NAVITIME Travel

岐阜の美術館スポット一覧

  • 日下部民藝館
    rating-image
    4.0
    62件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市大新町1-52
    岐阜県高山市にある、元々幕府の御用商人として栄えた日下部家の邸宅。現在の建物は明治12年に建てられたもので、豪快に組み上げられた梁組みと広い土間が表す空間美は、江戸時代の技法を最大に生かした民家建築の集大成とも言える。一番の見どころは、当時300両かけて(現在の1億円の価値といわれる)作られた豪華絢爛な仏壇。明治8年の大火の際も運び出され、今に続くきらびやかなその姿は高山のパワースポットしても知られている。

    高山のハイライトでありながらがっくりの屋台会館の近くなので、寄ってもいいとは思いますが、豪商の贅を尽くした建物です。外観だけでも充分楽しめます。 しかし、入場料500円は高いでしょう。高山全体には観光地料金が横行していますね。

  • 飛騨高山美術館
    rating-image
    4.5
    125件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市上岡本町1-124-1
    岐阜県高山市にある、ガラス工芸と世紀末芸術を中心に収蔵する美術館。19世紀末、ヨーロッパで華麗に花開いたアール・ヌーヴォー様式の装飾芸術にスポットを当て、その後に続くアール・デコや現代ガラスなど約1,000点に及ぶ作品を収蔵している。自然との調和が美しい建物は世界的にも評価が高く、2007年にはフランスのミシュラン社の「ミシュラン・オレンジガイド・ジャポン(施設が対象)」で、また2009年には「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(旅行版)」でともに最高評価の三ツ星を獲得している。

    高山の旅で一番がっかりした場所。展示数が少なく、すぐ見終わった。よっぽどエミール・ガレが好きな人なら見に行ってもいいのかも知れないが、そうでない人は、入館料の高さを考えると、わざわざ行く必要はないと思う。

  • 岐阜県美術館
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
    岐阜県岐阜市にある「美とふれあい、美と対話する」をテーマとした美術館。 館内は全館バリアフリーで、緑豊かな広々とした敷地に立体造形作品が点在し、鑑賞しながら散策することができる。岐阜県出身者やゆかりのある画家・ 芸術家の作品を多数収蔵する一方、象徴主義を代表するフランスの画家、オ ディロン・ルドンの作品「眼をとじて」、「神秘的な対話」などを多数収蔵している。JR「西岐阜駅」から徒歩15分。

    荒川豊蔵の器もあれば、川合玉堂の日本画もあり、どういうわけかベーコンの版画もあります。県民のための美術館ですから、網羅的な展示なんです。ルドンなんて若干マイナーな作品がなんでここにあるの、なんて不思議がる必要もなく、楽しみましょう。もうすぐ改修に入るので、どんなに良くなるか、楽しみです。

  • 神戸町日比野五鳳記念美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県安八郡神戸町大字神戸1220-1
    現代仮名書壇の最高位にあられた故・日比野五鳳氏の代表作品を所蔵する美術館。日本芸術院賞や文部大臣賞など数多くの賞を受けた名作283点が収蔵されている。日比野五鳳氏の作品が展示されるのは、4月下旬から5月下旬までの春季展、11月上旬から下旬にかけての秋季展、年2回の会期中のみ。6月下旬から7月上旬にかけては絵画や彫刻、書や写真など様々な部門からなる神戸町美術展を開催している。
  • 高原の画廊 飛騨乃風
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高 しらかば平駅1F
    日本で唯一の2階建てロープウェイ「新穂高ロープウェイ」が繋ぐしらかば平駅内にある画廊。飛騨の自然や風物をメインテーマとした絵画や写真、工芸品などを紹介している。特別展示以外の見学は無料なため、新穂高ロープウェイ乗り継ぎ時に気軽に立ち寄ることが可能だ。飛騨の風物や北アルプスの自然から受けた感動を表現した作品を展示しており、貸画廊として利用することもできる。

    今回は高山市在住の画家、日本山岳画協会会員清水一好氏の作品が展示されていました。北アルプスなどを描いた絵画で自然の美しさが表現されており、作家の感動が伝わってきました。入場は無料です。

  • 藤井美術民芸館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市上三之町69
    高山城二之丸の登場門をモデルとした重厚な外観が特徴の民芸館。高山在住の医師・藤井糺一氏が約70年かけて収集した古美術品や民芸品のコレクション約2500点を公開している。収蔵品の展示室は5年の歳月をかけて建てられた江戸萬流総檜造りの土蔵。壁の厚さが1m近くもある建物だ。270年以上前に作られた雛人形の享保雛や横山大観や一休禅師の筆による掛け軸、古九谷や古伊万里など多彩な展示品が並んでいる。
  • 幸兵衛窯
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県多治見市市之倉町4-124
    文化元年(1804)開窯の窯元。人間国宝・加藤卓男氏のペルシア技法を駆使した作品や、7代目・加藤幸兵衛氏による現代的作風の陶磁器を制作販売している。30余名の熟練職人らが作る幸兵衛窯の器は赤絵や織部、志野など多岐にわたり、いずれも機械生産にはない豊かな味を演出していると評判だ。代表作を展示するギャラリーや陶芸教室が楽しめる作陶館、コーヒーとともに陶額作品を鑑賞できるサロンなども併設している。

