多摩東部

EASTERN TAMA

水と緑に彩られ、歴史と文化が息づく、武蔵野の面影を色濃く残すエリア

東京23区と隣接する武蔵野市・三鷹市・調布市をはじめ、都心からの交通の便が良い、多摩地域の玄関口。かつては北多摩郡に属していたため「北多摩」と呼ばれることもある。この地域を特徴づけているのが、立川崖線(たちかわがいせん)と国分寺崖線(こくぶんじがいせん)という、武蔵野台地の南端にある2つの段丘崖。特に国分寺崖線は、国分寺市・小金井市・三鷹市・調布市を横断して大田区の田園調布付近まで続いており、湧水が豊富で緑豊かなエリアになっている。こうした自然を生かした公園が点在し、また長い歴史をもつ寺社、美術館や博物館といった文化施設も多い。都内で2番目に古いとされる深大寺は、湧水で打つそばが江戸時代から知られ、今も参道には名物のそば屋が並ぶ。また、府中市は律令時代に武蔵国の国府がおかれ、国分寺市は741年(天平13)に聖武天皇の命により武蔵国分寺が建立されたことが、地名の由来となっている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    井の頭恩賜公園
    江戸時代から名水で知られた池と、武蔵野の自然を訪ねる
    武蔵野三大湧水池として知られる井の頭池を中心にして、武蔵野市と三鷹市にかけて広がる都立公園。春には水面を覆うようにソメイヨシノが咲き誇り、「日本さくら名所100選」に選ばれている。
    公園の中央に広がる井の頭池には、名物のスワンボートが浮かぶ
  • spot 02
    井の頭自然文化園
    武蔵野の自然のなかで動物たちと触れ合う
    井の頭恩賜公園の西側に位置し、吉祥寺通り(公園通り)を挟んで「動物園(本園)」と「水生物園(分園)」に分かれている。1942年(昭和17)に開園した動物園は、第二次大戦後に初めて日本にやってきたアジアゾウ「はな子」が2016年(平成28)に69才で亡くなるまでくらしていたことで有名だ。武蔵野の面影を残す雑木林のなかには、ヤクシカやイノシシ、ヤマドリなど日本産の動物が飼育されている。なかでも、ニホンリスが放し飼いになっている「リスの小径」は、リスを間近で観察できる人気のエリアだ。ミニ遊園地やカフェもあり、小さな子どもと一緒に遊んだり、お弁当を食べながらくつろぐ家族連れの姿が見られる。また敷地の奥には北村西望(きたむらせいぼう)のアトリエや、代表作である長崎平和祈念像の原型などの作品を展示した彫刻館があるので、こちらも見学してみたい。動物園から吉祥寺通りを渡って約300m、井の頭池に囲まれた水生物園へも行ってみよう。水生昆虫などの淡水の生き物が展示されている水生物館や、水辺にくらすさまざまな鳥を見ることができる。
    約50頭のリスが大きなケージの中で自由に走り回る「リスの小径」
  • spot 03
    野川公園
    緑と水に恵まれた公園で、武蔵野の面影に触れる
    広々とした芝生広場や雑木林が広がる園内には野川が流れ、梅や桜、イチョウの黄葉など四季折々の風景を楽しむことができる。武蔵野の貴重な自然を保護する「自然観察園」も合わせて訪れたい。
    野川公園のシンボルである「大芝生」。天気の良い休日は多くの人で賑わう
  • spot 04
    三鷹の森ジブリ美術館
    不思議の世界で、大好きなキャラクターたちと遊ぶ
    『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』など数多くの名作アニメーション映画を生み出した、スタジオジブリの宮崎駿監督が構想し名誉館主を務める美術館。楽しさや不思議がいっぱい詰まった館内で、その世界観を体験してみよう。
    屋上庭園に置かれている大きなロボット兵は美術館の守り神
  • spot 05
    小金井公園
    ピクニックやサイクリングも楽しめる緑のオアシス
    広々とした草地と武蔵野の面影を残す雑木林、子どもの遊び場など、豊かな自然と充実した施設をもつ都立公園。桜の名所としても知られ、また敷地内には江戸から昭和にかけての名建築を展示する「江戸東京たてもの園(運営:公益財団法人 東京都歴史文化財団)」がある。
    近隣の人々の憩いの場として親しまれている緑あふれる公園
  • spot 06
    江戸東京たてもの園
    江戸から昭和まで、懐かしい時代へタイムトリップ
    江戸時代の古民家から昭和のレトロ建築まで、失われゆく歴史的建造物を保存・展示する野外博物館。スタジオジブリのアニメーション映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった建物もある。
    昭和初期の町並みを再現した「東ゾーン」の「下町中通り」。正面に見えるのは「子宝湯」
  • spot 07
    殿ヶ谷戸庭園(随冝園)
    武蔵野の自然を巧みに利用した、回遊式の日本庭園
    大正時代に別荘として整備され、のちに三菱財閥の岩崎家の別宅となった歴史をもつ。美しく整えられた庭園には季節の花々や野草も見られ、駅のすぐ近くにありながら、町の喧騒とは別世界が広がる。
    国の名勝に指定されている殿ヶ谷戸庭園。奥に見えるのは旧岩崎別邸
  • spot 08
    谷保天満宮
    梅の名所として知られる、東日本最古の天満宮
