NAVITIME Travel

千葉の和菓子スポット一覧

  • 金時の甘太郎
    お買い物
    千葉県成田市花崎町527
    成田山新勝寺の表参道沿いにある、大判焼き専門店。自家製の生地と餡を使用し、カリッと焼き上げた薄皮とたっぷり詰まった餡が特徴の「甘太郎焼き」を販売している。小豆餡と白餡、2種類の甘太郎焼きを販売しており、参道での食べ歩きグルメとしても人気を集めている。
  • 御菓子司 扇屋
    お買い物
    千葉県船橋市松が丘4-23-1
    北海道十勝産の小豆と、兵庫県産丹波の大納言、白双糖とアルカリイオン水で作った自家製餡の和菓子を製造している。船橋漁師町に伝わる「ばか面おどり」をモチーフにした人形焼や、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」のプリント入りサブレなどの菓子も取り扱っている。年間100種類以上に及ぶ季節の上生菓子を販売する御菓子司だ。
  • 田子作煎餅本店
    お買い物
    千葉県千葉市中央区新宿1-20-5
    大網街道沿いにある煎餅店。古来からの伝統製法で作った生地を一枚一枚炭火で焼き上げ、特製のタレで仕上げた煎餅を販売している。生地には千葉県産コシヒカリ、タレには添加物を一切使わない千葉特産の天然醤油を使うなど、素材にもこだわっている。
  • 柏屋もなか店
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    お買い物
    千葉県香取市佐原イ569
    県道55号線沿いにあるもなか専門店で、昭和2年(1927年)に創業した。こしあん、つぶしあん、白あんをはじめ、毎年収穫する柚子を使ったゆずあんや、黒砂糖あん、栗もなかなど、様々な種類のもなかを製造販売している。一口サイズのもなかは贈答用としても注目を集めている。

    「柏屋もなか店」は、佐原に昔からある最中屋さんです。上品な甘さの最中は美味しかった。賞味期限は、約1週間。おすすめです。

  • 下総菓匠 虎屋
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    お買い物
    千葉県千葉市中央区富士見2-12-1 虎屋ビル1F
    昭和13年(1938)創業の「千葉虎屋」は、現在まで一貫して手作りの和菓子にこだわり愛されてきた和菓子屋である。北海道産の小豆を100%使用し、職人が豆から餡を作っている。一番人気はやはり「どら焼き」で、これは毎朝、当日販売分を個数限定で作っている。四季折々の茶席菓子も素晴らしい。

    富士見町の通称ナンパ通りに面している和菓子屋さん 種類豊富でどれも美味しいです。 よく手土産用に利用させてもらってます。

  • 栄太楼
    お買い物
    千葉県木更津市富士見2-1-1
    お菓子の老舗として愛されている「栄太楼」は、昭和30年(1955)に作られた「狸もなか」が有名。近くにある「證誠寺」の狸ばやしに因んだお菓子で、小倉あんと白あんの2種類とも人気商品となっている。可愛らしい狸の絵を焼き付けた「狸せんべい」はお土産として人気となっている。
  • 御菓子司 角八本店
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    お買い物
    千葉県長生郡一宮町一宮3012
    上総一ノ宮駅徒歩5分、国道128号線沿いにある和菓子屋。饅頭やどら焼き、羊羹などの様々な銘菓を販売している。名物の大福は、餅と白餡でみかんを一つ丸ごと包んだ「みかん大福」や、「あんずチーズ大福」、「落花生くりーむ大福」、また「いちご大福」をはじめとした季節限定の旬のフルーツの大福を取り揃える。

    季節限定のいちご大福で有名。発送不可なのでここで買って帰るのみ。大きくて甘い。いちご好きな人、大きないちご大福が食べたい人はぜひ。要予約。駅から徒歩10分くらいか。玉前神社へのお参りも忘れずに。駐車場もあり。他にもおいしい和菓子がいろいろあります。

