十勝南部

SOUTHERN TOKACHI

北海道ガーデン街道につながる絶景エリアには冬ならではの楽しみ方もある

北海道ガーデン街道を形成する代表的なガーデンが集中する十勝南部。ガーデンは、春から初夏にかけて訪れるのが過ごしやすい。食糧自給率1220%という十勝の底力を感じたいなら、実りの秋も狙い目。紅葉する森の姿も楽しめる。ガーデン育ちの新鮮なハーブや野菜を使った料理を楽しむのも、ガーデン巡りの醍醐味だろう。十勝千年の森ではヤギのチーズ、六花の森では隣接する工場から届きたてのマルセイバターサンドなど、ここならではのグルメが見つかる。整えられたガーデンの美しさはいうまでもないが、旅の道中で見かける畑の広がりも、北の大地の偉大さを感じられると人気だ。広尾町にはノルウェーが国外で初めて認めた「広尾サンタランド」がある。また同じく町内の「広尾町海洋博物館」は来館者満足が非常に高く、知る人ぞ知る観光名所だ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    十勝千年の森
    じっくり見学したら、4時間かかる!? とにかく広大なガーデン
    花いっぱいのガーデンではないが、自然の風景とガーデナーが造り出した庭が見事に調和する十勝千年の森。1000年後まで豊かな自然が引き継がれるようにとの願いのこもった森は、国内外から高い評価を受けている。
    迷いそうになったら、園内中央のレンガ色の休憩所「キサラ」を目印にしよう
  • spot 02
    ガーデンカフェ
    洗練された味がする、園内工房で作ったチーズ入り「森のパニーノ」
    北海道は全国のナチュラルチーズ生産量の9割を占め、さらのその内の5割が十勝産である。十勝千年の森のチーズ工房では、牛とヤギのミルクからチーズを作っている。ヤギのミルクから作られたチーズは「シェーブル」といい、牛乳のチーズよりも歴史は古いとか。園内のカフェではチーズの料理を食べられる。「森のパニーノ」(1300円)は、ほど良い厚みのフォカッチャに、園内のキッチンガーデンで収穫したオーガニック野菜とハーブ、そしてサラミとラクレットチーズが挟まっている。新鮮でシャキシャキした野菜が食感のアクセントに。チーズもしつこさがなく、バランスの良い洗練された味だ。ヤギのチーズには独特の風味があるが、昼夜放牧され、のびのびと育ったこちらのヤギはストレスが少なく、独特の臭みが出ないという。食用の炭を側面にまぶした「十勝シェーブル・炭」は国内最高峰の品評会で、ヤギのチーズとしては唯一、金賞を受賞している。
    自家製シロップソーダ付き。味は日替わりでこの日はイングリッシュローズだ
  • spot 03
    六花の森
    「六花亭」の花柄包装紙の世界を、本物の自然で体感できる
    花柄の包装紙で有名な、北海道を代表する菓子店「六花亭」。六花の森は、この包装紙の世界を再現したガーデンだ。緑のなかにひっそりと咲く花と古民家が調和している。絵本のような世界が目の前に広がる空間で、六花亭のスイーツを楽しもう。
    カタクリ、エゾリュウキンカ、ハマナシなどの山野草。緑が目にまぶしい
  • spot 04
    十勝ヒルズ
    “花×食×農=十勝ヒルズの庭じかん”がコンセプトのガーデン
    十勝ヒルズは、花と食と農がコンセプトのガーデン。ハーブや食べられる花を育てているガーデンもあり、見る、味わうなど五感をフルに使って、のんびりと自然の恵みを楽しめるスポットだ。
    釧路八重桜の並木を見られるのは、北海道ではココだけの景観
  • spot 05
    広尾町海洋博物館
    まるで宝箱!? 何でもアリの不思議な海洋博物館
    「広尾町海洋博物館」は漁業にまつわる展示にとどまらない。野生動物のはく製、開拓時代のジオラマや、鉄道グッズの展示など多彩。この町に関するあらゆることが詰まった、いい意味で期待を裏切られるおもしろスポットだ。
    博物館のスタッフもイチ押しの、ジャコウウシのはく製
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    北海道ガーデン街道とは、南端の六花の森をスタートに、帯広・富良野・大雪へと広がる8つのガーデンを結ぶ全長250kmの道。複数のガーデンをお得にまわれるチケットも販売している。

  2. その2

    多くのガーデンはゴールデンウィーク頃に開園し、冬が始まる前の10月には閉園する。来園期間には注意しよう。

  3. その3

    ガーデンは美しいが、自然の観光施設だけに虫はつきもの。十分に対策をして見学を。また、日差しをさえぎるものがないことがほとんどなので、夏場は日傘、帽子、サングラスと水分補給用の飲み物を携帯しよう。

  4. その4

    ガーデンで行われるワークショップへの参加やレストラン利用は、予約が必要な場合がある。事前のチェックを忘れずに。

  5. その5

    ガーデンは自然観賞のスポットだが、バリアフリー対応が進んでいる。ガーデンによってはペット連れでも楽しむこともできる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

北海道のその他のエリア

+ -
back
open

十勝南部エリア