東京の甘味処スポット一覧

  • ひみつ堂
    グルメ/お酒
    東京都台東区谷中3-11-18
    創業当時は屋台だったという、かき氷の名店。下町風情が残る、谷中に佇む。昔ながらの手動式かき氷だが、自然の寒さでゆっくり育った天然水を使用し、シロップではなく、素材の果汁がかかった贅沢な一品に仕上げている。溶けてジュース状態になったかき氷は、飲むこともできるように店内にストローが備えられている。混雑時には整理券が配布されるほどの人気。
  • 和キッチン かんな
    グルメ/お酒
    東京都世田谷区下馬2-43-10 2F
    世田谷公園にほど近い、閑静な住宅地にある2013年にオープンの和食レストラン。広々とした店内は静かで、ゆったりとくつろいで食事を楽しめる。人気メニューは、日光の松月氷室の天然氷を使ったふわふわのかき氷。オリジナルのソースは、旬の素材や和の食材にこだわり、「美味しい」と思えるものだけを選び毎月新しいメニューとして提供。見た目も可愛らしく、目でも楽しめる。オススメは、マスカルポーネたっぷりの「ティラミス」と、和菓子のような上品な甘さの「濃厚紫いも牛乳」。
  • 紀の善
    rating-image
    4.0
    134件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都新宿区神楽坂1-12
    神楽坂は飯田橋駅近くで店を構える甘味処。時間をかけてじっくりと炊き上げた赤エンドウ豆で作るあんみつは、風味をそのままにコクのある味わいで栗や杏などのトッピングも楽しめる。通年メニューとしては他にも特上の抹茶をたっぷりと使用した抹茶ババロアや、あべかわもち等がある。かき氷や栗ぜんざいといった季節限定メニューもあり、あんみつを始めとしたメニューやうすやきは持ち帰りもできる。

    土曜午後で混雑していましたが、ラッキーにもすぐに席に着くことができました。友人ふたりは釜めし&甘いものを注文、私は甘いもの(クリームあんみつ)だけにしました。こういった甘味処に入る機会はこれまでほとんどなかったので、メニューを見ても、どういうものなのかよくわかりませんでした。たとえばみつ豆と豆かんの違いとか。また、この店独自の和スイーツだと思いますが、神楽もちというものも正体不明。何が出てくるか...

  • あんみつ みはし 上野本店
    rating-image
    4.5
    191件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都台東区上野4-9-7
    昭和23年(1948)より続く、老舗のあんみつ屋。みはしの名前は、その昔寛永寺へつづく参道にかかっていた三つの橋から。あんみつを中心に、昔懐かしい素朴な和スイーツがメニューに並ぶ。季節ごとにさまざまなフルーツを加えた、季節のあんみつも人気。上野本店では、おでんやお赤飯といった軽食や、金時ぜんざいなどのぜんざい類も取り扱っている。

    長年人気のようで、初めて利用しました。 普段あんみつを食べることは中々ないのですが、ここのはあんみつだけても種類が結構ありソフトクリームの乗ったあんみつを食べましたが、ソフトクリームも濃厚でぺろりと食べれてしまいました。

  • かき氷工房 雪菓
    グルメ/お酒
    東京都豊島区巣鴨3-37-6
    JR巣鴨駅より徒歩5分のところにあるかき氷工房。天然氷を使ったかき氷を一年中楽しめる。かき氷に使うのは、富士山の地下水を3週間近くじっくりと凍らせて作った 密度の濃い固くて綺麗な氷。溶けにくくふわっとした食感と、既製品を使わない手作りの雪菓のシロップが評判で、行列ができる人気店。定番の「いちごミルク」のいちごシロップも、いちごをそのまま加熱してジャムっぽい仕上がり。11個の生いちごの実を乗せた限定品の「いちごまみれ」は店の人気メニュー。
  • 壽々喜園 浅草本店
    グルメ/お酒
    東京都台東区浅草3-4-3
    浅草にかまえる、嘉永元年(1848)から続く茶屋の老舗。「江戸の茶所」と和歌に詠われるほどの名店で、健康と美容に良い、選りすぐりの茶葉を取り揃えている。名物は静岡の抹茶スイーツ店「ななや」とコラボした抹茶ジェラート。「抹茶の濃さ」が7段階に分かれており、好みの濃さを選ぶことができる。7段階目は「世界一濃い抹茶ジェラート」と呼ばれ、観光客からの人気が高い。
  • 志むら
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都豊島区目白3-13-3
    昭和14年創業の老舗甘味処。素材本来の味をいかした四季折々の和菓子が楽しめる。お店のおすすめは、全卵をふんだんに使った求肥の中に煮含めた虎豆を入れ、風味良い黄名粉をまぶした「九十九餠」。先代から引き継いだ満足感のある逸品だ。夏になると天然氷を使った名物の「かき氷」を求め、連日行列ができる。溶けにくくふわふわの氷に濃厚なソースがかかったかき氷はリピーターも多く、毎年足を運ぶ人も少なくない。