  • 小間惣製菓
    お買い物
    千葉県南房総市千倉町南朝夷1209-1
    南房総市千倉町南朝夷の房総フラワーライン沿いにある菓子店。白い蒸しどら焼きに地元特産のキンセンカの花びらを散りばめた「花ふわり」や、白あんを使った「和栗モンブラン」、カルピスバター100%のチーズクリームを挟んだ「チーズブッセ」など、和洋を問わず様々な菓子を販売している。
  • なごみの米屋總本店
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    お買い物
    千葉県成田市上町500
    成田山新勝寺の表参道沿いにある明治32年(1899)創業の和菓子屋。成田山新勝寺の精進料理「栗羹」を元に、日本ではじめて栗羊羹を考案した店として知られる。伝統の製法で作られる「極上大棹羊羹 栗」などの羊羹は、成田山参詣の土産物としても長年愛され続けている名物。また、千葉の特産である落花生を使った「ぴーなっつ最中」や、きんつばやどら焼きなどの定番の和菓子、季節の上生菓子なども取り扱う。

    17時過ぎだけど、日が落ちて真っ暗な中、どこも閉店準備しているなか明るく目立っていたこのお店。レストランはもう閉まってたが、中で休憩スペースがあり、名物のピーナツ最中と大福を購入。スタッフの方も新鮮でたった二個なのに紙おしぼりをつけてくれたり、無料のお茶のご案内をしてくれたり感じが良かった。お茶して休憩したあと、ゆっくりとお土産を選ぶこともできた!

  • 房洋堂 館山銀座店
    お買い物
    千葉県館山市北条1804
    館山市北条、館山駅から徒歩2分にある和菓子屋。看板商品は黄身餡を使ったホイル焼き菓子「花菜っ娘」。その他、館山産のいちごを使い、白餡と黒餡の2種類が楽しめる、1月から4月上旬限定のいちご大福などの菓子を製造・販売している。
  • 湖月堂 公園通り店
    お買い物
    千葉県東金市東岩崎5-10
    東金市名物の柚子を使ったお菓子が有名な「湖月堂」は、創業100年を越える老舗店だ。ゆず羊羹・柚子最中は明治の末に創製したもので、以来長きにわたり愛されている。ゆず羊羹・柚子最中の他、厳選した柚子を煮あげて羊羹を流した「黄金柚子」も人気が高い。
  • 蔵六餅本舗 木村屋
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    お買い物
    千葉県佐倉市新町222-1
    京成線京成佐倉駅より南へ向かい、徒歩で約10分。明治15年(1882)創業銀座木村店の2号店として、老舗伝統の味を守る和菓子店だ。どの和菓子も一つ一つ手作りであり、亀の甲を模した餅入り最中「蔵六餅」は、佐倉市の銘菓。店内にはお休処も用意されており、その場で購入した和菓子やお茶を楽しむこともできる。

    餅とありますが、最中です。 亀甲柄の最中に餡子と求肥が入っています。 味も、粒あん、こしあん、白あんと、種類があります。 佐倉のお土産ならこれですね。

  • 虎屋菓子舗
    お買い物
    千葉県香取市佐原イ1717
    明暦3年(1657)創業の18代続く老舗の和菓子店。季節にあった和洋菓子を中心に生産・販売を行っている。地元で採れたさつまいもを使った芋ようかんが名物となっており、落花生が入った楽菓もなかはお土産として人気である。
  • さのや 今川焼
    rating-image
    4.5
    19件の口コミ
    お買い物
    千葉県銚子市飯沼町6-7
    堂の下で明治40年(1907)から長年にわたって親しまれている「さのや」。自宅脇の工場で炊いている黒あんと白あんは絶妙な旨さでやみつきになる今川焼が人気。その他、ソフトクリームやかき氷・ところ天なども販売している。

    さのや...

  • 御菓子司津知家
    お買い物
    千葉県夷隅郡大多喜町新丁83
    北海道産の良質な小豆を使用した上質のつぶあん、厳選された国産のもち米を原料に丁寧に焼き上げた最中種が堪らない「上総大多喜城 最中十万石」が有名な「津知家」は、大正8年(1919)に創業の御菓子司。一流の素材を使った最中は、本多家十万石の名にふさわしい最高級のお菓子となっている。
  • 銚子電鉄 ぬれ煎餅駅
    お買い物
    千葉県銚子市小浜町1753
  • 峰月
    お買い物
    千葉県松戸市松戸1281
  • 亀屋本店 館山店
    お買い物
    千葉県館山市北条1882
  • 有限会社与三郎の豆福井商店
    お買い物
    千葉県千葉市中央区中央3丁目16-5
  • 柏屋ぬれせん本舗
    お買い物
    千葉県銚子市港町1758

千葉の主要エリア

around-area-map

千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。

千葉の写真集

目的から探す