    恒例の春の蔵出し市は、古民家の工房前の枝垂桜が見頃の中、大勢の幸兵衛窯愛好家が集まり、7代目幸兵衛さんや職人さんとの気軽な会話が楽しめるだけでなく、窯出し直後のアツアツのペルシャンブルーの器や新作などに魅せられました。本館2階の6代目加藤卓男さんの歴史的な作品展示は圧巻ですが、中でも西アジア等の取材ノートは、極めて緻密な風景の描写や、きめ細かにびっしりと取材した情報が記載されており、さすがに人間国...

  • 大垣市守屋多々志美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県大垣市郭町2-12
    大垣駅南口から徒歩10分の距離にある美術館。大垣の名誉市民でもあり、文化勲章受章者として郷土が誇る日本画家・守屋多々志画伯の作品や資料を展示している。「ウィーンに六段の調(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)」は海外交流をテーマにした円熟期の代表作。当時流行した椅子や絨毯の模様に筝の装飾や香炉の煙が添えられた、東西の出会いを演出する歴史画だ。本作品をはじめ保存の難しい日本画作品は常設展示を行っておらず、約3,300点の作品をおよそ2か月ごとに入れ替えて展示している。
  • 日本国際ポスター美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県大垣市北方町5-50 岐阜経済大学内
    ポスターの収集や展示・研究や保存に関する事業を通じてポスターの視覚言語における国際的コミュニケーションアートの確立に寄与することを目的とした美術館。「地域の文化活性化」と「ポスター芸術の理解」を願い、平成8年(1996)に設立された。近代ポスターの祖・ロートレックやシェレによる100年前のポスターをはじめ、1万点を超えるポスターを収蔵している。「全国高校生ポスターコンクール」や「大垣国際招待ポスター展」などの企画展も開催されており、展示中には作品を見に多くの地元住民らが足を運ぶ。
  • ガラス美術館駒
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県飛騨市古川町三之町1-17
    高山本線の飛騨古川駅から徒歩で約5分のところにある美術館。幕末から昭和初期までの間に日本で作られたガラス製品を展示しており、その数はおよそ800点にも及ぶ。豆ランプやかき氷の器、ガラス時計など非常に種類が豊富で、その多くは鮮やかな色彩が目を惹くものとなっている。また、ウランガラスの製品も展示され、蛍光色に輝く光景には特有の魅力がある。街並みに溶け込んだ大正ロマンを感じさせる外観も必見。年末年始は休館になるほか、12月から2月までは土日のみ開館となっている。

    個人でひっそりやられている美術館で、スペースは小さいですが、ウランガラスや大正ロマンなガラス、紀元前の貴重なガラスまで幅広いコレクションがぎゅっと詰まっています。 あったかいお茶もいれていただいて、アットホームな美術館です。アンティークガラスの一部販売もしていますし、ガラス好きな方にはおすすめです。

  • セラミックパークMINO
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県多治見市東町4-2-5
    中央自動車道多治見ICから車で約10分のところにある、緑豊かな美術館。美濃焼の販売・企画展での展示、陶芸体験、フリーマーケットや陶器祭りなどのイベント開催など、陶芸をテーマにしている。体験施設「作陶館」は、焼きものづくりが初めての方から陶芸技術を磨きたい方まで、陶芸を楽しみたい方なら誰でも気軽に利用できる。ゆったりと芸術の世界に浸る、体験する、イベントに参加するなど、様々な楽しみ方が可能だ。施設内には岐阜県現代陶芸美術館もある。

    山の中のモダンな焼物博物館。焼物の町、多治見と土岐のただなかにある立派な博物館です。お土産(ミュージアムショップ)も充分楽しめます。

  • 市之倉さかづき美術館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県多治見市市之倉町6-30-1
    せと品野インターチェンジから車で約10分のところにある美術館。市之倉は窯元の集落で、交通の便が悪いことから杯などの小物が多く作られた。美術館では常設展と企画展で多くの「さかづき」などの陶器を見られるほか、現代作家の作品を鑑賞できるギャラリー「宙」、ろくろ体験を開催している作陶館など陶芸にまつわる施設が集まっている。併設のミュージアムショップでは美濃陶酔や銘菓銘酒の購入も可能。石窯で焼いたピザを味わえるレストランもある。

    代々の加藤幸兵衛作品はじめ美濃焼、さかづきの展示がある。ペルシャの古陶のコレクションも見応えがあるのでぜひ足を運びたちところだ。ミュージアムショップで美濃焼のお土産を買うことができる。

