軽井沢の観光におすすめ!軽井沢旅行計画にも使える観光名所まとめ

【2019年】軽井沢に来たら絶対行きたい!おすすめ観光名所40選


2019.07.14

NAVITIME TRAVEL EDITOR

軽井沢の観光におすすめ!軽井沢旅行計画にも使える観光名所まとめ

避暑地として、休暇を利用して古くから数多くの人が訪れる日本有数のリゾートタウン・軽井沢には魅力的な観光スポットがてんこ盛り!
今回は、定番観光スポット「軽井沢プリンスショッピングプラザ」や「旧軽井沢銀座通り」など、はじめて軽井沢を訪れる人向けのスポットはもちろん、SNS映えが叶うスポットやこども連れの家族が楽しめるスポット、軽井沢は2回目以降という方にもおすすめの観光スポットを紹介。「旧軽井沢」「新軽井沢」「中軽井沢(星野エリア)」「南軽井沢(塩沢エリア)「北軽井沢」「信濃追分エリア」と、エリア別におすすめスポットを網羅しました!

  • 01

    【旧軽井沢エリア】レトロな雰囲気が魅力!軽井沢の超定番スポット「旧軽井沢銀座通り」

    軽井沢の美味しいものやおみやげなどのお店が立ち並ぶ商店街で、元は中山道だった場所が「旧軽井沢銀座通り」。
    食べ歩きグルメも観光名所、お土産屋も充実していて、歩くだけで楽しくなるスポットです。付近には駐輪場も点在しているので、サイクリングで立ち寄るのもおすすめですよ。旧軽らしいレトロな雰囲気を満喫して!

    旧軽井沢銀座通り

    旧軽井沢銀座通り

    旧軽銀座(旧軽井沢銀座通り)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
    phone
    0267425538
    opening-hour
    各店舗により異なる
  • 02

    【旧軽井沢エリア】旧軽食べ歩きのテッパン!「ミカドコーヒー軽井沢旧道店」

    そんな旧軽井沢銀座通りにあるお店をいくつかご紹介。
    「ミカドコーヒー軽井沢旧道店」は、軽井沢散歩には欠かせないお店です!看板メニューは何といっても、滑らかな口当たりと爽やかなコーヒーの苦みが感じられる「モカソフト」。軽井沢食べ歩きの定番中の定番で、夏には大行列ができることも!
    軽井沢の歴史を感じられる店内ではイートインも可能なので、クラシカルな内装を眺めながら休憩するのもいいですね。コーンではなくカップで注文すると、大粒のプルーンが添えられてきます。

    ミカドコーヒー軽井沢旧道店のモカソフト

    ミカドコーヒー軽井沢旧道店のモカソフト

    ミカドコーヒー軽井沢旧道店
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢786-2
    phone
    0267422453
    opening-hour
    11:00-16:00(L.O.15:30)※季節…
  • 03

    【旧軽井沢エリア】軽井沢発・老舗パン屋「ブランジェ浅野屋」

    パンの激戦区でもある軽井沢で80年以上の長い歴史を持つ、赤い看板が目印の老舗ベーカリーです。本格的なヨーロッパスタイルにこだわり、スペイン製の石窯を使って焼き上げています。70種類以上が並ぶ中、一番人気の商品はフルーツライ。ライ麦生地にレーズンやオレンジピールなどをたっぷり使い、表面はカリっと中はふわふわに焼き上げられています。その人気ぶりは開店と同時に売り切れることもあるとか!

    ブランジェ浅野屋のフルーツライ

    ブランジェ浅野屋のフルーツライ

    ブランジェ浅野屋 軽井沢旧道本店
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢738
    phone
    0267422149
    opening-hour
    8:00-18:00[夏季]7:00-21:00[…
  • 04

    【旧軽井沢エリア】ブランジェ浅野屋と双璧をなす人気パン屋!「フランスベーカリー」

    こちらは先ほど紹介した「ブランジェ浅野屋」と同じ、軽井沢の人気老舗ベーカリーです。万平ホテルのベーカーチーフだった初代が創業した歴史ある老舗店で、お店の名前にもなっている「フランスパン」は数々の著名人に愛された大人気商品!

