赤坂・六本木・麻布・広尾

AKASAKA / ROPPONGI / AZABU / HIROO

歴史ある重厚さと近代的なハイセンスエリアを包括する、東京の今昔を体感できるエリア

この地域が歴史に出てくるのは古くは江戸時代にさかのぼる。古くから江戸城を中心に武家屋敷が立ち並び、人がいるところに商人が集まって賑わいを見せた。今でいう皇居の南西に広がるエリアである。港区・千代田区に広がるこのエリアには、日本の中心ともいえる国会議事堂や首相官邸や官公庁をはじめとした行政機関、赤坂御所をはじめとする皇室縁の施設も多い。全国にある大使館の約半数がこのエリアにあるというのも国際色豊かなこの地域の特色だ。セレブが集う街として、高感度で高級感あふれるショップやレストランが並ぶラグジュアリーなエリアでもある。寺社仏閣巡りから美術館巡りとアカデミックに、はたまたブティック巡りに美食三昧と、選択肢盛りだくさんな見ごたえのある地域。距離はさほど遠くないが、麻麻布から六本木、麻布や広尾に向かう道も必ずどこかに坂が出現し、急坂がとにかく多い。移動する際にはバスや電車など公共機関を有効に織り交ぜて移動しよう。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    愛宕神社
    標高25.7m、自然のお山に建つ神社
    江戸時代には江戸湾や遠くは富士山まで見通せ、見物客が押し寄せ日々賑わっていたという愛宕山。ここは自然にできた山としては23区内でいちばん高いお山で、その頂上に鎮座しているのが愛宕神社だ。
    社殿手前の丹塗りの門。ほおづき縁日には、くぐると災いを避けられるといわれる茅の輪(ちのわ)が設置される
  • spot 02
    NHK放送博物館
    ''懐かしい''と''発見''、2つの感動を味わえる博物館
    ラジオの放送スタートから数えると、日本における放送の歴史は100年近くにわたる。数多くの資料と膨大なアーカイブを有する「NHK放送博物館」は、その歴史に触れられる場所としてさまざまな年代から人気だ。
    ラジオ、テレビの放送の歴史が詰まった博物館
  • spot 03
    日枝神社
    政治・経済の中枢にそびえる、日本屈指のパワースポット
    周囲は首相官邸、国会議事堂、官公庁や議員会館が立ち並ぶエリアで、まさに日本の政治経済の中心地に建つ日枝神社。仕事運・出世運に強いといわれており、政財界の信仰もあつい。古くは徳川家、天皇家縁の神社でもある。
    永田町駅・溜池山王駅・赤坂駅のどの駅からもアクセス可能な広大な敷地に建つ神社
  • spot 04
    迎賓館赤坂離宮
    伝統と格式にあふれた場所。優美な建築に思わずうっとり
    東京の真ん中にあるにもかかわらず、都会の喧騒を忘れさせてくれるおごそかな空間「迎賓館赤坂離宮」。明治、大正、昭和、平成を経て令和の世に引き継がれた美しい建物は、多くの人が訪れる人気スポットとなっている。
    来賓の歓迎式典も行われるという本館前の前庭
  • spot 05
    赤坂氷川神社
    緑豊かな境内に江戸年号が刻まれた灯籠や狛犬が多数遺る文化財神社
    1000年以上の昔から、地元の人に愛される氏神神社として創建。震災や東京大空襲という幾多の災害からまぬがれ、敷地内に江戸時代の情景を数多くとどめる奇跡の神社。緑豊かな場所で、赤坂のたどってきた歴史の重みを感じよう。
    1976年(昭和51)に東京都の有形文化財に指定された御社殿
  • spot 06
    東京ミッドタウン
    広大な敷地内に広がる緑が融合した新しいスタイルの複合都市
    暮らしを彩るさまざまな施設が集まり、互いに共鳴することで生まれる上質な日常を提案する場所でありつつ、その総面積の40%を占めるグリーンが、都市での安らぎも与えてくれる巨大複合施設だ。
    アートと癒やしが共存した大人が楽しめる街
  • spot 07
    サントリー美術館
    「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージに日本の美を世界に発信
    東京ミッドタウン・ガレリア3階にある日本の古美術中心の美術館。国宝「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」をはじめ、約3000件もの美術品を所蔵している。常設展はなく、絵画や陶磁、漆工など、既存の枠組みにとらわれない魅力的な企画展を開催。また、茶室「玄鳥庵」では、指定日に抹茶と季節の和菓子を提供している。最寄り駅は六本木駅。
    常設展はなく、企画毎に違う展示が楽しめる (写真提供:サントリー美術館 (C)木奥恵三)
  • spot 08
    21_21 DESIGN SIGHT
    ユニークな視点と展示方法は他に類をみない驚きにあふれる
    六本木駅直結の複合施設「東京ミッドタウン」内にあり、デザインに関連する展覧会を行っている。従来の美術館とは違い、「デザインを通じて日常的なものごとをあらためて考え、ものづくりを行い、提案、発信する場」として創設された。企画展をメインとして、トークイベントなども開催している。安藤忠雄が建築設計を手掛け、1枚の鉄板を折り曲げたような屋根など、独創的な外観。
    東京ミッドタウン内の檜町公園に続く緑地「ミッドタウン・ガーデン」に建てられている(撮影:吉村昌也)
  • spot 09
    国立新美術館
    コレクションを持たない新しいスタイルの美術館
