全国の歴史街道スポット一覧

  • 木綿街道
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    島根県出雲市平田町841

    お醤油さんが多いせいか、歩いていると醤油の香りが漂ってきます。駅から歩いてくると遠く感じますが、良い雰囲気の小さな町です。

  • 箱根旧街道
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡箱根町
    通称「箱根八里」で知られる天下の難所だった江戸時代の箱根越えの道。急坂の多い山道は江戸時代初期、幕府の官道として整備された際、すねまでつかる泥道のため当時では近代的な石畳道を完成させた。いまなお残る石畳は国指定史跡となっている。
  • 若狭鯖街道 熊川宿
    旅行/観光
    福井県三方上中郡若狭町熊川
    室町時代に、戦略上の要地として足利将軍直属の武士 沼田氏が山城を構えた場所である「熊川宿」は、重要伝統的建造物群保存地区であり見どころの多い場所だ。若狭から京都へ至る「鯖街道」のひとつ「若狭街道」沿いの町で景観も美しい。
  • 周山街道
    旅行/観光
    京都府京都市-福井県小浜市
    京都市右京区を通り、福井県小浜市へ続く山間の街道。若狭から京都へ、魚介類を運ぶための「鯖街道」の一つとして有名。また、道の駅やキャンプ場などもあることから、京都北山の山道を走るツーリングコースとして人気があり、多くの人々が行き交う。
  • 鯖街道
    旅行/観光
    滋賀県大津市・高島市
    福井県の小浜から京都府の大原を結ぶ若狭街道を指し、滋賀県においては大津市と高島市にまたがり、現在の朽木市場を通る。鯖街道の通称は日本海で水揚げされた鯖を運ぶため利用されていたことが由来。若狭湾であらかじめ塩を振って昼夜問わずに京都へ向かうと、ほどよい味付けになったと言われる。周辺には鯖寿司を取り扱っているお店も多い。道の一部は朽木・葛川県立自然公園となっている。
  • 追分宿
    旅行/観光
    長野県北佐久郡軽井沢町追分
    北佐久郡軽井沢町大字追分にある宿場跡。かつては中山道と北国街道の分岐点に位置する宿場として栄えた。現在も「追分宿の分去れ」と呼ばれる道標などに宿場の名残が見られる。また、関連資料を展示する「追分宿郷土館」も整備されている。
  • 湯の坪街道
    旅行/観光
    大分県由布市湯布院町川上湯の坪
    由布市湯布院町川上にある通り。由布院駅から由布岳方面へ伸びる通りに沿って、様々な食事処やカフェ、特産品などを販売する土産物店などが軒を連ねており、湯布院のメインストリートとなっている。
  • 牧之通り
    旅行/観光
    新潟県南魚沼市塩沢
    「雪国の歴史と文化を活かすまちづくり」というコンセプトにより建てられた街並み。その美しさは平成27年度アジア都市景観賞をはじめ数々の賞を受賞するほどである。JR塩沢駅から南の県道365号線沿いに広がり、雁木と切妻屋根という雪国特有の建物が並ぶ。その風景は江戸時代の宿場町を思わせ、まるでタイムスリップしたかのよう。また2月の「しおざわ雪譜まつり」や7月の「塩沢まつり」など、各種イベントの開催地ともなっている。
  • 百六里庭・眺関亭
    旅行/観光
    三重県亀山市関町中町
  • 十和田市官庁街通り・駒街道
    旅行/観光
    青森県十和田市稲生町15-3 アートステーション内
    官庁街通りは整然と区画された街並みのなかでもひときわ美しいシンボルロード。長さ1.1km幅36mの道に165本の松と156本の桜が4列の並木を作る。桜の名所としても知られており、冬はイルミネーションを楽しめる。日本の道・百選、美しい日本の歴史的風土・準100選にも選ばれた。
  • いにしえ街道
    旅行/観光
    北海道檜山郡江差町中歌町
    北海道檜山郡江差町にある、旧国道沿い地区を整備して作られた情緒のある景観が魅力的な街道。平成16年(2005)に街路事業が完了し、供用された観光名所で、17世紀以降に檜材やニシンの取引によって繁栄した江差町は歴史的な建物が数多く残されており、その景観をゆったりと楽しむことができる。保存や再現、修復された建物に、時代もまた江戸末期から大正末期と多様に分かれているが、それらを一箇所で散策できるのは現在ならでは。
  • 旧北国街道・柳町
    旅行/観光
    長野県上田市中央4
