NAVITIME Travel

久米島・慶良間諸島のスポット一覧

  • 阿嘉島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村阿嘉
    慶良間諸島に属する島で、沖縄県島尻郡座間味村に属する。対岸の座間味島にいた雌犬マリリンに逢うために、海を泳いで渡った雄犬シロの実話がもととなった映画「マリリンに逢いたい」の舞台である。島にはシロの像も設置されている。慶留間島とは阿嘉大橋で、外地島とは慶留間大橋でつながっているため車や自転車で行き来できる。
  • 座間味島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村
    沖縄県那覇市から40km西方、慶良間諸島にある座間味村の主島。真っ白なコーラルサンドとエメラルドグリーンの海の対比が素晴らしく、世界中からダイバーが集まる。豊かな珊瑚礁は生き物をはぐくむ海域として、2005年、ラムサール条約登録地となった。2015年には登録要件を満たすエリアが拡大されたため、登録区域が拡大された。また砂浜はウミガメの産卵地でもあり、冬にはザトウクジラの群れが出産と子育てのために訪れる。大自然を体感できる美しい島である。
  • 古座間味ビーチ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡座間味村座間味
    三日月形をした座間味のメインビーチ。ウミガメの産卵地として有名で、ほかにも熱帯魚やサンゴが美しいことからシュノーケルポイントとして人気がある。ビーチには海の家があり、トイレやロッカー、レンタル用品などが揃う。
  • 座間味村ホエールウォッチング協会
    rating-image
    4.5
    21件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村座間味地先1
    毎年12-4月ごろ、ザトウクジラをはじめとするさまざまな種類のクジラが繁殖・子育て期を迎え、座間味近海に里帰りする。期間中、座間味沖に里帰りするクジラを観察するツアーを開催している。※見つからなかった日はツアーが行われないこともある。※人気ツアーのため、当日申込を受け付けない場合もある。

    初めてのホエールウォッチングでツアーをいろいろ探して見たのですが、こちらが一番良いと思って予約しました。波が高く船の揺れが少し慣れなかったのですが、船員がよく案内して頂いたおかげで、自然のクジラを見て感動しました。来年また行きたいとの思います。

