NAVITIME Travel

全国の美術館スポット一覧

  • 三鷹の森ジブリ美術館
    rating-image
    4.5
    1862件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都三鷹市下連雀1-1-83 都立井の頭恩賜公園西園内
    スタジオジブリの宮崎駿氏が館主を務めるアニメーション美術館で、「迷子になろうよ、いっしょに。」がキャッチコピー。館内には、歴代ジブリ作品の絵コンテや関連する資料のほか、アニメ製作スタジオの風景の再現、美術館用の短編アニメ作品の上映など、アニメーション見方が広がる様々なコーナーを常設。ノスタルジックな建物と緑が融合した順路のない構造で、大人から子供まで思い思いの楽しみ方ができる。入館は完全予約制。最寄は三鷹駅。

    三鷹にあるジブリ美術館。 何度か行こうとしたのですが、いざ目の前にしてチケットがないと入れないという事を知り断念。ようやくチケットを手に入れ行ってきました。 ジブリが好きな私はテンション上がり、ウキウキ気分でした。 見逃していた作品の展示物もあり、帰ったらdvd借りてみようと思いました。

  • 足立美術館
    rating-image
    4.5
    1010件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県安来市古川町320
    島根県安来市古川町にある美術館で、近代日本画を中心に展示している。コレクションは日本画の巨匠・横山大観の名作「紅葉」「雨霽る」をはじめ、竹内栖鳳・橋本関雪らの近代日本画や北大路魯山人の陶芸作品など1500点を数える。展示替えは、四季に合わせて年4回行っている。枯山水庭や白砂青松庭など、合計約5万坪の日本庭園も有名。アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で長年1位に輝き続け、世界的にも高く評価されている。

    足立美術館に来ることになりました。 美術には興味はないのですが庭が綺麗だと言われており、 ツアーではしょっ中でていたけど。 歓迎の庭。枯山水庭。足立美術館はやはり庭ですね。 美しい。 生の額絵。 足立美術館は美しいが前評判が高すぎてそれほど感動しなかった。 庭に降りれるなら感動するだろうが遠くから見るだけではね。 亀鶴の滝。 喫茶室の入口にあって彫刻です。 美術は横山大観のが多くあった。 陶器もあ...

  • 大塚国際美術館
    rating-image
    4.5
    904件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
    徳島県鳴門市鳴門町にある美術館で、日本最大級の常設展示スペースを持つ。展示作品は、陶板で原寸大に再現した西洋名画1000点余り。レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」、エドヴァルド・ムンクの「叫び」、ピカソの「ゲルニカ」など、世界中の美術館に所蔵されている名作を一堂に鑑賞することができる。鑑賞ルートは約4km。庭園を眺めながら食事が楽しめるレストランやミュージアムショップも併設している。

    二日かけても全部見れませんでした。もの凄い展示数です。初日はガイドの案内でローマポンペイとルネッサンス・バロックまで展示を省略しながら説明を聞きそれでも2時間。翌日はガイドの案内では省略した展示を音声ガイドを頼りに丹念に見ていたらバロックを見終わって閉館の案内になってしまいました。近代・印象派以降の展示をまた見に行くか思案中です。 システィーナ礼拝堂やウフィツィ美術館を実際に見ているので最初のシス...

  • 箱根ガラスの森美術館
    rating-image
    4.0
    862件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
    箱根・仙石原にある日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館。15世紀から18世紀のヨーロッパ貴族を熱狂させた繊細優美な名品約100点を展示する「ヴェネチアン・グラス美術館」と、19世紀以降のヴェネチアン・グラスを展示する「現代ガラス美術館」から成る。注目したいのは庭園から美術館エントランスに続く橋にかかる全長約10mのクリスタル・ガラスのアーチ。約16万粒のクリスタル・ガラスが風にゆれ眩い輝きを放つ。サンドブラストなどのガラスの体験工房もあり、旅の記念品を手作りするのもおすすめ。

    ガラスの展示品はライトが当たってキラキラしていたり、内側から光ってキラキラしていたり、宝石を見ているようでした。

  • 根津美術館(休業中)
    rating-image
    4.5
    872件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都港区南青山6-5-1
    南青山にある美術館。東武鉄道の社長などを務めた初代根津嘉一郎(1860-1940)の収集品を展示・保存するため、昭和16年(1941)に開館した。日本・東洋古美術を中心に7,400件を超える所蔵品を有し(2016年3月末時点)、その中には国宝、重要文化財、重要美術品が多数含まれている。展示室のある本館のほか、茶室や石仏、石灯籠などが点在する日本庭園も見学可。また庭園を見おろせるカフェもくつろぎのひとときを過ごす場として人気が高い。

