NAVITIME Travel

岩手の桜の名所スポット一覧

  • 石割桜
    旅行/観光
    岩手県盛岡市内丸9-1
    盛岡市の官庁街にあたる内丸の中心に根を下ろす樹齢360年を越えるエドヒガンザクラ。周囲21mの巨大な花崗岩の割れ目から育っている。大正12年(1923)には、国の天然記念物に指定された。例年の見ごろは4月中旬から。
  • お物見公園
    旅行/観光
    岩手県奥州市前沢字陣場179-6
    JR前沢駅から徒歩約15分。4月中旬から下旬にかけてのお花見スポットとして有名な公園。奥州市の前沢を見下ろす高台に広がる公園で、前沢の街並みを一望できる。シーズンには桜の名所としても多くの人が訪れる。お物見公園桜まつりの開催中には、各種イベントも開催され、大人から子どもまで楽しめる。そのほかにも、遊具複合型大型遊具や動物のオブジェ、ジャングルジムなども整備されており、子ども連れでも楽しめる。自然景観を眺めながらのハイキングもおすすめ。
  • 七ツ田の弘法桜
    旅行/観光
    岩手県岩手郡雫石町長山七ツ田
    東北自動車道「盛岡IC」より車で約30分、またはJR「雫石駅」からタクシーで約10分。雫石町の天然記念物に指定されている、樹齢約800年のエドヒガンザクラ。岩手県内では最も長寿で、大きさも最大級。弘法大師がこの地を訪れた際に、手にしていた桜の杖を地面に突き刺したところ、それが根付いて桜の木になったという伝説がある。毎年のゴールデンウィーク頃には、老木とは思えない勢いで可憐な花をいっぱいに咲かせる。
  • カタクリ群生地
    旅行/観光
    岩手県和賀郡西和賀町川舟39
    和賀郡西和賀町の安ヶ沢地区にあるカタクリの群生地。第1から第3までの3つの群落が点在し、例年4月下旬頃から開花する。ミズバショウの群生地も隣接しているほか、桜の開花時期が重なった場合にはカタクリとオオヤマザクラが同時に咲く光景も観賞できる。
  • 米内浄水場
    旅行/観光
    岩手県盛岡市上米内字中居49
    花が濃いピンク色のヤエベニシダレヒガンザクラの名所。昭和9年(1934)に浄水場の完成を記念して、9本の苗を植えたのが始まり。桜の時期のみ特別公開している。 【写真提供】(公財)盛岡観光コンベンション協会

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す