  • 渡嘉敷島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡渡嘉敷村
    那覇市の西方30kmに位置する渡嘉敷島。海の透明度は世界屈指のもので、「ケラマブルー」と呼ばれる。阿波連ビーチ・渡嘉志久ビーチなどの美しいビーチがあり、シュノーケルやダイビングを始めとしたマリンスポーツが盛んである。冬場にはザトウクジラの姿も見られる。
  • とかしくビーチ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡渡嘉敷村渡嘉敷渡嘉志久
    渡嘉敷島を代表するビーチのうちのひとつ。静かな遠浅のビーチが三日月状に広がっている。ウミガメと泳ぐことのできるシュノーケリングポイントとして人気。
  • 阿波連ビーチ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連
    渡嘉敷を代表するビーチのうちのひとつで、東西に800mの白浜が美しい弧を描いている。民宿や商店の立ち並ぶ賑やかな集落の近くにあり、シーズンになると観光客でにぎわう。マリンスポーツ目的で訪れる人も多い。浮き輪やパラソルなどのレンタルも充実しており、トイレ・シャワーなども完備されている。
  • 久米島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町
    那覇から西に約100km、沖縄諸島の中で最も西に位置する島。琉球王朝時代からその美しさゆえ「球美の島」とも呼ばれた。サンゴでできた真っ白な砂と海のコバルトブルーが美しい砂州「ハテの浜」など、その美しさは東洋一とも。一方で、ザトウクジラやジンベイザメ、イルカなどと遭遇できる格好のダイビングスポットでもあり、久米島の泡盛は数ある泡盛の中でも人気が高い。昭和58年(1983)に、島のほぼ全域が県立自然公園に指定された。
  • イーフビーチ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡久米島町謝名堂
    久米島のメインビーチで、白い砂浜が2kmにわたって続く美しい浜。遠浅で穏やかな波が特長で、「日本の渚百選」にも選ばれている。周辺にはリゾートホテルやレストランがあり、オンシーズンにはマリンスポーツや海水浴目当ての観光客で賑わう。
  • ハテの浜
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡久米島町
    久米島の東方の沖合に浮かぶ砂浜だけの無人島。前の浜・中の浜・ハテの浜の3つからなる島を総称してハテの浜と呼ぶ。見渡す限り真っ白な砂浜と透明度の高い海が広がり、その美しさは東洋一とも称される。海水浴やシュノーケリング、浜辺でビーチコーミングなども楽しめる。泊フィッシャリーナから船で約20分。
  • バーデハウス久米島
    宿泊/温泉
    沖縄県島尻郡久米島町奥武170-1
    久米島空港より車で20分、奥武島キャンプ場にあるスパ施設。久米島の深海から採取された海洋深層水を100パーセント使用した温水プール・バーデプールがある(遊泳用プールではなく健康促進を目的にした機能性プール)。スチームサウナやホットタブも完備。ボディやフェイシャルのトリートメントメニューを受けられる。(別途料金が必要) 各ホテルからの無料シャトルバスも運行している。
  • 慶良間諸島国立公園
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡渡嘉敷村及び座間味村
    沖縄県那覇市から西方約40kmの地点に位置する、慶良間諸島と周辺海域からなる国内31番目の国立公園で、国の天然記念物として指定されているケラマジカや、リュウキュウヤマガメ、マダラトカゲモドキ等、多くの希少な生物が生息している。「ケラマブルー」と称される世界屈指の透明度の高さと美しさを誇る海域は、ダイビングやシュノーケリング、シーカヤック等のマリンレジャーに最適で、ダイバーを中心に絶大な人気を誇る。
  • 北浜ビーチ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村阿嘉
    阿嘉港から車で約5分。沖縄本島の西に位置する島の一つ「阿嘉島」のメインビーチ。北浜と書いて「ニシバマ」と読む。透明度の高い綺麗な海と1キロメートルにわたって広がる真っ白な砂浜のコントラストが魅力。監視員がいるのは5月から10月頃の間のみだが、自己責任の元、一年を通して遊泳を楽しめる。また、カラフルな珊瑚や熱帯魚が見られることからシュノーケリングのスポットとして非常に人気。そのほかダイビングやシーカヤックなどの海のレジャーも満喫できる。
  • マリリンの像
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村座間味
    映画「マリリンに遭いたい」のロケ地となった座間味島。島には、主人公の犬・シロが住む阿嘉島の方を向き、シロが海を渡って会いに来るのを待っているマリリンの像が建っている。ぜひ、阿嘉島のシロの像とセットで訪れよう。
  • 阿真ビーチ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡座間味村阿真
    座間味島の西に位置する、世界的に貴重なサンゴ礁域としてラムサール条約にも登録されたビーチである。遠浅の海は透明度が高く、ウミガメが泳ぐ姿も見られる穏やかなビーチだ。海に沈む夕陽がすばらしく、一目見ようと訪れる人も多い。
  • ナガンヌ島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡渡嘉敷村前島
    那覇から船で約20分。シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しめる、小さな島である。エメラルドグリーンの海と、サンゴ礁のかけらでできた白い砂浜のコントラストが美しく、シャワーやトイレなどの施設も充実した、手つかずの自然を堪能できる島だ。
  • あじまー館
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町仲泊966-33
    久米島町の観光協会が運営する体験交流施設。観光協会による体験プログラム、「島の学校久米島」プログラム(事前予約が必要)によって、島の人々とふれあい、久米島の文化、産業、歴史について知識を深めることができる。また、島の料理を提供する食堂や、多目的スペースなども併設している。
  • 南島食楽園
    グルメ/お酒
    沖縄県島尻郡久米島町字比嘉160-81
    久米島の食材を使った、創作料理や沖縄料理が味わえる居酒屋。久米島近海で獲れた魚の「刺身盛り合せ」。島らっきょ・紅いも・ゴーヤーなどが入った「島野菜の天麩羅」、「アグー豚のねぎ塩炒め」などメニューも豊富。ここでは運転代行が島内一律1000円で利用可能。泡盛も心ゆくまで楽しめる。場所はリゾートホテル久米アイランド斜め向かい。
  • 海鮮居酒屋 海坊主
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    グルメ/お酒
    沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂548-31
    久米島の郷土料理を味わえるお店。食材は地産のものを使用し、毎日港に揚がったばかりの新鮮な魚を仕入れている。おすすめ料理は、「久米島産車えびのバター焼き」や「久米島そばの鉄板焼きそば」など。久米島のいろんな料理を満喫できる。店はイーフビーチ通り沿いで訪れやすい場所にある。

    1人での訪問。 平日でしたのでいくらか空席はありました。 居酒屋ですが、定食メニューもあります。 海鮮メニューが豊富で、特に島名物、車海老の料理が多いです。 一番のウリの車海老の造りは3尾で1500円と、けっこうなお値段です。 車海老は出された時にまだ動いており、プリプリでとても新鮮でした。 団体さんもいたせいか、お店の人手がかなり足りていない印象でしたが、料理は全ておいしかったです。 海ぶど...

  • 久米島ウミガメ館
    rating-image
    4.0
    108件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡久米島町字奥武170
    久米島町、奥武島にあるウミガメの展示施設。現在絶滅の危機に瀕しているウミガメを飼育しており、大水槽の中で泳ぐ姿を間近に観察し、ウミガメの生態についてのパネルや映像の展示、ふれあい体験などのイベント(期間限定で開催)と合わせて学ぶことができる。また、久米島の貝類の標本も2000点以上展示している。

    奥武島にあるウミガメ館です。 バーデハウスの隣にあります。 入館料300円でウミガメを見ることができます。アオウミガメが10匹ほどいますが、かなり大きなサイズでびっくりしました。 アカウミガメも1匹いました。 ウミガメグッズもあり、地味ですが楽しかったです。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す