NAVITIME Travel

全国の庭園スポット一覧

  • 旧芝離宮恩賜庭園
    rating-image
    4.0
    333件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区海岸1
    東京都港区にある江戸初期の大名庭園の一つ。江戸幕府の老中・大久保忠朝の屋敷に作られた回遊式庭園である。大正12年(1923)の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受けたが、翌年の大正13年(1924)には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、園地の復旧と整備を施し、同年4月に一般公開された。昭和54年には国の名勝に指定されている。浜松町駅からは徒歩3分。

    江戸秋夜会に行きました。事前に庭園に電話をして、昨年のライトアップとは違うのかをたずねたら、ライトアップの場所も異なるし、昨年とは異なるといわれたので、いきましたが、現地でライトアップのスタッフにたづねると、昨年とライトアップは場所も含めてほとんど同じだといわれました。実際私が見た感じでは、昨年とほとんど同じでした。昨年は、無料でしたが、今年は有料、わざわざ行くべき価値は全然なく、がっかりでした...

  • 姫路城西御屋敷跡庭園 好古園
    rating-image
    4.5
    1083件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県姫路市本町68
    姫路市にある日本庭園。姫路城西御屋敷跡の武家屋敷跡などの遺構を活かして、平成4年(1992)に開園した。世界遺産・姫路城を望む約1万坪の敷地で、250匹の錦鯉が棲む大池や滝のある「御屋敷の庭」など趣の異なる9つの庭園で構成されている。築地塀・屋敷門といった江戸時代をしのばせる景観から、時代劇などのロケ地としても使用される。紅葉の名所としても有名で、シーズン中はライトアップも開催。

    趣の異なる庭園が並ぶ。古いものではないのだが,姫路城を借景とした池泉のある庭園や色んな花の庭園などを廻りながら,ゆったりした時間を過ごすことができました。結果的に,姫路城と合わせて,昼食をはさみ5時間もの間,時を越えた気分を味わいました。 季節を変えて訪れると,花や色が異なり違う顔を見せてくれそうです。

  • 竹林院
    rating-image
    4.5
    27件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県吉野郡吉野町吉野山2142
    聖徳太子が「椿山寺」として開創し、空海によって「常泉寺」と称された後、至徳2年(1385)に「竹林院」と改められた。約一万坪の境内には、大和三庭園の一つ「群芳園」が広がる。この庭園は、千利休が作庭し、細川幽斎が改修したという回遊式庭園で、豊臣秀吉も花見をした桜や椿の名所。境内の宿坊「竹林院群芳園」は、1300年の歴史を持ち、かつて山伏も利用したという。現在でも、宿泊客が絶えない人気の宿となっている。

    吉野山で、是非行っておきたい場所でした。 夕方になりましたが、入る事ができました。 庭園ないで、以前こちらにお泊りになった方に出会い、庭園の小高い丘のほうまで案内していただきました。 4時過ぎていましたが、外人の方で今日お泊りになる方々が着物をカジュアルにはおり庭園ないで写真撮影をしていました。

  • 旧徳島城表御殿庭園
    旅行/観光
    徳島県徳島市徳島町城内1-9
    昭和16年(1941)に国の名勝に指定された庭園。旧徳島藩主蜂須賀公の居間や表書院の庭として造られた。武将で茶人の上田宗箇作庭の枯山水庭と築山泉水庭の二庭からなる観賞式と、池泉廻遊式を兼ね具えた桃山様式を伝える名庭だ。
  • 名勝 天赦園
    旅行/観光
    愛媛県宇和島市天赦公園
    伊予国宇和島藩の7代目藩主、伊達宗紀が隠居の場として建造した大名庭園。慶応2年(1866)に完成したこの公園の名は、初代藩主秀宗の父、仙台の伊達政宗が作った詩に由来する。池泉廻遊式の庭園には多くの藤棚があり、中でも太鼓橋式の藤棚にかかる白玉藤は必見だ。伊達家の家紋「竹に雀」にちなんだ様々な種類の竹が、池を巡るように植栽されている。6月上旬になると花菖蒲が見頃を迎え、色鮮やかな風景を見に多くの観光客が足を運ぶ。
  • 松山城二之丸史跡庭園
    rating-image
    3.5
    131件の口コミ
    旅行/観光
    愛媛県松山市丸之内5
    松山市中心部、「日本100名城」のひとつである「松山城」の山麓に位置する史跡庭園。伊予松山藩2代目藩主、蒲生忠知が築いた屋敷跡を庭園としたもので、表御殿跡は草花、奥御殿跡は水と芝生で当時の間取りを表現している。約1.6ヘクタール、4840坪もの広大な敷地で発掘された大井戸遺構は、日本一の大きさを誇る。平成25年(2013)には「恋人の聖地」として認定され、結婚式前撮りの撮影が年間500件ほど行われている。園内の「勝山亭」「聚楽亭」「観恒亭」は茶会・句会などの文化的な催しでの利用も可能だ。