    フランスベーカリーのフランスパン

    フランスベーカリーのフランスパン

    フランスベーカリー
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢618
    phone
    0267422155
    opening-hour
    8:00-17:00[夏季]7:00-18:00
  • 05

    【旧軽井沢エリア】「ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢店」はモーニングメニューもボリュームたっぷりでおすすめ

    続いても軽井沢を代表する名物ベーカリーを紹介。「ベーカリー&レストラン 沢村」は外国人のお客さんからも支持されるお店。おしゃれな店内に香ばしいパンの匂いが漂います。
    「沢村」はパンだけではなく、モーニングメニューもボリュームがあり

    クオリティの高いベーカリーが軒を連ねる旧軽井沢エリア。連泊して楽しむなら、毎日違うパン屋さんでモーニングをとるのもおすすめです。

    沢村のパン

    沢村のパン

    モーニングプレート

    モーニングプレート

    ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢店
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢12-18
    phone
    0267413777
    opening-hour
    [ベーカリー]8:00-21:00(季節…
  • 06

    【旧軽井沢エリア】おしゃれなお土産を見つけよう!「チャーチストリート軽井沢」

    「旧軽井沢銀座通り」沿いにあるショッピングモールです。ちょっとおしゃれな軽井沢土産を見つけたい…そんな時はチャーチストリート軽井沢がおすすめ!センスのいいハンドメイド作品やセレクトショップ、ガーデニンググッズなど見るだけでわくわくするお店が並んでいます。
    ここの魅力は、多くの店舗でペット同伴利用がOKなこと(一部条件等あり)。愛犬と一緒に散策すれば、忘れられない思い出になりますね。「聖パウロ教会への道」という意味の施設名が示すとおり、ショッピングモールを抜けた先には軽井沢を代表する教会の1つ、聖パウロ教会が佇んでいます。セットで観光するのも◎。

    チャーチストリート軽井沢

    チャーチストリート軽井沢

    チャーチストリート軽井沢
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢601-1
    phone
    0267412501
    opening-hour
    [物販]10:00-18:00[カフェ]10:…
  • 07

    【旧軽井沢エリア】ヨーロッパを思わせる外観の「聖パウロカトリック教会」へ

    かつて外国人の避暑地だったこともあり、軽井沢は+D123会がたくさんあります。2つの教会をつ続けてご紹介しましょう。

    ショッピングモール「チャーチストリート軽井沢」を抜けた裏通りに佇むのは、三角屋根と大きな尖塔がシンボルの聖パウロカトリック教会です。内装は打ち放しのコンクリートと、木のぬくもりが感じられる丸太の小屋組みをミックス。外観はヨーロッパの田舎にある教会をイメージした、特徴的な造りの教会です。
    堀辰雄の小説「木の十字架」「風立ちぬ」など、数々の文学作品でも描かれており、著名人らが結婚式を挙げたことでも知られています。立派なパイプオルガンもあり、厳かな空気の中で心穏やかに過ごすことができますね。

    聖パウロカトリック教会

    聖パウロカトリック教会

    軽井沢聖パウロカトリック教会
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢179
    phone
    0267422429
    opening-hour
    8-18時(冬期は日没まで)
  • 08

    【旧軽井沢エリア】「軽井沢ショー記念礼拝堂」は軽井沢最古の教会

    こちらは「軽井沢の父」と呼ばれるカナダの宣教師、アレキサンダー・クロフト・ショーを記念して作られた、軽井沢でも最も古い教会です。旧軽井沢銀座通りの坂の上、市街の喧騒と離れた静かな森の中で、現在も聖公会系の教会として活動しています。
    神聖な空気が漂う礼拝堂内は、日中に限り見学が可能。緑に囲まれた厳かな空気の中、神聖な気持ちになれますよ。

    軽井沢ショー記念礼拝堂

    軽井沢ショー記念礼拝堂

    日本聖公会 軽井沢ショー記念礼拝堂
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢57-1
    phone
    0267424740
    opening-hour
    [開堂時間]9:00-17:00(冬期は1…
  • 09

    【旧軽井沢エリア】木漏れ日の中サイクリングがおすすめ「三笠通り」

    旧軽ロータリーから旧三笠ホテルに続く緑のトンネルは「三笠通り」と呼ばれる並木道。避暑地ならではの松並木道が約2キロに渡って続いています。よく見ると左右の車線に高低差が。これはかつて、高い方の道を草軽電気鉄道が走っていた時の名残とのこと。木漏れ日と高原の心地よい風を感じながら、自転車で走りたくなる道です。
    車や自転車で走り抜けると気持ち良く、目にも鮮やかな街路樹は必見です!

    三笠通り

    三笠通り

    三笠通り
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町
    phone
    0267425538
    no image
  • 10

    【旧軽井沢エリア】三笠通りを抜けた先にある「旧三笠ホテル」で明治の貴族気分

    茶色と白を基調とした幾何学模様の外観が特徴の旧三笠ホテルは、なんと設計から棟梁までを日本人が手掛けたホテルです。当時の最先端、最高級の設備が整った館は「軽井沢の鹿鳴館」と呼ばれ、国内リゾートホテルの草分け的存在となっていました。格子窓がおしゃれでレトロモダンな、木造の純西洋式の建物です。

    かつてはホテルの窓から軽井沢駅の明かりが見えたそう。果たして今はどんな景色が見えるのでしょうか?貴族になった気分で館内を見学してみましょう!