    表参道駅から歩いて割とすぐ、青南小学校の近くにあります。 高校生くらいまではこの辺りによくきたのですが、根津美術館には足を運ぶ機会がなく、そのまま歳月流るる如し。 入口に長い廊下?みたいなのがあり、皆さん狂ったように写真を撮っていました。 隈研吾マニアにとってグッとくるものがあるのでしょうか。 今回は川上不白の展示を観に行きましたが、常設の平家物語絵巻、古代中国の陶器など見所は多かったです...

  • 森美術館
    rating-image
    4.5
    1089件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
    六本木ヒルズ森タワー53階に位置する国際的な現代アートの美術館。年間を通して多彩な企画展が開催されており、会期中は22時まで開館している(火曜を除く)ため、仕事帰りや食事のあとにも観賞できるのが魅力。52階には「東京シティビュー」及びカフェ&レストランがあり、東京を一望する絶景とともに食事やお茶を楽しめる。最寄り駅は「六本木」駅。

    未来と芸術展で伺いました。 大晦日だったからか街の人は少なかったですがチケット購入で数十分待ちでした。 エレベーターで52階まで行って、さらにエスカレーターで登って美術館です。 未来都市と新芸術の展示です。

  • ポーラ美術館
    rating-image
    4.5
    761件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
    ポーラ化粧品で知られるポーラ・オルビスグループのオーナーであった鈴木常司氏が数十年にわたって収集した美術品約9500点を展示した美術館。印象派のコレクションは日本最大級の質・量とも言われている。ガラスをふんだんに使った透明感あふれる建築が特徴で、巨大なピクチャーウィンドウから差し込む光と豊かな緑の中、アートを鑑賞できる。2013年にオープンした遊歩道では鳥のさえずりを聞きながら自然の中をゆっくりと散策できる。

    豊かな自然の中にあるとてもキレイな美術館。入口付近はガラス張りで外の木々の緑と調和してよい空気を醸し出している。展示作品も見覚えのある印象派の作品が多くあった。時間があったら美術館周りの遊歩道を散策すると良いです。

  • 国立西洋美術館
    rating-image
    4.5
    891件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園7-7
    東京都台東区の「上野恩賜公園」内にある美術館で、西洋の美術品を専門に収集・展示している。フランスの建築家のル・コルビュジエが設計を手掛け、平成28年(2016)に世界文化遺産に登録された建物も見どころの1つ。フランス政府から寄贈返還された実業家・松方幸次郎の収集品「松方コレクション」を基礎に、モネやルノワールなど中世末期から20世紀初頭の西洋絵画と、フランス近代彫刻を常設展示。企画展も年数回開催している。

    「ハプスブルク展」目当てで行きましたが、いつもこちらの常設展である松方コレクションの充実度に感動します。 また、常設展エリア内で毎回企画展示があることも楽しみです。 世界遺産に認定されたことは建築物的に喜ばしいことですが、海外旅行で見学する世界遺産と比較すると年代も新しいですし、敷地も狭いので、建築ファンでないと魅力は少ないように思います。 特に無料で入れる前庭はちょっとした植込みと数点の彫刻のみ...

  • 鳥取砂丘 砂の美術館
    rating-image
    4.5
    609件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
    鳥取市福部町湯山、県道319号線沿いにある美術館。砂を素材とした彫刻「砂像」を展示している。「砂で世界旅行」というコンセプトの元、「イタリア・ルネサンス」や「世界遺産・アジア編」など、毎年異なるテーマに沿って制作・展示を行っている。砂像は展示が終了すると砂にかえるため、会期中にしか鑑賞することが出来ない。

    砂丘のすぐ近くです。つどテーマは変わる様ですが、世界の有名スポットが砂の像で再現されていて ちょっとした世界旅行気分です。いまでは見れない。バーミアンの磨崖仏が見れたのは感動でした。夕方からの3Dマッピングもきれいでした。 砂丘と白兎神社を周りました。

