新宿・大久保・中野

SHINJUKU / OKUBO / NAKANO

各ジャンルの文化の発信地として賑わうエネルギッシュなエリア

都庁を中心とした副都心高層ビル街と、日本一の歓楽街・歌舞伎町を擁し、昼夜ともに圧倒的な存在感を示す新宿。起点となる新宿駅はJRと小田急線、京王線が乗り入れているが、1日の利用者が360万人を超えるといわれ、世界一利用者の多い駅としてギネスブックにも認定されている。そんな町に突如として現れる自然豊かな新宿御苑は、まさに都会のオアシス。そこから四谷に向かったエリアには、消防博物館や東京おもちゃ美術館などの文化的な施設も点在している。新宿からJR山手線でひと駅隣の新大久保は、雰囲気がガラリと変わり異国情緒たっぷり。日本最大級のコリアンタウンで知られ、こちらも昼夜問わず熱気に満ちている。また、新宿からJR中央線でふた駅隣の中野は、サブカルの聖地として独自の文化を築いている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    東京おもちゃ美術館
    子どもから大人まで遊んで楽しい世界中のおもちゃが大集合
    世界中の1万点以上のおもちゃを集め、展示・紹介する美術館。美術館といっても、ほとんどのおもちゃが実際に触って遊べるようになっており、子どもはもちろん大人も童心に帰って楽しめる。
    0-2歳児とその家族を対象にした「赤ちゃん木育ひろば」
  • spot 02
    消防博物館
    消防や防災についての知識が楽しく身につく
    日本や世界の歴史と活動に関する資料を展示している博物館。実際に使われていた消防ヘリコプターや歴代の消防車を間近で見学できるほか、体験コーナーでは体を動かして楽しみながら消防への理解を深められる。
    さまざまな火災現場で人々を救った消防ヘリコプター
  • spot 03
    新宿御苑
    特色あふれる日本における近代西洋庭園の名園
    皇室の庭園として造られ、戦後、国民公園となってからは多くの人に親しまれてきた新宿御苑。広さ58万3000平方メートル、周囲3.5kmの敷地内には、きれいに手入れされた庭園が広がっている。
    広々とした園内では人々が思いおもいの時間を過ごしている
  • spot 04
    旧洋館御休所
    新宿御苑を訪れる皇族御用達の優美な建物
    天皇や皇族が新宿御苑内の温室で植物を鑑賞する際の休憩所として、1896年(明治29)年に建てられたもの。明治末から大正時代には、新宿御苑に皇族がたびたび訪れ休憩所として利用したほか、国賓を迎えてのパーティが催されたといわれている。また、大正時代後半には改装が行われ、ゴルフやテニスなどのクラブハウスとして使用された。昭和の戦災によって新宿御苑内の建物はほぼ焼失したが、旧洋館御休所は被害を免れ、その後は管理事務所として使われていたが、歴史的・文化的価値の高い建物として保存改修工事が行われ、2001年(平成13)には国の重要文化財に指定された。19世紀後半にアメリカで流行したスティック・スタイルを基調とした木造建築で、枠組を強調した木の温かみを感じるデザインが特徴だ。
    土・日曜、祝日のみ内部の見学が可能だ
  • spot 05
    歌舞伎町
    あらゆるナイトスポットが集結した日本最大の歓楽街
    多種多様な飲食店や、カラオケなどの遊技施設、映画館などが集中する日本最大の歓楽街。「眠らない街」としても知られ、昼夜問わず多くの人々で賑わっている。
    歌舞伎町はさまざまな人が交差する人のるつぼ
  • spot 06
    新宿西口 思い出横丁
    昭和の味と人情で発展を続けた古き良き飲食街
    新宿駅の西口に位置する思い出横丁は、ノスタルジックな風情が魅力の古き良き飲屋街。もつ焼き屋や焼き鳥屋などの約60店舗の飲食店や、チケットショップなど合わせて約80店舗が、2082平方メートル(630坪)ほどの土地に軒を連ねている。
