横手・湯沢・栗駒

YOKOTE / YUZAWA / KURIKOMA

日本最大規模の横手盆地で独自の発酵グルメや秘湯に出合う

秋田県南に位置し、奥羽山脈と出羽山脈に囲まれた、日本最大の広さを誇る盆地エリア。日本有数の豪雪地帯でありながら、厳しい冬を乗り越えるための知恵と工夫が、独自の文化圏を作ってきた。たとえば、雪の心配をせずに母屋と蔵を行き来できるように、蔵を建屋で覆った内蔵造り。生鮮食品の手に入りにくい冬の間も、おいしく十分な栄養分を取れるように進化した味噌醤油や地酒の発酵文化など。江戸や明治創業の老舗醸造蔵も多く残されており、近年の発酵グルメブームを追い風に、発酵文化の先進地として注目を浴びている。秋田県ではそれらの老舗醸造蔵を見て、体験して、食べられる"観光スポットに整備する「あきた発酵ツーリズム」事業を展開中だ。宮城県と岩手県の県境にまたがる栗駒山麓には、小安温泉郷、秋の宮温泉郷、泥湯温泉と数多くの温泉が湧き、昔ながらの湯治風情を残した秘湯を楽しめるエリアでもある。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    花火伝統文化継承資料館 はなび・アム
    全国でも貴重な花火資料の展示と映像体験で花火の魅力を知る
    日本の花火師の最高峰を決める「全国花火競技大会」の開催地。全国の花火師と花火ファンが紡いだ花火文化の歴史と魅力を伝える、国内では数か所だけの「花火がテーマ」の資料館が2018年(平成30)にオープン。
    記念撮影スポットになっている館内1階ロビーの大看板
  • spot 02
    旧池田氏庭園
    東北三大地主の広さ4万平方メートル超え庭園と大正ロマンな洋館
    東京ドーム225個分もの広大な農地を所有した近代資本家の池田家。広さ4万2000平方メートルの敷地に造られた回遊式庭園と、貴族階級の暮らしを体感できる大正時代の洋館。まるで映画セットのような空間を散策できる。
    夏場はアヤメやカキツバタなどの草花が庭園を彩る
  • spot 03
    旧本郷家住宅
    秋田三大地主の豪邸「旧本郷家住宅」と日本庭園を散策
    江戸時代の元禄の頃から9代にわたり続いてきた旧家「本郷家」。雄物川の舟運や農地改良などで地域に貢献することで、明治から大正にかけて345万平方メートル以上を所有する県内有数の大地主に。その住宅は黒塀に囲まれ、築100年以上の主屋と文庫蔵、そして昭和初期に完成した洋館が並ぶ。窓からは日本を代表する造園家・長岡安平の設計した日本庭園を眺めることができる。2016年(平成28)に主屋、洋館、文庫蔵、味噌蔵が国登録有形文化財に登録された。\細かいデザインの施された欄間や建具の置かれた座敷、漆喰の壁が映えるヨーロッパ調の洋館など、貴重な文化財に足を踏み入れて格式高い居住空間を体感できる。主屋の内蔵には、明治天皇がこの地を訪問された際に座わられたとされる「玉座」も展示されている。入場は無料で11月中旬から4月下旬までは冬期休業。有料サービスで地域の方々が見どころを説明しながら巡る、旧本郷家住宅のガイドツアーもある。
    広い土間に内蔵も併設した主屋
  • spot 04
    横手市増田まんが美術館
    日本初のマンガ原画がテーマの美術館で貴重な原画を鑑賞
    日本が世界に誇る文化のひとつとなったマンガ。貴重な原画を保存しながら展示する日本初のマンガ原画の美術館。国内外180名以上の漫画家の原画を収蔵。収蔵枚数は40万枚以上で日本一というマンガ文化の聖地。
    増田まんが館の入り口。蔵の町増田の中七日町通りから車で3分
  • spot 05
    中七日町通り内蔵めぐり
    建物の中に明治大正時代の内蔵があるレトロな蔵の町を散歩
    蔵の町として知られる中七日町通りには、奥行き100mほどの敷地が短冊状に並び、主屋と内蔵を覆う長さ50-60mもの木造建築が残されている。19棟の公開家屋を鑑賞しながらレトロな町を散策できる。
    蔵の駅にある無料公開している内蔵。中に入って見学も可能
  • spot 06
    旬菜みそ茶屋くらを
    大正7年創業の老舗麹屋が手がける発酵食堂&ショップ
    蔵の町横手市増田の中心部、江戸の内蔵が残る旧勇駒酒造の国登録有形文化財を改装。創業100余年の老舗麹屋がリニューアルして、発酵にまつわるグルメ&スイーツを提供。あきた発酵ツーリズム拠点施設のひとつ。
    ショップのレジ周りでは自家製味噌を量り売り。レジ奥が食堂スペースになっている
  • spot 07
    秋田ふるさと村
    広さ東京ドーム4個分! 秋田を丸ごと体験できるレジャースポット
    東北最大級のプラネタリウムやトリックアートが楽しいワンダーキャッスルでレジャー体験。工芸展示館や美術館でアート鑑賞。お腹が空いたら名物グルメやお土産コーナーへ。一日で秋田を丸ごと堪能できる。
    彫刻作品を鑑賞したりレジャーシートを広げてくつろげる芝生エリア「彫刻広場」
  • spot 08
    ヤマモ味噌醤油醸造元
    革新的な発酵文化をリードする創業150年余の老舗蔵元