    上田市中央にある通り。北国街道沿いにあり、江戸時代から多くの旅籠や商家、呉服屋などが軒を連ね、明治期には養蚕で栄えた通りであった。現在では江戸時代からの町の雰囲気を残しつつも、信州そばや地酒、喫茶などの飲食関係の店舗などが集まる通りとなっており、歴史を感じながら散策を楽しむことができる。
  • もろこし街道
    旅行/観光
    長野県上水内郡信濃町柏原仁の倉
    とうもろこしの収穫時期である7月下旬から8月上旬になると、道沿いに地元高原野菜の直売所でとうもろこしが販売される「もろこし街道」。信濃町は昼夜の寒暖差が激しいため、とうもろこしの糖度が高くなるという。とれたての甘くみずみずしいトウモロコシを焼いてその場で味わえるとあって、多くの人が訪れる人気スポットだ。
  • 箱根八里
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡箱根町
    箱根峠を境に小田原、箱根側の「東坂」と三島側の「西坂」に分かれている「箱根八里」。杉並木・石畳などの史跡が残っており、それぞれ独特の景観を楽しめる。「天下の険」と唱歌にも唄われており、ドライブやサイクリングにもおすすめだ。
  • 青柳宿
    旅行/観光
    長野県東筑摩郡筑北村坂北
    東筑摩郡筑北村青柳にある宿場跡。戦国時代、同地を支配していた青柳氏によって作られた侍町が、後に松本城主・石川康長により善光寺街道の宿場として整備された。現在でも石垣や、その下を通る水路などが残っているほか、夜には灯籠に火が灯されるなど、宿場の名残が見られる。また、里坊稲荷神社の例祭では7年に1度「狐の嫁入り」の行列の再現が行われ、通りを練り歩く。
  • 鯖街道 御休処 助太郎
    旅行/観光
    福井県小浜市上根来9-20
    平成28年(2016)に古民家を改装してオープンした休憩処。鯖街道とは主に福井県嶺南地方と京都を結ぶ街道の総称。かつて魚介類を京都に運搬するための輸送ルートであり、主に塩で締められた鯖が多く運ばれたことから近年呼ばれるようになった。いづみ町商店街には「京は遠ても十八里」と書かれたプレートがあり、鯖街道の起点となっている。道中には若狭姫神社や熊川宿等の名所が多く各所で鯖料理が食べられる。
  • 望月宿
    旅行/観光
    長野県佐久市望月
    江戸から数えて25番目の中山道六十九次の宿場。奈良平安時代、中秋の名月の頃に多くの馬を献上していた地であったことからこの名がつけられた。江戸時代には本陣や脇本陣、旅籠や問屋などが並び多くの旅人で賑わっていた宿場で、今も随所に当時の面影が残っている。本陣跡地に開館した「望月歴史民俗資料館」で、望月地域の歴史や文化について学ぶことが可能。当時問屋兼旅篭だった「真山家住宅」は、国の重要文化財に指定されている。
  • 智頭宿
    旅行/観光
    鳥取県八頭郡智頭町智頭
    古く奈良時代から畿内と因幡地方を結ぶ主要道だった「智頭往来」の宿場町。江戸時代には参勤交代で江戸へと向かう鳥取藩最初の止宿でもあったため、御茶屋や奉行所、制札場が置かれていた。現在でも当時を偲ばせる町家や道標が残っており、プチタイムトリップな散策が楽しめる。約3000坪という広大な敷地に日本庭園を持つ「石谷家住宅」や、和風建築の魅力にあふれた商家風町屋の「塩屋出店」など、国指定重要文化財・国登録有形文化財が点在している。
  • 中津川宿
    旅行/観光
    岐阜県中津川市本町
    江戸時代の風情をそのまま残す、中山道45番目の宿場町。かつて東濃地方随一の商業の町として栄えた町で、立派なうだつから当時の活気あふれる様子を感じることができる。「中山道歴史資料館」の裏には脇本陣があり、門の先に広がる別世界は必見だ。土蔵や上段の間が一般公開されているため、ここで記念撮影をする観光客の姿も多い。本陣広場に設置された手押し井戸は今でも水を出すことができるため、人気のフォトスポットになっている。
  • 中山道落合宿
    旅行/観光
    岐阜県中津川市落合840-1
    江戸から数えて44番目、美濃路の最東端にある宿場町。中山道の1/4に相当する「岐阜県十七宿」で唯一旧本陣が残されている。門から建物、庭まですべてが往時のまま残っているのは中山道全域を通じても極めて少ない例。当時の面影を現代に伝える貴重な宿場町だ。近くにある「落合の石畳」もハイカー人気のスポットで、本陣跡と合わせて散策する人の姿も多い。横町に枡形が残る他、上町との角には寛政4年(1792)に建てられた常夜灯も現存している。

写真から観光情報を探す

目的から探す