    外国人観光客にも人気のスポットとなっている
  • spot 07
    西新宿高層ビル街
    超高層ビルが立ち並ぶ日本有数のビジネス街
    新宿の一角を占める西新宿は、東京都庁舎や新宿住友ビルなど、超高層ビルがジャングルのように立ち並ぶ日本有数のビジネス街。「西新宿の摩天楼」とも呼ばれ、数多くの企業の羨望を集めている。
    ビルの間を多くのビジネスマンが行き交う
  • spot 08
    新宿住友ビル
    2020年(令和2)に完成した日本最大級の全天候型屋内広場
    1974年(昭和49)竣工した超高層ビルで、西新宿高層ビル街の草分け的存在。完成当時は日本一の高さを誇り、オフィスだけではなく、飲食物販やスポーツ、カルチャーなども網羅した複合商業ビルとして企画されたことが画期的だった。建物の設備更新にともない2017年(平成29)から大規模改修に入り、2020年(令和2)から順次開業。公開空地に大屋根を設け、天候によらずイベントのできるスペース「三角広場」が誕生した。最大収容人数は2000人と、全天候型屋内アトリウム広場としては日本最大級の広さを誇り、空調完備のうえ、564インチの4K大型ビジョンを常設するなど、さまざまなイベントに対応できるようになっている。飲食店も充実しており、男性向けのチェーン店が多い西新宿では珍しいおしゃれなレストランの数々が、周辺で働く女性たちに好評だ。
    自然光が差し込み開放的な雰囲気の「三角広場」
  • spot 09
    ロバートインディアナLOVEのオブジェ
    恋愛成就のご利益があるという噂があるポップなオブジェ
    西新宿の高層ビル街の交差点にある、通称「LOVEオブジェ」。高さは約3.5mで、鮮やかな赤と側面に使われた青や緑のカラフルなデザインが印象的。街なかでも目をひくことから、待ち合わせ場所やドラマや映画のロケ地として使われることも少なくない。このオブジェは、アメリカの芸術家、ロバート・インディアナ氏の作品で、日本だけでなくアメリカやアジアの数か国に存在している。オブジェには恋愛成就ご利益があるとの噂があり、片思いの人はオブジェの「V」と「E」の間を体が触れないように通過できたら恋が実り、カップルは手をつないで通ると結婚できるというのだとか。フォトジェニックなスポットなので、西新宿を訪れた記念にぜひ撮影をしていこう。
    世界で話題のアート作品を間近に見られる
  • spot 10
    東京都庁展望台
    都政の中心地から都内を一望できる無料スポット
    東京都庁舎の第一本庁舎45階にある無料展望室。地上202mの高さにあり、東京スカイツリーや東京タワーをはじめとした都内の街並みから遠く富士山まで、東京とその近郊を見渡す大パノラマを楽しめる。
    天気の良い日を狙って訪れたい
  • spot 11
    SOMPO美術館
    ゴッホの「ひまわり」を間近に鑑賞できる
    ポスト印象派の画家、ゴッホの「ひまわり」を常設展示していることで知られる美術館。日本画から現代アートまで幅広いジャンルのアートを、さまざまな切り口で紹介する企画展も好評だ。
    メタリックな外壁と曲線を描いた大きな窓が目印
  • spot 12
    新大久保コリアンタウン
    日本最大級のコリアンタウンで韓国の最新トレンドをチェック
    JR新大久保駅周辺は日本有数のコリアンタウン。周囲には韓国料理店や韓国のコスメや雑貨を扱うショップなどが立ち並び、現地の最新トレンドを発信している。日本にいながら韓国旅行気分が味わえるホットなスポットだ。
    安くておいしい韓国料理を食べるなら迷わず新大久保へ
  • spot 13
    アジアスーパーストアー
    調味料から総菜までアジアの食材ならここにお任せ