    県庁前の駅から徒歩10分程度。県庁の脇の路地に入り、少し急な坂を登ると入り口があります。利用料金は200円。中は綺麗な庭園になっており、昔の間取りを小さいな池で再現していたりと工夫がされています。中でも大井戸は圧巻。利用料の分は楽しめると思います。

  • 北九州市立小倉城庭園
    rating-image
    3.5
    99件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県北九州市小倉北区城内1-2
    北九州市小倉北区の「小倉城」付近にある、下屋敷跡を復元した文化施設。茶会利用が可能な座敷のほか、和室には抹茶を味わえる「立礼席」などがある。また「池泉回遊式」の庭園となっており、四季折々の風景を楽しむことができる。

    静かな場所です。ただ、見るものがあまりないように感じました。 松本清張の記念館と合わせていくのがよいかと思います。

  • 楽水園
    rating-image
    3.5
    65件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県福岡市博多区住吉2-10-7
    福岡市博多区、オフィスビル街の一角にある池泉回遊式の日本庭園で、明治39年(1906)に博多商人の下澤善右衛門親正が別荘を建てた跡地となっている。戦後は旅館として使用されていたが、平成7年(1995)に、現在の日本庭園として福岡市が整備。旅館の名前であった「楽水荘」の由来を受け継いでいる。

    博多駅から歩いて住吉神社に行った際にすぐ近くにあった楽水園に行ってみました。入園料は大人100円。小さな日本庭園ですが、楽水園の壁は豊臣秀吉が博多に来た時に博多の街町の復興のために作った「博多塀」です。園内には小さな滝や鯉が泳いでいる池泉があり、都会の中にあるオアシスでした。

  • 旧古河庭園
    rating-image
    4.0
    332件の口コミ
    旅行/観光
    東京都北区西ケ原1-27-39
    大正時代に古河家の邸宅として作られた庭園。戦後の財閥解体に伴い庭園を国有化、平成18年に国の文化財に指定されたことをきっかけに再整備された。洋館の喫茶室は解放されており、お茶を飲みながら美しい内装を眺めることができる。喫茶室以外の部屋を見学したい場合は、事前に往復はがきで見学ツアーを申し込む必要がある。

    大正時代に古河財閥の古河虎之助男爵の邸宅として、洋館、西洋庭園、日本庭園が造られ、1956年(昭和31年)に都立旧古河庭園として開園したものです。 武蔵野台地の斜面と低地を組み合わせた地形が生かされており、高台の上は洋館と西洋庭園、低地部分は日本庭園となっています。 日本庭園部分は近くに立地する六義園にかなり近い様相ですが、斜面を生かした「大滝」は水量も豊富で見応え十分です。 何故かはわからないの...

  • 京王百草園
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    東京都日野市百草560
    日野市百草にある日本庭園。園内ではツツジやアジサイ、モミジなどをはじめ、季節ごとに様々な花が開花する。中でも、約50種500本に及ぶ梅の開花時期には「梅まつり」が開催され、来園客でにぎわう。古くから江戸の名所として多くの文化人に愛されてきた名園。

    園内を一巡してから立ち寄りました。お蕎麦が美味しそうだったのですが、食事をしたばかりだったので甘酒を注文し、入口近くに座っていただきました。冷えた体が温まりました。

  • 二の丸庭園
    rating-image
    4.0
    87件の口コミ
    旅行/観光
    東京都千代田区千代田1-1
    九代将軍徳川家重の時代に作成された庭園の絵図面を参考に作られた、現在の回遊式の庭園は、昭和43年(1968)の皇居東御苑の公開の開始にあたり造られたものだ。江戸時代には三代将軍徳川家光の命で改修されたと伝えられる庭園があったが数々の火災で焼失していた。

    皇居の中にあるお庭です。想像していたよりもとても広かったです。各都道府県の木や、お茶室、小さな滝などがあってとても楽しめました。庭園内には休憩所やお土産やさんがたくさんありました。広すぎて、どこから出られるのかがわからなくなりましたが、自然に囲まれてとても気持ちがよかったです。

  • 西郷恵一郎邸庭園
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市知覧町郡13731-1
    鹿児島県の知覧町に残る古い武家屋敷跡。当時の生活スタイルや、庭づくりの文化を現在に伝えている。門は木製ながらもどっしりとしたデザイン。庭園は大きな石組とサツキ、イヌマキで構成されており、両者が調和した不思議な風景を形作っている。屋敷の周囲も同様に生垣と石垣が合わさっている。邸内には鮮やかな具足が飾られており、そちらも観察することができる。

    知覧武家屋敷群で公開されている7つのうちの1番でした。最初だったので、他の庭園との比較はできませんでした。こういう規模かなと思いながら見ていました。庭はきれいになっています。石塀の裏側がきれいな緑になっているのが印象に残りました。

