滋賀

大津

OTSU

琵琶湖と山の峰が織りなす風光明媚な歴史の町

滋賀県大津市は、大きな琵琶湖の南部に、湖に沿うように西から南へと細長く街が延びて位置している。比叡山を隔てて西に隣接する京都市からも近い。山と湖が近く、そこに街が溶け合った美しい風景は、古来、多くの和歌や俳句に詠まれ、絵に描かれてきた。現在では琵琶湖を一望できるスポットとして、びわ湖テラスや比叡山山頂、湖上を遊覧するミシガンクルーズなどが人気だ。世界遺産・延暦寺の門前町である坂本は、里坊の石垣と街並みが調和して美しい。また、都の鬼門を守ってきた日吉大社と明智光秀ゆかりの西教寺をつなぐ山の辺の道ではのどかな風景を堪能できる。比叡山麓の坂本から、天智天皇を祀る近江神宮、数々の伝説が残る三井寺(園城寺)、『源氏物語』ゆかりの石山寺など、いずれの社寺も京阪電車の沿線なので移動が便利。さらに南に向かえば、雷伝説で知られた岩間寺も。山と湖が奏でる風景とともに、歴史ある街を味わいたい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    横川
    延暦寺最奥の地で疫病退散を祈願、本格的なおみくじ体験も
    西塔へは、東塔から北へおよそ6km。木々の緑に囲まれ鮮やかな朱色の映える横川中堂が迎えてくれる。最澄の弟子であり、天台密教の教えを唐から日本にもたらした円仁が創建。堂内には聖観世音菩薩が祀られており、円仁が始めたことにちなむ写経体験もできる。横川中堂を出ると、辺りは33体の石仏が並ぶミニ西国観音霊場。その先には、元三大師堂が現れる。平安中期は火災や建物の老朽化で荒廃した横川、そこに登場したのが良源だ。強い法力を持つ僧で、正月3日に亡くなったため元三大師と呼ばれ親しまれている。疫病が流行した際に祈祷をすると、良源は鬼のような姿に変化し病魔も退散したという。\また、横川はおみくじの発祥の地でもある。まず、悩みを打ち明け、僧侶がくじを引き、その結果をもとに相談にのってくれる。こちらも、良源のもとに、人びとがあらゆる相談を持ってきたことにちなむ慣習だ(予約制)。
    石垣の上に建つ横川中堂は、遣唐使船をイメージ
  • spot 02
    坂本ケーブル
    日本一の長さを誇るケーブルカーで比叡山延暦寺へ
    1927年(昭和2)に延暦寺の表参道として開業し、ふもとの「ケーブル坂本駅」から終着の「ケーブル延暦寺駅」までの約2kmをわずか11分で結んでいる。両駅舎は大正ロマン漂う、国の登録有形文化財。階段状のホームで待ち構えるヨーロッパ調の洗練された車体は、大きな窓が印象的だ。進行方向(山手)を背にした座席配置で、いざ出発するとうしろへ引っ張り上げられるような感じが楽しい。幻想的な雰囲気を醸し出すトンネルを抜け、峡谷に立ついくつもの橋梁を渡るときには山の深さを味わえる。上りと下りの2両のケーブルカーが行き違うために造られた線路「ターンアウト」は、鉄道ファンならずとも興味が湧くところ。急こう配の山中を進むにつれ眼下に現れる雄大な琵琶湖に心躍り、車窓からは目が離せない。目的地に運んでくれる乗り物にも魅力を感じるひとときだ。終着駅から延暦寺の中心・根本中堂のある東塔地域までは徒歩約8分。
    「福号」と「縁号」が活躍中のケーブルカー
  • spot 03
    本家鶴㐂そば
    比叡山延暦寺の門前町・坂本で知られた名物の手打ちそば
    比叡山延暦寺への参拝や坂本の町巡りで、多くの人が訪れる老舗そば店が「本家鶴きそば」だ。京阪・坂本比叡山口駅のほど近く、1716年(享保元)に創業し、門前町の坂本で300年を超える歴史を紡いできた。もとは延暦寺の賄い方をしていた初代の鶴屋喜八が、参拝者にそばをふるまったことに始まるという。職人が毎日の気温や湿度に気を配り、手間暇かけて作られる少し細目の手打ち麺は、のどごしと風味が良く、そばつゆはこくのあるまろやかな味わいで思わず笑みがこぼれるおいしさだ。人気は「天ざるそば」だが、3種の具材をのせた「近江結味(おうみむすび)そば」も評判だとか。最後にいただくそば湯は身も心もホッとするやさしい温かさ。テーブル席や座敷席があり、季節の移ろいを感じられる築山枯山水の庭園や、離れの座敷では窓越しの石垣も見どころなので、そばとともに味わいたい。