  • 大原美術館(休業中)
    rating-image
    4.5
    686件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岡山県倉敷市中央1-1-15
    倉敷美観地区内にある、日本で最初の私立西洋美術館。1930年に倉敷の実業家大原孫三郎によって設立された。ギリシャ神殿風の本館は開館当時のもので、中にはセザンヌ、ドガ、ルノワールなど巨匠の西洋絵画が展示されている。1950年から毎年、年に数回ギャラリーコンサートを開催している。

    昔の神殿のような建物です。いろんな画家の西洋画が多くあり、大変満足しました。印象派が好きな方におすすめしたいです。

  • 星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ
    rating-image
    4.0
    519件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
    世界的に有名な童話「星の王子さま」と作者のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリをテーマにしたミュージアムで、神奈川県箱根町仙石原にある。中心施設の展示ホールでは、サン=テグジュペリの生涯や「星の王子さま」誕生の経緯などを映像や資料展示で紹介。敷地内には20世紀初頭のフランスの街並を再現した建物や美しい庭園が広がり、「星の王子さま」をイメージしたメニューが味わえるレストランやショップも併設している。

    入るとお庭に星の王子さまがいたり、20世紀はじめのフランスの町並みを再現した造りで、テーマパークに来たよう。作者サン・テグジュペリについても展示で学ぶことができました。楽しい美術館です。

  • 東京都美術館
    rating-image
    4.0
    536件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園8-36
    東京都台東区の「上野恩賜公園」内にある日本初の公立美術館で、開館は大正15年(1926)。すべての人に開かれた「アートへの入口」を目標として、国内外の名品を紹介する特別展や美術団体による公募展、書作品を中心としたコレクション展など、一年を通して様々なジャンルの展覧会を開催している。喫茶や軽食が楽しめるカフェのほか、コース料理が自慢のレストラン、ミュージアムショップも併設。

    入り口はエスカレーターで門から下がった場所にあり、荷物を預けるロッカーや鍵付きの傘立てが多数あり、楽に鑑賞できます。

  • 京都国際マンガミュージアム
    rating-image
    4.0
    587件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市中京区烏丸通御池上ル
    京都府京都市中京区にある、日本最大の漫画博物館。平成18年(2006)開館。明治や戦後など各時代の貴重なマンガ資料をはじめ、現在の人気作品や海外作品、日本の作品の海外版まで、約30万点を所蔵している。目玉は5万冊が並ぶ書架「マンガの壁」で、来館者が自由に読むことができる。旧龍池小学校跡地を利用した館内は広々としており、屋外の芝生の上でマンガを読む人も多い。外国人観光客やカップルにも人気。

    オープン時間前だったので中には入れませんでしたが、旧小学校の校舎を利用したミュージアムです。少子化の時代、多くの学校が廃校になっていく中、このように有意義に使われて残されるのは卒業生にとって嬉しいでしょうね。

  • MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)(2020/8/11まで休業中)
    rating-image
    4.5
    338件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
    甲賀市にある美術館。ルーブル美術館のガラスのピラミッドで有名な建築家・I.M.ペイが手がけたユニークな設計で知られる。桃源郷をイメージした建物は、建築容積の約80%が地下に埋設されており、周囲の美しい自然環境に同化。3000点以上の収蔵品を持ち、エジプト、西アジア、南アジア、中国・西域の4つの展示室で古代美術を展示するとともに、開館毎にテーマ性を持った特別展を開催※2019年3月20まで冬季休館

    ルイヴィトンのスプリングコレクションが行われた橋のデザイン、トンネルから抜けた所にある美術館、風景を切り取って絵画のように見せる美術館の入り口のドア、初めて見たメソポタミアの装飾品。 全てが芸術。

  • 三菱一号館美術館
    rating-image
    4.5
    428件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区丸の内2-6-2
    近代美術中心の展覧会を開催する丸の内の美術館。建物は、明治27年(1894)に建てられた丸の内初のオフィスビル「三菱一号館」を復元したもので、設計は英国人建築家のジョサイア・コンドル。常設展示はなく、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。館内には、ミュージアムカフェ・バーとミュージアムショップのほか、丸の内の歴史を体感できるスペース「歴史資料室」が併設されている。

    英国人建築家のジョサイア・コンドルの設計により、三菱が1894年に東京・丸の内に建設した、初めての洋風事務所建築「三菱一号館」。 それを復元した赤煉瓦の美しい建物は2010年より美術館となっています。 本来は18時で閉館なのですが、特定日のみ18時半から入場できるという特別鑑賞プランです。 現在開催しているのは「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」です。 作品は撮影禁止ですが...

