両国・錦糸町・亀戸

RYOGOKU / KINSHICHO / KAMEIDO

徳川時代の面影を残すかつての江戸の東端

隅田川の東岸に位置する下町エリア。なかでも両国・錦糸町付近は江戸時代に「本所(ほんじょ)」と呼ばれ、1657年(明暦3)に起きた明暦の大火の後、急速に開発が進んで江戸有数の繁華街となった場所だ。当時、隅田川は武蔵国と下総国の境界を流れていたことから、大火の後に隅田川に架けられた橋は「両国橋」と名づけられ、橋の東側の地域も「両国」と呼ばれるようになった。一方、亀戸天神社で知られる亀戸は、江戸時代から亀戸大根の栽培が盛んな農村だった。現在、それぞれの駅前はいずれも賑やかな繁華街となっており、多くの飲食店が立ち並ぶ。両国国技館のある両国にはちゃんこを出す店が多く、街の名物となっている。錦糸町・亀戸にはかつて職人が多く住んだことから、伝統工芸品の江戸切子を制作する工房が点在している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    両国国技館
    数々の名勝負が繰り広げられてきた両国の名所
    両国に建てられた2代目の国技館として、両国駅前に誕生した大相撲の開催地。格闘技の興行やコンサートなどにも使用されており、数々の名勝負や名演奏の舞台となってきた多目的ホールだ。
    両国駅から徒歩2分のところにある印象的な建物
  • spot 02
    旧安田庭園
    両国散策の際に立ち寄りたい潮入池泉回遊式庭園
    小島が浮かぶ池の周囲に木々や岩、石灯籠を配した風情ある日本庭園。初夏の新緑や秋の紅葉など、季節の移り変わりを感じつつ池の周囲を散策できる。心静かに時を過ごせる人々の憩いの場だ。
    心字池(しんじいけ)が青い空を映す。カモが泳ぎ、岩の上でカメがひなたぼっこをする様子も眺められる
  • spot 03
    刀剣博物館
    奥深い日本刀の世界を垣間見られる専門博物館
    かつて日本では武家政権が長く続き、日本刀を製造する技術が高度に発達してきた。単なる武器にとどまらず、古来信仰の対象となり、美術品としての価値も認められている。そんな日本刀の名品が一堂に会するのが、両国の刀剣博物館だ。
    国宝や重要文化財クラスの日本刀を多数所蔵する刀剣博物館
  • spot 04
    回向院
    あらゆる生命を供養する、両国を代表する寺院
    隅田川西岸の本所にある回向院は、貴賤の別なく多くの無縁仏や動物を供養してきた寺院。開創以来の歴史を物語る、さまざまな史跡や遺物に囲まれている。見どころ多い境内をひと巡りしてみよう。
    赤い山門が目印。左右の仁王像は2019年(令和元)に安置されたもの
  • spot 05
    すみだ北斎美術館
    墨田区の偉大な浮世絵師・葛飾北斎の作品とその生涯を紹介
    生涯に数多くの作品を発表し、西洋の芸術家にも大きな影響を与えた浮世絵師・葛飾北斎。生まれ住んだ墨田区にあるすみだ北斎美術館では、絵に取りつかれた天才の作品を多数収蔵し、その魅力を発信している。
    建築家の妹島(せじま)和世が設計した斬新なデザインの建物。スリットが入っており四方からアクセスできる
  • spot 06
    錦糸公園
    散策や運動、ピクニックが楽しい人々の憩いの場
    芝生に寝転んだり、桜の下のベンチでスカイツリーを眺めたり。安心して子どもを遊ばせられる遊具がファミリーにもうれしい。緑豊かな錦糸公園は、住民や通勤者にとってのオアシス的存在だ。
    カラフルな遊具の向こうに東京スカイツリーがそびえる
  • spot 07
    すみだ江戸切子館
    墨田区が誇るガラスの伝統工芸「江戸切子」の工房兼ショップ
    江戸切子は、江戸・東京で生産される切子加工を施したガラス製品のこと。江戸時代後期、ビードロ問屋を営んでいた加賀屋久兵衛という人物が、外国人が持ち込んだガラス製品に、彫刻や切り込みなどの細工を施したのが始まりといわれる。「すみだ江戸切子館」は、職人が手作りした切子製品の展示・販売を行う墨田区認定の工房兼ショップ。江戸切子の歴史や制作工程、代表的な紋様について解説し、昔から使われてきた道具類を展示している。色鮮やかな切子製品は、色ガラスを透明なガラスに着せた二重ガラスの表面を削り、磨いて光沢と透明感を出したもの。併設の工房で作業が行われ、職人が紋様をカットしたり、手磨きをしたりする様子を窓越しに見学できる。公式サイトから予約すれば江戸切子のカット体験も可能。見学後は近くのカフェ「すみだ珈琲」を訪れよう。こだわりの自家焙煎コーヒーを、すみだ江戸切子館の切子のカップで味わえる。
    江戸切子の技を現代的なデザインに生かした「オールドグラス」シリーズが並ぶ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    JR総武線が東西に走り、西から両国、錦糸町、亀戸と駅が連続している。それぞれの駅から徒歩で行ける見どころがほとんどだ。

  2. その2

    JRの両国駅と都営大江戸線の両国駅の間は約500m離れており、徒歩6分ほどかかるので乗り換えの際は要注意。

  3. その3

    JR両国駅から錦糸町駅までは約2km、錦糸町駅から亀戸駅までは1kmちょっとなので、徒歩で移動することもできる。

  4. その4

    都営大江戸線の両国駅と錦糸町駅を結ぶ「北斎通り」の街路灯や公衆トイレには、葛飾北斎の作品103枚が掲示されており鑑賞しながら歩くことができる。途中には北斎がテーマのカフェもあり休憩にぴったり。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

東京のその他のエリア

+ -
back
open

両国・錦糸町・亀戸エリア