全国の灯台スポット一覧

  • 犬吠埼灯台
    旅行/観光
    千葉県銚子市犬吠埼9576
    国内で最も早く初日の出を見ることができるスポットとして知られる、関東最東端の地・犬吠埼にある白亜の美しい灯台。三方が海に囲まれており、99段のらせん階段を上ると太平洋や海食台地の織りなす雄大な景色を一望できる。灯台の元には「白いポスト」が設置されており、手紙を出すと願いが叶うと言われている。平成31年(2019)には灯台に隣接して「犬吠テラステラス」がオープンし、連日賑わいを見せている。
  • 伊良湖岬灯台
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県田原市伊良湖町古山
    日本の灯台50選にも選ばれている、渥美半島最先端に建つ灯台。灯台からは太平洋・伊勢湾・三河湾まで一望できる。出入港する船の指標としての大切な役割を担っている。中型の白亜の灯台は海と空の青に映える。見学は周囲のみ可能で、灯台内部へは入れない。

    塔高15m程と小さいながら、海岸に位置し入出港の要、日本の灯台50選の一つです。 駐車場から道路を少し上がって下がると灯台がありました。海岸線の平らな游歩道から行けばよかったと、後で気付きました。

  • 野島埼灯台
    rating-image
    4.0
    125件の口コミ
    旅行/観光
    千葉県南房総市白浜町白浜630
    千葉県房総半島の最南端に建つ白亜の灯台。明治2年(1869)に点灯した灯台は、その白く輝く姿から「白鳥の灯台」とも呼ばれている。慶応2年(1866)の「江戸条約」によって建設を約束された洋式8灯台のひとつだ。点灯は観音埼灯台に次ぐ国内2番目の古さといわれている。灯台を中心とした周囲には散策コースが整備されており、潮風に吹かれながら岬を歩く人の姿も多い。

    日本にある数少ない「登れる灯台」の一つ「野島崎灯台」です。 私は登らなかったですけど。で、この「野島崎灯台」は、1866年、日本で8か所の灯台建設を約束した「条約灯台」の一つで、明治2年、日本で2番目に点灯した灯台らしいですよ。歴史ある灯台の一つですね。

  • 野間埼灯台
    旅行/観光
    愛知県知多郡美浜町小野浦字岩成20-1
    大正10年(1921)に設置された県内最古の灯台で正式名称は「野間埼灯台」。美浜町のシンボル的存在で白亜の灯台は海と空の青に映える。灯台としての船の指標としての役割の他にも恋人たちを照らすことでも有名。大切な人との絆を深められるとされる「絆の音色」では南京錠に願いを託す。伊勢湾に向かって「絆の鐘」があり、ここで愛の誓いを交わす。恋人たちのサンクチュアリとして、多くの人たちが訪れている。
  • 都井岬灯台
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    宮崎県串間市大納字都井岬80-2
    昭和4年(1929)に竣工した九州で唯一の参観可能な灯台。宮崎県の最南端に位置し、青い海の中、白亜の壁が印象的な灯台だ。255mの断崖の上にあり眺望がすばらしく、屋根を陸屋根として周囲に欄干を設け、灯塔から出入りする屋上庭園となっている。内部見学も可能。

    全国に16ある登れる灯台のひとつ。九州では唯一です。晴れてる日は、屋久島、種子島まで見えるとのこと。登録有形文化財にも指定されている灯台です。

  • 角島灯台
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    山口県下関市豊北町大字角島2343-2
    徳山産花崗切石を装飾的に配した美麗な外観が特徴の灯台。明治9年(1876)、日本海側初の大型灯台として設計された。細い螺旋階段をのぼった先からは、南国のような絶景を眺めることが可能だ。平成12年(2000)に角島大橋が開通し陸続きとなったため、この灯台を目的地にして角島大橋のドライブを楽しむ観光客も多い。

    角島灯台記念館に来ました。入館料は、は一人200円で、灯台に登れ、地上30メートルからの眺めは、絶景です。ただ、入り口から、展望デッキまで、少し急で、狭い螺旋階段の為、なかなか、辛いものがあります。もし、山口県に、行くきかいがあれば、一度、行って下さい