  • 徳川美術館
    rating-image
    4.0
    442件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    愛知県名古屋市東区徳川町1017
    名古屋市の徳川園内にある私立美術館で、尾張徳川家の第19代当主・義親の寄贈品をもとに昭和10年(1935)に開館した。徳川家康の遺品など尾張徳川家に伝わる大名道具、他の大名家からの購入品、豪商からの寄贈品など収蔵品数は1万件を超える。国宝・重要文化財・重要美術品も多数含まれており、国宝・源氏物語絵巻や初音の調度などが有名。常設展では展示を通して尾張藩主の生活を垣間見ることができ、季節やテーマに沿った企画展も開催されている。

    雰囲気が良く、歴史が楽しめます。 外国人観光客にもオススメです。 カフェも快適で、美味しいです。 徳川園も季節毎に四季折々の雰囲気が楽しめて、散策にも良いです。

  • 松本市美術館
    rating-image
    4.5
    360件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市中央4-2-22
    松本市の中心部に位置する、私立美術館。世界的に有名な前衛芸術家である草間彌生や、書家・上條信山、終生信州の自然を描いた田村一男など、松本市ゆかりの芸術家たちの作品をコレクションに持つ。年に数回、公募による展覧会や企画展も開催している。JR松本駅から徒歩12分。

    赤い水玉模様で有名な、草間 彌生の作品を展示していて入場料も、けっして高くはなく、JR松本駅からも歩いて行けます。

  • 兵庫県立美術館「芸術の館」
    rating-image
    4.0
    181件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
    建築家の安藤忠雄が隣接する「なぎさ公園」と一体化するよう設計し、2002年に西日本最大級の美術館として開館した。HAT神戸内にあり、「芸術の館」の愛称で親しまれている。兵庫県出身の小磯良平や横尾忠則の作品をはじめ、国内外の近代彫刻、版画、現代美術作品を収集しており、所蔵品数は約9,000点に及ぶ。

    神戸観光の締めくくりとして、この美術館に初めて立ち寄りました。建物のデザインがとても現代的なのがユニーク。さすが有名デザイナーが手掛けただけあって斬新さがあります。地元で育った小磯良平先生の作品が一堂に見られるのが素晴らしい。絵画だけでなく彫刻や現代アートも目白押し。館内だけでなく、屋上にも青い巨大なリンゴが神戸港によく似合います。ここから見える港の景色も見事です。来年の1月25日(土)から開催さ...

  • 久保田一竹美術館
    rating-image
    4.5
    343件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255
    染色家の久保田一竹着物作品を展示するミシュランの三つ星を獲得た美術館。室町時代に栄え、こつ然と姿を消した染色技術「辻が花」に魅了された久保田は、独自の技法による「一竹辻が花」という染色技術を確立。館内には、四季や海や宇宙をテーマにした「光響」、気象条件により様々な姿を見せる富士山をモチーフにした着物が展示されている。

    紅葉回廊に行った時に偶然見つけた美術館。犬を連れていたので、館内には入れませんでしたが、庭園をぐるっと歩いてみました。天気が悪かったのですが、それでも木々に癒され、とても素敵な空間でした。ちょうど紅葉時期だったので、葉の色も綺麗でした。新緑の時期もきっと綺麗だと思います。庭園だけなら、入館料なく入れます。

  • 青森県立美術館
    rating-image
    4.0
    377件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県青森市安田字近野185
    平成18年(2006)に開館した美術館で、青森県青森市の郷土文化や芸術を主に収蔵・展示している。隣接する三内丸山の縄文遺跡と一体化したユニークな建築デザインが特徴。館内中心の「アレコホール」では、巨匠マルク・シャガールによるバレエ「アレコ」の舞台背景画3点を一度に見ることができる。収蔵品は洋画・日本画・現代美術まで幅広く、郷土作家の作品も多く常設展示されている。青森駅から市営バス「県立美術館前」下車。

    「あおもり犬」と呼ばれる、奈良美智さんの犬の作品が有名です。作品が野外にあるので、頭に雪が積もると帽子のようだと、話題にもなってます。最近、奈良美智さんの別作品、森の子という立体作品も登場しました。

写真から観光情報を探す

目的から探す