ニセコ・洞爺湖

NISEKO / LAKE TOYA

アジア屈指のリゾート地・ニセコと世界に誇るジオパークを有する洞爺湖エリア

世界中から人が訪れるようになった一大リゾート地・ニセコ。ニセコ町、倶知安町(くっちゃんちょう)、蘭越町(らんこしちょう)の3つの町でニセコ観光圏を形成している。ニセコエリアといえば、ウインタースポーツ。スケールの大きな4つのスキー場があり、北海道でもトップクラスの積雪量を誇る。その雪質はパウダースノーと呼ばれ、多くのスキーヤーやスノーボーダーを魅了。また、冬のみならず、夏場のアクティビティも充実。豊かな自然を生かした、ラフティングやカヌー、登山、トレッキング、サイクリングなども人気を集めている。ニセコ山系から湧き出す温泉も魅力だ。ニセコから車で1時間弱のところにあるのが洞爺湖エリア。火山によって誕生したカルデラ湖・洞爺湖を中心に、「洞爺湖有珠山ジオパーク」としてユネスコ世界ジオパークにも認定されている。美しい湖は、パワースポットとしても人気が高く、夏場はキャンプやカヌーで訪れる人も多い。また、洞爺湖温泉は、100年以上続く道内指折りの温泉地。湖を眺めながら湯浴みのできる露天風呂を有する宿泊施設も多数ある。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    道の駅ニセコビュープラザ
    ニセコ観光にはずせない情報や物販の拠点となる道の駅
    今や日本有数のリゾート地として知られるニセコエリア。おもに3つの町をまたぐエリアを指すが、そのうちのひとつがニセコ町だ。「ニセコビュープラザ」は、同町の観光案内所の役割も担っている道の駅だ。
    地元の利用客も多い道の駅。中央が情報プラザ棟で、右の平屋がフリースペース棟
  • spot 02
    洞爺湖有珠山ジオパーク
    何万年も昔からの大地の物語を感じられるエリア
    ジオパークとは、貴重な地質やその地域の自然・文化を守り、多くの人に楽しんでもらうことを目的にした「大地の公園」。ユネスコ世界ジオパークに認定されているのが、「洞爺湖有珠山ジオパーク」だ。
    2000年(平成12)の噴火で生じた金比羅火口。この左手下に洞爺湖や温泉街がある
  • spot 03
    洞爺湖
    透明度が高く冬でも凍らない、美しい巨大カルデラ湖
    火山活動によってできたくぼ地に、雨水などがたまってできたカルデラ湖。日本で3番目に大きなカルデラ湖が、「日本百景」や「新日本旅行地100選」にも選ばれている「洞爺湖」だ。
    洞爺湖に浮かぶ中島へは温泉街から遊覧船で。島には散策路や博物館があり、自然と触れ合える
  • spot 04
    昭和新山
    昭和に誕生した生まれたての隆起型火山
    洞爺湖有珠山(とうやこうすざん)ジオパーク内、壮瞥町(そうべつちょう)にある「昭和新山」は、国の特別天然記念物にも指定されている火山。噴気を上げている雄大な山を間近で見ることができる。もともとは平坦な麦畑だったが、1943年(昭和18)の地震から始まった噴火活動により隆起してできた。その誕生を見守り続けたのが、地元の郵便局長だった三松正夫さんだ。地震発生から噴火、活動が止まるまでを独自の観測方法で記録。のちにこれは「ミマツダイヤグラム」と命名され、貴重な資料として評価された。また、三松さんは火山の保護と家や畑を失った住民支援のため、火山となったこの土地を買い取った。現在も昭和新山は三松家の私有地であり、これは世界的にも珍しいといわれる。昭和新山のふもとには、三松正夫記念館があり、資料や写真などが展示されている。駐車場の周りには、有珠山ロープウェイ、昭和新山熊牧場などの観光施設もある。
    中腹辺りから煙の出ているのがわかる
  • spot 05
    湯本温泉郷大湯沼
    ニセコ連峰の大自然のなか、硫黄泉が湧き出る沼
    国内外に知られる一大リゾート地・ニセコ。このニセコエリアで蘭越町(らんこしちょう)はいちばんの湯どころとして知られる。町内に泉質の異なる7つの温泉郷があり、そのひとつが大湯沼を源泉とする湯本温泉郷だ。
    白い湯気が立ち上る大湯沼
  • spot 06
    蘭越町貝の館
    世界中の貝や貝類化石などが集まる貝類専門博物館
    ニセコエリアのシンボルでもある羊蹄山。この羊蹄山麓にある7つの町や村のうち、唯一海岸線を有しているのが蘭越町だ。海との関わりを進める構想のひとつとして誕生したのが「蘭越町貝の館」である。
    貝のような形をした外観が印象的。隣には、道の駅「シェルプラザ・港」がある
  • spot 07
    昭和新山熊牧場
    芸達者な若グマやかわいい子グマたちに出合える施設
    国の特別天然記念物「昭和新山」のふもとにある「昭和新山熊牧場」。日本に生息する陸上動物では最大といわれるエゾヒグマたちが暮らしている。さまざまなクマたちの様子を見ることのできる施設だ。
    子グマたちが遊ぶ「こぐまの幼稚園」
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    ニセコも洞爺湖も、近隣の観光スポットを巡るなら車移動が便利。レンタカーを借りるのであれば、ニセコへは新千歳空港、札幌どちらからでも約2時間30分。洞爺湖へは、新千歳空港からだと約1時間45分、札幌からだと約2時間。

  2. その2

    どちらも自然豊かなエリアであり、体験するアクティビティや訪れる場所によっては歩きやすい靴や格好がベストな場合も。逆に、どちらもリゾート地なので、高級ホテルやレストランもある。あらかじめシーンに合った衣類を用意しておきたい。

  3. その3

    ニセコと洞爺湖の間には、温泉や観光スポット、グルメスポットが点在しているので、車で移動の場合はいろいろ立ち寄るのもおすすめ。

  4. その4

    ニセコエリアにある羊蹄山は、洞爺湖方面からも望むことができる。蝦夷富士とも呼ばれるこの山をあらゆる角度から見るのもおもしろい。

  5. その5

    雪深いエリアなので、冬に訪れる際、服装&足元はしっかり雪対策を。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

北海道のその他のエリア

+ -
back
open

ニセコ・洞爺湖エリア