稚内

WAKKANAI

最北の地の厳しくも豊かな自然がもたらした壮大な風景を楽しめるエリア

日本の最果てにあたる稚内エリア。ここで楽しめるのは、何といっても悠久の自然の営みがつくり上げた壮大な風景だ。最北端の宗谷岬から国境の海を眺め、氷河期時代につくられたゆるやかな宗谷丘陵でホタテの貝殻を敷き詰めた「白い道」を歩く。稚内から南へと足を延ばせば、国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されているサロベツ湿原や、日本最北のカルスト地形が広がる中頓別鍾乳洞も散策できる。稚内は、日本の北の玄関口として発展してきた町。厳しい冬と戦ってきたことがわかる史跡や、平和を祈念した数々の碑も合わせて見学しよう。温泉も湧き、海の幸も楽しめる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    サロベツ湿原
    平地に広がる珍しい高層湿原で、のんびり自然観察を
    サロベツ湿原は、利尻礼文サロベツ国立公園の一部。東京ドーム約1400個分(約6700万㎡)という広さをもち、世界的にも重要な湿地としてラムサール条約に登録されている。湿原だからこそ見られる貴重な植物を観察しよう。
    国立公園のために、散策時は木道からはずれないこと
  • spot 02
    中頓別鍾乳洞
    地層マニア垂涎。貴重な地形を間近に見ながらの探検
    北海道で最初に発見された鍾乳洞の「中頓別鍾乳洞」は、国内でも珍しい新しい地質年代の貝殻が堆積してできた石灰岩層にある。山道を抜けてたどり着く薄暗い鍾乳洞は、空気もひんやり。探検家気分を味わえる。
    頭上に岩場が迫ってくる迫力満点の鍾乳洞内
  • spot 03
    ほろのべトナカイ観光牧場
    サンタクロースの相棒「トナカイ」に会いに行こう!
    幌延町はトナカイの産地。そんな幌延町にある「ほろのべトナカイ観光牧場」は、本物のトナカイと触れ合える貴重なスポットだ。冬場開催の「トナカイホワイトフェスタ」は地元でも人気のイベント。
    7万㎡の敷地を約50頭のトナカイが走り回る
  • spot 04
    ノシャップ岬
    日本海の水平線に沈む美しい夕日を目に焼き付けよう
    ノシャップ岬は、水族館や科学館があり子連れで訪れても楽しめるエリアだ。夕日の名所としても知られ、晴れた日の日没前にはたくさんの人が集まる。辺り一面が、夕日でオレンジに染まる風景は必見だ。
    ノシャップ岬のランドマーク。イルカのモニュメント
  • spot 05
    稚内温泉 童夢
    地元の人も愛用! 利尻富士を望む日帰り温泉施設
    市民からも愛される日帰り温泉施設は、船の形をした建物の中にある。うっすら琥珀色をした湯船に身を沈めれば、旅の疲れからも一気に回復しそうだ。キャンパーやツーリングの立ち寄り先としても人気のスポットになっている。
    道路沿いにある大きな施設なので見落とすことはない
  • spot 06
    宗谷岬
    一生に一度は訪れたい、国境の南にある日本最北の岬
    晴れた日には遠くサハリンの島影を望める宗谷岬。日本最北の岬は、古くから多くの旅人が憧れてきた場所だ。日本海とオホーツク海が交わる大海原を前に、日本の「てっぺん」にたどり着いたことを実感しよう!
    日本最北端の地の碑。円形の台座は「平和と協調」を、中央の「N」は北を表している
  • spot 07
    宗谷岬平和公園
    花咲く丘の上の公園で世界平和への祈りを捧げる
    国境の海に面した宗谷岬は、国際的な緊張の最前線にさらされてきた。岬から丘を登ったところにある「宗谷岬平和公園」には、世界平和を祈念する数々のモニュメントが建立されてきた。ひときわ目立つのが1983年(昭和58)に、サハリン西海域で起きた大韓航空機撃墜事件の犠牲者の慰霊と、世界の恒久平和を願った「祈りの塔」。ほかにも、第二次世界大戦終戦間近の1945年(昭和20)7月に、アメリカ軍の魚雷攻撃を受けた樺太との連絡船「宗谷丸」を守るため、身代わりとなり爆沈した第112号海防艦の乗組員の霊を慰める「戦没者慰霊碑」などがある。稚内市は平和都市宣言をしている。宗谷岬平和公園は、宗谷丘陵から続く「白い道」のフットパスのスタート地点でもある。