  • 飛騨高山テディベアエコビレッジ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市西之一色町3-829-4
    JR「高山駅」から車で約8分、環境をテーマにしたテディベアのミュージアム。築180年あまりの合掌造りの古民家を再生した館内では、1000体ものテディベアがお出迎え。歴史ある貴重なベアや、国内外の人気アーティストの作品などと一緒に記念撮影もできる。隣接の「リトルベアカフェ」では、できる限りオーガニックな地元の食材を使った手作りケーキやパフェなどの他、食事も楽しめる。ショップにはオリジナルベアや世界のベア、雑貨などが揃う。
  • 焔仁美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県大野郡白川村荻町2476
    白川郷に約20年間アトリエを構え、創作活動を行った焔仁氏の作品を展示している美術館。美術評論家・千足伸行氏に「灼熱の溶岩から生まれた焔仁の「火の娘たち」はやがて冷たく凝固して、青白い月の光の中によみがえる。新しい現代の「ヴィーナス」の誕生である」と評された彼の、個性豊かで原始的パワーあふれる作品が約50点が展示されている。躍動的で力強い女性の姿が描かれた作品は、一見の価値あり。
  • 美濃和紙 あかりアート館
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県美濃市本住町1901-3
    長良川鉄道「美濃市駅」から徒歩約15分、美濃市の秋の風物詩「美濃和紙あかりアート展」の入賞作品を展示する美術館。館内にはうだつの上がる町並みが、美濃和紙を通した柔らかく温かなあかりに浮かび上がる様子が再現されている。作品に触れることはできないが、撮影は自由。芸術性の高いあかりアートが揃うミュージアムショップもある。木造総2階建の建物は、昭和初期の姿を今に残す貴重な建造物として国の登録有形文化財に指定されている。

    プロのアーティストから小中学生まで思い思いの光の表現が此処にありました。 奇抜な物から面白い形の物や表情の豊かな和紙で出来た灯りのアートが並べられていました。

  • 心の森ミュージアム 遊童館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市八幡町島谷846
    岐阜県郡上市八幡町、観光スポットの一つに挙げられる「やなか水のこみち」沿いにある美術館。地元出身の画家で、ふるさと切手「郡上おどり」の原画も手がけた水野政雄氏の個人美術館となっている。油彩や木彫りなどジャンルを問わず様々な作品を公開しているほか、和紙人形で郡上おどりや大名行列を再現した展示も見所。作品の販売やクラフト体験なども行なっている。
  • 齋藤美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市八幡町新町927
    岐阜県郡上市、長良川鉄道郡上八幡駅より徒歩20分のところいにある茶道具を中心とした私設美術館。代々の郡上藩主と交流の深かった斎藤家の当主たちが270年余りをかけて集め、鑑定員による鑑定を受けた茶碗「浅瀬」や香合「交跡柘榴」といった家宝の数々を展示している。澄んだ水音の響く中庭を眺めながら、抹茶をいただけるカフェが併設されておりゆったりとした時間を過ごせる。また和雑貨等の販売も行っている。
  • 中山道広重美術館
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県恵那市大井町176-1
    JR「恵那駅」から南へ徒歩約3分、世界的に名高い歌川広重の浮世絵作品を収蔵する美術館。円熟期の広重が中山道を描く「木曽海道六拾九次之内」など浮世絵版画を中心に、ほぼ毎月入れ替え展示を行っている。浮世絵版画について楽しく学ぶことができる常設の展示室「浮世絵ナビルーム」では、模擬版木を使った重ね摺り体験コーナーが人気。スタンプインクを絵の具として用い、バレンで実際に摺り重ねて作った版画は持ち帰り可能。

    恵那駅から歩いてすぐ、電車の待ち合わせ時間がちょうど1時間だったので立ち寄りました。浮世絵重ね刷り体験は、良い思い出になりました。4種類から選べます。案外ズレずにするのはコツが要りましたが、面白いと思います。持ち帰り用のクリアファイルは100円で販売しています。大切に持ち帰りました。1時間あれば大丈夫ですよ。

  • 岐阜県現代陶芸美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県多治見市東町4-2-5 セラミックパークMINO内
    岐阜県運営の公立美術館。近現代の陶芸が専門。19世紀以降の国内外の陶芸作品を広く集めている。建築家である磯崎新氏デザインのセラミックパークMINO内にあり、外壁や天井などいたるところに様々な焼き物があしらわれている。アートの教育に力をいれており、陶芸を中心とした各種ワークショップを頻繁に開催。学芸員によるギャラリートークも実施。ユニークな切り口の企画展示も定期的に実施している。
  • やなか三館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市八幡町稲荷町・新町
    やなか水のこみちに集まる、おもだか家民芸館・齋藤美術館・遊童館の3館。敷地内はせせらぎが流れ雰囲気もよい。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す