NAVITIME Travel

河原町・四条烏丸のパン/デザート/その他飲食店スポット一覧

  • 月餅家直正
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区木屋町三条上ル
    文化元年(1804)創業と伝えられる和菓子の老舗。生菓子しかなかった時代にオーブン釜で餡入りの焼菓子を作り、それ以来、時代に合わせて庶民に愛される京菓子を作り続けてきた名店である。店内には、店名と同じ焼菓子「月餅」のほか生菓子なども並ぶ。人気は本わらび粉を使用したわらび餅で、日本茶に合う甘い餡にとろける食感がたまらない。最寄は三条駅。

    三条木屋町から高瀬川沿いに上がるとあるわらび餅の有名なお店です。購入しなくても風情のあるお店を拝見するだけでも話のタネになります。店内は米を蒸す匂いがします。和菓子は種類がたくさんあるので、迷います。今回はホテルの部屋で、夜食かデザートに食べようと思って行きました。結局、購入したのは、名物「わらび餅」になりました。「わらび餅」は、普通に想像するものとは違って、柔らかなお餅で餡を包んであります。餡は...

  • 京菓子司 よし廣
    お買い物
    京都府京都市中京区西ノ京東月光町22
    二条駅から徒歩で約5分のところにある、昭和33年(1958)創業の老舗和菓子店。雑誌やテレビ番組でも多数紹介されている。創業者発案の八ッ橋饅頭と、二代目が作るギッシリと抹茶あんが詰まった京香はどちらも全国菓子大博覧会で授賞した銘菓。手焼きのどら焼きも定番商品で、人気のモンブランどら焼きは秋限定で提供。また、京菓子手作り体験も開催していて職人の実演と、実演で作られた菓子を持ち帰ることも可能。7万人以上が参加した人気の体験教室となっている。
  • 村上開新堂
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区寺町通二条上ル東側
    京都市中京区常盤木町の寺町通り沿いにある明治40年(1907)創業の洋菓子店。11種類のクッキーや、クッキーよりも柔らかい生地の焼き菓子「ロシアケーキ」、夏季限定の「オレンジゼリー」、なめらかな食感の「寺町バニラプリン」などの商品を販売。また、築90年の日本建築をリノベーションしたカフェも併設されており、コーヒーやカフェ限定のスイーツを提供している。

    京都最古の洋菓子屋さん。 最寄り駅は地下鉄東西線・京都市役所前駅です。 レトロな店内には多種類の焼き菓子が並んでいます。 ロシアケーキが有名です。 クッキーは予約販売で現在5ヶ月待ち❗️ 店頭のみ予約できます。 プリンもゼリーも美味しそうでした。 クッキーが届くのが楽しみです☆

  • 菱屋
    お買い物
    京都府京都市下京区島原大門東入る薬園町157
    かつて花街だった島原の、古い町並みに佇む風情ある京おかき店。手焼きおかき「うすばね」が有名で、京土産としても人気がある。創業は明治9年(1876)の歴史ある店で、うすばねのほかにも十数種の京おかきが店頭に並んでいる。
  • 林万昌堂
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市下京区四条通寺町東入ル御旅宮本町3
    140年の歴史がある甘栗の老舗。中国河北省秦皇島市青龍満族自治県産の栗「河北栗子」のみを使用している。80年以上前から長きにわたり使い続けてきた釜で、職人が熟練の技で丹念に栗を焼き上げている。甘栗のほか、栗甘納豆や栗あいす・チョコマロンなども人気商品だ。