    旧三笠ホテル

    旧三笠ホテル

    旧三笠ホテル
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1339-342
    phone
    0267458695
  • 11

    【旧軽井沢エリア】「万平ホテル カフェテラス」でジョン・レノン直伝のミルクティーを

    こちらは先ほどご紹介した「旧三笠ホテル」と並ぶ、西洋式ホテルの草分け的存在。ジョン・レノンファミリーが好んで利用していたことでも有名です。
    クラシックホテルならではの格式ある雰囲気の中で宿泊も可能ですが、おすすめはカフェテラスでのティーブレイク。外はカリカリ、中はふんわりの絶品フレンチトーストと、ジョン・レノン直伝のロイヤルミルクティーで、爽やかな軽井沢の空気を満喫しましょう。季節オープンのウッドデッキは愛犬の同伴も可能。国の登録有形文化財に登録された「アルプス館」の建築にも注目ですよ。

    万平ホテル カフェテラス

    万平ホテル カフェテラス

    万平ホテル カフェテラス

    万平ホテル カフェテラス

    万平ホテルカフェテラス
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
    phone
    0267421234
    opening-hour
    9:30-17:30
  • 12

    【旧軽井沢エリア】絶対食べたい!「リビスコ」の本格イタリアンジェラード

    旧軽井沢銀座通りを一本横道に入った場所にある「リビスコ」。毎朝新鮮な牛乳と生の果物から手作りする、作りたてのフレッシュなジェラートを味わえるとして大人気のお店です。
    人工的ではない、自然な甘さは感動的な美味しさ!ミルクのコクとフレッシュな味わいが人気の「オブセ牛乳」や、長野産りんご「シナノゴールド」、「川上村いちご」など魅力的なフレーバーがズラリ!
    生チョコやラムレーズンなど“重め”なフレーバーもさっぱりと味わえるので、おやつはもちろん、食後のデザートにするのもおすすめです。

    リビスコ

    リビスコ

    ジェラート&ワイン リビスコ
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢746-4
    phone
    0267429113
    opening-hour
    10:00-日の入りまで(完売次第)
  • 13

    【旧軽井沢エリア】絶景スポット!「旧碓氷峠見晴台」から眺める四季折々の景色

    碓氷峠の頂上近く、標高1200mに位置する展望公園です。長野県と群馬県の県境となるここからは、浅間山や妙義連峰、晴れた日には南アルプスや八ヶ岳までを見渡すことができます。
    軽井沢の名物バス、通称「赤バス」が頂上近くの「見晴台」バス停まで運行しているのは便利ですね。「サンセットポイント」とも呼ばれる絶景スポット。条件が整えば眼下に雲海が広がることも!新緑、紅葉、雪化粧された山々など四季折々の絶景を楽しめます。

    見晴台から見た風景

    見晴台から見た風景

    旧碓氷峠見晴台
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町峠町
    phone
    0267425538
  • 14

    【新軽井沢エリア】軽井沢駅南口すぐ!「軽井沢プリンスショッピングプラザ」でお買い物

    続いて、軽井沢駅のすぐそばにあたる新軽井沢エリアを紹介!

    まずは都市型モールでは味わえない、広大な敷地面積が魅力のリゾート型ショッピングモール「軽井沢プリンスショッピングプラザ」です。アウトレット店舗をはじめラグジュアリーブランドやセレクトショップなど、200を超える店舗が軒を連ねています。一日ですべてまわりきるのは至難の業。事前にお目当てのショップや駐車場をチェックしておくのがおすすめですよ。お子様向けのサービスや、ドッグランもあり、子ども連れ、ワンちゃん連れも楽しめます。

    場所は軽井沢駅南口を出てすぐ。都内各所から直行バスも運行しています。

    軽井沢プリンスショッピングプラザ

    軽井沢プリンスショッピングプラザ

    軽井沢・プリンスショッピングプラザ
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
    phone
    0267425211
    opening-hour
    10:00-19:00(季節変動あり)
  • 15

    【新軽井沢エリア】見学もできる!「Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー」

    軽井沢駅から車で約3分、カラフルで可愛いチョコレートとラスクの専門店です。大きなもみの木に囲まれた白い建物の店内で製造販売しています。一番人気はマカダミアナッツに濃厚なチョコレートをコーティングした「チョコレートボールMIX」。お洒落なパッケージはお土産にもぴったりです。店内のチョコレート専用工場は、ガラス越しに製造過程を見学することもできますよ。

    Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー

    Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー

    軽井沢チョコレートファクトリー
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1323-80
    phone
    0120392368
    opening-hour
    10:00-18:00(季節により変動)
    no image
  • 16

    【新軽井沢エリア】別名スワンレイク、「雲場池」の澄んだ湖

    水面に映る空や木々がフォトジェニックな、軽井沢を代表する観光スポットのひとつ。かつて白鳥が飛来していたことから「スワンレイク」とも呼ばれています。澄んだ水の正体は、かつて諸大名や宮家なの御膳にも使われた湧水「御膳水」。新緑や紅葉の時期には、多くの観光客で賑わいます。高原の新鮮な風が感じられる、早朝散歩がおすすめ。サイクリングコースに組み込むのもいいですね。

    雲場池

    雲場池

    雲場池
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢
    phone
    0267425538
  • 17

    【新軽井沢エリア】前衛作家の作品を集めた「軽井沢ニューアートミュージアム」

    軽井沢駅からまっすぐ北に徒歩8分、総ガラス張りと白い柱が目を引きます。日本の前衛作家たちの作品を積極的にコレクションした現代アートの美術館です。1階にはアートグッズや作品を販売するショップ、ミュージアムレストランなどがあり、いずれも入場は無料。2階では常設展や企画展を開催しています。ふらっと立ち寄って休憩やお土産を購入できるのはいいですね。不思議な感覚が味わえる2階のトイレは必見です。

    軽井沢ニューアートミュージアム

    軽井沢ニューアートミュージアム

    噂のお手洗い

    噂のお手洗い

    KARUIZAWA NEW ART MUSEUM(カルイザワニューアートミュージアム)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
    phone
    0267468691
    opening-hour
    10:00-17:00[7-9月]10:00-18:0…
  • 18

    【新軽井沢エリア】モーニングがおすすめ!「ナチュラル カフェイーナ」

    軽井沢駅から自転車で5分ほどのところにある「ナチュラル カフェイーナ」。ここは軽井沢の人気カフェで、観光客・地元の方を問わずさまざまなお客さんで賑わっています。
    特にフレッシュなアサイーボウルはモーニングにぴったり。カラフルなフルーツに朝からテンションがあがります。中のアサイーはひんやりシャーベット状になっていて、シャリシャリした食感は夏にぴったり!ぜひ朝イチで訪れてみてください。

    ナチュラル カフェイーナ アサイーボウル

    ナチュラル カフェイーナ アサイーボウル

    Natural Cafeina(ナチュラル カフェイーナ)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東25
    phone
    0267423562
    opening-hour
    [夏季]7:00-18:00[夏季以外]8:…
    no image
  • 19

    【新軽井沢エリア】本場の味を堪能!絶対飲んでみたい「ミハエル」のロシアンティー

    雲場池の近くにある「ミハエル」は、軽井沢で初めてオープンテラス席を設置したお店ということと、ロシア人の初代オーナー(現オーナーのお父様)から受け継いだロシアンティーで有名なお店です。
    ロシアンティーは、あらかじめジャムが入っている状態でサーブされるものと、別添えで提供してくれるものと2種類あります。「ミハエル」のジャムはすべて自家製。ジャム本来の味も味わいたいなら、別添えが注文するのがおすすめです。濃く淹れた紅茶にジャムの甘さが際立ちます。自宅でも真似してみたくなるロシアンティー、ぜひ一度本場の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ミハエル外観

    ミハエル外観

    ロシアンティー 600円~・飲み物に300円プラスでクリームチーズトルテ

    ロシアンティー 600円~・飲み物に300円プラスでクリームチーズトルテ

    ミハエル
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1323
    phone
    0267426750
    opening-hour
    10-18時(8月は9-19時)
  • 20

    【新軽井沢エリア】宝石みたいなチョコレートショップ!「ショコラデンブルグ軽井沢チョコレート館」

    軽井沢駅から旧軽井沢銀座通りに向かう道沿いにある「軽井沢チョコレート館」。高級感のある赤い外壁が目を引くお店です。
    店頭には、オレンジピールにチョコレートをかけた“オランジェット”や、チョコレートにナッツやドライフルーツを乗せた“マンディアン”など、宝石のようなかわいいチョコレートがずらり。
    地元の方々は客先へのお土産、おもたせなどに使うことも多いそう。軽井沢のお土産に、旅先での自分用ご褒美に持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

    マンディアン ビター(上)・ミルク(下) 

    マンディアン ビター(上)・ミルク(下) 

