信楽・甲賀

SHIGARAKI / KOKA

日本六古窯のひとつ信楽焼と甲賀流忍者の里

滋賀県で最も南に位置し、京都府や三重県と隣接する甲賀市。甲賀市を旅するなら、「信楽焼」と「甲賀流忍者」が二大キーワード。笠をかぶって徳利を手にし、愛嬌をふりまくタヌキの置物で有名な信楽焼は、日本六古窯のひとつ。ふだん使いの品から芸術品まで多彩な焼き物を作りだす、滋賀が誇る伝統産業だ。「甲賀市信楽伝統産業会館」で信楽焼の基本に触れたら、「滋賀県立陶芸の森」や信楽の里に点在する窯元巡りを楽しむのもいい。ルーヴル美術館のシンボルと同じ建築家が設計した「MIHO MUSEUM」は、シルクロードを中心とした名品の宝庫。アクセスに時間をかけてでも訪れたい。また、甲賀といえば、伊賀流と並ぶ忍者流派・甲賀流忍者の発祥地で、街のあちらこちらで忍者のモチーフを見かける。さまざまなからくりが潜む「甲賀流忍術屋敷」や忍者体験をできる「甲賀の里 忍術村」を訪れ、歴史の裏舞台で活躍した忍者たちのリアルを感じてみよう。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    滋賀県立陶芸の森
    信楽の町を見渡す丘の上で焼き物の魅力に触れる
    信楽の町を見下ろす小高い丘の斜面に広がる、滋賀県立陶芸の森。澄んだ空気に包まれた緑豊かな公園を散策しながら陶芸作品や屋外アートを楽しめる、信楽屈指の人気スポットへ。
    陶芸作品が点在するオカメザサの群生の奥に陶芸館が建つ
  • spot 02
    MIHO MUSEUM
    長いトンネルをくぐった先の美しき別天地でアートを鑑賞
    緑豊かな信楽の森のなかにたたずむMIHO MUSEUM。ルーヴル美術館中庭「ガラスのピラミッド」で知られる建築家I・M・ペイ氏が桃源郷をテーマとして設計した美術館は、自然と一体になった極上の空間だ。
    美術館棟へと続くトンネルは、四季折々の彩りを映す
  • spot 03
    甲賀の里忍術村
    甲賀流忍者のテーマパークで10種の忍術に挑戦
    戦国時代、忍びの者として陰ながら活躍した甲賀流忍者のテーマパーク「甲賀の里忍術村」。忍者の秘密道具やからくり屋敷などを見学できるほか、水蜘蛛や手裏剣など合わせて10種の忍者体験ができる。子どもも大人も楽しめる、忍者の里・甲賀の人気スポットだ。
    忍術村内にある甲賀忍術博物館
  • spot 04
    甲賀市信楽伝統産業会館
    信楽観光の前に立ち寄っておきたい、信楽焼の殿堂
    日本六古窯のひとつ、信楽焼。信楽焼を目にする機会は少なくないけれど、いったいどんな焼き物……? そんな疑問に答えてくれるのが、甲賀市信楽伝統産業会館。定義から歴史まで信楽焼がひと目でわかる貴重なスポットだ。
    信楽地域市民センターに隣接
  • spot 05
    大池寺
    小堀遠州による蓬莱庭園と甲賀三大仏の薬師如来
    奈良時代、僧・行基が4つの池の中央に開いた大池寺。庭園史に名を刻んだカリスマ作庭家・小堀遠州による枯山水庭園で知られ、遠方から訪れる参拝者も多い。抹茶を味わいながら静かに名庭と対峙してみよう。
    書院前に広がる小堀遠州作の枯山水蓬莱庭園
  • spot 06
    甲賀流忍術屋敷(甲賀望月氏本家旧邸)
    驚く仕掛けがたくさん! 甲賀忍者が暮らしたホンモノの屋敷
    国内外から多くの歴史好きや忍者ファンが訪れる、甲賀流忍術屋敷。「どんでん返し」や「落とし穴」、「隠し梯子」など多彩なからくりや展示資料で、歴史の裏舞台を駆け抜けた甲賀忍者の世界を体感してみよう。
    訪問者や敵を見張る「隠し窓」を見つけてみよう
  • spot 07
    油日神社
    油の火の神様を祀る、忍びの里・甲賀の総社
    油の火の神様として古来信仰を集めてきた油日神社は、東西の回廊を備えた楼門、拝殿、本殿が一直線に立ち並び、荘厳な雰囲気をたたえる。時代劇のロケ地としてファンの参拝も多い、甲賀の総社を訪ねてみよう。
    楼門と東西に連なる回廊はいずれも国の重要文化財
  • spot 08
    櫟野寺
    最澄が彫り上げた本尊・十一面観音は日本最大の坐像
    征夷大将軍・坂上田村麻呂も祈願に訪れた甲賀の古刹、櫟野寺。1200年前に最澄が彫ったという十一面観音菩薩は日本最大の坐像。本尊を含め重要文化財の仏像を20体も祀る仏像の宝庫だ。
    参道左側に「千体観音」が並ぶ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    信楽へは、信楽高原鐵道を利用する。JR琵琶湖線草津駅から約25分の貴生川駅で信楽高原鐵道に乗り換える。信楽駅までは約25分。

  2. その2

    MIHO MUSEUMは山奥にあるため車の利用が便利だが、公共交通機関を利用する場合はJR琵琶湖線石山駅から帝産湖南交通バスを利用すると乗り換えなしで行ける。

  3. その3

    滋賀県立陶芸の森と甲賀市信楽伝統産業会館の間は徒歩15分、櫟野寺と油日神社の間は徒歩17分で移動できるが、そのほかは車での移動がスムーズ。

  4. その4

    MIHO MUSEUMや滋賀県立陶芸の森、甲賀の里 忍術村は敷地が広く、坂道もあるため、歩きやすい靴で訪れたい。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

滋賀のその他のエリア

+ -
back
open

信楽・甲賀エリア