    焼き栗の専門店で店頭で焼いているのをその場でいただくことができました。 栗の形がそろっていて大きさも大きいのできれいで目にも美味しかったです。

  • 京菓匠 笹屋伊織
    お買い物
    京都府京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
    創業は享保元年(1716)、徳川吉宗が八代目将軍に就任した年でとても歴史ある京菓匠。以来、有職菓子司として京都御所や神社仏閣、茶道お家元の御用を務めてきた。代表銘菓どら焼をはじめ、だるまさんや胡麻鼓などの定番商品と、端午の節句や母の日など季節や行事に合わせた菓子が並ぶ。
  • 末富
    お買い物
    京都府京都市下京区松原通室町東入玉津島町295
    明治26年(1893)創業の京菓子店。今なお昔ながらの格式を守り、大量生産でない心のこもったお菓子を作っており、遊びごころあふれた菓子は人気が高い。京都では平安時代から女官装束のあわせ仕立ての 衣の表裏のきれを「かさねの色目」と言い この色目で京都の季節を楽しんでいたことから、京の色目を表した「京ふうせん」は可愛らしく評判だ。
  • 宝泉 JR新幹線京都駅店
    rating-image
    4.5
    59件の口コミ
    グルメ/お酒
    京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3 JR京都駅新幹線改札内2F
    日本一といわれる丹波大納言小豆や丹波黒大豆を使用し、一粒ひとつぶに心をこめ、身体に優しく安心して食べられる菓子を製造販売している。京都駅店では四季の装い、四季のしつらえを取り入れた店内で迎えてくれる。葵の文様を最高級の丹波大納言小豆で京都らしい菓子に仕上げた「賀茂葵」など人気が高い。

    JR東海道新幹線構内にあります。 いつも京都旅行で最後に訪れるのはここ!と決めているお気に入りのお店。 下鴨に素敵な茶寮がありますが、なかなか行き難い場所なのでこちらで楽しんでいます。 今回は時間的な要素なのか混み合っており待って入店しました。待ってでも入りたい。 新幹線構内の雑踏から逃れてゆっくりと最後の京都を味わいました。 選んだメニューは「冷抹茶と上生菓子のセット」 こちらの冷抹茶は絶品で私...

  • PATISSERIE Salon de the m.s.h(パティスリー サロン ド テ エム エス アッシュ)
    お買い物
    京都府京都市中京区押小路通麩屋町西入橘町630
    「お店の主役はあくまでケーキ」というオーナーの言葉通り、主役のスイーツが純粋に楽しめるパティスリー。定番のロールケーキやショートケーキに加え、四季折々の素材を使った時期限定のケーキや旬のスイーツなどが並んでいる。中でも生麩を使った看板メニューの「麩屋ロール」は、もちもちぷにぷにの食感が癖になると評判だ。京都には珍しい洋風庭園を持ち、おとぎ話の世界に招かれたような雰囲気に魅了される女性リピーターも多い。
  • 黒豆茶庵 北尾 錦店
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    グルメ/お酒
    京都府京都市中京区錦小路通麩屋町西入東魚屋町192
    文久2年(1862)創業の老舗「北尾」直営の食事処。京の台所・錦で京都丹波産の最高級黒豆「新丹波黒」を使用した甘味や御膳を提供している。人気メニューは大粒で甘みのある新丹波をふんだんに使った「黒豆御膳」。黒豆ご飯や黒豆の寄せ豆腐、黒豆の煮豆や黒豆酒など、黒豆が持つ香りや味が存分に楽しめる。一階では様々な黒豆製品を販売しており、50種類以上ある小箱から好きなものを選んで詰め合わる「黒豆菓子」はお土産にも最適だ。

    1階が物販、2階がイートインになっていました。わらび餅を注文したら自分で黒豆を挽いて黄な粉にする形式で驚きました。ひきたての黄な粉はすごく香りがよいです。

  • 大極殿本舗本店
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区高倉通四条上ル
    明治18年(1885)創業の老舗和菓子処。創業当初は「山城屋」の屋号を名乗っていたが、看板商品の「大極殿」が大ヒットしたのを機にその名を名乗るようになった。平安神宮献上菓の「大極殿」は、極上の白こし餡が入った焼き菓子。口の中でほろりとほどけ、昔と変わらない優しい甘さが広がる自慢の逸品だ。和菓子店でありながらカステラが人気で、卵の風味が広がるカステラは飽きの来ない素朴な味として評判を集めている。

    大極殿さんとの出会いは2009年くらいの春のこと。 初めはたまたま錦通りから四条大丸へ行こうとした時、たまたま大極殿さんの前を通った。 古風で店構えと中には渋くも品のあるオジ様店員に足が止まった。 すると地元のサラリーマンらしき年配の男性が通りかかり、店先に売られている切れ端カステラを見るやすぐに購入していたので、我も入ってみるかと中に入り、土産に良さそうな花背を購入。 そして後日家で食べてみるや...

