根室

NEMURO

厳しい自然がもたらす絶品海の幸、山の幸。絶景に出合える、本土の最東端

「朝日にいちばん近い街」をキャッチフレーズとする根室市は、本土の最東端に位置する。春、南から徐々に上がってくる桜前線は、ここ根室市で咲くチシマザクラの開花をもって終着となる。冬はロシアから流氷が届き、国内最大級の野鳥、オオワシが飛来する。また、納沙布岬からは北方領土を望むことも可能。根室は江戸時代の元禄年間に開拓が始まり、納沙布岬にはアメリカの飛行家・リンドバーグも訪れた歴史をもつ。オホーツク海と太平洋の交わる海はサンマ、カニ、昆布、牡蠣など海の幸の宝庫。さらに海からの強い風によって、厚岸町(あっけしちょう)ではミルクやウイスキーといった恵みがもたらされている。また寒さの厳しい別海町では、冬に凍った野付湾の上を、水平線ならぬ「氷平線」に向かって歩くツアーが開催される。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    納沙布岬
    東のはずれにある岬で、美しい光景の数々を探してみよう
    岬を訪れると「今、東の端っこにいるんだ」と不思議とワクワクする。強い風が吹く納沙布岬からは、北方領土も見える。領土返還への願いが込められたモニュメントを見学しながら、美しい自然の風景を眺めよう。
    本土で最も日の出が早い岬だ。ラッコやクジラもやってくる
  • spot 02
    北方館 望郷の家
    日本人なら知っておくべき「北方領土問題」を学べるスポット
    終戦を迎えたはずなのに、故郷を追われた人々がいた。北方領土の島民だ。「北方領土返還要求の原点の地」といわれる根室の納沙布岬には北方領土問題を学べる施設がある。島民の高齢化が進む今、一刻も早い解決が望まれている。
    向かって左の丸い壁の建物が「望郷の家」、右の四角い建物が「北方館」である
  • spot 03
    道の駅 厚岸グルメパーク 厚岸味覚ターミナル コンキリエ
    食材の宝庫・厚岸グルメが一堂に会した、混雑必至の道の駅
    厚岸の海と山のおいしいものが集まった道の駅。オイスターカフェ、オイスターバー、牡蠣の食べ放題を楽しめるBBQ施設と牡蠣好きにはたまらない店ばかり。もちろん牡蠣以外の厚岸グルメも充実している。
    高台にあり、厚岸の市街地を一望できる展望台がある
  • spot 04
    炭焼炙屋
    炭火の熱と香りで、牡蠣のうまみがぐっと引き立つ
    道の駅 厚岸グルメパークの2階にある「炭焼炙屋」では、隣接する魚介市場から食材を購入し、自分たちで焼いて楽しめる。オリジナルメニューもあり、名物はバケツごと牡蠣を酒蒸しする豪快な「元祖 バケツ牡蠣」(1600円)。45分間の牡蠣食べ放題は、あさり汁とライスがついて4500円だ。魚介が苦手な人のために肉や野菜の用意もある。魚介単品は時価になるが、中玉サイズの牡蠣でだいたい190円ほど。こちらで楽しめる牡蠣は厚岸産の「カキえもん」「弁天かき」「マルえもん」の3種類。厚岸の牡蠣は水温差を利用して産卵時期を調整することで一年中出荷されてはいるが、旬の時期はやはり格別。カキえもんの旬は7~9月。えぐみが少なく甘みが強いので、生で食べるのがオススメ。濃厚で身がしまった弁天かきは2016年(平成28)から販売をスタート。流通量が少なく希少な品種だ。マルえもんは、たっぷりと詰まった身で小ぶりながら食べごたえ満点。ぜひ食べ比べてみよう。
    新鮮な牡蠣を目の前で炭火焼き。ぷっくりと身が縮んだら食べ頃だ
  • spot 05
    トドワラ・氷平線ウォークツアー
    水平線ならぬ「氷平線」を目指して、冬の海を歩いて進もう
    北海道の東の果てにある野付湾(のつけわん)は、冬になると凍りつく。凍った海の上を歩いて、野付湾がつくり出した自然の神秘を探しにいこう。「この世の果て」といわれるトドワラも、雪に埋もれると違った顔を見せる。
    スノーシューを履き、凍った海の上をザクザク歩いて進む(写真提供:別海町観光協会)
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    飛行機の場合、たんちょう釧路空港または根室中標津空港が玄関口。たんちょう釧路空港に到着したら、まずは釧路駅へ移動しよう。連絡バスが到着便に合わせて出発する。釧路駅からは、根室にも厚岸にもバスや電車で向かうことができる。根室中標津空港からは、根室駅まで連絡バスが出ている。

  2. その2

    レンタカーは各空港内にある。直線道路の多い北海道ではスピードの出し過ぎに注意だ。

  3. その3

    根室・納沙布岬の近くには、日本最北端の鉄道駅・JR花咲線の東根室駅があるが、納沙布岬への観光なら根室駅隣のバスターミナルからバスが便利。夏場には予約制の定期観光バスも運行している。

  4. その4

    別海へは、根室中標津空港が最寄りとなる。市街地まではバスで30分ほど。釧路駅からも、バスや電車を乗り継いで向かうことができる。

  5. その5

    このエリアの冬は氷点下だ。保温効果の高いインナーの上に、セーターや厚手のパンツを重ねて、ダウンジャケットを合わせたうえで、マフラーや耳当てなども用意しよう。冬用のブーツを用意しておくと安心だ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

北海道のその他のエリア

+ -
back
open

根室エリア