    ショコラデンブルグ軽井沢チョコレート館 外観

    ショコラデンブルグ軽井沢チョコレート館 外観

  • 21

    【中軽井沢エリア(星野エリア)】星野エリアを回るならマストの「ハルニレテラス」

    軽井沢の観光地として、旧軽井沢エリアや駅前に負けず劣らずの人気を誇る中軽井沢(星野エリア)。星野エリアとは、中軽井沢にある星野リゾートを中心とした一帯のことを指します。

    星野エリアの中でも特に楽しみが多いのが「ハルニレテラス」!“軽井沢の日常”をコンセプトに、軽井沢らしい個性的なショップやレストランを繋いだショッピングモールです。自生した100本以上のハルニレに囲まれた街で、ゆったりと高原リゾートが楽しめます。
    梅雨の時期に行われる「軽井沢アンブレラスカイ」は、雨の日こそ行きたくなるおすすめイベント。赤や青、緑の色鮮やかな傘のアーケードが、ハルニレの新緑をよりフォトジェニックに彩ります。

    軽井沢星野エリア・ハルニレテラス 「軽井沢アンブレラスカイ」開催時の様子

    軽井沢星野エリア・ハルニレテラス 「軽井沢アンブレラスカイ」開催時の様子

    ハルニレテラス
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
    phone
    0267455853
    opening-hour
    店舗により異なる
  • 22

    【中軽井沢エリア(星野エリア)】フレンチプレスの本格コーヒーを味わおう!「丸山珈琲 ハルニレテラス店」

    続いてハルニレテラス内のおすすめカフェ、「丸山珈琲」を紹介。
    丸山珈琲といえば、金属フィルターを使って濾すことで素材本来の旨味を抽出したフレンチプレスが特徴で、コーヒーの油分まで余すことなく抽出した酸味と甘みが特徴のコーヒーを楽しむことができます。
    ここハルニレテラス店は、丸山珈琲唯一の「Books&CAFE」。厳選された書籍が並び、気に入った本は購入も可能です。緑溢れる自然の中、お気に入りの本を片手に上質なスペシャリティコーヒーを味わうもよし、テイクアウトコーヒーを片手に抜群のロケーションを散策するもよし。贅沢な時間が過ごせること間違いなしですよ!

    ブックス&カフェ 丸山珈琲 内観

    ブックス&カフェ 丸山珈琲 内観

    丸山珈琲 ハルニレテラス店

    丸山珈琲 ハルニレテラス店

    丸山珈琲 ハルニレテラス店
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町 星野ハルニレテラス内
    phone
    0267310553
    opening-hour
    [夏期]8:00-19:00[冬期]9:00-1…
  • 23

    【中軽井沢エリア(星野エリア)】「トンボの湯」で旅の疲れを癒す

    壁一面に大きく開けた窓が特徴の立ち寄り湯、「星野温泉 トンボの湯」。
    北原白秋や与謝野晶子らも浸かったお湯は、もちろん昔も今も源泉かけ流し。肌に吸い付くようなとろりとしたお湯で「美肌の湯」とも言われています。シンプルでモダンな建物は、男湯と女湯をシンメトリーに配置。中央通路には水が流れており、これらを上空から見るとトンボのような形になっているとか!星野リゾートならではの粋な計らいですね。

    トンボの湯

    トンボの湯

    星野温泉 トンボの湯
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
    phone
    0267443580
    opening-hour
    10:00-22:00(最終入場21:15)
  • 24

    【中軽井沢エリア(星野エリア)】美しい緑に囲まれたクラシカルな「軽井沢高原教会」

    電車内の広告でお馴染み、軽井沢を代表する教会です。揺れる木漏れ日と透き通った空気に囲まれた教会は、リゾートウェディングの式場としても大人気。挙式時以外は見学も可能です。
    毎年8月と12月にはキャンドルナイトも行っており、より一層幻想的な光景が楽しめます。春にはイースター礼拝、秋には紅葉ライトアップなども行っているため、季節を変えて何度も足を運びたくなりますね!

    軽井沢高原教会

    軽井沢高原教会

    軽井沢高原教会
    place
    長野県軽井沢町星野
    phone
    0267453333
    opening-hour
    10:00-17:00(挙式時以外)
  • 25

    【中軽井沢エリア(星野エリア)】オーガニック建築が美しい「石の教会 内村鑑三記念館」

    軽井沢の自然豊かな景観に溶け込んだ、幻想的な教会です。石とガラスのアーチから光が降り注ぐ堂内には、荘厳な空気が漂っています。静かな水音が響き、自生した緑が茂るオーガニック建築で結婚式にも人気の教会です。
    見学ができる時間は、月~木(祝日を除く)が9時~18時、金~日が朝7時半~8時半です。ただし、結婚式の際は見学ができないので、お日柄の良い日は心積もりをしておくと◎。もしくは朝一番に足を運び、スタッフさんに確認してみるといいですよ。