    JR山手線目白駅より徒歩8分程度、目白の住民には馴染深い和菓子の老舗店、甘味処です。 2階のイートインで、夏はかき氷で人気ですが、ここの一番メニューは、<九十九餠(つくももち)> 口の中でとろけるような柔らかな食感の求肥にとら豆をあしらったものは、他店では味わえない名品です。訪問時のお土産などに重宝します。

  • 舟和本店
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都台東区浅草1-22-10
    浅草にある老舗の和菓子店・甘味処。芋ようかんで知られる有名店である。1階は和菓子店で、2階が喫茶店になっており、人気の芋ようかんやあんこ玉などが味わえる。甘藷を手むきして、砂糖と食塩だけを加えて作る芋ようかんは、芋本来の味を堪能できる素朴な味わい。店内は懐かしい和風の内装で、観光客やカップル、地元のファミリーなど様々な年代に愛されている。

    浅草で有名な和菓子屋の2階3階にある喫茶室は人気も高く30分待ちでやっとのことで入店できました!舟和のスイーツを食べたく何にしようか迷いに迷ってクリームあんみつの芋ソフトを注文! あんみつの上に甘〜い♪芋のソフトクリームが乗っておりそこに蜜を垂らしていただきす(^^) ソフトクリームをいただきながら粒あんや寒天、フルーツを食べる口福の時間が流れていきます。

  • 浅草 梅園 浅草本店
    rating-image
    4.0
    136件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都台東区浅草1-31-12
    安政元年(1854)の創業以来、あわぜんざいをはじめとした甘味の専門店として伝統を継承してきた老舗。浅草寺別院・梅園院の一角に茶屋を開いたのが始まりで、屋号の「梅園」もこれに由来している。あわぜんざいの餅に粟ではなく餅きびを使っているのが梅園の特徴。餅のほのかな渋みと餡の甘みが調和した味わいは、今も昔も変わらない浅草名物の定番だ。他にもおしるこやあんみつなど喫茶メニューの他、豆大福やきんつばなども販売している。

    梅園のあわぜんざいは絶品です♪1度食べたらまた食べたくなります!どら焼きも美味しいです。あわぜんざいはテイクアウトも可能ですよ。

  • 麻布野菜菓子
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都港区麻布十番3-1-5
    港区麻布十番の麻布通り沿いにある野菜スイーツの専門店。野菜チップスやゼリー、ジャムなどの他、野菜を練り込んだフィナンシェや羊羹、最中、どら焼き、パフェなど、野菜を使った様々なスイーツを取り扱う。

    店名にもある通り、野菜を使ったお菓子のお店です。羊羹、フィナンシェ、野菜餡のどら焼き、最中、豆菓子、色々な商品があり、見ているだけで楽しいし、他では見ない商品が沢山あります。小さいお店ですが、イートインスペースも少しあり、夏はかき氷、冬はお汁粉を楽しみにして伺います。前回は白あんで作ったお汁粉を頂きました。黒ゴマ、カボチャ、ほうれん草、トマトの白玉が入っていて見た目も可愛かったです。

  • 祇園辻利 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
    グルメ/お酒
    東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ6F
    墨田区押上、東京スカイツリー近くの商業施設「東京ソラマチ」6階にある宇治茶の専門店。宇治茶をはじめ、宇治茶を使ったスイーツなどを販売している。ワッフルボウルに抹茶、ほうじ茶、玄米茶の3種類のソフトクリームなどを盛り付けた「つじりツリーソフト3色」はソラマチ店の限定商品。
  • 浅草きびだんご あづま
    グルメ/お酒
    東京都台東区浅草1-18-1
    東京都台東区の浅草仲見世通りにある、きびだんごの専門店。江戸時代の仲見世にあった門前のきびだんごを再現し、店頭で実演販売している。作務衣や着物姿のスタッフの売り声が響く店前は、国内外の観光客で常に賑う。きな粉がたっぷりのきびだんごは、ほんのりとした上品な甘さ。10本入りの「おみやげきびだんご」も人気。
  • 森乃園
    rating-image
    3.5
    46件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都中央区日本橋人形町2-4-9
    中央区日本橋人形町、人形町駅近くにある大正3年(1914)創業のほうじ茶専門店・甘味処。自家焙煎の30種類以上のほうじ茶の他、緑茶や抹茶、麦茶、またほうじ茶を使ったスイーツなども販売する。併設の甘味処ではほうじ茶スイーツを淹れたてのお茶とともに味わえる。

    人形町の駅を出るとほうじ茶のよい香りがします。店先でほうじ茶を焙煎しているこちらの店舗からの香りです。ほうじ茶は種類が豊富で選べないほど。ほうじ茶ソフトはじめ、ほうじ茶スイーツも売られており、ほうじ茶好きならずともオススメです。

