東京の桜の名所スポット一覧

  • 哲学堂公園
    rating-image
    4.0
    74件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都中野区松が丘1-34-28
    明治37年(1904)に中野区の北部、松が丘地区に開園した区立公園。「哲学のテーマパーク」と呼ばれ、17000坪もの広大な敷地の園内に哲学に由来するユニークな建物や石造物、通路が設置されている。現東洋大学の創立者で妖怪学博士としても知られる創設者・井上円了の世界観を垣間見ながらのんびり散策を楽しむことができる。敷地内には100本もの桜や梅林などがあり、区内有数の花の名所としても有名だ。

    子供を連れて行ったが、あまり興味は無かったようだ。 池の鯉を追いかけている時は楽しそうだった。 一人でゆっくり見て回りたい。

  • 江戸川公園
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区関口2-1

    江戸川橋あたりから、神田川にそってある公園。神田川ぞいには桜並木があり、散策路も整備されています。椿山荘庭園や細川庭園にもつながっていて、ゆっくり散策などが楽しめるところです。

  • 目黒川の桜並木
    旅行/観光
    東京都目黒区 目黒川沿道
    目黒川沿いの約3.8kmにわたる桜並木は、都内屈指の花見スポット。「池尻大橋」駅近くから「不動前」駅周辺までの川沿いには、ソメイヨシノを中心に800本以上の桜が植えられている。春には桜まつりが行われ、屋台が並ぶ。桜の花びらが浮かぶ目黒川の美しさは必見。シーズン中は非常に混雑するため、子連れや高齢者は注意が必要。
  • 香梅園
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    東京都墨田区文花2-5-8 小村井香取神社内
    江戸時代にあった梅の名所「小村井梅屋敷梅園」の再現として、小村井香取神社の境内に作られた梅林。

    1910年の洪水で廃園になった小村井梅園を1994年に再現したようです。 ぜひ梅の咲く2月ごろに訪れたい場所ですね。 85種類の梅があるようです!!