  • 佐多直忠邸庭園
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市知覧町郡13731-1
    鹿児島県の知覧町に残る古い武家屋敷跡。1750年ごろに庭が作られたとされる。知覧島津氏の本筋にあたり、知覧の武家屋敷の中で一番豪華で広い庭園であるといわれている。どっしりとした門をくぐり、目隠しのための切石を抜けると、広大な庭園が広がっている。巨石を使った枯れ滝を中心に、石組みが作られ、その周りをサツキやイヌマキなどの植物の緑が彩っている。
  • 平山亮一邸庭園
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市知覧町郡13731-1
    鹿児島県の知覧町に残る古い武家屋敷跡。極端に単純化された非常にシンプルなつくりが特徴。細い木製の門の奥には、母ヶ岳の姿があり、一幅の絵画のように風景が切り取られている。南国の庭園としては珍しく、石垣を使わずサツキとイヌマキの大刈込みだけで作られている。庭園にぽつぽつと並べられた台形の切石は、その上に盆栽などを載せて並べて眺めたものと伝えられている。

    知覧の武家屋敷群では、7庭園が公開されています。 平山克巳邸の先に平山亮一邸があります。 門をくぐった所の石塀は苔むしていて、いい感じです。 サツキの大刈込みの後にはイヌマキの刈込み、母ヶ岳を借景に取り入れています。 簡素でいいお庭、サツキが満開だと圧巻でしょうね。

  • 森重堅邸庭園
    旅行/観光
    鹿児島県南九州市知覧町郡13731-1
    鹿児島県の知覧町に残る古い武家屋敷跡。枯れ滝の多い知覧武家屋敷群の中で唯一、水をたたえた池を持つ「池泉式庭園」となっている。美しい曲線を描く池を中心とした庭園で、近景には灯篭や石を使って半島や山を表現し、奥には穴の開いた奇岩を置いて洞窟を表現している。池の奥にはさらに奇岩や木々を配することによって、遠くの山々といった美しい背景を描いている。
  • 近水園
    rating-image
    3.5
    31件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区足守803
    旧足守藩主・木下家の居館に作られた大名庭園。場所はJR足守駅から国道429号線を北上した足守川沿いにある。築庭時期は18世紀初め頃と推定され、小堀遠州流の池泉回遊式庭園の好例として県指定名勝に指定されている。広さは約5,500平方メートルあり、カエデや桜が囲むように植えられた池には鶴島と亀島の2つが浮かぶ。毎年11月頃にはモミジが赤く色づいて壮観な光景を見ることができる。周囲には木下利玄生家や侍屋敷遺構などがあり、歴史散歩にも向いたスポットである。

    今迄有料のお庭と思っていたのですが、出入り自由のお庭でした。 紅葉が綺麗と言うので行ってみました。紅葉の時期は11月20日前後あたりです。観光駐車場は狭いので、川原の方が広々と停められてお勧めです。

  • 熊山英国庭園
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県赤磐市殿谷170-1
    山陽自動車道山陽ICから車で約20分、廃校になった小学校跡地を活用したオリジナリティー溢れる英国式庭園。デザインは英国園芸研究家・ケイ山田氏。校舎はパーティーやイベントが催される多目的ホールや、珍しい植物が育てられているグラスハウス(温室)などの施設として利用されている。陶芸教室やアロマ体験、フラワーアレンジメント教室なども開催されているほか、喫茶室では四季折々の花や緑で彩られる庭園を眺めながらカフェタイムを楽しむことができる。

    花がメインです。 イベントもやれるようです。 無料開放してました。 バラの花等が好きな人には良いと思います。

  • 毛越寺庭園
    旅行/観光
    岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58 毛越寺境内
    JR東北本線「平泉駅」より徒歩約7分のところにある庭園。毛越寺は特別史跡および特別名勝に指定されており、隣接する浄土園庭も含めて「毛越寺庭園」といわれている。庭園の中心にある「大泉が池」は東西約180メートル、南北に約90メートルの大きさで、作庭当初から変わらぬ姿を伝えている。山門を入ってすぐの場所にあるお札所にて御朱印を頒布しており、「松風庵」では散策に疲れた足を休めながら蕎麦や甘味などを味わうことができる。
  • 玉川寺庭園
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町玉川35
    花の寺とも呼ばれている「玉川寺」にある庭園で、1450年頃に作られたとされている。大きな池を中心に、山から流れる自然の滝やツツジ、カエデ、九輪草などのさまざまな草花が美しく咲く「池泉廻遊式蓬莱庭園」となっている。国指定の「文化財名勝」にも選ばれており、四季折々の景色を眺めに多くの人が訪れる。

    こういった庭園は座敷もしくは縁側から見学するケースがほとんどですが、ここでは縁側にサンダルが用意されており、それで庭に降りることができます。 また、座敷には座椅子が用意されており、高齢の義母を連れていたので、じっくり座って見学することもでき、大変助かりました。

  • 松雲山荘
    旅行/観光
    新潟県柏崎市緑町3
    柏崎市緑町にある庭園。柏崎ガス会社を創業した飯塚謙三氏の旧居の庭園で、昭和46年(1971)に市に寄贈された。約300本のドウダンツツジやモミジが植栽された紅葉の名所として知られ、シーズンにはライトアップも行われる。また、園内には「木村茶道美術館」を併設しており、茶道体験もできる。

写真から観光情報を探す

目的から探す