節の洋菓子などを製造販売している。サクッとした軽い食感と優しいバターの風味が楽しい「あいづじょっこ」は可愛らしい会津じょっこ(女の子)をイメージしたアーモンドクッキー。こけしのイラストが目を引くクッキーは会津若松土産に最適だ。ふわふわ柔らかい塩大福や豆大福、りんごの飴をソフトカステラで挟んだ「獅子太鼓」も好評を博している。
  • 田原屋菓子店
    グルメ/お酒
    福島県喜多方市谷地田7393-3
    大正初期の創業以来昔から変わらない味を守り続けている和菓子屋さん。元料亭だった蔵屋敷を改装したお店で定番のお菓子や四季折々のお菓子などを販売している。一番人気の「一口まんじゅう」は10円饅頭の愛称で知られる小振りのお饅頭。すっきりとした程よい甘さの饅頭は毎日食べても飽きがこないと評判だ。春は桜餅夏にはかき氷、秋にはサツマイモ冬にはきんつばなど季節を感じる様々なお菓子を取り揃えている。市役所通り沿いの庭園を抜けた先に佇むモダンな外観が目印。
  • 開成柏屋
    グルメ/お酒
    福島県郡山市朝日1-13-5
    嘉永5年(1852)創業の老舗菓子舗・柏屋の直営店。桜の名所・開成山公園の北東に位置するお店で伝統の和菓子や季節の生菓子などを販売している。甘さ控えめで上品に仕上げた「薄皮饅頭」は日本三大まんじゅうのひとつに数えられる代表銘菓。くちどけの良いこし餡とふっくらとしたつぶ餡をそれぞれ一個から購入することができる。風格高く仕上げた「せいろ薄皮」はご贈答に最適だ。約40分の所要時間で薄皮饅頭を作る「薄皮饅頭手づくり体験」も開催している(要予約)。
  • 信濃屋菓子店
    グルメ/お酒
    福島県郡山市熱海町熱海1-94-2
    郡山の奥座敷と呼ばれる磐梯熱海温泉のお菓子屋さん。磐梯熱海駅から徒歩約8分、古き良き昭和の雰囲気が残るお店で添加物を一切使用していない正真正銘手作りの大福を販売している。福島産の小豆を使い上品な甘さに仕上げた大福は柔らかいふわふわの食感が特徴だ。緩すぎず固すぎない適度な伸びはつきたてのお餅そのもの。定番の粒あんやこしあんのほか豆大福やずんだなども揃えているが、午前中に売り切れとなることも珍しくない。
  • くまたぱん本舗
    グルメ/お酒
    福島県須賀川市東町53-5
    須賀川の中心街にある和菓子屋さん。須賀川市役所から500mほど離れたところにあるお店で須賀川市民のソウルフード「くまたぱん」を中心としたこだわりの和菓子を取り揃えている。サクサクしっとり食感の「くまたぱん」は黒糖水に小麦粉を混ぜて練り上げ、こし餡を包み込んで焼いた素朴なお菓子。戦後、砂糖の販売自由化に伴って初代が考案した昔ながらのお菓子だ。その日の気温や湿度に合わせて黒糖の量を調整する昔ながらの製法でふっくらと焼き上げている。
  • 船橋屋 本店
    グルメ/お酒
    福島県相馬市中村大町73
    明治21年(1888)創業の老舗菓子店。相馬市役所から500mほどの距離にあるお店で伝統の和菓子や季節の上生菓子、贈答用の焼き菓子などを販売している。やわらかい弾力ともちもちの皮が自慢の「まどか饅頭」は本物志向を掲げるお店の看板商品。ひとつひとつの行程に手間暇かけたこだわりの逸品は皮に黒糖を使ったこし餡と、皮に味噌を使った白餡の二種類を揃えている。安心と美しいにこだわりを持った季節の上生菓子「彩」は贈り物に最適だ。
  • 三春 昭進堂
    グルメ/お酒
    福島県田村郡三春町新町160-4
    明治中期の創業と伝わる老舗の和菓子屋さん。三春名物「おたりまんじゅう」を中心に季節の和菓子や各種慶事菓子を製造販売している。激動の時代に三春産馬の競り市隣に店を構え、市に集まった馬喰たちの間で評判になった「おたりまんじゅう」はこし餡と粒餡の二種類。地元の味噌と醤油を使った当地ならではの薄皮饅頭は三春土産の定番だ。地小豆を使った本格羊羹や塩ゆで赤えんどう豆入りの豆大福なども好評を博している。
  • フレール岩瀬屋
    グルメ/お酒
    福島県田村郡三春町字中町38
    国道288号線沿い、三春駅から車で約5分の距離にある和洋菓子店。三春の中心地にあるお店でひとつひとつ真心こめて作った和洋菓子を販売している。桜の花をかたどった生地に桜の塩漬けを乗せて焼いた「桜サブレー」は見た目も可愛らしい人気商品。一枚から購入可能な商品は三春土産に最適だ。桜型の焼き物の間に粒餡を挟んだ「三春滝桜」や、クルミとレーズンを刻んだ白あんをサクサクのパイ生地で包んだ「三春だっパイ」も好評を博している。
  • ニコニコパン店
    グルメ/お酒
    福島県田村市大越町上大越字元池52
    ふっくらやわらか仕上げのパン生地が自慢のパン屋さん。店頭でパンの販売はしておらず、ヨークベニマル小野町店・小野プラザ店・船引店、リオンドール郡山東店・船引店、阿武隈高原SA、船引・滝根・大越・都路・常葉の各商店で購入できる。またクリスマスと誕生日だけのスペシャルケーキは予約のみになっており、こちらも評判だ。
  • 玉川屋
    グルメ/お酒
    福島県二本松市岳温泉1-13
    岳温泉にある和菓子処。昭和23年(1948)から今も昔も変わらない手作り菓子「くろがね焼」は、昭和30年(1955)・32年(1957)に高松宮殿下が御来岳スキーに行かれた際の献上品だ。その他、第23回全国菓子博・茶道家元賞を受賞した「桜坂」などお土産にも喜ばれる商品が並ぶ。
  • 福々和本舗
    グルメ/お酒
    福島県福島市松浪町4-18
    昭和31年(1956)創業の菓子処。昭和59年(1984)に全国菓子博覧会大賞を受賞した「福々和まんじゅう」でおなじみの店だ。あっさり白クリームと人気のチョコクリームの2種類の味が評判の「福々秀(ふくふくしゅう)」やシロップ漬けのりんごを包み込みソフトな食感に仕上げた「福島夜曲」など、人気商品が並ぶ。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す