福島の桜の名所スポット一覧

  • 三春滝桜
    旅行/観光
    福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296
    日本三大桜の一つとして知られる桜の銘木で、大正11年(1922)10月12日に桜の木としては初となる国の天然記念物に指定された。樹高13.5m・根回り11.3mのエドヒガン系ベニシダレザクラの巨木で、樹齢1000年以上といわれている。四方に伸びた枝から無数の花を咲かせる様がまるで流れ落ちる滝のように見えたことから、三春滝桜と呼ばれるようになった。
  • 花見山公園
    旅行/観光
    福島県福島市渡利
    大正15年(1926)、養蚕農家の副業として花の栽培が始まり、少しずつ花が増え続け、昭和34年(1959)から一般開放されるようになった花を見る山「花見山公園」。2月から5月にかけ、菜の花や梅、桜にチューリップと多くの花々が咲き乱れる、まさに「桃源郷」と呼ばれるにふさわしい景勝地だ。
  • やながわ希望の森公園
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県伊達市梁川町字内山1
    園内は田園風景を走るミニSLや、子供たちに人気のフィールドアスレチックなどの設備が揃っている。春には約2000本の桜が咲き、「伊達のふる里桜まつり」などのイベントも開催され、多くの来園者で賑わう。入園は通年可能だが、園内の遊具などの利用は11月中旬-3月の間休業する。

    福島駅から阿武隈急行線に乗って楽しみ、こちらの公園ではSLに乗る。子鉄にはたまらない楽しみです。SL以外にも広い敷地に遊具もあって楽しめるため、レジャーシートをひいてお弁当を食べたり、一日楽しめる公園です。

  • 石部桜
    旅行/観光
    福島県会津若松市一箕町大字八幡石部
    会津若松市一箕町大字八幡字石部にある桜の木。10本の幹からなるエドヒガンザクラで、樹齢は600年以上。会津の領主であった葦名氏の重臣・石部治部大輔の屋敷の庭にあったものと伝わる。また、平成25年(2013)放送の大河ドラマ「八重の桜」のオープニングに登場した桜としても知られる。
  • 紅枝垂地蔵ザクラ
    旅行/観光
    福島県郡山市中田町木目沢岡ノ内
    郡山市中田町木目沢岡ノ内にある桜の木。同県田村郡三春町にある「三春滝桜」の娘とも言われる樹齢約400年のエドヒガンの枝垂れ桜で、木の下に地蔵堂があることからこう呼ばれる。4月中旬頃から開花。
  • 棚倉城跡(亀ヶ城公園)
    旅行/観光
    福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字城跡
    東白川郡棚倉町にある城跡。1627年に丹羽長重により築城された。江戸時代を通じて度々城主が交代しており、城のお堀の水面に大亀が浮かんで来るたびに城主が替わることから「亀ケ城」とも呼ばれた。幕末の戊辰戦争で落城し、現在は一帯が「亀ケ城公園」として整備されている。桜の名所としても知られ、開花時期には「十万石棚倉城まつり」も開催される。
  • 観音寺川の桜並木
    旅行/観光
    福島県耶麻郡猪苗代町川桁
    観音寺川の岸辺に約1kmに渡って続く桜並木である。ソメイヨシノやエドビガン、シダレザクラなどが約200本の桜が咲き乱れ、見頃時期には多くの花見客で賑わう。
  • 亀ケ城跡
    旅行/観光
    福島県耶麻郡猪苗代町古城跡
    猪苗代駅前から町役場方面へ。役場よりやや北の小高い丘に、戦国時代に鶴ケ城の出城として築かれた城跡が残り、亀ケ城公園となっている。桜の名所でもある。
  • ひめさゆりの群生地
    旅行/観光
    福島県喜多方市熱塩加納町宮川字東舘山2
    福島、山形、新潟3県にまたがる朝日岳や飯豊山系などの標高200-800m地帯でしか見られないヒメサユリ。薄紅色の可憐な花を咲かせる。6月1日-15日まで、毎年ひめさゆり祭りが開催される。
  • 中山風穴地特殊植物群落
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町湯野上及び弥五島地内
    標高500-800m、国道121号の西にある中山。その山腹のいたるところに角柱状の岩石が積み重なり、その隙間から冷風が吹き出している。真夏でも地表温度が10度前後というこの風穴のために、この地域には自生しない寒地性植物と高山植物が見られる。天然記念物に指定されているため、植物の採取禁止。
  • 翠ケ丘公園
    遊ぶ/趣味
    福島県須賀川市愛宕山地内
    須賀川駅の南東に位置する須賀川城主二階堂氏の居城があった愛宕山をはじめ、五老山、妙見山などを含めた自然公園。園内には万葉の歌碑60基があり、桜の名所としても知られる。日本の都市公園百選の一つ。市の鳥でもあるカワセミなどの野鳥も生息している。
  • 妙関寺の乙姫桜
    旅行/観光
    福島県白河市金屋町116
    樹齢約400年のベニシダレザクラの大樹。伊達政宗が将軍家に献上する苗木のうちの1本を、当時の住職が授かったものといわれる名木だ。見頃は例年4月中旬-下旬。
  • 中釜戸のシダレモミジ
    旅行/観光
    福島県いわき市渡辺町中釜戸字表前117-2
    中釜戸の観音堂の傍らにある。大小2本の巨木は樹幹がねじ曲がり、傘を広げたような形に枝が枝垂れる。昭和12年(1937)国の天然記念物に指定された。例年11月下旬ごろに見ごろを迎え、オレンジから赤色へとグラデーションに染まる。 【写真提供】(一社)いわき観光まちづくりビューロー
  • 歓満の滝
    旅行/観光
    福島県南会津郡南会津町宮里
    西根川にある幅20m、落差10mの滝で5月には滝の両岸をレンゲツツジの花が彩る。滝の音を聞いて心が歓び満たされることを願い命名された。
  • お城坂枝垂れ桜
    旅行/観光
    福島県田村郡三春町南町
    お城坂中腹の浪岡邸内にある3本のベニシダレザクラ。早咲きの桜として知られ4月中旬頃に開花。満開の時期には、たくさんの人々が訪れる。
  • 福聚寺桜
    旅行/観光
    福島県田村郡三春町御免町194
    三春の城下町を築いた田村氏三代の墓がある福聚寺。見頃の時期にはライトアップもされ、幻想的な雰囲気を放つ。
  • 法華寺桜
    旅行/観光
    福島県田村郡三春町八幡町117
    境内に高くそびえるベニシダレザクラは樹齢約300年。その大きさに目を見張る。濃いピンク色の花を鮮やかに咲かせ、寺社との調和も美しい。
  • 戸赤の山桜
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町戸赤林下
    わずか20戸余りの戸赤集落では、古くから山の木々が守られてきた。4月下旬-5月上旬には推定樹齢200年以上の山桜が一斉に開花する。ゴールデンウィークにはやまざくらまつりが開催される。
  • 大林ふるさとの山
    旅行/観光
    福島県大沼郡三島町西方
    県内有数のカタクリの群生地として知られ、春には薄紫の花が約8haの山の斜面を覆いつくす。同時期にオオヤマザクラも咲く。
  • 御殿場公園
    旅行/観光
    福島県喜多方市塩川町御殿場4-17
    歴代会津藩主の行楽地であった御殿場に、春になると約200本のソメイヨシノが咲く。初夏にはハナショウブが咲き、秋には紅葉と、年間を通して楽しめる。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す