  • 御前埼灯台
    旅行/観光
    静岡県御前崎市御前崎1581
    駿河湾と遠州灘を二分した岬の先端に建つ、御前崎のシンボル。明治7年(1874)の初点灯以来、度重なる地震や強風の被害に屈することなく海の安全を見守り続けている。黒潮と駿河湾の瀬流が激しくぶつかり合うこの辺りは多くの暗礁が散在しており、古くから海の難所として恐れられてきた海域だ。約36km先まで照らす灯台は文化的、また歴史的にも価値が高いことから「Aランクの保存灯台」に指定されている。
  • 潮岬灯台
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2877
    本州の最南端、潮岬にある白亜の灯台である。明治3年(1870)に初灯火。68段の螺旋階段を上れば、地球の丸さを実感できる水平線が見られるほどの大海原が眼下に広がり、絶景。資料館も併設されている。明治初期の江戸条約によって建設された8基の洋式灯台のうちの一つ。歴史的価値が高いAランクの保存灯台に指定されており、日本の灯台50選にも選ばれている。
  • 観音埼灯台
    旅行/観光
    神奈川県横須賀市鴨居4-1187
    三浦半島の東端に位置する日本初の西洋灯台。フランス人技師、ヴェルニー氏の設計によって明治元年(1868)に起工、翌明治2年(1869)に点灯した。三代目となる現在のコンクリート造りは、関東大震災の被害を受けて大正14年(1925)に建て替えられたもの。初代の灯台には横須賀製鉄所で作られたレンガを使用し、屋上に灯塔を設けた優雅な造りだったとされている。
  • 塩屋埼灯台
    旅行/観光
    福島県いわき市平薄磯字宿崎34
    いわき七浜の海岸線に突き出た灯台。「豊間の灯台」とも呼ばれるこの灯台は、全国に16しかない「のぼれる灯台」のひとつ。明治32年(1899)の初点灯以来、今日も沖合40キロの海上まで光を放ち続けている。故・美空ひばりさんの名曲「みだれ髪」の歌詞に登場した灯台としても知られており、のぼり口の広場には「みだれ髪」の歌碑が建立されている。
  • 佐田岬灯台
    旅行/観光
    愛媛県西宇和郡伊方町正野
    瀬戸内海国立公園内にある、日本一細長いと言われる佐田岬半島の先端の最先端に建つ白亜の灯台で、1918年(大正7年)の初灯以来100年以上もの間稼動し続けている。晴れた日には豊予海峡を隔てて高島や九州を遠望することができる景観の名所で、特に日没時の美しさは格別。平成10年には、海上保安庁の日本の灯台50選に選出されている。佐田岬灯台までは遊歩道が整備されているが、距離が長く、アップダウンが激しいため注意が必要。
  • 出雲日御碕灯台
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    島根県出雲市大社町大字日御碕1478
    島根半島の最西端にそびえる白亜の灯台。海面から灯塔の頭上までは63.3mあり、日本一高さを誇る灯台だ。明治36年(1903)に設置された壁は、外壁と内壁の間に空間を作った二重構造。48万カンデラの光度が約40kmの沖合までを照らしている。日本海につき出た岬の先端にあるため、夕陽の眺めが美しいスポットとしても知られている。

    日御碕灯台に来れば間違いなく前を通ると思います。無料で見学できます。灯台のしくみなどを真面目に解説しています。小さな資料展示室ですので、時間もかかりません。灯台に来た際には立ち寄っても損はないと思います。

  • 安乗埼灯台
    旅行/観光
    三重県志摩市阿児町安乗小山794-1
    延宝9年(1681)に江戸幕府が船の道しるべとして燈明堂を建てたのがはじまりの「安乗埼灯台」は、丸型が基本の日本の灯台の中で、珍しい四角型の灯台として日本で20番目に完成した。日本灯台50選にも選ばれている白亜の美しい灯台で、平成25年(2013)には国の有形文化財にも指定されている。
  • 太東埼灯台
    旅行/観光
    千葉県いすみ市岬町和泉3508
    九十九里浜最南端の太東埼にある灯台。鉄筋コンクリート造で、高さ15.9m、灯光は41km先まで到達する。太平洋の水平線を一望できる景勝地としても知られ、元旦には初日の出の観賞スポットとして多くの観光客が足を運ぶ。週末には地元NPO法人が特産品販売を行うほか、毎年5月4日には「燈台まつり」も開催される。
  • 足摺岬灯台
    旅行/観光
    高知県土佐清水市足摺岬
    足摺岬の先端に立つ、高さ18m、光度は46万カンデラという日本最大級を誇る白亜の灯台である。展望台からは270度以上の視界が広がり、絶景の一言。雄大な太平洋の眺めは素晴らしく、地球の丸みを実感できる。
  • 石廊埼灯台
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎
    賀茂郡南伊豆町『伊豆半島』最南端にある岬。太平洋に突き出た荒々しい海岸の景色が特徴。岬の先端からは神子元島・横根島・石取島などを望める南伊豆屈指の絶景スポットとしても有名で、『日本の灯台50選』にも選ばれている。石廊埼灯台があることでも知られており、この岬の突端から東側が太平洋、西側がフィリピン海の境界となっている。また、伊豆半島のジオパークの一つとして石室(いろう)神社もここにある。
  • 洲埼灯台
    旅行/観光
    千葉県館山市洲崎1043
    房総半島の南西端に位置する高さ15mの灯台で、初点灯は大正8年(1919年)。建造物として国の有形文化財に登録されている。灯台周辺にはマーガレットや菜の花が植えられており、「マーガレット岬」とも呼ばれる。晴天時には富士山や伊豆大島なども一望できる景勝地だ。
  • 飯岡灯台
    旅行/観光
    千葉県旭市上永井1309-1
    刑部岬の上永井公園内に立つ小型の灯台で、周辺にある飯岡漁港や九十九里浜、屏風ヶ浦、太平洋といったパノラマを岬から臨むことができる。岬の先端に立つこの灯台の姿は、多くの写真や詩歌、絵画に取り上げられている。なお、灯台内部は見学不可のため注意。
  • 室戸岬灯台
    旅行/観光
    高知県室戸市室戸岬町
    紺碧の海にせり出す室戸岬のシンボル・室戸岬灯台。白亜の灯台と大海原のコントラストが美しく、人気のビュースポットだ。レンズの大きさは直径2.6mと日本最大級のもの。毎年11月1日前後の日曜日に行われる「灯台まつり」では、内部が一般開放される。
  • 大王埼灯台
    旅行/観光
    三重県志摩市大王町波切字城山54
    遠州灘と熊野灘を分ける海の難所、大王崎に建つ白亜の灯台。岸壁の先端に位置する灯台のてっぺんから、伊勢志摩国立公園随一とも称される豪壮な海景を眺めることができる。沖から近づく船がマストの先端から現れるため、地球の丸さが実感できると評判だ。隣接する「大王埼灯台ミュージアム」では、灯台の隠れた技術や背景にある歴史について学ぶことができる。

写真から観光情報を探す

目的から探す