  • 竹むら
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都千代田区神田須田町1-19

    夜7時ごろに行ったのですが、名物の揚げまんじゅうは品切れでした。かわりにあんみつを注文しました。週末は早めに売り切れてしまうそうです。観光シーズンは早めに行ったほうがよさそうです。お店の外観も内装もレトロで雰囲気がよかったです。

  • 浅草いづ美
    グルメ/お酒
    東京都台東区浅草1-8-6
    浅草にある甘味処。厳選された小豆でつくられたあんこを始め、複数種類の寒天や蜜を組み合わせ、抹茶あんみつや杏みつ豆、変わり種ではワイン蜜を使ったワインあんみつ等の甘味メニューを提供している。抹茶アイスや白玉といったトッピングが追加でき、オススメをはじめいろんな組み合わせを試すことが出来る。季節によってぜんざいやかき氷も楽しめる。また、お取り寄せや持ち帰りにも対応している。
  • 甘味処みつばち
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都文京区湯島3-38-10
    創業100年を越える湯島の甘味処「みつばち」は、小倉アイスが有名で、甘過ぎずけれどしっかりした味わいの小倉アイスは、白玉やあんみつとも相性抜群。元祖 小倉もなかは大納言を贅沢に使用した小倉アイスが堪能できる。夏にはかき氷、冬にはぜんざいなど季節限定の甘味も必見である。

    30度を超える日中を仕事で歩き回った後、夕方にお邪魔して氷生レモンを注文しました。外でメニューを決めて席に着く前にレジで前払いしました。 甘さ控えめのレモンの爽やかな香りと酸味が疲れを癒してくれました。 相方は小倉あんみつに黒蜜をたっぷりかけていて、かけすぎたぐらいがちょうどいいと言っていました。

  • 銀座 鹿乃子 本店
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都中央区銀座5-7-19 銀座すずらん通り
    東京メトロ銀座駅のほど近く。昭和21年(1946)に創業した和菓子の製造販売・和喫茶の老舗。独特の技術による手作りの和菓子「かのこ」の専門店。銀座銘菓としてなじみ深いかのこは、栗と五色の豆を使用し、一粒ひと粒丹誠込めて作られている。美しい化粧箱に詰められたかのこは、大粒のものと小粒のものがあり、栗・小倉・しぼり・うぐいす・京・うずらの6種類。見た目にも鮮やかでお土産やギフトとしても喜ばれる。

    銀座に本店を構える和菓子の老舗名店。 銀座すずらん通りにあり、1階は和菓子の販売、2階がイートインで、見晴らしの良い大きな窓があり、晴海通りを眺めながら、軽食や甘味を味わうことができます。店内は狭いので、満席になることもしばしば、隣席との距離が近いので、会話は控えめが無難。 あんみつは、黒蜜と白蜜が選択可能。『鹿の子あんみつ』は、大小色々なお豆が入っていて、寒天も優しく柔らかく美味。餡は上品な甘さ...

  • 船橋屋 COREDO(コレド) 室町店
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1F
    文化2年(1805)創業の老舗の和菓子店。創業当時から独自のこだわりの製法を貫いて作られている「くず餅」が有名。この「くず餅」は450日乳酸発酵熟成した小麦澱粉を使ったプリプリの食感のお餅に秘伝の黒蜜ときな粉をかけて食べる。抹茶蜜をかけて食べる「お抹茶くず餅」は「 COREDO室町店」限定のメニューとなっている。

    船橋屋は江戸文化二年(1805年)に亀戸で創業。 くず餅は江戸から伝わる発酵和菓子。 そのくず餅などの甘味を、日本橋にあるコレド室町でも味わえます。 明るい店内はテーブル席があり、ちょっとした休憩に便利。 コレド室町店限定の「お抹茶くず餅」 くず餅、抹茶蜜、抹茶きな粉の三位一体の味を楽しめます。

  • たいやき 神田達磨 上野店
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都台東区上野6-12-17 田中ビル1F

    お正月休みに家族でぶらぶら、行列の鯛焼き屋さんに並びました。 羽根つき鯛焼きでまわりの皮もサッパリしていましたが、薄皮の中に入ったタップリの粒餡が甘すぎず、あっさりした美味しい餡でとても美味しかったです。あのくらいの甘さならもう一つ食べれたかもしれません。

  • 新鶯亭
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    グルメ/お酒
    東京都台東区上野公園9-86
    日本の都市公園を代表する都立公園・上野恩賜公園のほぼ中央に位置する甘味処。恩師上野動物園の入り口や五重塔にも近い一画で名物の「鶯団子」を頂くことができる。暖簾にも書かれた鶯団子は抹茶あん、白あん、小豆あんと三色の団子が乗った人気メニュー。大正4年(1915)の創業当時から変わらない味を現代に伝えている。木目と緑を基調とした和風の店内には外国人観光客の姿も多い。夏には器の底にシロップを敷き、その上に氷を盛り付けるスタイルのかき氷も評判だ。

    雨が降っていたので、上野動物園の出口脇に有った、甘味処に寄りました。 おしるこが甘すぎなくて、美味しかった

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す