    タイを中心としたアジアの食材が豊富にそろうスーパーマーケット。入り口の急な階段を上がると、おびただしい数のタイの人形がお出迎えしてくれる。タイミュージックが流れる店内には、調味料やスパイス、レトルト食品、お菓子、ドリンクなど、現地直輸入の食品がバラエティ豊かにそろう。どれもリーズナブルな価格なので、アジア料理好きにはたまらない空間だ。さらに、ほかではなかなか手に入らないフレッシュなハーブや、珍しい肉の部位や見たことのない魚、さらにかわいいアジア食器やスパイス入れなどの雑貨も扱っているので、見て回るだけでも楽しめる。また、週末限定でタイ料理の総菜やスイーツが販売されており、これを目当てに訪れる人も少なくない。
    料理欲を刺激するバラエティに富んだラインナップ
  • spot 14
    韓国広場
    韓国食材が豊富にそろうコリアンタウンの人気店
    新宿の職安通りに面した、韓国食材を広く扱うスーパーマーケット。約500平方メートルの広々とした店内では、野菜や肉、魚介類をはじめ、調味料やインスタント食材、お菓子など、2000種類以上の韓国食材を扱っている。これらのほとんどを韓国から直輸入しているといい、本場の味を本場に近い価格で販売している。おすすめは、自社ブランドの自家製キムチ。一般的なキムチもカットされているものから白菜丸ごとのものまでさまざまで、さらに水キムチやカクテキ、日本であまりなじみのないキムチなど、冷蔵庫にはバラエティに富んだ大量のキムチがストックされている。また、マッコリもさまざまな種類がそろいどれもリーズナブルなので、いろいろ購入して自宅でコリアンパーティをするのも楽しそう。
    地元の人たちがひっきりなしに出入りする
  • spot 15
    ハレルヤ
    コリアンタウンにおける韓国料理の先駆け的存在
    新大久保コリアンタウンには韓国料理を提供するレストランがたくさんあるが、なかでもおすすめなのが、創業40年とコリアンタウンが誕生した頃からある老舗、ハレルヤだ。看板メニューは、大きな鍋で提供される牛プルコギ。手間暇かけて作られる特製タレに漬け込んだ牛肉がたっぷりの野菜と相性抜群。ご飯が止まらなくなるおいしさだ。このほか、ブテチゲやカムジャタンなどの鍋類をはじめ、サムゲタン、ビビンバなどの王道韓国料理がひととおりそろい、チヂミや自家製キムチなどのサイドメニューも豊富。本場に忠実な味わいは、観光客だけでなく地元の人にも愛されている。どれもボリューム満点なので、数人でシェアしていろいろな味を楽しむのがおすすめだ。
    看板メニューの漬け込み牛プルコギ(2200円)とニラチヂミ(1400円)
  • spot 16
    中野ブロードウェイ
    アニメや漫画など日本が世界に誇るサブカルチャーの聖地
    最新ポップカルチャーの発信拠点として国内外から注目を集める複合ビル。アニメや漫画などのサブカルチャーから、現代アートまで日本のカルチャーを広く深く紹介している。
    中野のランドマーク的な存在だ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    起点となるのは新宿駅だが、たとえば四谷から西新宿までは直線距離で3km近くあり、歩いて移動するのはなかなか大変。地下鉄の駅も多いので上手に利用しよう。

  2. その2

    地下鉄は、四谷エリアや新宿御苑に行くなら丸の内線、都庁方面に行くなら大江戸線を使うと便利だ。

  3. その3

    歌舞伎町や新大久保は悪質な客引きも少なくないので、十分に注意しよう。

  4. その4

    新宿-新大久保間は電車で移動してもいいが、徒歩でも20分ほど。途中にも店が多く散策も楽しいので、時間があれば歩いてみてもいいだろう。

  5. その5

    中野駅のあるJR中央線は、その先に高円寺、荻窪、吉祥寺と個性的な町が続くので、時間があればそちらに足を延ばすのもおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

東京のその他のエリア

+ -
back
open

新宿・大久保・中野エリア