巣鴨・駒込・王子

SUGAMO / KOMAGOME / OJI

懐かしさただよう街の各所に名園が点在する東京23区の北部

ローカル感と町の賑わいがほどよく混じり合った山手線の北部エリア。庭園や公園、寺社の多い落ち着いた雰囲気で、歴史をたどる街歩きが楽しい。この地には古くから人々が暮らしており、日本最大級といわれる中里貝塚が見つかっている。古代には律令制のもと、豊島郡衙(地方役所)が置かれて栄えた。江戸時代に入ると人口も増え、街ごとの個性がはっきりしてくる。巣鴨は中山道の休憩所として賑わい、駒込には六義園が造営された。王子の飛鳥山は桜の名所となり、江戸っ子たちが無礼講で花見を楽しんだという。現在の豊島区、文京区、北区にまたがるこれらの街を徒歩で巡り、バラエティに富む見どころを一度に訪れることも可能。歩いてみれば、懐かしさ漂よう雰囲気が心地良く、人々の飾らない暮らしが垣間見える。都心の喧騒を離れてのんびりと過ごせる場所だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    六義園
    和歌に詠まれた名勝を映し出す大名庭園の代表格
    小石川後楽園とともに「江戸の二大庭園」と讃えられる大名庭園。日本の和歌や中国の古典にちなんだ景観を庭園に取り入れているのが大きな特徴で、「和歌の庭」とも称される。
    約8万8000平方メートルの面積をもち、しだれ桜、ツツジなど花の名所としても知られる
  • spot 02
    東洋文庫ミュージアム
    貴重な書籍とカフェに癒やされる知のミュージアム
    有名な著作や貴重な資料など、東洋に関する選りすぐりの文献を展示する東洋文庫ミュージアム。建物のデザインや展示の美しさも見どころで、すてきなカフェも併設するなど魅力いっぱいの博物館だ。
    現在の価値で総額70億円に相当する書籍などを陳列するモリソン書庫
  • spot 03
    巣鴨地蔵通り商店街
    歩いて、食べて、買って楽しい「おばあちゃんの原宿」
    道の両側に和菓子や衣料品、仏具などを売る店が並び、買い物客で賑わう巣鴨地蔵通り商店街。昔ながらの懐かしい雰囲気と、人との触れ合いを楽しみつつ散策できる、ちょっとしたテーマパークのような通りだ。
    大きな看板が目立つ賑やかな商店街
  • spot 04
    とげぬき地蔵尊髙岩寺
    病気平癒の霊験あらたかな巣鴨のシンボル的存在
    赤い山門をくぐり、参拝客がひっきりなしに訪れる。毎月4・14・24日の縁日にはさらに多くの人で賑わう。江戸の昔から「とげぬき地蔵」として親しまれる高岩寺は、地域の中心的存在で人々の心のよりどころでもある。
    巣鴨地蔵通り商店街に面した高岩寺の山門
  • spot 05
    旧古河庭園
    和と洋が調和する稀有な庭園で大正ロマンに浸る
    色とりどりのバラが咲く洋風庭園と、それを見下ろして建つ洋館で知られる旧古河庭園。敷地内には京都の名庭師による日本庭園もあり、和洋2つの異なる趣を同時に楽しめるのが大きな特徴だ。
    洋風庭園の斜面の上に、外壁を安山岩で覆われた重厚な洋館(旧古河邸)が建つ
  • spot 06
    旧古河邸
    優美な装飾が施されたジョサイア・コンドル最晩年の作
    旧古河邸は、旧古河庭園内にある重厚な洋館。日本に西洋建築の技術を伝えたイギリス人建築家のジョサイア・コンドルが設計し、1917年(大正6)に完成した。地上2階、地下1階からなるレンガ造りで、賓客を迎えた1階はすべて洋室、生活の場でもあった2階は2つの寝室を除く全室が和室という珍しい様式となっている。古河財閥3代目当主・虎之助の本邸として建てられ、のちに迎賓館となった。昭和に入って荒廃するが、修復されてかつての姿を取り戻している。玄関扉のステンドグラスには古河家の家紋をデザイン。中に入ると、ビリヤード室や書斎などいくつもの部屋がある。メインの大食堂は、赤い壁と白い天井のコントラストが美しい。天井の果物の装飾などの細かい部分にも注目してみよう。応接室は随所にバラの装飾が施され、「バラの部屋」とも呼ばれる。建物を貸し切って結婚式や披露宴を行うことも可能だ。貴重な文化財でのウエディングは、一生の思い出になるに違いない。
    大食堂は喫茶室にもなっており、洋風庭園を眺めつつ紅茶やケーキを楽しめる
  • spot 07
    飛鳥山公園
    大人も子どもも楽しめる緑豊かな都民のオアシス
    都内有数のお花見スポットとして知られる公園。駅前の便利なロケーションにありながら豊かな自然に恵まれ、3つの博物館があるなど見どころも充実している。昔から多くの人々に愛されてきた憩いの地だ。
    木々が多く爽やかな空気に満ちた公園内の散策路
  • spot 08
    北区飛鳥山博物館
    歴史・自然・文化に関する豊富な展示で北区がわかる