  • 総本家河道屋
    お買い物
    京都府京都市中京区姉小路通御幸町西入ル姉大東町550
    明治初期に蕎麦粉を使った焼き菓子として誕生した「蕎麦ほうる」を製造販売している専門店。総本家・河道屋は平安京遷都とともに京都に移り住んだと伝わる旧家で、元禄年間の頃から菓子と蕎麦を商ってきた。蕎麦作りの技法に南蛮菓子の要素を取り入れて開発したのが看板商品の「蕎麦ほうる」。油分不使用のためあっさりとした風味が漂うのが特徴で、茶事や接客用の京銘菓として長年愛され続けている。梅鉢と丸のふたつの形に焼き上げられた蕎麦ほうるは、贈答用にも最適だ。
  • 亀屋良永
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町504
    天保3年(1832)創業の老舗和菓子店。御池通から御幸町通りを入ってすぐの角で名物「御池煎餅」を販売している。上質な餅米を使った麩焼煎餅は、ほんのり甘い砂糖をまとって亀甲型の焼き目がついただけのシンプルなもの。しゅわっとした軽い食感に醤油の風味が香る、京都らしい優雅な逸品だ。版画家・棟方志功氏が手掛けた赤いラベルが目印で、しゅっと手になじむサイズのスチール缶にパッケージされている。形崩れしないため京都土産に購入する観光客も多い。

    亀屋良長とはまた別の和菓子のお店です。こちらは一軒しかなく、デパートには上生菓子は置いてありません。上生菓子とお羊羹を購入しました。上生菓子はふんわり軽い口溶けではなく、どちらかというともったりした重い上生菓子でした。

  • Boulangerie Liberte(ブーランジェリー リベルテ)
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区寺町通二条上ル常盤木町65-2
    京都市役所前駅から徒歩5分、寺町通り沿いのパティスリーブーランジェリー。世界で最も競争の激しいパティスリー・ブーランジェリー市場のパリにおいて、常に各コンテストの上位に名前が上がる人気店だ。お菓子作りの繊細さで作られるスペシャリテ「パン リベルテ」は、3種の小麦粉をブレンドした酸味と地味あふれるハードパン。自家製ルヴァンとはちみつを練りこみ、たっぷり時間をかけて焼き上げられている。毎日の朝食にはもちろん、ブランチや夕食にもぴったり。

    御池から寺町通を北上、一保堂の手前に位置します。最近烏丸御池に同名のブーランジェリーが出来ましたが、あちらはパリに本拠を持つ店のライセンスですし、まったく関係ありません。ハード系が中心のようで、ヴィエノワズリは生地そのものが今一つ、看板商品の「トラディショナル」はさまざまな具材を巻き込んで焼き上げた代物ですが、こちらも特筆すべきほどのものはありません。

  • ロンドンヤ
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町565
    白こし餡が詰まった一口サイズのカステラ饅頭「ロンドン焼」を製造販売しているお店。修学旅行やインバウンドに大人気の新京極を歩くと、カチャンカチャンと心地よい金属音が聞こえてくる。乳製品を使用していないため、夏季でも常温保存で数日持つのが特徴だ。きめ細かく滑らかな舌触りで、甘さも控えめなため何個でも食べられる。からくり仕掛けのような機械で作っている様子に目を奪われ、つい足を止めて見学する観光客も多い。

