多摩南部

SOUTHERN TAMA

都心から気軽に行ける登山スポットをはじめ、遊園地やテーマパークなどレジャー施設が充実

多摩川の南側に位置し、「南多摩」とも呼ばれるエリア。東京都の市町村では最も人口が多い八王子市のほか、稲城市、多摩市、町田市、日野市からなる。1966年(昭和41)以降に多摩丘陵を切り開いて開発された多摩ニュータウンに代表されるように、東京のベッドタウンとして発展してきた。西は高尾山麓から東は神奈川県境まで東西約20kmにわたって広がる都内最大の丘陵地帯には、今でも所どころにのどかな里山の風景が残り、豊かな自然を生かした公園やアミューズメントパークが点在している。八王子市の南西にそびえる標高599mの高尾山は、多様な動植物や昆虫が生息する自然の宝庫。都心から電車で約1時間とアクセスが良く、気軽にハイキングや登山を楽しめるほか、山頂近くには歴史の古い高尾山薬王院がありパワースポットとしても人気。また日野市は「新選組のふるさと」として知られ、ゆかりの場所を巡るのも楽しい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    よみうりランド
    多摩丘陵の高台にある、眺めの良いアミューズメントパーク
    1964年(昭和39)に開園し、半世紀以上にわたって愛され続ける遊園地。40種類以上のアトラクションのほか、アシカショーやさまざまなイベントも行われ、ファミリーにもカップルにも人気が高い。
    よみうりランドを代表する人気アトラクション「バンデット」
  • spot 02
    サンリオピューロランド
    大好きなキャラクターに会える、夢いっぱいのテーマパーク
    ハローキティをはじめ、ポムポムプリン、シナモロール、ぐでたまなど、サンリオのキャラクターと会えるエンターテインメント施設。屋内型パークなので、天候を気にせず思いっきり遊べるのがうれしい。
    ハローキティが迎えてくれるエントランスホールは、夢の世界への入り口
  • spot 03
    町田市国際版画美術館
    展覧会や体験イベントを通じて版画の魅力を紹介する
    世界でも数少ない、版画を専門とした美術館。年間を通じてさまざまなテーマで企画展やイベントを開催するほか、実際に版画を制作できる工房とアトリエを併設している。
    芹ヶ谷(せりがや)公園内に建つ美術館。鑑賞後は緑豊かな公園を散策するのもおすすめ
  • spot 04
    小山田緑地
    自然豊かな多摩丘陵を歩き、懐かしい里山の風景に出合う
    町田市の北西部にある、多摩丘陵の自然を生かした都立公園。雑木林や草地、沼地など変化に富んだ園内は多様な生き物の宝庫となっており、里山の風景を眺めながらハイキングも楽しめる。
    標高123mの「みはらし広場」からは天気が良ければ富士山も見える
  • spot 05
    多摩動物公園
    自然豊かな多摩丘陵に広がる、動物たちの楽園
    約50万平方メートルの広大な敷地に約300種の動物を飼育展示する、日本でも有数の規模を誇る動物園。多摩丘陵の自然をそのまま生かした開放的な空間で、ありのままに近い動物たちの姿を観察できる。
    巨大なゾウのモニュメントが迎えてくれる多摩動物公園の正門
  • spot 06
    京王百草園
    多くの文人に愛された日本庭園で、四季の草花を愛でる
    豊かな自然を残す多摩丘陵の一角にたたずむ、江戸時代から知られる名園。古民家や茶室もある園内では、一年を通してさまざまな草花を楽しめる。梅の花が咲き誇る初春と紅葉の時期は特に見事だ。
    江戸時代に植えられたと伝わる梅の木「寿昌梅(じゅしょうばい)」
  • spot 07
    新選組のふるさと歴史館
    激動の時代を生きた新選組隊士の足取りを紹介する
    幕末に京都の治安を任された新選組。局長近藤勇(こんどういさみ)と副長土方歳三(ひじかたとしぞう)を結びつけたのは、多摩川に近い日野宿(ひのじゅく)だった。歴史館の周辺には新選組ゆかりのスポットも多く、歴史好きならぜひ訪れてみたい。
    新撰組ゆかりの地、日野(ひの)市に建つ歴史館の外観
  • spot 08
    高幡不動尊金剛寺
    関東三大不動尊のひとつとして名高い真言密教の寺院
    不動明王を御本尊としてお祀りする高幡不動尊は、新選組・土方歳三の菩提寺としても知られる。護摩の炎で煩悩を焼き尽くし、すがすがしい新年を迎える初詣では、多摩地域で有数の参詣者数を誇る。
    境内にそびえる平安初期の様式を模した五重の塔
  • spot 09
    東京富士美術館
    常設展から企画展まで充実したコレクションを楽しめる
    常設展はルネサンスから現代までの西洋絵画を中心に、東京郊外の美術館としては有数のコレクションを誇る。また季節ごとに開催される特別展は、美術ファンのみならず人気が高い。
    約3か月ごとに作品の一部が入れ替えられる常設展
  • spot 10
    高尾山
    豊かな自然と絶景を楽しめるハイキングスポット
    都心からのアクセスが良く、気軽に日帰り登山を楽しめることで人気の高尾山。他に類を見ない豊かな自然と、東は東京スカイツリーから西は富士山まで見える眺めの良さが、訪れる人々を魅了する。
    標高599mの山頂からは、天候が良ければ丹沢の山々の先に富士山も望める
  • spot 11
    髙尾山薬王院
    1200年以上の歴史を誇る高尾山のパワースポット
    1200年以上の歴史をもつ高尾山薬王院は、天狗の姿をした飯縄大権現(いづなだいごんげん)を本尊とする仏教寺院。現在は真言宗智山派の大本山として、都内はもとより遠方からも参拝者が訪れる名刹だ。