    江戸末期に創業した老舗蔵元でありながら、工場内にショップ、ガーデンカフェ、アートギャラリーを併設。新発見した酵母により国内外の発酵食に革新をもたらすガストロノミーとしても、国内外から注目を浴びる。
    母屋をリノベーションして2013年(平成25)に誕生したファクトリーストア
  • spot 09
    石孫本店
    全国でも数か所だけの伝統製法を守る味噌醤油醸造蔵を見学
    1855年(安政2年)の創業以来160年以上、木桶仕込みの伝統製法で味噌醤油を造り続ける醸造元。麹蓋での麹づくりや木桶熟成にこだわる製法は全国でも数か所のみ。職人の仕事を間近で体感できる蔵見学もあり。
    2020年(令和2)にリニューアルした母屋入り口
  • spot 10
    須川温泉 栗駒山荘
    標高1100mの峠道を越えてたどり着く絶景露天風呂
    秋田県東成瀬村と岩手県の県境、奥羽山脈のほぼ中央にたたずむ温泉宿。栗駒山の裾野にある須川高原を見下ろす大パノラマと、標高1100mもの高地で自噴した源泉を加温加水なしのかけ流しで楽しめる温泉施設だ。
    良く晴れた日には、出羽富士と称される「鳥海山」を眺めながら温泉を楽しめる
  • spot 11
    小安峡大噴湯
    高さ60mの渓谷沿いに噴き出す熱泉と水蒸気を間近で観賞
    深さ60mの渓谷沿いの岸壁から、轟音とともに絶え間なく熱泉と水蒸気が噴出する世界でも貴重な地形。その迫力とスケール感からかつて「地獄釜」と呼ばれた大自然のショーを、遊歩道から体感できるスポット。
    皆瀬川の急流が長年にわたり両岸を深く浸食してできたV字谷「小安峡」
  • spot 12
    泥湯温泉 奥山旅館
    古い湯治場の情緒を色濃く残す人里離れた山奥の濁り湯
    栗駒国定公園内、高松岳山麓にある3種の泉質と秘湯の情緒が味わい深い温泉宿。2016年(平成28)に火災で全焼するも2019年(平成31)にリニューアルオープン。野趣あふれる露天風呂とかけ流しのにごり湯は健在。
    大自然に囲まれた秘湯、奥山旅館の大露天風呂
  • spot 13
    秋の宮温泉郷
    数多くの文化人や著名人に愛された秋田県最古の温泉郷
    秋田県の最南端、奥羽山脈の山々に抱かれた温泉郷。名建築家の設計した旅館をリニューアルした稲住温泉、スパリゾートの秋の宮山荘、昔ながらの湯治宿の雰囲気を残した鷹の湯温泉などがある。
    自然に湧出する温泉と川の水を混ぜて自由に足湯が楽しめる「川原の湯っこ」
  • spot 14
    佐藤養助総本店
    一子相伝(いっしそうでん)の製法を継承する稲庭うどん
    日本三大うどんのひとつとして知られる秋田名物稲庭うどん。なかでも佐藤養助商店は一子相伝による門外不出の製法で、明治時代には宮内省から御買上いただいた名店。8代目の現在でも職人による完全な手作業にこだわり、生地の熟成や手綯い(てない)の技術を受け継いでいる。手ごねした生地は1日寝かせて熟成させ、小巻きした生地を2本の棒に8の字にかけることで、細く長く伸ばしていく。手綯いした生地をまた熟成させたのち、均一な太さの平麺につぶして、さらに160cmほどに伸ばして一昼夜乾燥させる。乾麺をたっぷりのお湯で茹でてから流水でぬめりをとり、氷水でギュッと締めることでつるつるシコシコの独特なのどごしと食感を生む。光にかざすと透明感をおびた麺がまるで秋田美人の肌のような白さ。佐藤養助総本店の二味せいろでは、スッキリした醤油ベースの特製つゆとごま味噌ベースのコク深いつゆの2種類で、味の違いを楽しむことができる。
    佐藤養助総本店の人気メニュー「二味せいろ」。特製醤油つゆとごま味噌つゆの2種類で食べ比べ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    車での観光の場合は、東北道北上JCTから秋田道に入り、横手ICで下りると各スポットへのアクセスがスムーズだ。電車の場合は、秋田新幹線こまちを利用してJR大曲駅で下車。奥羽本線に乗り換えると、JR横手駅、JR湯沢駅にたどり着く。

  2. その2

    古くは平安初期と推定される古城跡「払田柵(ほったさく)」の遺跡が発掘され、大和朝廷と蝦夷の境界の役割を果たしていたという説もある。また平安後期に陸奥国で起こった「前九年の役」と「後三年の役」の戦場だった記録があり、後三年は地名にも残されている。

  3. その3

    昔ながらの伝統芸能や祭りが数多く残る地域で、特に国指定文化財の「西馬音内盆踊り」は、日本三大盆踊りとして知られている。また、夏は大曲全国花火競技大会、冬は横手かまくら祭りが開催され、国内外から多くの観光客が押し寄せる。

  4. その4

    大根を漬物にしてさらに燻製した「いぶりがっこ」、全国B級グルメグランプリ常連の「横手やきそば」、日本三大うどんと称される「稲庭うどん」など。ご当地グルメが豊富で、秋田ならではの食文化を体験できる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

秋田のその他のエリア

+ -
back
open

横手・湯沢・栗駒エリア