    一口サイズの白アンのカステラ饅頭なんだけど、病みつきになる旨さ。焼き立てのほかほかなんかを食べてしまえば完全に中毒しちゃいます。

  • 松富や壽
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    グルメ/お酒
    京都府京都市中京区竹屋町通西洞院西入東竹屋町422
    二条城前駅から徒歩10分、竹屋町通りと小川通りの交差点すぐにあるおばんざいの店。築90余年、大正年間の京町家で味わえるのが、自然食のランチバイキングだ。素材の味を潰さない「うす味」という旨味に仕上げられたおばんざいは、国産素材・国産無添加調味料にこだわった自然食。平日は約15種類、休日には約20種類ほどのおばんざいが所狭しと並べられている。特別栽培のコシヒカリ玄米や、無添加麦味噌の味噌汁はおかわり自由となっており、おなか一杯食べられるのも嬉しい。

    京町家風の建物。店内も和風雰囲気で落ち着けます。 料理は旬の野菜を使用した自然食でヘルシー。 10種類の料理をすべて食べられるバイキング形式です。1時間以内で満足するまで食べられます。 味は薄味ながら、しっかり味付けされていて美味しい。 昔ながらの庶民の料理を楽しめます。

  • BRUN BRUN(ブラン ブリュン)
    お買い物
    京都府京都市中京区竹屋町通東洞院西入ル三本木町462
    昭和10年(1935)創業の洋菓子店。フランス語の「ブラン」とノルウェー語の「ブリュン」、どちらも「茶色」を意味する言葉が重ねられた店名は、チョコレートをイメージしてつけられたものだ。厳選した素材にこだわった創作チョコレートを中心に、ケーキや焼き菓子などを販売している。お店の定番商品は「宇治の抹茶トリュフチョコレート」。宇治の高級抹茶を使用したチョコクリームをベルギー産ミルクチョコで包んだ贅沢なトリュフだ。老舗飴処・祗園小石の黒蜜を使った「黒みつ抹茶トリュフチョコ」は、2015年度のモンドセレクションで金賞を受賞している。
  • 二條若狭屋 本店
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区二条通小川東入ル西大黒町333-2
    100年以上もの間、豊かな季節の息づきと都の雅が感じられる京菓子を作り続けている和菓子処。二条通りと小川通りの交差点角、重厚な佇まいが目印の菓子司だ。お店の名物は厳選した大粒の栗をまるごと包んだ「ふく栗」。栗餡とこし餡の二重層で包み、羊羹をかけ上品に仕上げられている。見た目にも楽しい「ふく栗」は、決して甘すぎることなく栗本来の味が楽しめると評判だ。そのほか、山芋を使った薯蕷饅頭の「家喜芋」やお椀に熱湯を注いで葛湯を作る「不老泉」など、目にも楽しい伝統の京菓子を多数販売している。

    京都二条城から徒歩で二条通りを東に数分です。老舗和菓子屋さんで「不老泉」という懐中汁粉が有名です。かわいい小箱に入っていてお湯を注ぐと2匹の水鳥が浮かびます。「家喜芋」「二條離宮」も美味しい和菓子です。

  • 亀屋良長
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
    京菓子の名門「菓子司・亀屋良安」からの暖簾分けで1803年に創業した下京区柏屋町の京菓子店。通年商品や季節の京菓子の販売のほか、職人と一緒に生菓子づくりを体験できる手作り教室(要予約、英語と中国語の通訳可)も開催している。

    京都を代表する和菓子店のひとつ。店先では和菓子作りにも使用している湧き水「醒ヶ井水」を頂戴することができます。

  • 茶寮翠泉 烏丸御池店
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    グルメ/お酒
    京都府京都市中京区金吹町461 烏丸メディカルモール1F
    様々な種類の抹茶スイーツを提供する烏丸御池のカフェ。ランチには「五穀米と豆腐ハンバーグのロコモコ丼」、「湯葉餡かけうどんと梅ちりめんご飯」といったメニューも。「まろ濃い抹茶ラテ【3Dアート】」には日替わりのデザインで立体的なラテアートが施される。

    京都といえば抹茶スイーツが美味しい!このお店の店内はあまり広くはないのですが、照明を落とした落ち着いた雰囲気。抹茶モンブランを頂きました。濃厚な抹茶クリームが美味しかったです。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す