関連する記事

関連する観光コース

- 滋賀 PHOTO ALBUM -

banner_photo

平安時代には多くの女流文学者が参拝

大津市にある東寺真言宗の寺院。天平19年(747)に聖武天皇の発願により創立された。日本屈指の観音霊場として知られ、西国三十三所観音霊場第13番札所でもある。紫式部が源氏物語の着想を得た場所だと伝えられているほか、枕草子や更級日記などの文学作品にも登場する。寺内には日本最古の多宝塔や本堂など、国宝・重要文化財が多数存在し、見どころには事欠かない。紅葉の名所でもあり、夜間のライトアップは必見。

place

滋賀県大津市石山寺1-1-1 (大津エリア)

phone 0775370013

石山寺の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/06/04 西国三十三所巡り
第13番札所。
観光客が多く訪れる奈良時代からの最古の歴史と伝統をもつ霊山です。
京阪電車、JRからもアクセス可能。
紫式部の源氏物語にも縁があり、国宝の多宝塔、重要文化財も建造物も見所満載のお寺です。
投稿日:2020/04/13 奈良時代創建の古刹
瀬田川西岸の伽藍山の山裾に広がる真言宗の大本山であり、西国巡礼十三番札所の観音霊場です。
寺名「石山」の由来となった硅灰石の粗肌が所々に突き出しており、その上に諸堂宇が建てられた特徴のある境内です。
折よく、改元特別御開帳の御本尊・日本唯一の勅封秘仏「如意輪観世音菩薩」様を拝観できました!
古来より多くの平安貴族が参詣し、紫式部が「源氏物語」の着想を得たと伝承され、女流王朝文学にゆかりの寺として...
投稿日:2020/03/06 石仏が可愛らしい
石山寺境内の、天智天皇の石切り場から八大龍王社までの山道を歩くと、ここそこで石仏が迎えてくれます。おやお地蔵さんと思いましたが、表情がちょっと個性的と思いながら案内図を見ると、西国三十三所札所の観音像(西国三十三所観音)でした。
多宝塔も見事ですが、西国三十三所観音も味わいがありますよ。

おすすめ記事

詳細情報

住所
滋賀県大津市石山寺1-1-1 [地図]
エリア
大津エリア
電話番号
0775370013
時間
8:00-16:30(最終入山16:00)
休業日
無休
料金
【拝観料】
600円

【入山料】
[一般]600円(団体500円)
[中高生]600円(団体350円)
[小学生]250円(団体200円)
※団体は30名以上より
駐車場
あり(140台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
備考
※現在新型コロナウイルス感染拡大防止のため、拝観時間を短縮しております。詳しくは公式ホームページをご確認ください。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          滋賀 の主要エリア

          around-area-map

          中央部に琵琶湖が位置する滋賀県は、面積のほとんどを山地と湖が占めている自然豊かな場所です。京都府と隣接しており、京都駅を利用すれば、大津市まではR東海道本線を利用して約10分で到着します。県内は電車、バス、船など多様な交通機関が整っており、観光手段は豊富です。 比叡山延暦寺のある「大津」や忍者と信楽焼で有名な「甲賀・信楽」、国宝・彦根城や秀吉ゆかりの長浜城がある「彦根・長浜」など、滋賀の観光エリアは主に5つに分かれており、いずれのエリアでも琵琶湖の雄大な自然の楽しむ観光が楽しめます。 滋賀県のご当地グルメといえば、日本三大和牛のひとつである近江牛と、琵琶湖名産品の鮒寿司・鮎料理です。さらにバームクーヘンやみたらし団子など、美味しいおやつもおすすめです。