    築130年の風格ある店構え。国の有形登録文化財
  • spot 04
    日吉大社
    平安京の表鬼門の守護を担い、比叡の山懐に鎮座する古社
    古来「山王さん」と親しまれ栄えてきた日吉大社は、全国の山王神社の総本宮。比叡山の山裾に広がるおよそ42万平方メートルの境内には、西本宮や東本宮をはじめ多くの社殿が立ち並び、見逃せない文化財がたっぷり。
    表参道の大通り・日吉馬場に立つ鳥居
  • spot 05
    近江神宮
    天智天皇が愛しんだ湖の都・大津京の跡地にたたずむ雅な社
    かつて琵琶湖畔に造営された大津京の名残の地に、天智天皇が神として鎮まる近江神宮。地元の人々に愛され、今や百人一首のかるたの聖地としても多くの人が訪れる緑深き神域へと足を踏み入れよう。
    楼門を抜けた先にたたずむ社殿
  • spot 06
    三井寺(園城寺)
    天智・天武・持統の三天皇ゆかりの古刹は、日本屈指の文化財の宝庫
    長等山中腹の広大な境内に多くの伽藍が立ち並び、西国三十三所観音霊場のひとつでもある名刹・三井寺。飛鳥時代から知られる湧き水や、金堂をはじめ圧倒的な数と歴史を秘めた文化財、琵琶湖の眺望も見逃せない。
    荘厳な姿の金堂は桃山時代の代表的建築
  • spot 07
    石山寺
    平安の王朝人も憧れた風光明媚な観音霊場の古刹
    琵琶湖から流れ来る瀬田川のほとりにて、奈良時代からの歴史を刻んできた石山寺。観音霊場として平安の王朝人もたびたび訪れ、『源氏物語』ゆかりであるとともに花と月の美しさでも名を馳せている。
    巨大な硅灰石の上にそびえる多宝塔
  • spot 08
    ミシガンクルーズ
    外輪船「ミシガン」で琵琶湖をのんびりクルーズ
    琵琶湖の南湖を遊覧する外輪船「ミシガン」。クラシカルな船体と360度を見渡せる湖上からの大パノラマに心躍らせ、のんびりゆったり湖を渡りゆくクルージングを満喫しよう。
    大津港で出港を待つ、白く輝くミシガン
  • spot 09
    びわ湖バレイ/びわ湖テラス
    地上1100m、天空のテラスから望む圧巻のレイクビュー
    標高1100mのテラスからさえぎるものの何もない琵琶湖のパノラマを望める「びわ湖テラス」。全国から訪れる人が絶えない滋賀県屈指の人気スポットだ。ロープウェイやリフトでの空中散歩やカフェタイム、アクティビティを楽しもう。
    テラスカフェから窓越しに琵琶湖を望む
  • spot 10
    琵琶湖
    日本一の広さを誇る湖を、陸と湖上から満喫
    豊かな水をたたえる琵琶湖は、世界でも数少ない古い湖。昔から人はさまざまな水の恩恵を受け、いくつもの城を築き、ほとりにくつろいだ。四季折々に異なる表情を見せる湖を巡り、雄大な自然を満喫しよう。
    湖上から望む比叡の霊峰と湖岸の街並み
  • spot 11
    瀬田の唐橋
    琵琶湖の水をひとつに束ねて流れる川に、ひときわ優美に架かる橋
    京阪・唐橋前駅から東へ歩いてすぐに橋の欄干が見えてくる。琵琶湖から流れ出る唯一の川・瀬田川に渡された橋のひとつ、大橋・小橋からなる「瀬田の唐橋」だ。古くから京都と東域を結ぶ交通の要衝で、また、672年(天武元)の壬申(じんしん)の乱以降、幾度となく戦乱の舞台になり、「唐橋を制する者は天下を制する」といわれたほど、天下取りを目指す武将にとっても特に重要な橋だった。伝説「俵藤太(たわらのとうた)のムカデ退治」の場所、そして「急がば回れ」の語源でもある唐橋。江戸時代には、近江(滋賀)の特に優れた景勝地を讃える「近江八景」の「瀬田の夕照(せきしょう)」として人気を博し、松尾芭蕉の俳句や歌川広重の浮世絵でさらに知られるようになる。ゆるやかに反るアーチ状の優雅な橋は、川の両岸にある遊歩道から眺めるのもおすすめ。現在では琵琶湖を一周するサイクリングルート「ビワイチ」の出発地点のひとつとしても注目される。