    石の教会 内村鑑三記念館

    石の教会 内村鑑三記念館

  • 26

    【中軽井沢エリア(星野エリア)】軽井沢の贅沢ステイは「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ」で

    日本を代表する高級リゾートホテル「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート」のラウンジで、極上の軽井沢ステイを堪能!木漏れ日が差し込むオープンテラスは、心地よい静寂あふれる軽井沢の特等席です。目にも楽しい繊細なスイーツとともに、とっておきの時間を過ごすことができます。
    季節の素材を使ったフィンガーフードとスイーツが優雅に並んだアフタヌーンティーのセットがおすすめです。

    星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ

    星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート ザ・ラウンジ

  • 27

    【中軽井沢エリア(星野エリア)】「村民食堂」でおいしいカジュアルランチ

    「村民食堂」は、食堂という言葉には収まりきらないほどの高い天井と大きな窓、信州の豊かな新鮮素材が楽しめるカジュアルダイニングです。中でもおすすめは「信州の彩り御膳」。牛肉と野菜のせいろ蒸し、信州サーモンのお刺身など信州素材の料理がたっぷり楽しめます。お子様連れの方も多いため、子どもを連れて入りやすいのもポイントです。すぐ隣が「星野温泉 トンボの湯」なので、お風呂上りに利用するのもいいですね。もちろん、軽井沢高原ビールや花豆ソフトクリームなどもいただけますよ。

    村民食堂 内観

    村民食堂 内観

    「信州の彩り御膳」 2,980円

    「信州の彩り御膳」 2,980円

    村民食堂
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
    phone
    0267443571
    opening-hour
    11:00-22:00(L.O.21:00)※季節…
  • 28

    【中軽井沢エリア】作品と建築がもたらす圧倒的なアート空間「軽井沢千住博美術館」

    白い背景に墨で滝を表現した代表作「ウォーターフォール」で世界中にその名を知らしめた千住博氏の作品を所蔵展示する個人美術館です。
    軽井沢の自然地形を活かした建物は、緩やかに傾斜した曲線的な構成。日の光や自然の緑が差し込む明るい館内で、プライベートリビングにいるかのような穏やかな時間が過ごせます。なんとなく力強さを感じる、勇気が出てくる、生きる力が湧いてくる気がする。そんな気持ちになれる、圧巻の千住博ワールドです。

    撮影:阿野太一 ©軽井沢千住博美術館

    軽井沢千住博美術館
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉815
    phone
    0267466565
    opening-hour
    9:30-17:00(最終入館16:30)
  • 29

    【中軽井沢エリア】“緑の中の美術館”をコンセプトにした「セゾン現代美術館」

    「緑の中の美術館」をコンセプトにした美術館です。鮮やかな緑の中、小川のせせらぎを聞きながら巡る回遊式の庭園を歩けば、芸術に精通していなくともその空間を楽しむことができます。
    併設された「カフェ・ヤマアラシ」では、信州ハーブ鶏のよだれ鶏や蓼科ポークの黒酢の酢豚がセットになった「OBENTOランチ」、厚切りトーストに朝採新鮮野菜の盛り合わせやポタージュが付いた「オリジナルブランチ」など、気になるメニューがずらり。イサム・ノグチや若林奮らの作品が点在する庭を含めた敷地全域が「自然と共生する生きた美術館」です。

    セゾン現代美術館

    セゾン現代美術館

    セゾン現代美術館
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ケ沢2140
    phone
    0267462020
    opening-hour
    [4-10月]10:00-18:00(最終入館…
  • 30

    【南軽井沢エリア(塩沢エリア)】写真撮影もおすすめ!「軽井沢タリアセン」

    場所を南軽井沢に移しましょう。南軽井沢は、中軽井沢駅の南側に位置するエリアです。塩沢エリアとも呼ばれます。

    最初に紹介するのは軽井沢駅から車で10分ほど、塩沢湖を中心とした総合リゾート施設「軽井沢タリアセン」です。美術館や文化財建築など歴史を感じられる施設や遊戯施設、地産地消にこだわったレストランなどが併設されています。軽井沢の大自然を感じながら散歩するもよし、歴史的建造物を見て当時の歴史を偲ぶもよし、軽井沢で唯一のボート遊びを楽しむもよし。SNS映えする撮影スポットも多いので、世代を問わずに楽しめますよ!