    夏場の「祈りの塔」の周りには、アルメリアの花が咲き誇る
  • spot 08
    宗谷丘陵
    氷河期につくられた、どこまでも続く美しい丘
    水平線まで続く青空の下には、なだらかな緑の丘が続く。遠くには大きな白い風車が群をなし、すぐ横で放牧中の牛がのんびりと過ごしている。宗谷丘陵は、北海道の雄大な自然を全身で感じられるスポットだ。
    周氷河地形のなだらかな丘が連綿と続く宗谷丘陵
  • spot 09
    稚内副港市場
    漁港の雰囲気を味わいながら、買い物と歴史を勉強できる
    「せっかく港町にきたのだから、市場にも行きたいな」という旅行者のわがままを叶えてくれる副港市場。ショッピングだけでなく、稚内や樺太の歴史を知ることもでき、海の幸も食べられるよくばりスポットだ。
    市場での買い物を疑似体験できるスポット。飲食店も入っている
  • spot 10
    わっかりうむ ノシャップ寒流水族館
    海の動物と間近に触れ合え、飼育員の愛がいっぱいの水族館
    日本最北の水族館「ノシャップ寒流水族館」は、小さいながらもエサやりショーや幻の魚「イトウ」の飼育展示など、見どころいっぱいだ。「水族館愛」にあふれる飼育員手作りの説明書きをじっくり読みながら見学しよう。
    エサやりショーも楽しめるアザラシとペンギンのプールがある
  • spot 11
    わっかりうむ 稚内市青少年科学館
    南極観測隊の展示が豊富! 大人も楽しめる科学館
    稚内市にゆかりのある南極観測の展示が充実した「稚内市青少年科学館」。体を動かしながら、科学の仕組みを学ぶことができる「遊べる」スポットだ。ノシャップ岬を訪れたら合わせて足を運んでみては?
    青少年科学館のメインになる南極展示コーナー。緻密な作りの観測船模型は必見!
  • spot 12
    稚内港北防波堤ドーム
    北の果てにある、古代ローマ・ギリシアの遺跡のような美しい建造物
    稚内から樺太(サハリン)までの定期航路があった頃。高波から船の利用者を守るため、5年の月日をかけて建てられたのが「稚内港北防波堤ドーム」だ。役目を終えた今も、稚内のシンボルとして大切に保存されている。
    手前の船と比べても、防波堤ドームが壮大な建築物であることがわかる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    稚内空港へは羽田空港と新千歳空港から、通年で直行便が出ている。

  2. その2

    日本最北端の駅・JR稚内駅を起点に旅するなら、札幌から旭川経由の特急「宗谷」、または旭川から特急「サロベツ」を利用しよう。

  3. その3

    最高気温が22-28℃と過ごしやすい夏が観光のトップシーズン。日が落ちると夏場であっても寒さを感じる場合も。夜間の外出には、羽織るものを持参しよう。近年は温暖化の影響で、本州とあまり変わらない気温となる日も増えている。

  4. その4

    観光スポット同士が離れているので、車やバイク、レンタサイクルでの移動が便利。夏場には名所をまわる定期観光バスが、JR稚内駅前バスターミナルから運行している。空きがあれば当日でも乗れるが、基本は予約制だ。

  5. その5

    中頓別鍾乳洞へは、稚内市街地から車で片道約2時間とやや距離がある。サロベツ湿原、ほろのべトナカイ観光牧場を経由しながら巡ると効率良く観光できる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

北海道のその他のエリア

+ -
back
open

稚内エリア