    水辺の風情に華やかさを添える優美な橋
  • spot 12
    ガーデンミュージアム比叡
    天空の庭園で印象派の陶板名画と花々の競演を満喫
    比叡山山頂に広がるのは、四季折々の花のなかにフランス印象派の名画が点在する庭園美術館。季節の花を愛で、絵画を楽しみながらの天空散歩で夢心地気分に。さえぎるもののない山頂からの大パノラマも堪能したい。
    ゴッホの『ひまわり』が迎えるプロヴァンスゲート
  • spot 13
    旧竹林院
    僧侶が隠居生活を送った元里坊には、心癒やされる庭園が広がる
    坂本に残る格調高き里坊(さとぼう)のひとつ、旧竹林院。清流がほとばしる庭園は広大な面積を占め、日本に2つだけという茶室の1つが配される。建物内から眺め、さらに散策したくなる魅力満載の空間だ。
    深山幽谷の趣ある回遊式庭園
  • spot 14
    滋賀院門跡
    白亜の壁に囲まれた、里坊のなかで最も高い格式を誇る寺院
    日本仏教の母山と称される比叡山。山には修行の場「山坊」があり、山懐には静かに余生を過ごす高僧の「里坊(さとぼう)」が造られた。里坊の最高峰・滋賀院門跡は、狩野派の襖絵や小堀遠州作と伝わる庭園が見どころ。
    白壁とのコントラストが美しい勅使門(写真提供:比叡山延暦寺)
  • spot 15
    西教寺
    風光明媚な比叡山東麓に、明智光秀を弔う古刹を訪ねて
    西教寺は明智光秀一族の菩提寺としても知られる。比叡山の山懐に広がる開放的な境内には、荘厳な本堂や客殿などの伽藍が立ち並び、唐門を額縁に見立てて望む琵琶湖の景色も必見。
    総門の先には樹々がトンネルとなり空を覆う
  • spot 16
    岩間寺
    元正天皇の念持仏「汗かき観音」が鎮座する深閑の古寺
    古来、観音霊場のひとつとして栄えてきた岩間寺には、霊験あらたかな観音菩薩や不動明王が祀られる。本堂、不動堂、太子堂などの立ち並ぶ境内はすがすがしく、山々のパノラマを望む展望台や大樹などの見どころも満載。
    巡礼者の焼香の香りが漂う本堂
  • spot 17
    延暦寺
    最澄が開いた日本仏教の母なる山、霊峰比叡を巡る
    都を守護する山として敬われてきた比叡山。山全体に広がる天台宗の総本山延暦寺は、世界遺産にも登録されている。境内は東塔、西塔、横川に分かれ、延暦寺全体の総本堂でもある根本中堂は東塔に位置する。
    鴨川の丸太町橋付近から望む比叡山。かなり大きく見える
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    京都駅から琵琶湖の西部へ向かう場合は、湖西線を利用する。JR琵琶湖線では湖の南部から西部へは直接行けないので、JR山科駅でJR湖西線に乗り換える。また、大津エリアは山中や山麓に建てられた社寺も多く、広い境内には階段や坂道もあるため、歩きやすい靴を履きたい。

  2. その2

    びわ湖テラスへは車の利用が便利だが週末や連休は特に混雑する。公共交通機関を利用する場合は、電車、バスともに本数が限られているため事前確認が必要だ。

  3. その3

    比叡山の車道ドライブウェイは歩行者、自転車ともに通行が禁止されているため、山内の移動は車かシャトルバスの利用となる。山を歩きたい場合は、歩道が示されたマップを手に入れたい。

  4. その4

    西教寺へはJR湖西線・比叡山坂本駅や京阪・坂本比叡山口駅からバスを利用すると便利だが、本数が少ないので事前確認は必須。

  5. その5

    岩間寺へは車の利用が便利だが、毎月の縁日(17日)にはJR琵琶湖線の石山駅前からシャトルバスが運行されるので、駐車場はバス専用となる。運行予定は公式サイトで確認を。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

滋賀のその他のエリア

+ -
back
open

大津エリア