    軽井沢タリアセン

    軽井沢タリアセン

    軽井沢タリアセン
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉217
    phone
    0267466161
    opening-hour
    9:00-17:00[12-1月]10:00-16:0…
  • 31

    【南軽井沢エリア(塩沢エリア)】おとぎの国に来たみたい!「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」

    大人が忘れかけていた心と、子どもに古き良き芸術を届ける博物館。ドイツ・エルツ地方で生み出された伝統工芸おもちゃには、300年以上もの長い歴史があります。
    館内には木工おもちゃや知育玩具が所狭しと並んでいて、知恵をつけ賢くなってきた大人だからこそ楽しめるおもちゃがいっぱい。子供の頃は考えなかった「どうやって作られたんだろう」「どんな仕組みで動いているんだろう」そんな知的好奇心をくすぐられます。

    エルツおもちゃ博物館

    エルツおもちゃ博物館

    エルツおもちゃ博物館・軽井沢(ムーゼの森)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉193(塩沢)
    phone
    0267483340
    opening-hour
    [3-11月]9:30-17:00(最終入館1…
  • 32

    【南軽井沢エリア(塩沢エリア)】ピーターラビット™の舞台裏、覗いてみる?「軽井沢絵本の森美術館」

    続いては、近現代に活躍する作家の絵本原画や資料を展示する美術館「軽井沢絵本の森美術館」です。

    常設展示の「ピーターラビット™のひみつの部屋」では、ピーターラビット™の舞台裏を覗き見ることができます。
    洋書を中心とした、1,800冊超の絵本が閲覧できる「絵本図書館」も併設されており、おとなもこどもも楽しめる美術館です。

    軽井沢絵本の森美術館

    軽井沢絵本の森美術館

    軽井沢絵本の森美術館(ムーゼの森)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉182(塩沢・ムーゼの森)
    phone
    0267483340
    opening-hour
    [3-11月]9:30-17:00(最終入館1…
  • 33

    【南軽井沢エリア(塩沢エリア)】“軽井沢らしさ”を閉じ込めた「エロイーズカフェ」

    「奈良国立博物館」などを設計した、建築界の巨匠・吉村順三氏の建築作品のひとつをリノベーションしたおしゃれなカフェです。お店の名前は、音楽と軽井沢の夏を愛したアメリカ人女性・エロイーズ・カニングハムに由来しています。

    宣教師直伝のイギリスパンを使⽤した看板メニュー「宣教師が愛したフレンチトースト」は、モチモチした食感とはちみつの優しい甘さが絶妙!シンプルなおいしさの「ハニー&ホイップクリーム」のほか、バニラアイスクリームとバナナキャラメルをトッピングしたメニューもあり。軽井沢らしい緑のロケーションと、建築美を楽しみたい人にうってつけのおすすめカフェです。

    エロイーズカフェ

    エロイーズカフェ

    宣教師が愛したフレンチトースト

    宣教師が愛したフレンチトースト

    ELOISE's Cafe(エロイーズカフェ)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1067-9ハーモニーハウス
    phone
    05058350554
    opening-hour
    8:00-15:00
    no image
  • 34

    【南軽井沢エリア(塩沢エリア)】湖のほとりにある至福のイングリッシュガーデン「軽井沢レイクガーデン」

    花いっぱいの空間で、軽井沢ならではの高原リゾートを楽しみたい。そんな時は「軽井沢レイクガーデン」まで足を延ばしましょう。軽井沢駅から車で10分、別荘地の中にある広大な庭園では、四季折々に異なる美しい景色が堪能できます。中でもおすすめは、バラが見頃を迎える6月。園内全体が優雅なバラの香りに包まれます。ヨーロッパを感じさせるナチュラルガーデンを散歩すれば、日常の煩わしさから解放されること間違いなしです。

    軽井沢レイクガーデン

    軽井沢レイクガーデン

    軽井沢レイクガーデン
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町 レイクニュータウン
    phone
    0267481608
    opening-hour
    9:00-17:00(最終入園16:30)[水…
  • 35

    【北軽井沢】夏でも涼しい絶景スポット「白糸の滝」

    浅間山近くに広がる北軽井沢エリアは、自然の絶景・パワースポットが密集する北軽井沢エリア。避暑地としては軽井沢随一で、夏でも涼しい気候が魅力です。

    そんな北軽エリア、最初はパワースポットから紹介します。湾曲した岸壁のフォルムが美しい絶景スポット「白糸の滝」です。市街地からは車で20分ほど。滝の入り口には駐車場と売店も完備している上、路線バスも運行しています。
    夏と冬にはライトアップも行われ。より幻想的な光景が味わえます。ちなみに、冬の期間中にライトアップされる氷柱は人工のもので、滝自体は冬でも凍らないそう。北軽井沢ならではの景色を見に少し遠出してみましょう。