    湯島天満宮・亀戸天神社と並んで、関東三大天神のひとつに数えられる古社。「交通安全祈願発祥の地」として知られ、また梅林では1月中旬から3月にかけて約350本の紅白の花が咲き誇る。
    入母屋造りの拝殿。本殿とともに国立(くにたち)市の有形文化財に指定されている
  • spot 09
    武蔵野公園
    広々とした原っぱで遊び、野川の流れと緑に癒やされる
    雑木林や原っぱ、BBQ場、野球場などがある、府中市と小金井市にまたがる都立公園。春は約40種900本の桜が園内を彩り、秋には野川に沿って植えられたカエデが赤く染まる。
    約25万平方メートルの広さをもつ園内にはさまざまな樹木が植えられ、森林浴を楽しめる
  • spot 10
    JRA競馬博物館
    競馬について展示やアトラクションを通して楽しく学ぶ
    府中(ふちゅう)市の東京競馬場にある、公益財団法人馬事文化財団が運営する博物館。競馬に関するあらゆる情報を展示し、競馬ファンはもちろんのこと、子どもから大人まで幅広く楽しめる。
    競馬場の東門から入るとすぐ目の前に博物館が見える
  • spot 11
    大國魂神社
    1900年以上の歴史を誇る東京都内屈指の古社
    大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を武蔵国の守り神としてお祀りする神社。4月30日から5月6日にかけて行われる例大祭「くらやみ祭」が有名で、東京都の無形民俗文化財に指定されている。
    高さ10mの大鳥居は、御影石製では日本最大級の大きさといわれる
  • spot 12
    府中市郷土の森博物館
    緑と花々に彩られた公園で、府中の歴史と自然に触れる
    野外を含めた「森」全体を博物館として、府中の歴史や文化を知ることができるフィールドミュージアム。市民の憩いの場として、子どもの遊びや学びの場として、また花の名所としても親しまれている。
    「町役場」(左)や「旧矢島家住宅」(右)など、歴史的建物を移築・復元した園内
  • spot 13
    深大寺
    武蔵野の豊かな水と緑に抱かれた、関東屈指の古刹
    古くから厄除け大師としてあつい信仰を集めてきた深大寺。毎年3月3、4日の大祭に合わせて開催される「だるま市」は、江戸時代から伝わる伝統行事だ。参拝後は、門前で名物のそばを味わってみよう。
    阿弥陀如来を御本尊とする本堂。正面には龍や鳳凰の彫り物が施されている
  • spot 14
    湧水
    江戸時代からの伝統を受け継ぐ深大寺そばの名店
    江戸時代から広くその名を知られる深大寺そば。その歴史については諸説あり、近隣農家から寺に奉納されたそば粉でそばを打って来山者をもてなしたのが始まりとも、また第三代将軍家光が鷹狩りの際に立ち寄ってそばを食べて絶賛したとも伝えられる。当時は「献上そば」と呼ばれ庶民の口に入ることはなかったが、江戸文化人の大田南畝(おおたなんぽ)がそのおいしさを世に広めたとされる。現在も参道とその周辺に20軒ほどのそば屋が並び、人気店には行列ができるほど。そのなかのひとつが深大寺通りにある「湧水」。味はもちろんのことメニューの豊富さが評判を呼び、常に客足の絶えない人気店だ。香り豊かな九割そばと、のどごしの良い二八そばがあり、季節によって産地を変えるなどのこだわりも。赤城山麓で生産される無農薬そば粉を使った九割そばはコシが強く、そば本来の味を楽しめる。食後の甘味には、つるりと口当たりの良い「そばようかん」がおすすめだ。
    店いちばんの人気メニューは九割そばの「湧水天もり」(1550円)
  • spot 15
    神代植物公園
    武蔵野の面影が残る園内で、四季の花々と草木を楽しむ
    約49万平方メートルの広大な敷地に約4800種の樹木が植えられ、バラをはじめ梅や桜、ダリアなど、季節の花々を楽しむことができる。公園に隣接する関東屈指の古刹、深大寺にも合わせてお参りしたい。
    都内でも有数の規模を誇る「ばら園」。正面に建つガラス張りの建物は大温室
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    都心からのアクセスは電車が便利。武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市へはJR中央線、調布市・府中市へは京王線をおもに利用する。

  2. その2

    三鷹の森ジブリ美術館は、JR中央線の三鷹駅と吉祥駅からほぼ等距離にある。行きは三鷹駅からバスで、帰りは井の頭恩賜公園を散策しながら吉祥駅まで歩くのもよい。

  3. その3

    東西の移動は電車、南北の移動は路線バスが基本。電車の駅から離れている深大寺と神代植物公園へは、JR中央線吉祥寺駅・三鷹駅-京王線調布駅を結ぶバスを利用する。

  4. その4

    深大寺と神代植物公園は隣接しており、あわせて訪れることができる。特に神代植物公園は敷地が広いので、スニーカーなど歩きやすい靴で。夏は帽子や日傘が必須。

  5. その5

    小金井公園はテントの設営可、野川公園・武蔵野公園・井の頭恩賜公園は不可と、同じ都立公園でも利用条件が異なる。公式サイトなどであらかじめ確認しよう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

東京のその他のエリア

+ -
back
open

多摩東部エリア