新潟の庭園スポット一覧

  • 松雲山荘
    旅行/観光
    新潟県柏崎市緑町3
    柏崎市緑町にある庭園。柏崎ガス会社を創業した飯塚謙三氏の旧居の庭園で、昭和46年(1971)に市に寄贈された。約300本のドウダンツツジやモミジが植栽された紅葉の名所として知られ、シーズンにはライトアップも行われる。また、園内には「木村茶道美術館」を併設しており、茶道体験もできる。
  • 清水園
    旅行/観光
    新潟県新発田市大栄町7-9-32
    JR白新線「新発田駅」徒歩約7分、新発田の藩主・溝口家の下屋敷として造られた日本庭園。かつては清水谷御殿とも呼ばれ、現在では国指定名勝に指定されている。庭の造りは近江八景を取り入れた純京都風で、中央に草書体の「水」の字をえがく大池泉を配し、その周囲に茶室が点在する池泉廻遊式。茶室内部は非公開だが、時折開かれる茶会の折には中に入ることができる。紅葉の名所としても知られ、池の水に色鮮やかな影を落とす様子が美しい。
  • 雪つばきの宿 古澤屋
    旅行/観光
    新潟県東蒲原郡阿賀町鹿瀬5860
    約100種類、2000本もの雪椿を植えている庭園。麒麟山の袂にあるきりん山温泉つばきの宿・古澤屋が所有している。新潟県木にも指定されている雪椿は明治の時代にここ、阿賀町の麒麟山で発見・命名されたものだ。園内には宿の先代が集め育てた雪椿が丁寧に手入れされており、例年4月中旬から下旬に開花する。桜と競演する姿は実に美しく、雪国に春の訪れを伝えている。宿の駐車場に入り口があり、宿泊利用客は無料で見学できるため朝の散歩に訪れる人も多い。
  • みつけイングリッシュガーデン
    旅行/観光
    新潟県見附市新幸町35番地
    JR見附駅からコミュニティバスに乗り「産業団地・イングリッシュガーデン」で下車徒歩5分。ガーデンデザイナー・ケイ山田氏監修の英国式庭園。お年寄りや体の不自由な方も利用しやすいよう設計されている。市民ボランティア「ナチュラルガーデンクラブ」が園内の草花の植栽やメンテナンスを手がけ、四季折々の自然を楽しむことができる。また、園内にはナーセリー(育苗施設)があり、育苗された花苗は公共施設などにも出荷され、緑化運動の一貫を担っている。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す