    白糸の滝

    白糸の滝

    白糸の滝
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉
  • 36

    【北軽井沢】白糸の滝を一緒に訪れたい「竜返しの滝」

    「白糸の滝」を訪れたら一緒に立ち寄りたいのがこの「竜返しの滝」です。白糸の滝を「静」とするならこちらは「剛」。丸い滝壺に落ちた水が渦を巻き、数珠玉を連ねたように見えたことから「すずか滝」とも呼ばれています。湯川の本流にかかるため水量が多く、力強く水が流れ落ちる様は迫力満点。白糸の滝と同じく白糸ハイランドウェイ沿いにありますが、入り口を見落としてしまいがちなので注意が必要です。

    竜返しの滝

    竜返しの滝

    竜返しの滝(すずが滝)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町
    phone
    0267458579
  • 37

    【北軽井沢】親子で楽しめる「軽井沢おもちゃ王国」は子連れ旅行におすすめ

    軽井沢は大人向けの観光地?いえいえ、そんなことはありません!
    「軽井沢おもちゃ王国」は、なんと0歳から楽しむことができるんです。東京ドームに匹敵する広大な敷地内に、冷暖房完備の室内で知的好奇心や想像力が伸ばせるおもちゃの部屋、50か所以上ものからくりが設置された大迷宮アスレチック城などなど、子どもが楽しめる施設がいっぱい!ベビーカー貸し出しやオムツ替えはもちろん完備。紙おむつや粉ミルク、離乳食の販売まで行っているので、パパママも安心して訪れることができますよ。小さな子どもがいる家族連れは、ぜひ旅行プランに組み込んでみてはいかがでしょうか。

    軽井沢おもちゃ王国

    軽井沢おもちゃ王国

    軽井沢おもちゃ王国
    rating

    4.0

    188件の口コミ
    place
    群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
    phone
    0279863515
    opening-hour
    [平日]10:00-17:00[土日祝]9:3…
  • 38

    【信濃追分エリア】早起きしてわざわざ食べにいきたい!「キャボットコーヴ」のモーニング

    軽井沢の最西に位置する「信濃追分」エリアから、とっておきの3店をご紹介します。

    軽井沢の朝食カルチャーの火付け役ともなった、混雑覚悟の超人気店「キャボットコーヴ」。ここで頂けるのは、バンケーキやエッグベネディクトなどアメリカン・スタイルの朝食。爽やかな酸味や適度な甘み、目にも楽しいモーニングメニューは軽井沢イチとさえ言われています。
    いつもよりほんのちょっと早起きして、軽井沢中心部から少し離れた追分の別荘エリアまで。澄んだ空気の中で高原リゾートの朝食を楽しみたい人におすすめです。

    キャボットコーヴ

    キャボットコーヴ

    Breakfast&Cafe CABOTCOVE(ブレックファーストアンドカフェ キャボットコーヴ)
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町追分78-26\※HP(http://cabotcove.jp/)にて確認してください。
    phone
    0267315078
    opening-hour
    6:30-12:30[11-3月]7:00-12:30
  • 39

    【信濃追分エリア】Café ROSEMARY

    信濃追分駅北口を出て徒歩10分ほどの、木々に囲まれた場所にあるコテージのようなカフェレストラン「Café ROSEMARY」。こちらも朝食セットが人気のお店です。
    家庭的な美味しさとリーズナブルさが魅力のこちらは、周囲にレストランなど何もない環境ですが、入れ替わり立ち代わりお客様で賑わっています。
    モーニングセットは、トースト・サラダ・ゆで卵・ドリンクがついて650円から。月曜日から金曜日は朝8時30分~10時30分、土・日曜日と夏季は朝8時~10時30分の時間帯にモーニングを楽しめます。

    Café ROSEMARY

    Café ROSEMARY

    CAFE ROSEMARY
    place
    長野県北佐久郡軽井沢町追分960-30
    phone
    09038062524
    opening-hour
    [月-金]8:30-10:30[土日、夏季…
    no image
  • 40

    【信濃追分エリア】軽井沢ブルワリー

    軽井沢中心部から少し離れて、大人の楽しい社会科見学「軽井沢ブルワリー」でクラフトビール工場なんていかがでしょう?世界的評価を受ける日本画家・千住博氏と軽井沢千住博美術館の協力により、まるで美術館のような造りになっています。クラフトビール・地ビールでは最大規模を誇る、最新鋭設備を備えた工場で、造りたてのビールを楽しみましょう。(当然ですが、試飲後の運転はご法度ですよ!)

    軽井沢ブルワリー

    軽井沢ブルワリー

    軽井沢ブルワリー工場
    place
    長野県佐久市長土呂64-3
    phone
    0120919144
    opening-hour
    [工場案内]9:15から/10:30から…

この記事を含むまとめ記事はこちら