    調査研究などの活動を幅広く行う郷土博物館で、北区に関する展示がわかりやすく興味深いと好評。特別展示室や講堂のある2階から入って階段を下りると、まず見えてくるのが豊島郡衙(ぐんが)の正倉だ。奈良時代にこの地にあった役所の米倉が実物大で復元されており、ウェルカム映像が楽しく展示を紹介してくれる。その奥には、北区とその周辺地域の考古、歴史、民俗、自然などに関する14のテーマに沿って展示物が並ぶ。「縄文人のくらし」のコーナーでは、高さ4.5mにも及ぶ中里貝塚の標本が目をひく。実際の中里貝塚は保存のために埋め戻されており、貝層を見られるのはここだけという貴重な場所だ。ほかに弥生時代の竪穴式住居の実物大模型や、江戸時代の花見弁当のレプリカも人気の展示物となっている。見学後は3階の喫茶カフェ・ヴァーチュで、飛鳥山名物というおはぎを味わいながら休憩したい。
    1階は常設展示室で、一部が吹き抜けとなっており開放感がある。古代関連の展示物が豊富
  • spot 09
    紙の博物館
    奥深い紙の世界に触れられる、全国でも数少ない専門博物館
    日本の伝統的な和紙と、近代日本の発展を支えた洋紙の両面から、紙の歴史と文化、産業について紹介する博物館。明治初期に製紙工場のさきがけとなった抄紙(しょうし)会社の設立された王子にあり、4万点の資料と1万5000点の図書を保管、展示している。2階の入り口を入ったエントランスホールの壁には、6畳もの大きさの手すき和紙に描かれた『聖徳太子御影(みえい)』が飾られている。展示室は、2、3階が常設展、4階が常設展と企画展のスペースだ。2階では「紙と産業」をテーマに、洋紙に関する資料などを公開。大量生産に必要な大型機械の実物や模型が興味深い。3階の「紙の教室」では、紙の基本とリサイクルについて小学生向けにわかりやすく紹介している。4階の常設展のテーマは「和紙と文化」。日本文化を支えてきた和紙の歴史や用途、産地などを、豊富な展示物を用いて解説している。
    博物館入り口向かって右脇には、紙の原料となる植物の鉢植えが並ぶ
  • spot 10
    渋沢栄一旧飛鳥山邸跡
    渋沢栄一の旧邸宅跡に建つ大正時代の建築と博物館
    日本の近代経済社会の基礎を築き、社会公共事業や国際交流においても指導的役割を果たした実業家・渋沢栄一(1840-1931)。かつて飛鳥山の一角には渋沢の邸宅があったが、建物の多くが太平洋戦争の際空襲により焼失した。現存するのは大正時代に建てられた「晩香廬(ばんこうろ)」と「青淵(せいえん)文庫」の2棟のみで、どちらも国の重要文化財に指定されている。旧邸宅跡地には1982年(昭和57)に、渋沢の生涯と事跡をより広く深く紹介するための「渋沢史料館」がオープン。常設展示室ではその91年の生涯を年齢ごとに分け、渋沢の活動や思いについて、資料や映像、自身の言葉などからたどることができる。史料館のチケットで、晩香廬(ばんこうろ)と青淵文庫の内部見学も可能。渋沢は丹念に造られた晩香廬をこよなく愛し、国内外の賓客をここに迎えたという。青淵文庫には渋沢家の家紋「丸に違い柏」にちなみ、柏の葉をデザインしたステンドグラスやタイルが配されており、こちらも美しい。
    渋沢栄一の80歳と子爵に昇格したお祝いを兼ね寄贈され、書庫や接客の場として使われた「青淵文庫」
  • spot 11
    あすかパークレール
    飛鳥山をゆっくりと上る小さくてかわいいモノレール
    公園入口駅と山頂駅間の48mを運行する自走式モノレールのあすかパークレール。飛鳥山の「アスカ」とエスカルゴの「カルゴ」を組み合わせた「アスカルゴ」の愛称をもつ車両が、飛鳥山のへりをカタツムリのように上る姿がかわいらしい。6つの椅子席が並ぶ最大16人乗りの車両に乗り込むと、無人運転が始まる。上がっていくにつれて路上の都電や車が小さくなり、起伏に富んだ街並みを見下ろせるようになる。到着までたった2分だが、車内アナウンスも流れ、ちょっとした旅行気分だ。あすかパークレールは2009年(平成21)から運行を開始した。運賃は無料で、車いすやベビーカーにも対応していることから、子どもや高齢者、障害者など、誰もが気軽に飛鳥山公園を訪れることができるようになった。初夏には沿線に植えられたアジサイが花を咲かせ、車窓の風景に彩を添える。
    飛鳥山山頂に向かってゆっくりと上るアスカルゴ。ふもとには都電荒川線が走る
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    JR山手線や京浜東北線、東京メトロ南北線の駅から徒歩で行ける見どころがほとんど。移動と観光を兼ねて都電荒川線に乗車してみるのもいい。

  2. その2

    旧古河庭園など駐車場のない見どころも多いので、車で行く場合は周辺のコインパーキングなどを利用することになる。事前に場所を調べておこう。

  3. その3

    飛鳥山公園は春の桜、旧古河庭園は春と秋のバラの季節に特に混雑するので注意。

  4. その4

    飛鳥山公園の散策に疲れたら、お食事処「飛鳥山さくら亭」か、北区飛鳥山博物館の3階にあるカフェ・ヴァーチュでひと休みを。カフェ・ヴァーチュのみを利用する場合、博物館の入館料は不要。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

東京のその他のエリア

+ -
back
open

巣鴨・駒込・王子エリア