長岡・寺泊・柏崎のスポット一覧

  • 寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)
    旅行/観光
    新潟県長岡市寺泊下荒町
    新潟県長岡市の国道沿いに鮮魚店や土産物店が並ぶスポットで、通称は「魚のアメ横」。売り子たちの威勢の良い声が飛び交う通りは、地元の新鮮な海の幸を求める観光客で常に賑っている。甘えびやイカ、ブリ、サバ、タイなど旬の魚介はもちろん、名物の紅ズワイガニやノドグロといった高級魚介を手頃な価格で購入できるのが魅力。浜焼きや海鮮丼など、日本海の恵みたっぷりのグルメも充実している。
  • 国営越後丘陵公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950-1
    広い敷地の中で、遊ぶ・体験するを満喫できる公園。四季折々の花や風景を堪能でき、里山の暮らし体験や農業活動の中育まれた生き物と触れ合い、また楽しめる自然公園だ。またレストハウスでの食事や野外BBQをすることも可能で自然を満喫できる。
  • 日本海フィッシャーマンズケープ
    お買い物
    新潟県柏崎市青海川133-1
    柏崎の日本海に面した岬に広がる鮮魚センター。日本最大級の売り場面積を誇り、日本海の新鮮な海の幸が豊富に取り揃えられている。場所はJR青海川駅から国道8号線を東へ徒歩20分。また北陸自動車道米山I.Cから車で1分と交通アクセスが便利である。敷地内にはリゾートホテルや海鮮レストランも併設。また景勝地「恋人岬」や薬師堂海水浴場などの観光地にも近く、マリンリゾートとしての一面も併せ持っている。
  • 道の駅 越後出雲崎 天領の里
    交通
    新潟県三島郡出雲崎町大字尼瀬6-57
    出雲崎を代表する観光スポットでもある道の駅。出雲崎は佐渡の金銀を陸揚げする港町として栄え、江戸時代には幕府の直轄地(天領)にもなった。情報コーナーのほか、地元の海産物などを販売する観光物産センター、日本海を眺めながら新鮮な魚料理が楽しめるレストランを併設。出雲崎の歴史を紹介する「天領出雲崎時代館」と「出雲崎石油記念館」もある。
  • 江口だんご本店
    グルメ/お酒
    新潟県長岡市宮本東方町52-1
    長岡市宮本東方町、長岡バイパス沿いにある明治35年(1902)創業の団子屋。隣接の工場で製造した笹だんごなどを販売する売店のほか、焼きたてだんごの販売店、甘味処、カフェなどを併設。また洋菓子の販売とカフェを兼ねる「雪甘月」や、串だんご作りなどの菓子作り体験が出来る「餅土間」がある。
  • 寺泊水族博物館
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市寺泊花立9353-158
    日本海に浮かぶ魚の博物館。館内にいる生き物達だけではなくカモメやウミネコなどの海鳥、様々な海藻や小魚など、自然の生き物を楽しむことができる。1-3階は約400種10,000点の世界各国の珍しい魚を展示しており、餌付けショーなども見学できる。
  • 道の駅 R290 とちお
    交通
    新潟県長岡市栃尾宮沢1764
    栃尾の全てが詰まった栃尾観光の情報発信基地である「道の駅 R290とちお」は、イベントも盛り沢山だ。毎月様々な催し物がある他、毎月第2日曜日には「栃尾てまり制作実演・体験」も可能だ。またミニギャラリーもあり様々な団体が出展している。
  • 鯨波海水浴場
    遊ぶ/趣味
    新潟県柏崎市鯨波
    日本渚百選に入選したとても風光明媚な海岸の「鯨波海水浴場」は、鯨波漁港の裏側にあり、民宿街から坂道を下ったところに広がっている。小さな入江なので人も少なくのんびりと過ごせる穴場のビーチ。岩場で釣りを楽しむこともできる。北陸自動車道「米山IC」より車で10分。
  • 石地海水浴場
    遊ぶ/趣味
    新潟県柏崎市西山町石地
    遠浅で水が綺麗なことからファミリーを中心に人気が高い「石地海水浴場」は、関東圏から一番近い日本海としても有名だ。また石地の夕日は気象条件が揃えば世界一大きく見えると言われている。海開きは例年7月の上旬ごろに行われる。北陸自動車道「西山IC」より車で約15分。
  • 弥彦山
    旅行/観光
    新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦3606-1
    越後平野の日本海沿いに連なる弥彦山脈の主峰。標高634mと東京スカイツリーと同じ高さであり、それでいて山全体の形が美しいのが特徴。深田久弥は著作『日本百名山』の後書きにて標高が足りないながらも「名山には違いない」と評している。またロープウェイや弥彦山スカイラインと山頂付近へのアクセスもよい。地元小中学生の遠足にも利用されており、登山初心者にもオススメの山である。頂上からは日本海や越後平野を一望でき、特に佐渡島に沈む夕日に定評がある。
  • 道の駅 ちぢみの里おぢや
    交通
    新潟県小千谷市大字ひ生甲1670-1
    新潟県小千谷市の国道17号沿いにある道の駅。日帰り温泉施設「湯どころ ちぢみの里」を併設している。温泉棟の中には、市街地を一望できる展望露天風呂や広々とした内湯、休憩所を兼ねた座敷の食事処、迫力ある映像を1日4本上映するムービールームなど設備が充実。道路情報ターミナルや売店、遊具が置かれたちびっこ広場もあり、ドライブの合間にゆっくり休憩できる。
