登別・苫小牧

NOBORIBETSU / TOMAKOMAI

火山がもたらした温泉、自然景観の数々。多彩なテーマパークもそろっているエリア

登別といえば、全国的にその名を知られる温泉郷・登別温泉。源泉となる地獄谷は、岩肌があらわになった谷沿いに噴気口や湯の湧出口が多数あり、その独特な景観から鬼が棲んでいるようだと称される。そのため、登別のいたるところで鬼に関する看板などを見かける。倶多楽湖(くったらこ)や大湯沼など、地獄谷のほかにも火山によって生まれた景勝地がある。また、登別には、「登別マリンパークニクス」「登別伊達時代村」「のぼりべつクマ牧場」というそれぞれ個性的なテーマパークがあり、ファミリー層も十分楽しめる。一方、ウトナイ湖や樽前山などを有する苫小牧は、新千歳空港のある千歳市に隣接。空港からも車で30分という近さだ。苫小牧西港にはフェリーターミナルがあり、青森(八戸港)、宮城(仙台港)、茨城(大洗港)、愛知(名古屋港)とを結ぶフェリーも運航。空からも海からもアクセスが良い。苫小牧には、馬と触れ合える「ノーザンホースパーク」などもある。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    サーモンパーク千歳
    サケの魅力を体感! グルメも買い物も楽しい道の駅
    新千歳空港のある千歳市は北海道旅行の玄関口として有名だが、北海道らしい豊かな自然も楽しめる。清流・千歳川に隣接する道の駅は、ドライブの休憩で訪れるのはもちろん、家族連れでも楽しめる仕掛けがたくさんだ。
    「美味しい・たのしい・うれしい」がそろう「まちなか にぎわい空間」がコンセプト
  • spot 02
    登別地獄谷
    ダイナミックな自然を味わえる「鬼が棲む地獄」
    1日に1万tもの温泉を湧出し、登別温泉街のホテルや旅館へ湯を供給している「登別地獄谷」。北海道遺産にも選出されているスポットだ。岩肌から噴気が立ち上り、ゴボゴボと煮え立つ温泉があちこちから湧き出ている。
    白い噴気が立ち上る「登別地獄谷」。展望台からの眺めは壮観
  • spot 03
    のぼりべつクマ牧場
    怖い? かわいい? 個性的なヒグマたちが山頂で待っている!
    登別温泉に来たら、立ち寄っておきたいスポットのひとつ「のぼりべつクマ牧場」。ヒグマたちに出合えるのはもちろん、真円形のカルデラ湖「クッタラ湖」の展望台やアイヌコタンなど、見どころもいろいろある。
    おやつを持ってのぞいていると、ヒグマたちのおねだりの視線が集まる
  • spot 04
    千歳ワイナリー
    ハスカップワインから始まり、北海道産ワインの可能性を追求
    不老長寿の実とも呼ばれるハスカップ。日本で栽培されているのは北海道でも限られたエリアだけで、そのひとつが千歳市だ。その千歳産ハスカップを使ったフルーツワインを造っている「千歳ワイナリー」を見学しよう。
    閑静な住宅街にあるワイナリー。看板が目印
  • spot 05
    登別温泉
    あちこちに鬼がいる! 道内でも人気の高い温泉郷
    札幌から高速を利用して車で1時間20分、新千歳空港からも1時間ほどで着く「登別温泉」。さまざまな泉質が楽しめる道内屈指の温泉郷として、道内はもちろん、全国各地からたくさんの旅行客が訪れる。
    登別温泉といえば鬼。温泉街にはさまざまな鬼がいる
  • spot 06
    登別マリンパークニクス
    北欧の城を模した建物の中は、まるごと水族館!
    海の世界をあらゆる形で楽しませてくれるのが「登別マリンパークニクス」。約400種、2万点の生物が展示されている。幅広い世代が親しみやすいように、随所に工夫や演出が施されているのもポイント。
    大人気の「ペンギンパレード」。思わず「かわいい」「がんばれ!」と言いたくなる
  • spot 07
    登別伊達時代村
    一歩足を踏み入れると、目の前に広がるのは江戸時代の町並み
    登別という場所は、明治初期、伊達政宗の家臣であった片倉小十郎の末裔が切り拓いた。その開拓精神を受け継ぎ、伊達家の統治した江戸時代の仙台藩の町を再現したのが「登別伊達時代村」である。
    「登別伊達時代村」の入り口「大手門」
  • spot 08
    ノーザンホースパーク
    東京ドーム約11個分! 国内最大級の馬のテーマパーク
    馬との触れ合いはもちろん、夏はサイクリングやパークゴルフ、冬はクロスカントリーなど年間を通してさまざまなアクティビティを楽しめる。北海道外からも多くのゲストが来園する、子どもも大人も一日中遊べるテーマパークだ。
    「馬と自然とひとつになる、Brilliant Moments(輝く時間(ひととき)」。誰でも気軽に馬と触れ合えるテーマパーク
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    登別へのアクセスは、空路の場合は新千歳空港か函館空港を利用。フェリー利用の場合は、室蘭か苫小牧からとなる。札幌や新千歳空港から登別へ向かう場合は、車、高速バス、JRで。

  2. その2

    苫小牧へは、札幌からだと車(高速道路)、高速バス、JRの手段がある。いずれも約1時間で着く。

  3. その3

    支笏湖がある千歳や、ウポポイ(民族共生象徴空間)のある白老、工場夜景が人気の室蘭とも近いので、登別・苫小牧を旅行する際は、これらのエリアも旅のプランに組み込むと楽しみが広がる。

  4. その4

    太平洋側に位置する登別、苫小牧は、北海道のなかでも雪が少なく、冬も道内では比較的温暖なエリア。豪雪エリアと異なり、雪の心配をせずに冬の旅を楽しめる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

北海道のその他のエリア

+ -
back
open

登別・苫小牧エリア