  • 播磨坂さくら並木
    旅行/観光
    東京都文京区小石川4、5丁目境
    この地にあった松平播磨守の上屋敷にちなみ名付けられた「播磨坂」は、昭和35年(1960)、坂の舗装が行われた際、桜の木約150本が植えられ現在は立派な桜並木に成長し、毎年多くの人を楽しませている。毎年3月下旬から4月上旬の桜の見頃に合わせ「文京区さくらまつり」が開催される。
  • 小松川千本桜
    旅行/観光
    東京都江戸川区小松川1・2・3丁目地先
    都営新宿線の東大島駅から徒歩5分。東大島駅付近から京葉道路の小松川橋まで南北約2kmにわたって植えられた桜並木。まちの安全を守る荒川スーパー堤防整備に合わせて並ぶのは、ソメイヨシノやオオシマザクラなど10種類の桜が約1000本。毎年春に開催される小松川千本桜まつりでは、様々なイベントも催され多くの人で賑わう。3月から11月まではバーベキュー場を利用することができ、美しい花や緑とともに楽しむことができる。
  • グランドプリンスホテル高輪 日本庭園
    旅行/観光
    東京都港区高輪3-13-1
    JR「品川駅」高輪口より徒歩約5分のところにあるホテル。周辺3つのプリンスホテルに囲まれた日本庭園には様々な植物が植えられており、桜の名所としても有名である。カワヅザクラ・オオシマザクラ・ソメイヨシノ・ヤマザクラなど、桜だけでも17種類。毎年春には桜まつりが開催され、夜桜のライトアップが行われるほか、お花見が楽しめる宿泊プランやメニューも用意される。その他、庭園内には鐘楼や観音堂といった歴史的にも由緒ある史跡が点在している。
  • 国立市 大学通り・さくら通り
    旅行/観光
    東京都国立市東1丁目22他・富士見台1丁目-4丁目
    JR「国立駅」からまっすぐ南に延びる「大学通り」には大きな桜とイチョウの木が並び、その先から東西に延びる「さくら通り」の両側にはその名の通り桜の木が植えられている。春にはソメイヨシノ、カンザクラ、ヤエシダレザクラ、オオシマザクラ、ヤマザクラなどの桜が咲き誇り、毎年4月上旬にはさくら通り沿いの「谷保第三公園」で「くにたちさくらフェスティバル」が開催される。周辺は混雑するため、徒歩か市営バス「くにっこ」の利用がお薦め。
  • 梅岩寺の枝垂桜
    旅行/観光
    東京都青梅市仲町235
    「梅谷寺」は平安時代中期の僧・寛朝が長徳年間(995-998)に開山したと伝えられている真言宗の古刹。弘法大師の像と足形が祀られており、この足形を踏めば四国八十八ヵ所の巡礼に匹敵する功徳があるという真言宗豊山派の寺院だ。本堂前に立つシダレザクラは青梅市の指定天然記念物。樹齢約150年、幹周り3mにもなる大木だ。市内の古刹・金剛寺にあるシダレザクラの姉妹樹であると言われており、例年4月はじめの時期になると非常に優美な景観を造り出す。地面に付くほど垂れた樹姿を見に多くの観光客が訪れる、都内でも有数の名桜だ。
  • 中野通り
    旅行/観光
    東京都中野区中野5-松が丘2
    東京都道420号鮫洲大山線の通称。山手通りと環七通りの中間に位置し、渋谷区笹塚から新宿区西落合までの約7kmを繋いでいる。中野駅から新井薬師を抜けて新青梅街道に至るまでの約2km間は、都内屈指の桜の名所。道の両側に約300本もの桜が植えられており、見頃には桜並木のアーチが誕生する。新井薬師公園を主会場に開催される「中野通り桜まつり」は例年10万人以上が足を運ぶ一大イベントだ。歌謡ショーやフラダンスといったステージイベントの他、ブラスバンド演奏やパレード、カラオケ大会など様々な催しが行われる。
  • えびね公園
    遊ぶ/趣味
    東京都御蔵島村
    野生ランの一種でエビネの女王ともいわれるニオイエビネランは、かつて島のいたるところでその姿を見ることができたが、一部のマニアによって乱獲され、今では自生のものはほとんど見ることができなくなってしまった。このニオイエビネランを保護する目的で作られたのがこの公園。4月中旬から下旬にかけて白や薄紫の花が咲くと、公園一帯に気品のある芳香がたちこめる。エビネのほかサクユリ、センリョウ、冬はペチュニアなども植えられ、エビネのシーズン以外でも花々を楽しめる。
  • ガス橋緑地堤防二十一世紀桜並木
    旅行/観光
    東京都大田区下丸子
    多摩川に架かるガス橋付近の土手には桜並木が続き、桜の名所として知られている。もとは、昭和27年(1952)のサンフランシスコ講和条約を記念して植えられた「講和桜」と呼ばれる桜並木で、近年のスーパー堤防工事による桜並木の伐採の危機を救うため住民の強い要望で現在地に移植された。以後、地域を挙げての桜の植樹・補植活動により、ソメイヨシノを主に約125本の桜の並木が続く壮観な眺めとなっている。付近にはトイレなども設けられており、散策に格好の憩いの場でもある。
  • 渋谷区立鍋島松涛公園
    遊ぶ/趣味
    東京都渋谷区松濤2-10-7
    渋谷の北西の閑静な住宅街、松濤にある松濤美術館近くにある公園。水車小屋のある池もあり、雑踏から逃れてくつろぐには最適の場所だ。
  • 外濠公園
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区富士見2-五番町
    四谷と飯田橋の間に続いている堀割は、かつては江戸城の外濠だったもの。内濠は皇居周辺に現存しているが、外濠の往時の面影を見られる場所は、ここのほかに飯田橋近くの牛込見附の石組み(別名楓の御門)など、数えるほどしか残っていない。この外濠に沿って公園が広がる。公園内にはテニスコートや野球場があり、さらに飯田橋方面に約240本の桜の見事な遊歩道が続いている。春なら飯田橋駅で降りて、四谷まで桜の下を歩くのもいいだろう。 【写真提供】千代田区広報広聴課
  • 石神井川の桜並木
    旅行/観光
    東京都板橋区中板橋ほか
    花見の頃になると、中板橋付近から加賀付近まであわせて1000本を超える桜が咲き誇り、区内を代表する桜の名所となっている。ソメイヨシノを中心に、ヤマザクラ、オオシマザクラなどを楽しむことができる。
  • 豊島区立 染井吉野桜記念公園
    旅行/観光
    東京都豊島区駒込2-2-1
    JR駒込駅のすぐ北側にある公園。駒込がソメイヨシノの発祥地であることを記念して園名が付けられ、「桜の里」の碑が建てられた。ソメイヨシノの原種といわれるエドヒガンザクラとオオシマザクラが植えられている。 【写真提供】(C)豊島区
  • 六義園の桜
    rating-image
    4.5
    959件の口コミ
    旅行/観光
    東京都文京区本駒込6丁目16-3

    歴史の庭園で、江戸時代にできた。紅葉だけでなく、春には花も楽しめる。ライトアップもやっていて夜もとてもきれい。

  • ななぶんのに
    グルメ/お酒
    東京都中野区新井5-20-6 1F
  • かむろ坂
    旅行/観光
    東京都品川区西五反田4-25
  • さくらの辻公園
    旅行/観光
    東京都練馬区上石神井3丁目19-10

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す