    2007年(平成19)、六本木に開館した国立新美術館は、国内最大級の展示スペースを誇る。コレクションを持たず多様なアートの展覧会を行っている、東京が誇る新しい文化の発信地だ。
    国立新美術館は建築家・黒川紀章(くろかわきしょう)氏と日本設計によって共同設計された (C)国立新美術館
  • spot 10
    六本木ヒルズ
    都市での好奇心を刺激するスポットが集まる巨大複合型施設
    ショップ・レストラン、ミュージアム、展望台、映画館、ホテル、オフィス、レジデンス、公園、アートなどが集まり、さまざまな目的をもって人が''参加する''ことにより、さらなるアイデアの生まれる街を体感しよう。
    54階建ての森タワーには、「ウェストウォーク」のほかにも、美術館や展望台が入る
  • spot 11
    森美術館
    都心の天空スペースで現代アートに刺激を受ける
    六本木ヒルズ森タワー53階に位置する国際的な現代アート美術館。年間を通して多彩な企画展が開催されており、会期中は22時まで開館している(火曜を除く)ため、仕事帰りや食事のあとにも観賞できるのが魅力。52階には「東京シティビュー」及びカフェ&レストランがあり、東京を一望する絶景とともに食事やお茶を楽しめる。最寄り駅は「六本木」駅。
    森タワー52階からエスカレーターでアクセス 内観(センターアトリウム) 画像提供:森美術館
  • spot 12
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー/スカイデッキ
    絶景とともに評判の展示や季節ごとのイベントも盛りだくさん
    六本木ヒルズ森タワーの52階部分にある屋内展望台「東京シティビュー」と、関東随一の高さの「スカイデッキ」。ともにそこからの景色は東京、広くは関東を360度パノラマで感じられる非日常空間だ。屋内展望台「東京シティビュー」には圧巻の11mを超える吹き抜けガラスがあり、悪天候でも安心して楽しめる。そして「スカイデッキ」は景観をさえぎるものが何もない空間で、直接肌に感じる風と開放感は半端ない。そのため手荷物や帽子などは事前にロッカーに預ける決まりになっている。\どちらからも空気の澄んだ日には、遠く富士山や筑波山まで見渡せ、夕暮れには沈む夕日、夜にはきらめく夜景と星空に手が届きそうなくらいだ。「スカイデッキ」では毎月第4金曜に''六本木天文クラブ''と銘打った天体の専門家と星空&夜景を楽しむイベントも行われている。以前は来場者はだれでも参加できたが、2021年(令和3)12月現在、サイトからのエントリー&抽選での参加となっている。※荒天時中止
    海抜270mの屋上「スカイデッキ」から見る景色はまるでジオラマ!都市というアートを堪能しよう
  • spot 13
    有栖川宮記念公園
    大使館がひしめくセレブの街にある、起伏に富んだ日本庭園
    10数か国の大使館が周りに点在し、日々国際色豊かな人々が行き交うこの界隈。小高い麻布台地にあるため、同じ園内でもその景色は場所によってさまざまな表情を見せる。ここには都会の喧騒を忘れる非日常空間がある。
    広尾口を入ってすぐの池。初夏には満開となる花菖蒲園の奥には石造りの太鼓橋を望める
  • spot 14
    国立科学博物館附属自然教育園
    敷地面積約20万平方メートル! 古の原生林に迷い込んだかのような錯覚に
    白金台駅からすぐ、首都高2号目黒線沿いという都会の立地にもかかわらず、野鳥などたくさんの生物が生息する森。巨木の生い茂る自然がそのまま残された奇跡のパラダイスが、ここ国立科学博物館附属自然教育園だ。
    東京都庭園美術館に隣接して、総面積約20万平方メートルの自然空間が広がる
  • spot 15
    東京都庭園美術館
    白亜の旧朝香宮邸と美しい庭園
    ヨーロッパで全盛だったアール・デコ様式を取り入れた旧朝香宮(あさかのみや)邸と緑豊かな庭園が調和した美術館で、都会にありながら時を忘れさせてくれる癒やしスポット。
    朝香宮家を含む11宮家が皇籍を離脱したあと、邸宅は吉田茂が外相・首相公邸として使用した
  • spot 16
    山種美術館
    日本初の日本画専門美術館
    山種証券(現・SMBCフレンド証券)の創立者・山崎種二の日本画コレクションを展示する美術館。日本の自然や風土のなかで培われてきた美しい日本画に出合える。
    街の風景に溶け込みながらも美術館らしい外観。展示室は地下にある
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    六本木ヒルズと東京ミッドタウンは1kmも離れていないので徒歩も可能だが、バスが便利。バスはいろいろなルートが乗り入れているので、立ち寄りたいスポットに合わせて調べよう。

  2. その2

    港区コミュニティバス「ちぃばす」は全区間100円で利用できて、この辺りを細かくまわるときに便利だが、ルートが複数に分かれているので乗る前によく確認しよう。

  3. その3

    クリスマスシーズンは六本木ヒルズけやき坂通り、東京ミッドタウンなどの周辺でイルミネーションが催されているので、夜の予定に組み込むのも良い。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

東京のその他のエリア

+ -
back
open

赤坂・六本木・麻布・広尾エリア