  • 寺泊中央海水浴場
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市寺泊地域
    遠浅で広い海岸の「寺泊中央海水浴場」は、魚の市場通りに隣接する海水浴場で、毎年多くの人々が訪れる。砂浜にはフェニックスが植えられており無料のパラソルが並んだ景色はリゾート気分が味わえる。北陸自動車道「中之島見附IC」より車で約30分。
  • 角上魚類 寺泊本店
    お買い物
    新潟県長岡市寺泊下荒町9772-27
    長岡市寺泊の魚の市場通り、通称「魚のアメ横商店街」に拠点を置く鮮魚専門店。魚のアメ横通りでは規模も大きく、各メディアでも数々取り上げられている人気店で、地元住民や観光客が多く訪れる。取り扱っているのは、新鮮なとれたての魚介類が中心。銀鮭や紅鮭の切り身や、まぐろ、カツオ、鯛、さば、カニ、イカ、海老、貝類では、サザエ、あわびが夏場、秋から冬は、カキが店頭に並ぶ。特に本まぐろを使ったお寿司は新鮮でオススメ。また、店頭ではまぐろの解体実演販売も行われている。
  • 青島食堂 宮内駅前店
    グルメ/お酒
    新潟県長岡市宮内3-5-3
    JR宮内駅からすぐのラーメン店で、長岡市・新潟市・東京に複数の支店をもつ人気店。しょうゆベースのスープに生姜の風味をきかせた「長岡系」と呼ばれるラーメンの元祖として知られている。スッキリとしたキレのある味わいながら、素材と醤油の旨味を感じるコク深さが魅力。シコシコとしてのど越しの良い麺と自家製チャーシューも好評である。店内はカウンター席のみ。
  • 高龍神社
    旅行/観光
    新潟県長岡市蓬平町甲1590-9
    新潟県長岡市、太田川上流に鎮座する神社。商売繁盛の神様として知られ、県外からの参拝者も多い。118段の石段(エレベーターがあるため高齢者の方も安心して参拝ができる)を登ると、三方を山に囲まれた小規模な境内があり、本堂にはご利益の商売繁昌、金運向上を願った参拝客の名刺が壁に刺さっている。南朝の武将が敗戦の後、都から龍神の住むという蓬平(ヨモギヒラ)に居ついたことから龍を祀っており、その龍の使いである白蛇が実際に居るとされていることも有名だ。
  • 道の駅 良寛の里 わしま
    交通
    新潟県長岡市島崎5713-2
    24時間利用の道路情報ターミナルや地域交流センター、2つの美術館を核とする「美術館ゾーン」などがある道の駅。古民家を移築した地域交流センター「もてなし家」では郷土料理を提供。地域の名産品や地元の農産品を販売するコーナーもある。「良寛の里美術館」では、歌人・漢詩人・書家として知られる江戸時代の禅僧・良寛と弟子・貞心尼の書や詩歌を紹介。「菊盛記念美術館」では、菊盛嘉雄氏が収集した彫刻・絵画作品を展示している。
  • 新潟県立歴史博物館
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市関原町1-2247-2
    総面積1万平米の大型歴史博物館。常設展では、縄文時代に関する展示を中心に、新潟県の民俗文化や歴史を紹介している。「縄文人の世界」コーナーでは、狩猟や採集を行い、定住生活を送った縄文人の四季の暮らしを紹介。館内には他にも、発掘調査の結果や考古学研究の観点から縄文文化を解説するコーナー、豪雪地・高田の雁木通りを再現したコーナー、米づくりの歴史を学べるコーナーなどがある。
  • 新潟県立近代美術館
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市千秋3-278-14
    平成5年(1993)開館の美術館で、世界・日本・新潟それぞれの美術をテーマに収集・展示している。地元の収集家による「大光コレクション」を中心に、明治以降の国内近代美術、19世紀の西洋美術、新潟県ゆかりの作家による作品など、約6000点を収蔵。企画展やコレクション展のほか、気軽に美術を楽しめる美術鑑賞講座やワークショップなども開催している。
  • 悠久山公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県長岡市御山町80-5
    JR長岡駅から東へ抜ける国道352号線沿いにある都市公園。通称「おやま」とも呼ばれ、園内にはミニ動物園や子供が遊べる遊具が並ぶ。またここはソメイヨシノやしだれ桜、八重桜といった約2500本の桜が植えられた花見の名所でもある。毎年春になると悠久山桜まつりが開催され、夜にはライトアップされて多くの観光客で賑わいを見せるようになる。桜の他にも菖蒲や紅葉といった草花が植えられ、四季を通じた市民の憩いの場として親しまれている。
  • 寺泊港
    交通
    新潟県長岡市寺泊上片町9786-3-7
    日本海の新鮮な魚介類が水揚げされる漁港。近くを通る国道402号線沿いに、通称「魚のアメ横」と呼ばれる「寺泊魚の市場通り」がある。寺泊の地魚をはじめ、全国の新鮮な海産物や加工品などが、手頃な値段で手に入る人気のスポット。港に隣接する「中央海水浴場」や「みなと公園」などでは、毎年夏に「寺泊港まつり」が開かれ、寺泊太鼓等の公演や、砂浜から海上へ向けて打ち上げられる海中海空花火等を楽しむことができる。また、港そばには釣具店もあり、小さな子どもでも楽しめる釣りのポイントとしても知られている。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す