    成田山・川崎大師と並ぶ真言宗智山派の関東三大本山として知られる薬王院
  • spot 12
    高尾山 髙橋家
    登山の行き帰りに味わいたい絶品とろろそば
    高尾山へ行ったら食べたい名物グルメがそば。特に「とろろそば」が有名だ。まだ電車やケーブルカーもなかった時代、高尾山に登って薬王院に参拝する人々に、滋養強壮に良いといわれるとろろをそばに載せて出したのが始まりとされる。ふもとの参道から山頂にかけて20軒ほどのそば屋があり、登山客のみならず、わざわざそばを食べにやってくる人も多い。なかでもケーブルカー駅の正面にある髙橋家は、趣のある建物が目をひく、天保年間(1830~1843年)創業の老舗。かつては旅籠(旅館)を営んでおり、参拝者に料理を振る舞っていたそうだ。現在は5代目が店を切り盛りしている。そば粉6割をとろろと上質粉で練ったそばはのどごしが良く、甘めのつゆが登山後の疲れを癒やしてくれる。とろろは、ねばりの強い大和いもととろみのある長いもを同量ずつ混ぜてあるため口当たりが良く、そばとからめて食べるとおいしさがいっそう引き立つ。店内に立つ髙橋家のシンボル、柿の木にちなんだ甘味もぜひ味わってみたい。
    いちばん人気の「とろろそば」(1000円)。夏は「冷しとろろそば」も好評
  • spot 13
    TAKAO 599 MUSEUM
    高尾山についての情報や魅力を発信するミュージアム
    標高599mの高尾山のふもとに位置し、「みんなでシェアするミュージアム」がコンセプト。高尾山の自然や文化を紹介する展示のほか、カフェやショップもあるので、登山の前後に立ち寄ってみよう。
    高尾山の自然に溶け込む建物。天気の良い日には芝生広場でくつろぐ人々の姿も
  • spot 14
    トリックアート美術館
    「不思議の迷宮」を探検しながら、トリック写真を撮影しよう!
    登山スポットとして人気の高尾山(たかおさん)のふもとにある、トリックアートの世界を体験できるテーマパーク。ファミリーやカップルで、また友だちと一緒に、ユニークな写真を撮って盛り上がろう。
    トリックアートを駆使した館内で、異次元の世界を体験してみよう
  • spot 15
    八王子城跡
    豊臣軍の侵攻に備えて築かれた関東屈指の山城
    関東を支配した北条氏が、戦国時代末期に築いた大規模な山城。日本城郭協会の「日本100名城」にも選ばれる名城だが、豊臣秀吉の関東制圧で落城し、その後は復興されることなく森林に埋もれていった。
    山頂近くには市名の由来となった八王子神社が建つ
  • spot 16
    景信山
    富士山から東京湾まで見渡せる、初級者向け登山コース
    東京都と神奈川県の境にある景信山は、登山口にバスで簡単にアクセスでき、初心者でも登りやすい。一方で、高尾山から陣馬山への縦走路上にあるため中級者にも人気が高い、景観とルートの変化に富んだ山だ。
    山頂から相模湖の向こうに丹沢の山々を望む。天候に恵まれれば富士山も見える
  • spot 17
    HANA・BIYORI
    1年中お花見を楽しめる、新感覚のフラワーパーク
    「よみうりランド」に隣接する、新感覚のエンターテインメント型フラワーパーク。遊園地から直接入れる連絡口もあり、両方に入園すると割引料金が適用される。メイン施設の「HANA・BIYORI館」は、300鉢を超えるフラワーシャンデリア(吊り花)と壁面花壇で飾られ、いつでもお花見を楽しめる。また毎日行われる「花とデジタルのアートショー」(約10分)では、空間全体が幻想的な映像世界を楽しめるスクリーンへと早変わり。館内では苔テラリウム作りなどのワークショップを開催しているほか、樹齢推定400年を超えるシンボルツリー「パラボラッチョ」やかわいらしいコツメカワウソ、カラフルな海水魚が泳ぐアクアリウムも見学できる。カフェスペースでひと休みしたら、四季の花々が咲くパーク内を散策してみよう。都心の高層ビル群まで一望できる「空見の丘」、パゴダ(釈迦如来殿)や貴重な文化財の並ぶ「聖なる森」があり、特にお釈迦様のお骨(仏舎利)と聖髪が納められたパゴダは知る人ぞ知るパワースポットとなっている。
    「HANA・BIYORI館」の建つ庭園には、四季折々の花が咲く
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    都心から電車を利用する際は、新宿が起点となる。JR中央線で新宿から八王子まで35分(中央特快)。京王線で高幡不動(特急)、多摩センター(準特急)までいずれも30分。小田急線で町田まで32分(快速急行)。

  2. その2

    エリア内の南北の移動には「多摩モノレール」を利用すると便利。多摩センターから多摩動物公園、高幡不動などを経由して、立川南まで22分。立川南でJR中央線に乗り換えられる。

  3. その3

    高幡不動尊金剛寺と京王百草園は、京王線を利用すればひと駅(所要2分)だが、時間があれば徒歩で散策を楽しむのもおすすめ。距離にして約2.3km、所要30分ほど。

  4. その4

    高尾山に登る場合、往復ともケーブルカーやリフトを利用するなら、街着でもOK。ただし靴は歩きやすいスニーカーなどで。念のため、雨具も用意しておこう。

  5. その5

    健脚の人なら、高尾山と景信山を合わせて訪れるのもおすすめ。どちらから登っても良いが、日没が早い秋から冬にかけては早めに出発したい。高尾山の山頂から景信山までの距離は約4.5km、所要2時間ほど。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

東京のその他のエリア

+ -
back
open

多摩南部エリア